allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シャーロック・ホームズ(2009)

SHERLOCK HOLMES

メディア映画
上映時間129分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2010/03/12
ジャンルミステリー/アクション/コメディ
映倫G
シャーロック・ホームズ ワーナー・スペシャル・パック(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 1,842
USED価格:¥ 1,300
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 世界一有名な私立探偵シャーロック・ホームズの活躍を、天才的な観察眼と推理力はそのままに、ワイルドな武闘派として描いたミステリー・アドベンチャー。相棒のジョン・ワトソンと共に、殺人鬼の画策する巨大な陰謀の阻止へ挑むさまがアクション満載で繰り広げられていく。出演はホームズ役に「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr、ワトソン役に「コールド マウンテン」のジュード・ロウ。監督は「スナッチ」のガイ・リッチー。
 19世紀末のロンドン。若い女性が次々と不気味な儀式を思わせる手口で殺される連続殺人事件が発生。ロンドン警視庁(スコットランド・ヤード)も捜査に手こずる中、名探偵シャーロック・ホームズがこの難事件解決に立ち上がる。はたして、持ち前の超人的な観察力や記憶力、推理力でたちまち犯人の居所を突き止めるのだった。だがその犯人、邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿は、巨大な闇の力とのつながりをほのめかし、すぐ復活すると言い残して処刑される。するとやがて、ブラックウッドが本当に甦ったとの報せが。そしてブラックウッドは、ある秘密組織の頂点に立ち、全世界を支配するという野望の実現へ暴走し始める。ホームズはその邪悪な陰謀を食い止めるべく、相棒ジョン・ワトソンとの名コンビぶりを発揮しながら、ブラックウッドを追跡するのだが…。
<allcinema>
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
大塚芳忠ロバート・ダウニー・Jrシャーロック・ホームズ
堀内賢雄ジュード・ロウジョン・ワトソン
沢城みゆきレイチェル・マクアダムスアイリーン・アドラー
大塚明夫マーク・ストロングブラックウッド卿
樋浦勉エディ・マーサンレストレード警部
田中敦子ケリー・ライリーメアリー
隈本吉成ウィリアム・ヒューストンクラーク巡査
小山力也ハンス・マシソンカワード卿
大塚周夫ジェームズ・フォックストマス卿
放送2012/03/18 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【関連作品】
シャーロック・ホームズ(2009)第1作
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1175 6.82
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 20:59:08
ちょっと野蛮すぎる気がする。
投稿者:gapper投稿日:2013-03-30 19:44:02
 推定予算9,000万ドル、総収益約20,900万ドル(米2010)。

 リブートとも言える従来のホームズ像を無視した新解釈は、面白い。
 最も原作のホームズに近いと言うジェレミー・ブレットの「シャーロック・ホームズ(1984)」TVシリーズやベイジル・ラスボーンの「シャーロック・ホームズ 緑の女 <未> (1945) 、闇夜の恐怖 <未> (1946)」、一風変わった「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦(1976)」、コメディの「迷探偵シャーロック・ホームズ/最後の冒険(1988)」などいろいろ見てきた。
 その中でも最も刺激的で面白い。

 ロンドンブリッジの建造風景などロンドンの雰囲気は良く出ている。
 時代考証もしっかりしている様で衣装も十二分。
 画面構図は、俳優を引き立てるという面もあり気に入らない人もいるだろうがロバート・ダウニー・Jrの押しの強いホームズに合っていて適切なもの。
 アクションも、高インテリジェンス=ホームズと言う部分を上手く使い事前に全てを予定して相手を倒すと言う斬新な手法を使っている。(コメディだからというOK面もあるが)
 ハンス・ジマーの音楽も邪魔せず上手く場面を引き立てている。
 モリアティー教授も強敵ブラックウッド卿(マーク・ストロング)の背後にいる更なる強敵と言う扱いは、小気味よい。
 正義は、悪が強いほど盛り上がり引き立つ。

 IMDbでは、7.6ポイント(2013/03/25)。
 十分高いポイントだが、熱烈なホームズファンなどから大きな減点を受けているとしたら、実際はもっと上の点数だろう。

 ハリウッド映画は、本来はこういったもっと自由闊達な夢の世界の作りだった。
 過去の反省も必要だが、昔の良さを捨て去っては意味がない。
 その点この作品は、オールドファンも納得。

 それにしても個人的に注目しているロバート・ダウニー・Jr。
 人生が糧になって演技、作品に生きている。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-11-06 18:49:19
あのシャーロック・ホームズが何とダークミステリーで登場。コナン・ドイルも吃驚しただろう。さてさて何でこんなに重苦しいんだろう。この映画。どうにもこうにもすっきりしないのは脚本のせいか。陰険でマッチョなホームズと気取り屋ワトソンの組合せもそれ程魅力がない。魅せてゆく技が欠けているとか思えないのだ。あえて言えば謎解きよりアクション。ロンドンを俯瞰するCG美術に特徴がある。続編を見ることはないと思う。
投稿者:terramycin投稿日:2012-08-19 17:00:25
シャーロック・ホームズという有名な作品を用いるため、その原作との比較で賛否両論の起こりやすい作品。

私はこんな有名な作品にも関わらず、今までまともに読んだことが無かったことを再認識し、知人に原作の設定を確認してからこの作品を見ることとなった。

格闘家という時点でかなりの脚色を加えているのかと思いきや、原作でも戦いは強いとのことでびっくり。ただ細マッチョタイプではなかったのでそこはこの作品のオリジナルということで楽しんだ。

逆に原作を見ていないのでこの作品を見るに当たっては良かったのかも。思い込みもないし。

戦闘・格闘シーンはCGもふんだんに使って迫力満点。ホームズの人間観察力も超人的で面白い。

次作への片鱗を見せつつ終わり、モリアーティ教授との戦いに胸をふくらます。
投稿者:jb投稿日:2012-08-12 19:32:03
普通に楽しめたかな。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-06-19 15:30:40
こんな変人シャーロックも、いいんじゃない。
投稿者:namurisu投稿日:2012-03-21 10:00:30
描き込み3。勝手に仕掛けて、勝手に推理の連発。R・D・Jの上半身は誰が見たいのか?「2」は100円で観よう。
投稿者:yuriyuri投稿日:2012-03-10 12:13:30
【ネタバレ注意】

同じ事を思っている方がいるみたいで嬉しいです。

私は原作のファンなので、シャーロック・ホームズという名は使ってほしくなかった。
細かい点はおいても、性格や容姿から違うのだから。
新しく魅力のあるキャラクターとアクションシーンで一映画としては出来たものだったと思う。
ただ、ホームズじゃなくホームズ風の別物ということで名前を変えてくれれば、良い作品だったと思えたのに。

ジェレミ―・ブレッドの作品を見たくなった。
彼のように原作を尊重して演じるか、全く別の作品として作るか、ファンの多い小説を映画化するならばどちらかにしていただきたい。

まあ、探偵もののアクション映画としてなら良い作品だったと思うので、原作のイメージを壊したくない方以外は楽しめるだろうと思います。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2011-11-03 18:24:33
【ネタバレ注意】

ここが原作との最大の違い〜そして楽しい部分。
いやルックス&雰囲気はグレナダ版の方が原作に近いと思いますが、原作ファンが憤慨するものでもないでしょう。得意の職業当て推理?をワトソンの婚約者にやっちまって、ワトソンの顰蹙を買い、しかも肝心なところを間違えてる!なんて…
シャーロックホームズはファンも多く、パロディ小説も山ほど存在する〜そんな中のひとつ…で、本編も押さえるところを押さえてるから特に不満はない、って訳。ロバートダウニーJr.は原作とは異なる独自のキャラクターを展開していて、それが実に楽しいのだな。オリジナル脚本(確かにダンブラウンの「天使と悪魔」を思わせるものはある)で、アクション全開&友情に愛する悪女、とくれば、古臭いかの“シャーロックホームズ”なんてタイトルが似合わないくらい。日本公開もカタカナの邦題にしない方が良かったような気もするね。(アルファベットがNEOな感じを出す、って訳じゃないのかもですが)

実は三銃士を観にいって次回作の予告編をみて「大花火大会かよ〜」ってなった。まぁその前に本作のDVDはGetしていた訳だけど。

ワトソンの婚約者が強靭で聡明。アイリーンもシャーロックは憎からず思っているかの素振り(毒は盛りますが…)、そしてジュード・ロウは強くて頼りになる相棒…相変わらず格好良いです。
ホームズとワトソンの早口な掛け合いが、ジョーク絡みだったり、お洒落。次回作は大画面で観たいものだ。

投稿者:akiakiakikochan投稿日:2011-04-11 23:52:03
観ていて退屈してしまいました。
投稿者:ジーナ投稿日:2011-03-05 16:26:30
観るまではホームズとワトソンのキャスティングが逆のほうが良かったのでは?と思っていましたが、見慣れてくればなんら問題なかったです。
ジュード・ロウのワトソン君もこれまでのズングリしたイメージを覆すスタイリッシュさで、洗練されていてステキでした。
ロバート・ダウニーJrも冷静で豪快なホームズを見事に演じていましたね。
とにかく二人のバランスが意外にシックリくるキャスティングでした。
訳アリな女性で登場するレイチェル・マクアダムスも魅力的だったので、もっとストーリーに絡んできて欲しかったです。

類まれな記憶力と観察眼で事件を推理・解決していく展開やホームズとワトソンの凸凹コンビぶりはこれまで通りのシャーロック・ホームズですが、今作を観てビックリ!
ホームズって結構な肉体派でもあったんです!!
知性も武術も身につけているなんて最強じゃないですか!!!
頭で考えてから攻撃に出るって戦い方がホームズらしくて面白かったです。
ただ、シャーロック・ホームズにもっと人間味があると温かみが出て良かったでしょうね。

アクション映画としても見せ場がしっかり用意されていて派手さもあるのでアクション映画としても楽しめます。
あのシャーロック・ホームズすらアクションスターにさせようって言うのが、いかにもハリウッドらしいですね(笑)

緊張感のある演出は良かったですが、もう少し黒魔術の怪しげな雰囲気を出せると良かったカナ・・・。
ロンドンの街並み、衣装や小道具など19世紀の時代感は素晴らしかったです。
ハンス・ジマーの音楽も印象的でした。

ガイ・リッチーらしさは感じ取れませんでしたし秘密組織の陰謀などストーリー自体は記憶に残りそうもないですが、シャーロック・ホームズらしいミステリー部分はもちろんのこと、、アクションや二人の絆など娯楽性にも富んでいますし、新鮮味あるシニカルなキャラ設定さえ受け入れられればそれなりに鑑賞できると思います。
しかし、展開が速いとは言えない(ガイ・リッチーの悪いほうのテンポが出てしまった)ので長く感じてしまうかもしれません。
続編に繋げるためにスッキリ完結とはいかない終わり方をしているのも満足度を下げてしまう可能性ありですね。
投稿者:nabeさん投稿日:2011-02-05 13:16:59
従来のシャローック・ホームズのイメージを覆すアクション活劇。R.ダウニーJr.とJ.ロウが軽妙な掛け合いを魅せる。
シャーロック・ホームズという、イギリスの古典的な名キャラクターは、物静かで冷静な紳士だが、このダウニーホームズは真逆な設定となっている。そのためにこの作品の評価は分かれると思うが、単なるアクションコメディ作品として素直に観れば、そこそこ楽しめる。画面全体に再現した19世紀のロンドンの街並みもいい雰囲気を出している。
脚本やストーリーに深みはないので、インディ・ジョーンズのような名作にはなれないかもしれないが、今後制作されるであろう続編も含めて、また理屈抜きに楽しめるシリーズが生まれた。次作が楽しみだ!
投稿者:nedved投稿日:2011-01-16 15:14:45
ロバート・ダウニー・Jr
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-01-11 18:22:20
【ネタバレ注意】

同じようにホームズが活躍するアクション推理ものなら、宮崎駿の犬キャラのテレビアニメの方が十倍上。本作は建設中の橋でのアクション(というよりCG)のみが見所。あとロンドン市街での馬車のチェイスが無いのも不満だった。
ホームズのテンポの速い推理は殆ど反則だし、撮影や美術と音楽はいいのに「ダ・ヴィンチ・コード」に便乗して作られたとしか思えない杜撰な作品だった。最後にモリアーティの存在をちらつかせたのもモロに続編狙い。「スナッチ」のガイ・ピアーズに期待したのが間違いだったかな。半星。

投稿者:bond投稿日:2011-01-10 13:49:08
【ネタバレ注意】

シャーロキアンとしては微妙。アイリーンやモリアーティなど有名な登場人物出して、サクサクと話は進むが、やはり重厚感が無い。本家とは別物として楽しんだ方がいい。多分、2作目も作るんだろうから。

投稿者:scissors投稿日:2010-11-30 20:13:38
ミステリーとしては全く楽しめない。
音楽と台詞が過剰でうるさい。

DVDレンタルで見たけど、こんな内容ならTV放送まで放っておけばよかった。
投稿者:ビリジョ投稿日:2010-11-29 12:53:34
【ネタバレ注意】

 どうも、ロバート・ダウニージュニアのキャラが好きになれない。

 バタバタした感じで、ホームズ的知性が感じられなかった。ホームズものは、娯楽映画としてだけじゃなく、うーむさすが世界一の名探偵、と思わせてくれなければだめだよ。

投稿者:kopi投稿日:2010-11-23 21:47:23
TV放送が似合う子供受けする映画。
ある意味、英国版の勧善懲悪映画…メデタシメデタシ。
子供はシャーロックホームズが好きだからこの映画がピッタリです。
投稿者:nightwing投稿日:2010-10-26 23:39:30
自分はシャーロキアンでも何でもないし、過去の関連作品も
観た事無い、全くのど素人なのだが結構楽しめた。
頭脳明晰で格闘の技術も堪能な探偵が、クールな相棒と活躍する
アクション・ミステリーとして・・・。

鉛色の空が支配するダークな映像とウィットにとんだセリフ
回し、そしてCGを屈指したアクションシーンは想像を遥かに
超えたエンターテイメントに仕上がっている。

クライマックスの謎解きはやや早足で、少々置いてけぼりな
感じはあるが・・・・・。

否が応にも続編に期待せざるを得ないエンディングって事は
第二弾にも自信があるって事だろう。
投稿者:幸村和投稿日:2010-08-23 23:58:07
【ネタバレ注意】

あれれ思ったより評価が高くないですね。十分楽しめたけどなあ。
元からホームズに対して特別の思い入れもなく、また、それゆえに自分のホームズ像が確立されていないのも良かったのかもしれません。それにホームズは東洋の武道の心得のある人だったと読んだ記憶があるので(コナン・ドイルがホームズが「バリツ」なるものの使い手と記述していて、「それは武術の間違いだ」とか「いや柔術だ」とか諸説紛々だったような)この映画の武闘派ホームズも違和感なく受け入れられましたね。
言い換えれば、ホームズはこうでなくっちゃ、というのがある人でそしてこの映画のホームズが自分のそれと乖離していると映画の中身以前に受け入れ難いかもしれません。

映画はいわば自己紹介的にホームズとワトソンの見事な連係プレーでどうやら大事件の犯人を捕えるところから始まります。頭の中のシミュレーションがスローモーで展開された後、パンッと現実に切り替わり、シミュレーション通りに、でもスピードは現実のスピードで繰り出されるアクションシーンがとにかく痛快で一気に引き込まれました。この頭の中のシミュレーションから現実のアクションというのはこの後も度々出てきますが、ここは面白かったなあ。

あと造船場での闘いも手に汗握りました。ラストの船が出ていってしまうところなんかは映画館で見てよかったな〜と久々に半笑いの阿呆面になってました。
アクションシーンともう一つの見所はやっぱり謎解きでしょうか。そこについては、緻密さと雑さがないまぜになっていたように感じます。ホームズが色々な痕跡などから過去を読み解き的中させるところはこれぞホームズといった感もありましたが、肝心のブラック・ウッドの蘇生〜連続殺人、黒魔術の謎を暴くところはその強引さと大雑把さに苦笑。その化学薬品何?とか、それできたら何でもアリちゃう?とか、そのほかにも、ワトソン負傷からの回復はや!とかね。ところどころ、突っ込んでしまうところもあるのですが、これだけの娯楽作品だとそんなこんなも行ってまえな気分で見ることができました。
私としては武闘に長け、しかも恐ろしいばかりに頭が切れるけれども生活はだらしなくて嫌なことがあるとスネたりしてしまうホームズと、そんなホームズのお世話係になっているワトソンというキャラに好感が持てたというのも、その辺許容できた原因のような気がします。
あ、綺麗なお姉ちゃんの存在はどっちでもよかったですけど、この手の娯楽作品には欠かせないのかな。ほぼ必ず登場しますよね。しかもそのお姉ちゃんがせんでいいことして挙句危険にさらされ、主人公が巻き添えを食うの。
やっぱり野郎とかおばちゃん、おっちゃんばっかだと退屈するんかな。作品に花を添えるってことか。ま、お好きにどうぞって感じですけどね。その辺は。

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2010-08-10 10:19:11
「シャーロック・ホームズ」はあんまり見たことがないし、原作にも特に思い入れがない。
この大胆なリメイクを見る上ではそれが良かったのかもしれない。
案外楽しめた。

あまりホームズのことを知らなくても、このリメイクが
探偵ものからアクションものに変貌を遂げたことは容易に想像がつく。
かといって探偵の要素がまったくなくなったわけではなく
ちゃんと推理で映画が進む構成になってはいるのでそこはご安心を。
面白いのは、アクションの中でホームズが頭を働かせて戦闘のシュミレーションをしているところ。
ここで殴って、ここで耳をつぶして・・・などと頭の中でシュミレーションし、
その通りに敵が倒されたときの快感はなかなかだ。
この辺りは探偵ものとアクションものが合体した醍醐味なのだろう。
戦闘中にホームズが頭を使って解決する部分は他にもあるのだが
もっともっと目立たせると良かったかもしれない。

全体的には良くも悪くも非常に薄っぺらいノリである。
ガイ・リッチー監督らしいテンポや素早いカットで終盤まで一気に見せる。
残念なのはホームズとワトソンの関係の使い方だろうか。
最初から最後まで、ホームズとワトソンの切っても切れない関係が
コミカルに描かれている。(ワトソンの婚約者との確執もあるし)
ただ、それがコメディ部分を担っているだけで、
映画の面白さにはあまりプラスに働いていないのが残念。
ホームズと泥棒女との関係も同様で、終盤になっても彼らの人間模様は平坦のままである。
そっちの面でも盛り上がりを作ったらもっと面白くなりそう。
また、悪役の魅力不足もこの映画ではちょいと痛いかも。

昔からのホームズのファンにはとっつきにくいかもしれないが、
「シャーロック・ホームズ」という枠をとっぱらって考えるとそれなりに楽しめる一作。
探偵+アクション映画の面白さは味わえると思う。
投稿者:かぼちゃ大王投稿日:2010-06-30 01:56:43
シャーロックホームズを名乗ってほしくなかった。
まんま、アメリカのテレビの探偵物ですね。必ず2人組み、片方が頭脳担当、片方がアクション担当。ただのアクション探偵物だったら、素直に楽しめたのに・・・。と残念でした。シャーロックホームズはテレビや映画になってますが、ここまで崩されて別物にされたならば、名前は必要ないです。特に原作を読んでホームズファンになった方に、これはちょっとキツイかもしれません。
これは、シャーロックホームズじゃない。と頭に入れて見れば楽しめると思います。
投稿者:クリモフ投稿日:2010-05-14 05:43:09
コナン・ドイルにもシャーロック・ホームズにもまったく興味がないのですが、なるほど、こりゃ映画化に際してなかなか大胆な造形をしたということはわかります。
アクション・コメディといった感じで、ロンドンの町をあっちこっちに走り回る。確かに謎解きはしてるんですが、やっぱりガイ・リッチーですね。スローモーションやら、同場面の再現などチンピラ映画と同じ演出方法が使われています。これはこれで、まぁ一つのやり方なんですが、「なんの映画観てるんだっけ?」という気持ちにさせられることもしばしば。
頑張って設定を考えたものの、監督がそもそもホームズという素材に合っていないという印象です。遊んでもいいけど、この古典の良さも感じさせて欲しかったです。これじゃ、題名なんだっていいしね。
なんかパーツ一つ一つは面白いものの、今ひとつ乗り切れない映画でした。悪役がどうも小粒感ただようのも残念。
あと、最近上り調子のダウニーJrですが、個人的にこの人は助演の方が光ると思うんだけどなぁ。
投稿者:ginza7投稿日:2010-04-25 21:46:48
何年か前にルパンの映画をやっていましたがあちらの方が原作をうまく消化していたと思います。僕は本作はホームズを名乗って欲しくなかったです。
投稿者:黒美君彦投稿日:2010-04-04 16:35:50
何も考えずに楽しめそう…と思っていたら予想通り。決して悪い意味ではなく、小気味よく楽しめた。ロバート・ダウニーJr.もジュード・ロウも大人の関係でなかなかいいし、レイチェル・マクアダムスもいつの間にかすっかりレディーになって、CGをふんだんに使ったアクションも安心して観ていられる。しかも単なるアクションものではなく、ホームズものならではの推理もちゃんと配されているところがいい。
上映時間が少々長いのが気になるが、ハリウッドならではの娯楽大作に仕上がっていると思う。
投稿者:QUNIO投稿日:2010-04-02 17:59:17
もう推理とか謎解きとか全部すっぽかしてドタバタ・アクションに徹したホームズ。構成もメタメタだがガイ・リッチーなので気楽に見るには◎かも知れない。フィリップ・ルースロの撮影は美しいので特筆すべき。舞台となるロンドンの町並みの造形も面白い。

結局、造船所でのバトルが一番迫力だったね。謎解きの興奮はゼロなので純粋にアクションを楽しんでください。
投稿者:サカスキ投稿日:2010-03-25 22:36:55
名探偵コナンの実写版。と言いたいくらい。全く暇をしませんでした。推理あり、アクションありで、良い意味で意表をつかれた!!
投稿者:なちら投稿日:2010-03-25 20:16:50
これって原作に忠実なホームズ像なんだってね。
ホームズ物って他に色々あると思うんだけど、自分はそれらを知らないので先入観無く見る事が出来たと思う。

だらしなくてワトソンをワトソンの婚約者と奪い合っちゃう子供みたいなホームズ像は面白いと思うが、
内容が面白く無かった。ホームズ、何でもお見通しなんだもん。
話の途中で終わっちゃったしね。もー、続くなら最初からエピソード1とか言ってよ〜。ビックリしたよ。
投稿者:nagasawa投稿日:2010-03-22 01:32:43
【ネタバレ注意】

これがホームズ??と思うかたが多いかとは思いますが何でもありの世の中、
こんなのもありでしょう。
他の方も書いておられましたが、観ながら「これアニメのルパン契い犬磴鵝廚隼廚い泙靴拭B衞召眛睛討皀襯僖鶚契い諒があってたかも・・・ジュードロウが次元の役で。
この映画が良かったのは、たとえホームズの名を冠さずとも面白い映画だった
ということでしょう。ホームズの名前で余計に興行成績は良くなるんでしょうけど。久々に面白い活劇を観せてもらいました。

投稿者:mototencho投稿日:2010-03-19 08:39:50
絶対続編作れよガイ・リッチー、でもレイチェル・マクアダムスが出てるからOK。「シャーロック・ホームズ」は明らかに映画版プロローグ
http://mototencho.web.fc2.com/2010/sharlh.html
投稿者:uptail投稿日:2010-03-19 02:18:01
ジュード・ロウ
投稿者:ASH投稿日:2010-03-12 23:34:39
【ネタバレ注意】

 しかし、真性シャーロキアンがこの映画を観たら、「ヤング・シャーロック」(佳作!!)と同じく認められないシロモノなんだろうか? 誰もが知る、一般的なホームズのイメージをここまで変えてしまうと、「違和感」が付きまとい最後までノレないような頭の硬い人(多いんだ、これが)もいるんでしょうけど、僕はこういう路線変更なら大歓迎! と思ったら、この映画のホームズの方が原作に忠実なんだってェ?!

 ということで、原作はもとより、TVシリーズですら慣れ親しんでいないような僕にはこの新生ホームズはアクション満載の映画として単純に愉しめちゃった。というか、正統派よりも勝手にホームズをいじったような映画(「おかしな弟」とか「ヤング」とか「迷探偵」etc)の方が好きなので、そういったものの一環としてスンナリと受け入れられたみたい。ホームズを「リーサル・ウェポン」みたいに焼き直したと思えばよろしいがな。って、それが許せないという人の方が圧倒的に多いんでしょうけど。「こんなんホームズじゃない!!」てな具合に。

 確かに、謎解きモノとしてはどーよ?、と言われちゃうとグゥの音も出ないわな。状況や証拠をジックリと観察するというよりは、瞬時の洞察力で見抜いてしまうんだから謎解きの醍醐味なんてあったもんじゃない。でも、伝統的な謎解きはTVシリーズでもさんざっぱらやってきたことなんだろうから、新版ではあえてやらなかったのだろうと拡大解釈。一応、ホームズはブラックウッド卿の陰謀の数々を最後には解き明かしてくれるけれど、現場をアレだけしか見ていなかったのに頭の中では推理力をフル回転させてたというわけね。

 題材はホームズとワトソンだけど、随所にガイ・リッチー監督らしさが発揮されているのが嬉しいじゃない。テンポのよい展開でグイグイと進み、キレのいいアクションではお得意の一瞬だけ画面が止まるアレをやってくれるし。矢継ぎ早に台詞が飛び交う会話など、ホームズものだけどシッカリと自分の映画にしちゃってる。クライマックスの高所の対決も充分にスリリングで、根が単純な僕はそれだけで大満足。リッチー作品史上最大のヒットになったのも納得。

 スマートなホームズを望むと失望しちゃうんだろうけど、ロバート・ダウニーJRのお陰でやんちゃなホームズという一面が強調された。事件のときは冴えを見せるが、事件がないと自堕落で精彩に欠く男。アイリーンへの不器用な想いもなんだか微笑ましい。そんな世話の焼けるホームズを放っておけないワトソンの気持ちもなんとなく分かる。ダウニーって、相方に迷惑かけるような人ってのが妙に似合うよなぁ…。

 そんなホームズに振り回されるワトソン役のジュードも単なる相棒に留まらないくらいの大活躍を見せるているのが痛快。直感的なホームズに対して、思慮深く彼を宥める役割のワトソンを巧みに演じている。が、ワトソンもやるときゃやる。ワトソンが結婚してしまうんでコンビ解消の危機をホームズが嘆いているってのが可笑しい。そりゃホームズにしてみりゃこれほど最高の相棒はいないだろうから。妙に2人が親密なのは、もしかして…。

 ホームズとアイリーンの関係を見ていて真っ先に思い浮かべるのが「ルパン三世」におけるルパンと不二子ちゃん。アイリーンは明らかにホームズの想いを知ってて利用しているフシがある。敵にも味方にもなるアイリーンのどっち付かずな感じがイイ。大胆なアイリーンにドギマギしているホームズが情けなくもあり、可愛らしくもある。ああゆうことって、男にはよくあるもんね。レイチェル・マクアダムスにはちょっと意地悪な女の子(「ミーン・ガールズ」を観よ!!)というイメージがあるから、この映画のアイリーン役にはピッタリ!

 シャーロキアンはモリアーティ教授の登場に泣け! 次回作への期待が否応なく高まる幕切れは上手いね。

投稿者:Stingr@y投稿日:2010-03-08 15:21:22
 グラナダTVのジェレミー・ブレット主演のシャーロック・ホームズが絶品なので、新たなホームズ像を作るにはこうするしかなかったのだろう。アイアンマンばりの武闘派ホームズであまり知的には見えないので、好き嫌いで言えば嫌いなホームズ。ジュード・ロウのワトソンはTV版よりも表に出ていて好感が持てる。

 どうせ新たなストーリーを作るのなら、どんでん返しに次ぐどんでん返し、などにしてもらいたかったが、アクション好きのアメリカ人には分り易いストーリーが受けるのだろう。私としては「ダ・ヴィンチ・コード (2006)」を解決するのがシャーロック・ホームズでも構わないのだが…。

 ミステリーのラストシーン。犯人が高いところが好きなのは「松本清張」が最初とか…(真偽は知らんが)。

投稿者:cin&#233;philes 13投稿日:2010-02-17 23:06:17
この映画の主役はなんといってもホームズ役のRobert Downey Jr.であるということに異論はない。彼の現在の活躍は誰もが認めるところである。しかしこの映画を語る上で忘れてはいけないのがワトソンを演じるJude Lawである。彼はある雑誌のインタビューでこんなことを言っていた。
“ぼく自身、従来のワトソンのイメージのため、体重を増やすことによってホームズにより忠実な役を演じようとおもったんだ。でも最終的には監督と相談してArthur Conan Doyleの原作をもとにアスリート的な力強い役を演じたんだ”劇中ではその言葉とおりホームズをしっかり支える“忠実”というより“対等”な関係をもって演じていた。それがこの作品をより一層、力強く、魅力あるものにしていた。
この2人の関係はホームズ史において稀にみるコンビになるかもしれない。
続編がはやくも楽しみだ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作曲賞ハンス・ジマー 
 □ 美術賞サラ・グリーンウッド 
  Katie Spencer 
■ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ロバート・ダウニー・Jr 
□ 音楽賞ハンス・ジマー 
□ 格闘シーン賞マーク・ストロング ロバート・ダウニー・Jr vs. マーク・ストロング
  ロバート・ダウニー・Jr 
【ニュース】
全米興行成績、ヒップホップ映画「Straight Outta Compton」がサプライズなビッグ・オープニング2015/08/17
全米興行成績、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」がV22015/08/10
ガイ・リッチー監督スパイ・アクション「コードネーム U.N.C.L.E.」、コミコン向け予告編2015/07/13
ガイ・リッチー監督スパイ・アクション「コードネーム U.N.C.L.E.」、最新予告編2015/06/12
全米興行成績、ロバート・ダウニー・Jr主演「シャーロック・ホームズ」続編が初登場首位2011/12/19
「0011ナポレオン・ソロ」映画版、S・ソダーバーグの後任はガイ・リッチーに2011/12/09
ロバート・ダウニー・Jr主演「シャーロック・ホームズ」続編、最新予告編2011/10/20
ロバート・ダウニー・Jr主演「シャーロック・ホームズ」続編、予告編2011/07/13
MTVムービー・アワード、結果発表2010/06/07
DVDリリース情報:「シャーロック・ホームズ」「しあわせの隠れ場所」「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト」etc.2010/05/18
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2010/05/13
アカデミー賞、栄冠は「ハート・ロッカー」に2010/03/08
全米興行成績、ニコラス・スパークス原作ラブ・ストーリーが好スタート2010/02/08
アカデミー賞、ノミネーション発表2010/02/03
全米興行成績、「アバター」が圧巻のV7で、歴代興収記録更新に王手2010/02/01
全米興行成績、「アバター」がV6でついに「タイタニック」を射程圏に2010/01/25
ゴールデン・グローブ賞は「アバター」と「ハングオーバー」が受賞2010/01/18
全米興行成績、「アバター」の勢い止まらずV5で歴代3位に2010/01/18
注目の放送映画批評家協会賞は「ハート・ロッカー」に!2010/01/16
全米興行成績、「アバター」が好調キープでV4達成2010/01/12
全米興行成績、絶好調「アバター」が驚異の快進撃でV3達成2010/01/04
全米興行成績、「アバター」が「シャーロック・ホームズ」の猛追をかわしV2達成2009/12/28
全米興行成績、ジェームズ・キャメロン監督3D超大作「アバター」が好スタート2009/12/21
ゴールデン・グローブ賞、ノミネーション発表2009/12/16
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表!2009/12/15
ロバート・ダウニー・Jr主演「シャーロック・ホームズ」、予告編2009/05/19
【レンタル】
 【Blu-ray】シャーロック・ホームズレンタル有り
 【DVD】シャーロック・ホームズレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 Sherlock Holmes
新品:
15新品:¥ 576より   7中古品¥ 74より 

【CD】 シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,520
3新品:¥ 2,016より   14中古品¥ 1,078より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION