allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ニュームーン/トワイライト・サーガ(2009)

THE TWILIGHT SAGA: NEW MOON
NEW MOON

メディア映画
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース=角川エンタテインメント)
初公開年月2009/11/28
ジャンル青春/ロマンス/ホラー
映倫G
この愛を貫く。
トワイライト・サーガ エクステンデッド Blu-ray BOX
参考価格:¥ 13,500
USED価格:¥ 19,600
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:クリス・ワイツ
製作:マーク・モーガン
グレッグ・ムーラディアン
ウィク・ゴッドフリー
原作:ステファニー・メイヤー
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
プロダクションデ
ザイン:
デヴィッド・ブリスビン
美術:キャサリン・イルチャ
衣装デザイン:ティッシュ・モナハン
編集:ピーター・ランバート
音楽:アレクサンドル・デスプラ
音楽監修:アレクサンドラ・パットサヴァス
舞台装置:レスリー・ビール
出演:クリステン・スチュワートベラ・スワン
ロバート・パティンソンエドワード・カレン
テイラー・ロートナージェイコブ・ブラック
アシュリー・グリーンアリス・カレン
ニッキー・リードロザリー・ヘイル
ジャクソン・ラスボーンジャスパー・ヘイル
ピーター・ファシネリカーライル・カレン
ケラン・ラッツエメット・カレン
エリザベス・リーサーエズミ・カレン
エディ・ガテギローラン
ラシェル・ルフェーブルヴィクトリア
マイケル・シーンアロ
ダコタ・ファニングジェーン
ジェイミー・キャンベル・バウアーカイウス
クリストファー・ハイアーダールマーカス
キャメロン・ブライトアレック
チャスク・スペンサーサム・ウーレイ
アレックス・メラズポール
ブロンソン・ペルティエジャレッド
キオワ・ゴードンエンブリー・コール
ギル・バーミンガムビリー・ブラック
アナ・ケンドリックジェシカ・スタンリー
ジャスティン・チョン
ティンセル・コーリーエミリー
クリスチャン・セラトス
ダニエル・クドモアフェリクス
【解説】
 10代の少女たちを中心に世界中で熱狂的な支持を集めるステファニー・メイヤーのYA小説“トワイライト・シリーズ”を、クリステン・スチュワートとロバート・パティンソン主演で映画化するファンタジー・ロマンスの第2弾。今回はヴァンパイアの宿敵である狼族が登場、人間の少女ベラとヴァンパイアの青年エドワードの禁断の恋にもさらなる試練と危機が待ち受ける。共演に「シャークボーイ&マグマガール」のテイラー・ロートナー、「宇宙戦争」のダコタ・ファニング。監督は「ライラの冒険 黄金の羅針盤」のクリス・ワイツ。
 18歳の誕生日を迎えたベラ。しかし、永遠に17歳のままでいる恋人のヴァンパイア、エドワードより年上になってしまう現実を受け入れられず、絶望感に浸っていた。そんな中、誕生パーティの席で事件が起こる。指を切ったベラの血に引き寄せられたエドワードの家族が彼女に襲いかかり大混乱となってしまったのだ。エドワードたちカレン一家はベラの身を案じ、この町を去ることを決意する。愛するエドワードから突然別れを告げられたベラはますます打ちひしがれる。そんな彼女を励まそうと寄り添う幼馴染みのジェイコブ。ところが、やがて彼にある異変が起こり始める。彼は、ヴァンパイアと敵対する狼族の末裔だったのだ。そしていま、狼族としての遺伝子が覚醒を始めたのだ。一方、次第に元気を取り戻していくベラは、自分の身を危険にさらすとエドワードの幻影が見えることに気付く。そして、その幻影を追い求めるあまり自らを窮地に追い込むようになるベラだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
トワイライト〜初恋〜(2008)第1作
ニュームーン/トワイライト・サーガ(2009)第2作
エクリプス/トワイライト・サーガ(2010)第3作
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1(2011)第4作前編
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2(2012)第4作後編
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-05-29 18:53:31
18歳の誕生日を迎えたベラ。
エドワードが永遠の17歳の為自分も吸血鬼になりたいと伝える。
誕生会でふとした事から血を流したベラに仲間のジャスパーが興奮し飛び掛かって来る。
ベラの命を心配したエドワードは家族でイタリアへ行く事を決意しベラに別れを告げる。
傷心のベラは友人ジェイコブに慰められるが、ヴィクトリアは自分の彼氏を殺された逆恨みをベラに抱いていて・・・。

大ヒットしたヴァンパイアロマンスの第2弾。
当然ながら前作からの続きとなっており、ベラとそれを付け狙うヴィクトリア
で展開されるかと思いきや、そこまでの展開にいかなかったのが残念。
本作はベラとエドワード、ジェイコブの3すくみの恋愛物語で展開され、特にベラを思うジェイコブの気持ちが切ない。
DVDでの鑑賞だが広大なシネスコと5.1chが大作感を醸し出していた。

原作「トワイライト供廖淵好謄侫.法次Ε瓮ぅ筺次Ε凜レッジブックス・評価3)も上下巻からなる壮大な物語で、映画では描けなかった各人の心境を詳細に表している。
投稿者:あくび★投稿日:2011-11-17 23:19:56
たまたまスターチャンネルでやってて、大好きなサッカーも観たのばっかだし
裏も面白くないしで観たけど
「何これ」って感じ。

あちらのティーンエイジャーに熱狂的な人気!だそうですけど。
どこら辺が良いのかさっぱり理解できず。
(大昔にティーンエイジャーを卒業したからなのか?(´・ω・`;))
人間じゃないからコトはそうすんなり行かない、
それはわかるけど、どうもクリステンの無表情さが個人的にはダメだった。
もうちょっと表情豊かでもいいんじゃないの?
*ジェイコブと一緒のときはまだマシだったけどね。
そういうキャラなんだろうけどそれでもこの子はこういう感じの役ばっかだな。
ザスーラが一番表情豊かだったんじゃないのかと思うほど。

作品とは関係ないけどロブのかっこよさも全然わからん。
そういうキャラなんだろうけどなんかロブの喋り方とか
笑い方が生理的に無理でイライラするw

第3部は明日放送あるけどどうでもいいかなw
好きなようにしてください、って感じだし。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-09-24 06:53:49
【ネタバレ注意】

前作より話のテンポが悪くなった上に、エドワードはさらにウジウジしちゃっててイライラした。

ベラが失恋を引きずるのも分かるが、相変わらずのマイペースぶりでお父さんや友達に迷惑かけまくり!!
一番可哀想なのはジェイコブ…淡い恋心を完全に弄ばれてます(+o+)

狼男とヴァンパイアの戦いをもっと見たかったけど、なんかこの感じだと狼男の方が強そうだね。普通にヴァンパイア狩られてたし!!

赤い目のダコタ・ファニングはちょい役ながらなかなかの存在感。
1作目で気に入ったアシュレー・グリーンはそれを上回る活躍ぶりでますますファンになっちゃった♪

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-08-14 05:36:36
【ネタバレ注意】

エドワードが途中退場したり、ダコタ達の強引な出し方からして、無理やりサーガにしたのがハッキリ出た駄作。吸血族と狼族の決戦が見られないのはともかく、ヴィクトリアすら始末されないのは客をナメ過ぎ。テレビ観賞だからいいんだけどさ。

投稿者:uptail投稿日:2011-08-08 10:36:54
アシュリー・グリーン
投稿者:polarbear投稿日:2011-05-03 22:07:13
胃もたれがしそうなかゆいセリフの数々にアレルギー反応が出てきそう。こういうのが素直に楽しめる乙女になりたかったが手遅れといったところか。

それにしてもエドワードは顔色が悪すぎやしないだろうか笑

見所はジェイコブの素晴らしい体!!肩の盛り上がりや引き締まったお腹などの筋肉の付き方がすごい。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-08-05 03:19:10
前作でちょっこっと臭わせていた狼男が今作でガッツリ登場するのでファンタジック度は、大きく増しています。
ヴァンパイアと狼男と普通の女子高生の恋愛模様・・・完全に漫画の世界ですね(笑)
前作はぎりぎり男性でも観れる作品でしたが、今作は完全女子向けになってしまいました(爆)

ヴァンパイアとしての欲求を抑える事に苦しむエドワード、男として見てもらえないジェイコブ、一緒に歳をとれない相手との恋愛に戸惑うベラなど細やかな感情表現で見せているのはGOOD
ただ・・・それぞれがぐずついている分、前作のようなテンポの速い展開ではないのが辛いトコロです。
特にエドワードの登場が少なくなってきたあたりから、気分が沈むのでダレます。
おまけに彼の幻影に会うため危険を冒すベラのくだりがしつこくて飽きてきちゃいました。

もう少しジェイコブの想いになびくような女の弱さがあると良かったのですが、彼氏は彼氏で友達は友達!と健全な考えをしちゃうヒロインなので味気ないんですよ(笑)
まぁ、自分に好意があると分かっていながら首筋にキスしちゃうあたりは相当ワルい女ですけどね(爆)
へたにドロドロした男女関係にしたくは無かったんでしょうけど、キレイすぎて物足りなかったなぁ・・・。

メインキャラをじっくりたっぷり恋愛で苦悩させたいのであれば、せめて命を狙われる緊迫感や緊張感のほうでメリハリをつけられると良かったでしょう。
そうすれば、時間を感じずに鑑賞できたと思います。
結構中だるみしているので、もっと内容を凝縮して100分ぐらいの作品にまとめてくれると印象が変わったかもしれませんね。
監督が変わったせいなのかは分かりませんが、恋愛にしてもヴァンパイアの戦いにしてもイマイチ盛り上がりに欠けました。

途中からロバート・パティンソンの出番が激減してしまうのでファンにとっても残念な仕上がりかもしれませんね。
テイラー・ロートナーが見事な筋肉をこれでもか!と披露してくれていますが、やはり美しさという点でパティンソンがこの作品には必要でしょう。
別にロバート・パティンソンを美男子だとは思わないですが、獣よりはヴァンパイア族のほうが絵になりますからね(爆)
クリステン・スチュワートは少し痩せたのか・・・顔がギスギスしてました。
元々シャープな顔立ちだったのでキツいイメージになってしまいましたね。
全体的にキャラクター性はしっかりしているので面白みはありますが、主要キャラ3人を自分好みの役者に変えられたら一気に評価は上がるでしょうね(爆)

美しい価値観&クサすぎるセリフ数々と思春期特有の絶妙な危うさは健在でしたが、前作の映像美が今回はほぼありません。
盛りだくさんのCGより、低温で寒々しい美しさが見たかったです。

終わり方は前作のほうがスッキリできて良かったカナ・・・。
今回は「そんな終わり方って〜」と悶絶しましたから(笑)

とりあえず、続編として差し障りのない内容にはなっていると思いますが、、個人的には、エドワードのお仲間一人ひとりの背景やドラマを期待していたので全く触れていない内容にガッカリではありました。

結論;少女マンガを読み漁っていたあの頃なら夢中で観れた男女の色恋物語も、今となっては「邪魔くさッ」と煩わしく思ってしまうのでした(爆)
投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2010-07-20 11:19:49
WOWOWで鑑賞。

コメント題が全てを言い表している。
「飛べ!フェニックス」を観た後だから分が悪いが、同じ映画という範疇で括ってしまうのが憚れる程の酷さ。

主人公の女が化け物にしか恋心を抱けないのも、荒廃した世相を具現していると言う事か!
こんな愚作、駄作、凡作の代表のようなものしかScreenで観られない今の若い人達に同情します。
投稿者:bond投稿日:2010-07-19 15:14:11
【ネタバレ注意】

ロマンス色濃厚で「ロミオとジュリエット」引用されてるように、まんま舞台移した感じ。「アンダーワールド」的要素も混ぜてなんとかヴァンパイア的仕上がり。

投稿者:ghost-fox投稿日:2010-06-27 22:26:38
喪家之狗
投稿者:TasK投稿日:2010-04-27 22:56:59
ただでさえ長いのに、テンポの悪さがそれを更に増長し、幾度となく眠気に誘われる。それにしても吸血鬼はいるわ狼人間はいるわ、一体この町はなんなんだ?
クリステン・スチュワートは相変わらず綺麗で目の保養になるが、相手役のアンちゃんは相変わらずもっさりした濃い顔。眉毛が太くしかも青々とした髭そり後が、まるで元祖オカマ芸人の日出郎のようだ(笑)話の展開も今時どんな少女漫画もやらない、
私の為に闘わないで!というカビが生えたものだしなぁ。完全な子供向けでした。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 17:42:24
ただ、ただクリステン・スチュワートに釘付けになってしまう
最新吸血鬼ムービー「ニュー・ムーン/トワイライト・サーガ」
今回は“お約束”の××××も登場で、急展開。
http://mototencho.web.fc2.com/2009/newmoo.html
投稿者:replicant投稿日:2010-02-06 02:41:12
【ネタバレ注意】

アメリカで大ヒットしているシリーズ第2作。1作目の『初恋』に比べると落ちますね。とにかく長い!ダラダラとしょーもない恋愛モードを引っ張っているので飽きます。1作目と監督が変わって(『ライラの冒険』のクリス・ワイツ)間延びしてしまいました。大作にしようとし過ぎているように感じました。ストーリー展開は悪くないので、もっとサクサクと描いてくれたのなら魅力的な作品になっていたと思われるだけに残念!テンポが悪いのでヒロインが直面する状況を余裕を持って理解出来る分、好きになった男が吸血鬼で、横恋慕されるのが狼男という設定にちょいと笑ってしまいました。

個人的にはアリス(アシュリー・グリーン)が好みですねぇ(笑)。ダコタ・ファニングが最後にちょっとだけ出ています。“もう中学生”風に言うと「大人になったねぇ〜」(笑)。

投稿者:maaaaan投稿日:2009-12-13 10:45:10
面白すぎたぁぁぁ〜!!!!
前作をDVDで見て、めちゃめちゃ面白かったので
今回は絶対に映画館で見ようと思っていたんですが
映画館で見てよかったぁぁぁぁ〜!
マジで面白かった★

今回は、幼馴染のジェイコブとの関係が
発展していくお話なんですが、
もう、面白すぎw
それしか言えないよねぇ〜w

なんてゆーか、ツッコミ所満載すぎ
私、オタマはキュンキュン
打たれまくってました♪

ニッタニッタして見ちゃいました
たぶん、少女漫画とか好きな人なら
必ず楽しめるはず☆

「えぇ〜!」そんな事してくれるの
みたいな事だらけで・・・・・むふふふふ

爆笑して泣いた場面も多々・・・w

言いたいけどネタバレになるので
何も言えないのが残念。

でも、一つだけ・・・アリスとあんなに仲良かったっけ?w

ジェイコブカッコよかったね・・・
ムッキムッキの筋肉
う〜んウットリ〜〜

でもやっぱり、エドもねぇ〜
う〜ん・・・私、選べない。
ごめんなさい(キモ)

あぁ〜早く次回作が見たい
絶対、映画館で見ますよ!!

投稿者:なちら投稿日:2009-12-09 00:07:34
狼…でかっ!
いや、これは良いね!狼男が変身すると、何せ狼なもんだから、
人間の姿の時よりも小さめでカワイクなってしまう、なんて事が無いもの。

更にさ、これは監督が交代した為かな?と思うんだけど、前作よりもアクションがカッコ良い!
狼の重みが伝わって来る様だった。
イヌ科という事を真面目に踏まえた点はウケたが、デカ狼が群れで現れる場面は迫力があったよ。

今回は、息が止まっちゃうラストシーンだった。
誰の能力も通じないベラは、どうなるんだろうね〜!次回が超楽しみなんですけど!監督も好きだしさー!
投稿者:リEガン投稿日:2009-12-01 16:06:06
吸血鬼と人間の禁断の愛に対峙する狼の献身愛を描いた「トワイライト」第2弾。カレン家や復讐のヴィクトリアはもちろん、かなり怖そうなダコタ・ファニングやブレア首相が顔見世程度の登場という本作が、全米で記録的な大ヒットとは…次回作「エクリプス」、そして最終章「ブレイキング・ドーン」が末恐ろしい。愛する人を失って、笑顔薄くやつれ果てたクリステン・スチュワートが前作以上に好演。
『憔悴で 白塗り入らずの ベラ・スワン』
投稿者:ASH投稿日:2009-11-28 12:18:13
【ネタバレ注意】

 本当は直前にDVDで「トワイライト」を観直してから鑑賞に臨みたかったのだが、都合がつかずに断念(WOWOWでは直前に放映されたみたいね)。前作の日本公開は本国よりも遅れたとはいえ、あれから7ヶ月も経っちゃっているからお話の繋がりを思い出しながら観るハメになっちゃったよ。それでも、1年のうちに4部作中の前半2作が観られるんだから、喜ぶべきなのかな。

 ベラとエドワードの禁断の関係の間に、もうひとりの男子が介入する。それがヴァンパイアとは協定で結ばれているとはいえ、敵対関係にあるウェアウルフの青年、ジェイコブ。ポスターデザインからも察せられる通り、この3人の三角関係が描かれる。古典的なラブストーリーの中に「ヴァンパイアVSウェアウルフ」という図式を違和感なく溶け込ませた展開が秀逸。障害が大きければ愛も燃え上がるものだが、3人がそれぞれの愛を貫くには大きな障害を背負わなければならなくなる。なんともじれったい展開!

 永遠の生命を持つエドワードはいつまでも同じ姿だが、人間であるベラは歳を取れば老いさらばえてゆく運命。彼と同じ永遠の生命を得るにはヴァンパイアにならなければならない。しかし、ヴァンパイアから人間を守る命を受けたキラユーテ族はそれを阻止しなければならない。愛を取るか、掟を取るか、3人のそれぞれの葛藤が観ているコチラの胸もチリチリと焦がす。なるほど、このお話に全米の女子が熱狂するのもよく分る。少女漫画的なノリは健在だが、ちょっとだけ大人向けになったとでも言えばいいのかな。

 ベラの恋の行方がエドワードとジェイコブのどちらによろめくのか? ライバルが登場したことで、俄然、これからの展開が気になってきた。前作以上にホラー映画ファンからの訴求は望めなくなってきたが、ヴァンパイアもウェアウルフも、禁断の愛を盛り上げるための一要素に過ぎないわけだからね。残念なのは、前作にも出てきたベラを付け狙う放浪ヴァンパイアのビクトリアが物語りにあまり絡んでこないこと。ベラとエドワードとジェイコブの関係が主軸なので、前作を観ておかないと「誰だ?お前」状態になちゃう。

 「ライラ」のクリス・ワイツ監督が撮っているだけに、動物同士が取っ組み合いの喧嘩をするというシーンが出てくるのはご愛嬌。キラユーテ族の青年たちが一瞬にして狼に変身するシーンがカッコいい。終盤ではベラを挟んでエドワードとジェイコブが喧嘩をする。竹内まりやの歌じゃないが、「けんかをやめて」状態になるのがドロドロの恋愛劇を見せられているかのようで、なんだか嬉しくなっちゃう。エドワードの最後の台詞も、次回作への期待が否応なく膨らむ。嗚呼、俺もハマっちまったってのか?!

 永遠の生命を持つヴァンパイア族を死に至らしめることができるヴォルトゥーリ族の怪しげな存在も気になるところ。首領格のアロを演じるのがマイケル・シーンで、あの独特のオカマっぽい仕草と喋り方がなんともイイ。ヴォルトゥーリ族とカレン・ファミリーの関係など、次回作への興味を持たせた終わり方は相変わらず上手いねぇ。まあ、興味のない人にはどうでもいいことなんでしょうが。

 さて、本作にはダコタちゃんが参戦となったが、驚いたことに映画がもうすぐ終わるというところまで出てこない。ゲスト出演に近い扱いだが、果たして3作目ではもう少し活躍するのだろうか? 「PUSH」と同じくだいぶ大人っぽくなったけど、もう少し大暴れするのかと思ったら…。それにしても、ダコタちゃんは実際にもGOTHッ娘への道を邁進してるかのようでなんだか微笑ましい。他に女優陣では、アリス役のアシュリー・グリーンが気になる。

 エンド・クレジットの最後に「Twilight Saga Eclipse 2010」と出る。「30デイズ・ナイト」は血みどろのヴァンパイア映画だったけれど、監督に抜擢されたデビッド・スレイドが一体どのようにこの第3弾を料理するのか? 期待してまっせ!

 ジェイコブ役のテイラー・ロートナー。どっかで見た顔だなぁ、と思ったら、「シャークボーイ」のあの子だ!! こんな精悍で逞しい青年に成長していたとはねぇ。なぜかキラユーテ族はいつも上半身裸なので、こういうところにも女子は大騒ぎしてるんだと思う。女性受けする要素が満載だから、ウルサ方が難癖を付けたがるのも分るよ(日本での「アメリ」がそうであったように)。IMDbのユーザー評価なんて、アンチ派からの投票ですごいことになっちゃっているじゃん。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト助演男優賞ロバート・パティンソン 
 □ ワースト脚本賞メリッサ・ローゼンバーグ 
 □ ワースト・スクリーン・カップル賞クリステン・スチュワート クリステン・スチュワートとロバート・パティンソンあるいはテイラー・ロートナー
  テイラー・ロートナー 
  ロバート・パティンソン 
 □ ワースト・リメイク・続編賞 
■ 作品賞 
 ■ 男優賞ロバート・パティンソン 
  テイラー・ロートナー 
 ■ 女優賞クリステン・スチュワート 
 ■ キス・シーン賞ロバート・パティンソン クリステン・スチュワート & ロバート・パティンソン
  クリステン・スチュワート 
 ■ グローバル・スーパースター賞ロバート・パティンソン 
  クリステン・スチュワート 
  テイラー・ロートナー 
【ニュース】
全米興行成績、「トワイライト・サーガ」完結編がメガヒットで初登場首位2012/11/19
MTVムービー・アワード、結果発表2010/06/07
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2010/05/13
クリステン・スチュワート、ケルアック『路上』映画化に出演へ2010/05/07
ステファニー・メイヤー原作「トワイライト」シリーズ第3弾、最新予告編2010/04/26
「ウォンテッド」続編、ニュー・ヒロイン候補にクリステン・スチュワートが急浮上?2010/04/23
「トワイライト」シリーズ第3弾「The Twilight Saga: Eclipse」、特報2010/03/12
全米興行成績、「アバター」が「シャーロック・ホームズ」の猛追をかわしV2達成2009/12/28
全米興行成績、ジェームズ・キャメロン監督3D超大作「アバター」が好スタート2009/12/21
全米興行成績、ディズニー最新アニメ「プリンセスと魔法のキス」が首位2009/12/14
全米興行成績、サンドラ・ブロック主演「The Blind Side」が3週目で首位奪取の快挙2009/12/07
全米興行成績、「ニュームーン」&サンドラ・ブロック主演作が好成績で1位&2位を死守2009/11/30
全米興行成績、「トワイライト」シリーズ第2弾「ニュームーン」が爆発的スタート2009/11/24
全米興行成績、ローランド・エメリッヒ監督超大作「2012」が圧勝スタート2009/11/16
「ニュームーン/トワイライト・サーガ」、フル・トレーラー2009/09/14
「トワイライト〜初恋〜」続編「ニュームーン」、最新予告編2009/08/18
「トワイライト〜初恋」続編「New Moon」、ティーザー・トレーラー2009/06/01
子役出身のダコタ・ファニングとクリステン・スチュワートがロック映画で共演へ2009/03/05
【レンタル】
 【Blu-ray】ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-rayレンタル有り
 【DVD】ニュームーン/トワイライト・サーガレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION