allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インフォーマント!(2009)

THE INFORMANT!

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2009/12/05
ジャンルコメディ/ドラマ/サスペンス
映倫G
ある企業内部告発者を描く本当にあった物語。
インフォーマント! [Blu-ray]
価格:¥ 2,057
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 90年代半ばにアメリカ中を揺るがした実在の経済事件を基に、大企業の内部告発者となった一人の男の衝撃の真実とそれに振り回されたFBIや企業幹部たちの大混乱の内幕を、「オーシャンズ」シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督、マット・デイモン主演で描くブラック・コメディ。ある日突然FBIに自社の不正を告発したエリート社員が、FBIの内通者(インフォーマント)として捜査に協力する過程で少しずつ混乱と疑問が膨れあがっていくさまとその驚きの顛末をコミカルかつユニークな語り口で描き出していく。
 農業関係の大企業アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社(ADM)では若くして管理職を務め、私生活でも妻子と幸せに暮らすマーク・ウィテカー。ところがある日、工場で発生したウイルスによる損失の責任を問われてしまう。彼はライバル企業の仕業であることと脅迫の存在を上司に報告する。会社側は恐喝事件としてFBIに捜査を依頼。これを受けてFBIのシェパード捜査官がウィテカーのもとを訪れる。ところがここで、ウィテカーは“ADMが違法な価格協定を行っている”と世界各国を巻き込んだ自社の巨大な不正を告発してしまうのだった。思わぬ急展開に色めき立つFBIは、ウィテカーを協力者として迎え、確たる証拠を掴むために潜入捜査を開始するのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
318 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:spqc2y29投稿日:2017-11-19 07:17:20
【ネタバレ注意】

結局病気で嘘つきに振り回されたって事
主人公に全く共感できないのはそのせいね。

投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-08-13 18:32:22
【ネタバレ注意】

スティーヴン・ソダーバーグ監督作と言えば、『オーシャンズ11』のような万人向け作品もありますが、基本的には『トラフィック』のようにマニアックでコアな映画ファン向け作品が中心ですね。
本作も、どちらかと言えばマニアック路線・・・。
随所にセンスの良さを感じさせるシーンが散りばめられているのですが、万人向けを好む私としては、どうだセンスあるだろ!とばかりに監督のドヤ顔が想像出来そうで、ちょっとハナに付いたかな(・・;)
社会派映画をあえてコメディタッチに描いたようですが、私的にはいまいち感情移入させられず、ちょっと作風に関しては微妙な印象が残りました。
普通にこの事件をドキュメンタリータッチで見たかった気も・・・事件の内容は興味深かったので・・・。

興味深いと言うのも、主人公のマーク・ウィテカーと言う男が、とにかく何をしたかったのか?何を考えているのか?まったく分からなかったからです。
ハナに付く作風も相まって、とにかくイライラさせられましたね、この男には(・・;)
そしてこの映画、実話なんですよね・・・。
アメリカでは有名な事件らしいのですが、日本ではあまり知られていない事件でしょうか。
味の素と言う日本企業も何やらこの事件に絡んでいそうで、やはり映画よりも事件そのものの方が興味深かったかも( ´艸`)

マーク・ウィテカーを演じたのは、マット・デイモン。
ウィテカーと言えば、黒人の鶴瓶師匠ことフォレスト・ウィテカーを想像しそうですが(しないって?)主演はマット・デイモンですよ(o^-\')b
役作りのために、15キロも体重を増やして臨んだそうですが、カッコイイあのマットが、ただのオッサンになっていました・・・。
マットファンは、見ないほうが良いかも(°д°;)
しかも・・・髪もヅラで、最後はハゲ姿を披露することに!
『トロピック・サンダー』のトム・クルーズの禿ヅラ姿に続く、衝撃のハゲ姿でしたね(((゜д゜;)))

で、そのマーク・ウィテカーは、ADMと言う大手企業の幹部職につくエリート社員でした。
農業関係の大手企業の幹部職で、美人の奥さんがいて、子供にも恵まれて、順風満帆な生活を送っていた訳ですね。
ただ、ちょっとした工場内のウイルス騒動による損失から責任を追及されたことから、この男の歯車が狂いだしました。
この男の本性が出始めたと言う訳ですね。
まずは、ライバル会社が仕組んだワナだと、一つ目の嘘を言い始めます。
そう、この男は、とにかく喋ることすべてが嘘!
自分に有利になることだけではなく、それ不利になるんじゃないか?と言うことまで嘘をつく嘘男だったのです(・・;)
ライバル会社のワナとなれば、会社側は警察に連絡しますが、今度は何を思ったのかマークは、会社が不正な価格協定を行っていたと逆に警察に内部告発する始末!(´Д`;)
この会社も、めんどくさい社員を抱え込んだものですな・・・。

ここからは、マークの息をも付かせぬ様々な嘘の連発に、会社、FBI、終いにはマークの弁護士までが振り回され続けます・・・。
喋ることすべてが嘘、嘘、嘘で、警察や弁護士でさえどうにもならないのですから、ある意味変な才能は持っていた訳ですね(^^ゞ
内部告発の証明をする為に、FBIに協力して潜入捜査まで行ったマークでしたが、マーク曰く、スパイとしては俺は007の2倍優秀な0014だと言い放っていました。
ちょっとツボに嵌りましたよ(^_^)v
嘘でFBIも会社も騙してるんですから、ある意味そうかも!
結局この男の行動全てが嘘である為、見る者も一体何が起こっているのか分からなくなり、私もかなり混乱してしまいました・・・。
音楽や作風が妙にコメディタッチである為、どうも乗り切れないところもありましたし、策士策に溺れるじゃないけど、監督にセンスがありすぎて、何か逆について行けなかったかな・・・。

結局嘘って、嘘を隠すために嘘の上塗りをしなければいけないので、泥沼になってい行くんですよね・・・。
人間嘘を付いたことがない人なんていない訳で、マークの心境はなんとなく理解出来なくもないのですが・・・でも、何かこのマークにはどうしても感情移入しづらい不快感がありました(-_-メ
最終的に、この嘘がきっかけで、マークは会社の金を不正に横領していたことまで発覚し、ジ・エンドに・・・。
腐った人間は、結局いつかはボロが出るのです!
特にエリートは、世の中何をしてもいいぐらいに世間をなめているから(私感ですいません)困るんですよね・・・。
あ〜私は凡人で良かった良かったo(^▽^)o(TωT)

作品として完成度はかなり高かったと思いましたが、私自身好みの作品とは言えず、ただでさえ暑いのに、更に不快指数が増してしまった映画でした(´□`。)

投稿者:ジーナ投稿日:2010-12-31 23:55:36
実在の人物を演じるために増量したマット・デイモン・・・役作りとは言え、10kg太るとグッと老け込みますね。
ベルトの上に乗っかるお腹、不恰好なカツラ・・・醜いですねぇ〜
妻役のメラニー・リンスキーも掴みどころの無い存在感がお見事でした。
もう少し妻に焦点を当てても良かったぐらいです。

さてストーリーのほうですが・・・
エリートで高収入、頭の回転も速く家庭にも恵まれた男がナゼ会社を裏切ったのかがまず理解できなかったです。
他にもどうして内部告発をこれほど軽く受け止めているのか、などどうも納得のいかない内容でした。
もう少し主人公の心情変化が分かるような描き方をして欲しかったです。
日本ではそれほど有名な事件ではないですしスキャンダラスな告発でも無いので、よほどドラマを作りこんでもらわないと興味がわかないですよね。
ユーモアも伝わりづらくて笑えなかったです。
常に笑顔で危機感のない主人公を笑えば良いのか、頭の中まる分かりのナレーションを笑えばイイのか、間抜けなFBIを笑い飛ばせばイイのか・・・ブラックでもなければコミカルでもない、ただただ軽いノリで描いてるというだけです。
コメディタッチにしなければ、まだ好印象な作品だったかもしれません。
実在の人物なのであまり悪くは言えないですが、主人公に好感が持てないですし、、それどころか立ち回り方が病的で気持ち悪かったのも作品に入り込めなかった原因でしょう。
特に後半は嫌悪感MAXでイラッとさせられました。
逆にこんな夫のそばにいた妻の心情のほうに興味がわきましたね。

ドキュメンタリー風の映像も効果的とは言えなかったです。
ますますシリアスなテイストで作られた社会派ドラマを観たくなりました。
メリハリのないストーリー展開は緊張感もなく退屈気味ですし、ラストも印象が薄かったです。
結果的になんとも説明しにくい奇怪な社会派コメディ風ドラマ(事実モノ)でした。
「インサイダー」のような社会派が観たい方やマット・デイモンのファンの方は敬遠したほうが良さそうです。
無責任で適当ででたらめな主人公の人間性を面白みがあると感じられれば、イイんですけどね・・・。
自分大好きで口数の多い醜い男を受け入れられる人はかなり少ないと思います(爆)
やはり私はソダーバーグ監督と相性が悪いようです。
投稿者:nedved投稿日:2010-12-17 02:09:07
マット・デイモン
投稿者:bond投稿日:2010-11-18 12:00:24
結局私利私欲のために動いたのか、病気のせいだったのかあやふや。出所後も再就職できたって事は優秀?真実は小説より奇なり。
投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-11-16 01:17:49
何とも不思議な犯罪者の物語。
虚言癖な主人公の複雑さをぐいぐいと展開していくソダーバーグの
展開の上手さがを感じる作品です。

マザコン気味なおっさんサラリーマンで、多重人格な主人公を
マット・デイモンが見事に、「冴えない」ぶりを体現している。
特に、「ずら」で蒸れて髪の毛いじるリアルさは爆笑ものである。

しかし、このへんなおじさんが実在しているのが笑えますね、アメリカは。

事件を、スピーディに映像化しているソダーバーグの上手さもあり、
どんどん繰り広げられる捜査、裁判も面白いのであるが、
現実の事件だけあって、最後の「落とし所」に困ってしまったようで、
ラストはいまいちであった。

しかし、実際の事件なのであるでしょうが、「味の素」って普通に
社名が出てきていたんですが、問題ないのでしょうか?
「日本企業は、欧米の会社と違って訴えないから、使ってやろう」
なんですかね?
それだけ、日本企業を嫌っているんでしょうかね、アメリカは。
投稿者:uptail投稿日:2010-10-20 01:13:29
マット・デイモン
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 20:50:15
マジでアリ?のお話しなんだけど、実話なんだよねコレが
「インフォーマント!」は
マット・デイモンの間抜けぶりが炸裂して
監督のスティーブン・ソダーバーグの懐古趣味で
出来上がってる必見の珍品
http://mototencho.web.fc2.com/2009/imforma.html
投稿者:replicant投稿日:2010-02-06 02:42:36
【ネタバレ注意】

ソダバーグの新作。う〜ん、なんだろうなぁ・・・何でこんなに捻くれた作りにしちゃったんですかね?意地悪く言うと「どうよ、オレの作品って知的だろ?」みたいな感じで、鼻につくったらありゃしない!ストーリーは面白いし、マット・デイモンも素晴らしい(主演男優賞もの!)のに、いちいちウザい!素直に作ればそれだけで十分に面白いと思えるのに、妙な比喩ばかりのナレーションが猛烈に邪魔してます。まさに“裸の王様”映画。観て損はないけど鬱陶しいよ(苦笑)。っつーか、実話を下敷きにしているそうですが、こんな奴がどーして重役なんだ?恐ろしい!

投稿者:蓬莱投稿日:2009-12-22 12:23:32
【ネタバレ注意】

期待していたほど笑えず,個人的には不完全燃焼かも.
マイケル・マン監督の『インサイダー』と邦画『クヒオ大佐』を
足して2で割った感じ?

実話ベースなので仕方ないのでしょうけど,ちょっと作品全体の
バランスが悪い気がしました.最近のソダーバーグは実話好きですね.

そういえば,オールド「シネ通」ファンには懐かしい,
あのラスティーも登場するのでお楽しみに.

投稿者:QUNIO投稿日:2009-12-18 17:06:26
このところ徐々に演技派へと成長しているデイモン君だが、この映画ではさらに魅力的な詐欺師のオッサンを演じきっており偉い。ソダーバーグの演出も正攻法で70年代の映画を意識した画作りが冴えている。会話シーンが多く部分的にシックリ来ない欠点もあるのだが、デイモンがどこからどう見ても嘘臭い奴である事は明白で、ブラックコメディとしては秀逸な作品。最近の拾い物。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 男優賞(コメディ/ミュージカル)マット・デイモン 
 □ 音楽賞マーヴィン・ハムリッシュ 
□ 音楽賞マーヴィン・ハムリッシュ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】インフォーマント!2010/11/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インフォーマント!2010/05/12\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】インフォーマント! 特別版2010/11/03\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】インフォーマント! 特別版2010/05/12\3,790amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】インフォーマント!レンタル有り
 【DVD】インフォーマント!レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION