allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サロゲート(2009)

SURROGATES

メディア映画
上映時間89分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2010/01/22
ジャンルSF/サスペンス
映倫G
ロボットがすべてを代行する社会。
それは、ユートピアのはずだった…。
サロゲート [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,135
USED価格:¥ 696
amazon.co.jpへ

 Photos
サロゲートサロゲートサロゲート

【解説】
 ブルース・ウィリス主演で放つSFサスペンス。人間が各々の身代わりロボット“サロゲート”に日常生活の一切を任せるようになった近未来社会を舞台に、FBI捜査官がある殺人事件を機に浮き彫りとなっていく巨大な陰謀へ迫るさまをスリリングに描く。共演は「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル、「007/ダイ・アナザー・デイ」のロザムンド・パイク。監督は「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。
 人間の身代わりロボット“サロゲート”が普及し、その常用が不可欠となった近未来。人間は外出せず、サロゲートとの媒介となるスティムチェアーから遠隔操作することで、実生活の全てをサロゲートに委ねていた。一方でサロゲート排斥運動を指導する予言者ら反対派による独立区も生まれる中、サロゲートの採用で犯罪や伝染病、人種差別が激減し、人類は理想的な社会を実現したのだった。だがある時、ほぼ完璧に安全なはずのこの社会で殺人事件が発生する。2体のサロゲートが破壊されただけでなく、持ち主までが変死していたのだ。事件を担当するのは、FBI捜査官トム・グリアーとジェニファー・ピータース。彼らもまた自分たちのサロゲートを駆使し、捜査にあたる。するとグリアーはやがて、犯人が隠し持っていた武器から、事件とサロゲートの最大手メーカー、VSI社との関連性を突き止めるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
537 7.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2017-05-15 13:50:24
VRロボットを破壊する過負荷銃。で、アカウントを乗っとり乗っとられ。で、CG爆破もない極彩近未来。で、AIの出番なくメタボ人類、復活。
投稿者:カール犬投稿日:2014-12-19 03:33:46
身代わり代行ロボットに仕事や外出すべてを任せ、
人類ほぼ家に引きこもっていて椅子に寝転がったまま遠隔操作だけという
ズボラな人間には夢のような近未来映画。
(それによって人体や社会に及ぼされるであろう問題点は手つかず)

サロゲートは自分好みにカスタマイズできちゃうから美男美女揃い。
で、本体はデブだしネカマだし老けてるしと、その辺は容赦なし。
(けど絵空事でもない痛さもありだよね)

ブルース・ウィリスも金髪フサフサ(理想)とハゲ(現実)の2WAY仕様。

サロゲートの連中はロボっぽいし設定も面白いかなと思ったんだけど、
謎の解明とか子どもを失った夫婦の絆だとか展開がず〜っとイマイチのまま。

サロゲート反対団体もヒッピーのコミュニティーかと思えるほどの薄汚さ。
どこまで原点回帰目指してるのかよくわからない。

ストーリー的なホコロビもありつつ
バカバカさにもシリアスさにも娯楽にも、どの方向にも中途半端なまま終了。
投稿者:gapper投稿日:2012-08-26 13:47:55
【ネタバレ注意】

 推定制作費8,000万ドル、総収益約3,850万ドル(米2009)。

 とてつもなく高価そうなサロゲートが、98%の人々が利用していると言う所から少々入り込めない。
 通信はどうやっているのだろう?
 数十億人が利用していて混信しないのか?
 太陽フレアの影響などなどで通信が途絶えることは無いのか?
 他人のサロゲートは簡単に使えないはずだったのに後半からはバシバシ使っていますが・・

 ラストは「フラッシュフォワード <TV> (2009〜2010)」と同じで飛行機の墜落や火事が起こるだろうし、救急隊員や警官が出動できないからどう考えても大勢の犠牲者が出ない筈は無いのだが・・無いってニュースでは言い張っている。
 「アバター(2009)」の様に身体障害者も使っているだろうから彼らは絶望の淵に立たされるだろう。
 そんなことを一切考慮しないから上記の収益で終わってしまったんだろう。

 結局一番の見所は、グリアー夫妻のサロゲートと本人とのメーキャップの差だ。
 マギー(ロザムンド・パイク)のピチピチお肌が、見る影も無かった。
 きっとこれで選ばれたに違いない。
http://gapper.web.fc2.com/

投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-05-22 17:06:03
【ネタバレ注意】

公開前の予告編で、ブルース・ウィリスの違和感のあるフサフサの髪の毛がどうしても気になり、当時公開1週目に見に行った映画です。

なるほど・・・フサフサで違和感のある髪だなと思っていたら、ジェームズ・キャメロン監督のヒット作『アバター』のリアル近未来版みたいなものだったんですね。
遠隔操作で自分に似たロボットを自由に操れるとは、これは便利な話だ。
痛いとか寒いとか暑いとか関係ないんだもんね。

人間が人間でないこんな世界なんて、もちろん嫌だと言う気持ちもありますが、人間的に腐っている私みたいな男は、サロゲートのお世話になりたいと言う願望も少なからず生まれました| 壁 |д・)
もちろん人間でいたい気持ちの方が強いですけどね。

まあ人間は楽をしすぎると、ピクサーアニメ映画『ウォーリー』で描かれたように、未来はメタボだらけの人間になってしまいそうですよね。

ブルース・ウィリスのフサフサ髪の毛ヅラのように、容姿は自分の願望が叶う世界であるのがサロゲート。
男はイケメン、女は美女だらけ(お肌ツヤツヤ)。
逆にそんな世界、つまらないかもね≧(´▽`)≦
イケメンになってみたい願望はありますが、みんなイケメンなら意味ないし。

それから、男女の区別があやふやなのはちょっと困るかなσ(^_^;)
まあネットの世界でもネカマみたいなのはいるんでしょうけど。

それにしても、ブルース・ウィリスとロザムンド・パイクが演じたグリアー夫妻のように、夫婦生活もロボット同士と言うのはやはり嫌ですね。
人間として接したいブルース、ロボットとして接したいロザムンド。
夫婦愛を取り戻せるか?
そんなところもこの映画の見所でした。

サスペンスやアクション部分に関しては、正直古臭さは否めなかった印象です。
なんとなく展開が読めるし、深みも無い。
とは言え、アクション部分では古臭さがあると言いましたが、古臭いアクション物は私自身大好物です。
ブルースのターミネーターチックなアクションが見れただけでも満足感は得られました。
監督が『ターミネーター3』のジョナサン・モストウと言うことを考えれば、ターミネーターチックなアクションと言うのもある意味納得なんですよね。

この映画は、SFアクションと言うよりは、人間にとって何が重要かであったり、本物の愛ってどう言う事なのか・・・そんな部分を考えながら見る方が楽しめる映画でしょう!

公開時期が『アバター』の直後でなければもっと評価された映画なんでしょうけど、運がなかったところもあったかな(^o^;)
私は意外と好きな映画でした。

投稿者:ジーナ投稿日:2011-03-24 18:31:21
サロゲートと呼ばれるロボットたちで溢れた平和な世界で起こった殺人事件をキッカケに人間の生き方を再考していくサスペンス風近未来SFアクションです。
サスペンスのシナリオはそれほど凝ったモノではありませんが、新鮮味のあるロボットの観念が効果的☆
理想のボディにキレイな顔立ち、髪の色から目の色まで自由に選べる自分ロボ・・・サロゲート。
そのサロゲートが自分の代わりに仕事をして恋愛をして運動をしてくれる・・・その間ホントの自分は食っちゃ寝食っちゃ寝できる訳です(笑)
シワもできなければ吹き出物もできない完璧な自分が居たら、それを拒否して世の中に出て行けるか・・・無理ですね(爆)
まぁ、好きになった人がホントはどんな人なのか分からないリスクはありますが・・・。
もちろんそんな偽りの世界に反対する人たちもいるワケで、サロゲートが立ち入れない区域で暮らす人間達という設定を用意してあるのが面白みになっていたと思います。
サスペンス部分のストーリーが秀逸とはいかなかったので序盤、中盤、終盤と盛り下がっていってしまうのは勿体なかったですね。
主人公と妻の問題も背景だけを描いていて深みがないのが残念でした。

人間とサロゲートの二役を演じたブルース・ウィリス・・・元々人間味のある役者さんなのでサロゲート役は違和感ありありです。
髪があるブルース・ウィリスはチョット笑えました。
ジェームズ・クロムウェルも見飽きた感のある役柄で安定してます(笑)
ラダ・ミッチェルにロザムンド・パイクという女優陣は少々地味で華やかさに欠けましたね(爆)

CGは素晴らしく観ていてチープな感じもありませんでした。
完璧なサロゲートばかりでしたが、不良品や故障なんかも取り入れてくれるとリアリティが出たでしょうね。

アイデアと設定、終盤の緊張感、映像、音楽、アクションは良かったですしファッションなどややレトロなテイストと色彩が近未来SFと絶妙にマッチしてました。

ツッコミどころ満載ですが、この手の作品では珍しく90分弱と短めなので気軽に鑑賞できます。
主人公の選択によって引き起こる社会的大事故がどんなものかパパッと見せてくれるだけでもツッコミどころが減ったと思うので、たとえ後味が悪くなったとしてもそういうシーンを入れておいたほうが良かったでしょう。
とは言え、展開も速いので暇な時にチェックしても損はないと思います。
投稿者:nedved投稿日:2011-02-20 01:07:14
ブルース・ウィリス
投稿者:bond投稿日:2011-02-08 11:14:52
ウェストワールド、アイロボット、ターミネーターetc,過去のSF映画混ぜ合わせたような映画。ウィリスももう落ち目かな。
投稿者:uptail投稿日:2010-07-06 10:33:41
ブルース・ウィリス
投稿者:タニ投稿日:2010-04-18 23:38:58
 映画の中に映し出される街の風景、身代わりロボットが闊歩する風景、その温度の低さに驚く。パッと見た感じは普通なのだが、役者の表情や仕草がどこかのっぺり、としていて体温を感じさせない。こんがらがらせた筋を持つ映画が、温度を発しないまま淡々と進む。設定を楽しみながらも、なんだか筋を追うためだけに映画を観ている気分になる。
 
 事件を捜査する刑事はやがて帰宅し、部屋に辿り着き、部屋の隅の充電機に納まる。すると、機械じみた椅子から重たそうな体を中年男がうめき声と共に起こす。

 ブルース・ウィリス※のアップ(顔)

 ハゲた頭に無精髭。

 ...

 なんだか安心するのである。
 映画を観る、という行為が着飾った美男美女や、良くできたCGを観ることを意味するのではなく、役者に刻み込まれたシワやその中に潜む表情や感情を観る行為なのだと再確認できる瞬間だ。
http://moviearth.at.webry.info/
投稿者:replicant投稿日:2010-02-06 03:10:00
【ネタバレ注意】

荒唐無稽です。こんな未来は絶対に来ません(笑)。まぁ、そんなコトはどーでもいいんですけどね。要は人類総引きこもり状態。ただね、微妙に現代と被っているところが怖い。つまり、今は自分の部屋から一歩も出なくても生活出来るワケで、そういう意味ではちょっと似たような世界とも言えるんですよね。つまり、昔に比べて現代は生身の人間との接触がどんどん希薄になっているワケで、それが影響しているのかどうか“草食系男子”なる言葉も出てきているし、外に出たとしても濃い接触は避けたがる傾向にあるのかもしれません。それは、決して性欲が無いワケではなく単に“面倒なコトに巻き込まれたくない”的な考え方なんじゃないでしょうか?そんなこともボンヤリと考えながら観ていました。一言だけ言わせていただくと、あのね、人間って濃く付き合うと、こんな面白いモノ、他に無いですよ!

投稿者:NYY投稿日:2010-01-31 21:31:06
【ネタバレ注意】

展開も直ぐに読めちゃうし、突っ込み所は色々あるけども、そこ
そこ楽しめたな。89分でサクッと見られるから良いね。
 
ブルース・ハゲの頭がフサフサしてて笑えたw。つかみはOK。
その後で出てきた本物は、やっぱりハゲてて安心した。
 
近未来、人は家で身代わりロボットを遠隔操作して安全に暮らし
てる・・・ えーと、それって引き籠りと言うんじゃ・・・
事故や事件にあっても、死ぬのはロボットのみというユートピア
がディストピアだったって話か。
 
「一人で外を歩くのは危険よ」って、幼稚園児ですか?
ていうか、この世界は家に強盗とかが来たら、一発でやられちゃ
うでしょ。
ま、こーゆーB級作品は、あんま細かいことを突っ込んじゃいけ
ないのかも知れないけど。
戦争なんかは良いかもね。絶対に無くならないもんだし、ロボッ
トに行かせて人を死なせないで決着をつける。
あーでも、結局は遠隔操作してる人の方を潰すんだろうな〜。
 
なんか凄い風貌の預言者が出てきたのは、ボクの笑いのツボに入
ったわw。 変なこと言ってたし。
引き籠ってる奴らもオカシイけどさ、こいつらもそーとーなカル
トだよね。
ドサクサで、デタラメなことをさも正しいかのように言う痛い奴
らが出てくるのは面白かった。
          (^∀^)

ロボットも車に乗るとか、ロボットが携帯使うとか・・・
そんなもん頭に組み込んじゃえば良いのに。
何でそこまで今、人が採ってるスタイルに拘るのかね。
んで、最後にオッサンが全オペレーターを殺すって? 何故そう
なる?
          (^∀^)
最後まで、期待通りのB級テイストで良かったw。
 
ボクはロザムンド・パイクお姉様が見られたから満足、満足。
あれもロボットで、本当はババアなんだね〜。
男は劣化してても生身の女の方が良いもんだよね〜と思ってたけ
ど・・・ ロボットの方が良いかもw。

投稿者:黒美君彦投稿日:2010-01-30 22:25:17
上映時間89分と短いせいもあるのだろう、何だか面白いショートショートを読んだ時のような印象を覚えた。すなわち思いつきが全て、というヤツである。だからちょっと考えたら矛盾や疑問ばかりなのだが、そこは敢えて目をつぶって思いつきのアイディアだけを楽しむ、という程度の作品のような気がした(原作はグラフィック・ノベルらしいが)。
こうした「ユートピアかアンチ・ユートピアか」といった対立軸そのものが70年代のショートショートで多くみられた手法だが、一方で「代理アンドロイド」であるサロゲートは魅力的でもある。劇中キャンター博士がいうように、障害がある人や身動きができない人からしたら、あたかも自分が動いているようにいろんなことができたら…と夢見ることはあり得るし、実際ロボット工学の進歩でいろいろなサポートが可能になりつつある。
サロゲートはある種「不老不死」を形にするものでさえあるのだ。もっともオリジナルは老いてやがて死んじまうのだが。
そうした「幻影としてのサロゲート」と「リアルな(薄汚い)人間」とのギャップがこの作品の柱だといえる。ブルース・ウィリスの若き日メイクと、老けメイクのギャップこそが主題そのものだ。
「こんな時代が来たらいいのに」と一瞬でも思わせるのに成功したこの作品、私個人は結構楽しむことができた。

ちなみに冒頭の“サロゲート”の歴史を振り返るシーンで、自分そっくりのロボット「ジェミノイド」を開発した大阪大学の石黒浩教授が登場していましたね(笑)。
投稿者:ビリジョ投稿日:2010-01-28 15:32:12
【ネタバレ注意】

 トンデモ映画がまた1本。設定が突飛すぎるので、お話についていけませなんだ。
 トイレ行くときはどうするんだろう、と思った。恋愛もできないし、運動不足になりそうだし、ずっと寝っぱなしだと私なんぞ腰痛になりそうで、とっても嫌だ。
 ラストも、例えば原発とか大丈夫なんでしょうか。飛行中のパイロットとか、タクシーの運転手がサロゲートで乗客は生身とか。

 隠れた名作「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ監督ってことで期待大だったのだが、残念。

投稿者:なちら投稿日:2010-01-27 15:20:16
【ネタバレ注意】

生身ブルースが涙ながら嫁に心を開いてくれるよう訴え掛けても、部屋から出て来てくれないばかりか、
サロゲートでさえ会話拒否される様子は寂しいよねぇ。
攻撃を受けて倒れた生身ブルースがドア一枚の所で放置されている様子は、
実体の無い物と繋がりすぎると感情が萎えて行くのかなぁって思う。

人間ドラマもちょっと泣かすが、アクションも見応えがあった。
サロゲートだから無茶苦茶できる事もあって、片腕で高所によじ登ったり、
車から車へ乗り移ったり超カッコ良い。オプションが高くついてそうだ。

投稿者:amen投稿日:2010-01-26 06:09:01
【ネタバレ注意】

身代わりが世の中にはびこったら子供が生まれなくなるだろうに。
説得力のないむちゃくちゃな設定だ。

投稿者:たのきゅう投稿日:2010-01-25 14:11:11
現代にもいろいろな依存症がありますね。ギャンブル、携帯、ネット・・。技術開発が進み機械が人間の生活の手助けをしてくれるのはいいけれど、全てを任せる代行社会が果たして幸福なのか? 便利すぎる社会は人としての心までも蝕んでいくのかもしれない。
投稿者:ASH投稿日:2010-01-22 23:06:37
【ネタバレ注意】

 「アバター」と同じく、コチラの「サロゲート」も身代わりがテーマのお話。なんとなく「アイ、ロボット」と被る(どちらもジェームズ・クロムウェルが出ている!!)けど、SF映画を愛する身にとっては、コレはなかなかの佳作。ミステリーとしては決して上出来の部類とは言えないが、アクションとサスペンスの配合がいい塩梅で、ジョナサン・モストウ監督の職人技が冴えまくってる。

 自分の身代わりとしてのロボットが街を闊歩し、それらが社会運営を代行しているという近未来。生身の人間はといえば、薄暗い部屋の中で横たわってロボットを遠隔操作しているだけで、サロゲートに対してオペレーターと呼ばれている。街を歩いている人々(サロゲート)はオペレーターにとっての理想的な姿なので綺麗に着飾った若い美男美女ばかり。で、オペレーター当人は外へ出る必要がないからダラしない格好をしたオッサンやオバさんばかり。こういう細かいディテールには感心することしきり。

 危険なことや面倒なことは身代わりがやってくれて、自分はただ横たわっているだけというのは、一見、理想的にも見えるが、やはりその横着ぶりは異様だし、これでは人間同士の繋がりなんてものがなくなってしまう。主人公のグリアー捜査官は相棒のピータース捜査官とはお互いの本当の姿を知らないようだし、妻のマギーの本当の姿とも長いこと会っていないようだ。グリアーはこの世界に順応しながらも、どこか矛盾を感じている男。SF映画によくいる、ユートピアだと思われていた世界の歪みを正すには最適の人物。便利さを優先させるあまりに、失ったものの大きさに人類は気付いていない!

 サロゲートを破壊すると、それに伴ってオペレーターをも殺害してしまう武器をめぐって、その裏に隠されたある恐るべき計画の全貌が明らかになるスリリングな展開。人間らしく生きるべきだと説き、サロゲートを撲滅せんと生身の民衆をアジる預言者の意外な正体。そして、グリアーが最後にとった行為とは…。最新鋭のVFXを駆使してはいるが、ひと昔前のSF映画にあったような味わいがなんとも僕好み。まあ、真面目に観ちゃうと設定そのものに無理があるのかもしれないが、知ったこっちゃないよ。

 基本的には、オペレーターはサロゲートを1台しか持つことができないようだが、開発者のキャンター博士は自分の息子のサロゲートを共有してたり、他にも複数台を所持しているので入れ替わったりするのだが、これがシッカリと伏線になっている。オペレーターの真の姿とサロゲートの容姿端麗ぶりとのギャップが面白いのだが、こういうことができるとなると、男性は女性に、女性は男性にと、その性を入れ替えることも可能だ!! 街中のいたる所でサロゲートが「充電」されているシーンも面白いね。携帯電話じゃねぇんだからさぁ!

 それにしても、タッチストーン作品とはいえ、一応、親会社はディズニー。街を歩いている人の殆どがサロゲートだからって、車でボンボン撥ね飛ばすシーンによくもOKが出たよなぁ。彼らは痛みを感じないから、無言の無表情で次々と撥ねられてゆく。その様は、なんだかマネキンを撥ね飛ばしているみたいで不気味。「A.I.」を彷彿とさせるかなり強烈なロボット損壊シーンもあるけれど、サロゲートだから血は流れない(黄緑色の体液は流れる)。美容サロンでアップグレード、ってなシーンも気味が悪いねぇ。

 ブルース・ウィリスが演じるグリアーのサロゲートがまた可笑しくって、髪の毛フサフサの金髪で、お肌がツルンとしていて、実際のグリアーとはエラいギャップがある。しばらく街へ出ていなかったグリアーが慣れるまでに時間がかかるのはリアルな描写だね。中古品のサロゲートが売ってるてのは面白いわ。しかし、サロゲートの方が優雅な暮らしをしていて、反サロゲートを掲げる生身の人間たちが独立区に追いやられて劣悪な環境で生活してるってのも、イヤだなぁ。

 ロザムンド・パイク、本当にお人形さんみたい! 血が通っていないようなキョトンとした表情が最高! このマギーという奥さんが、実際にはどんな顔をしているのかと思えば…。本当の姿になったことで夫婦仲が修復されるというシーンはおセンチだけど好きよ。

 おおッ!! ブルース・ウィリスとヴィング・レームスが「パルプ・フィクション」に続いて久々の共演!!

 エリザベス・バンクスが製作に関与しているところに注目!! でも、なんでだ?

投稿者:五輪山投稿日:2010-01-22 19:26:23
【ネタバレ注意】

一時期盛んに話題となってたけど、最近とんと聞かなくなった「セカンド・ライフ」を、ネット上じゃなくリアルにやってみた世界という設定。これが近未来じゃなく、もうひとつの可能性としての現代を舞台にしてる所がミソ。未来風な小道具とか用意しなくて済むから、経費の節約になります。

前半はサロゲート(アバター)仕様のヅラ・ウィリスの無表情演技、後半はいつもの顔に傷つけるのが好きなリアル・ウィリス。さすがにギャラの二重獲りは要求してないでしょうが。
モストウ監督なのでアクション場面は歯切れがいいし、90分以内にサクッと収まってるのはいいんだけど、バリバリの最新作でありながら、どこか古めかしさが拭えないこの感じ。10年前にシュワちゃんの『シックス・デイ』というクローンSFがあったけど、センスがあまり変わらない。
というかブロックバスター映画世代のスターたちがほぼ賞味期限を迎えつつある中、その一人のブルース・ウィリス主演というのが、映画そのものの古色さ加減に一役買ってしまってる、そんな印象です。
それから画の輪郭がクリアじゃないのが気になりました。VFXとの兼ね合いからHDビデオカメラで撮影されてるのでしょうか。
サロゲートが一斉に倒れるシーンはインパクトあります。アスファルトに頭からゴツンといってる。地味だけど結構危険なスタントではなかろうか。
昨年世を去ったロバート・ギンティの息子が出てました。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】サロゲート2011/08/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】サロゲート ブルーレイ 〈本編DVD付〉2010/05/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】サロゲート2011/08/03\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】サロゲート DVD + microSDセット2010/05/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】サロゲート2010/05/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】サロゲートレンタル有り
 【DVD】サロゲートレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 Surrogates
新品:
9新品:¥ 1,879より   9中古品¥ 989より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION