allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

REC/レック2(2009)

[REC]2

メディア映画
上映時間85分
製作国スペイン
公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)
初公開年月2009/10/24
ジャンルホラー
映倫R15+
あの惨劇の続きを観る勇気があるか──。
REC/レック コンプリート Blu-ray BOX(4枚組)
参考価格:¥ 10,800
価格:¥ 10,011
USED価格:¥ 6,000
amazon.co.jpへ

 Photos
REC/レック2REC/レック2

【解説】
 人間を凶暴化させる伝染病の密室感染の様相を登場人物が携えるビデオカメラの視点によってリアルに描いたホラー「REC/レック」の続編。前作ラスト・シーンの直後から始まり、感染の謎を解明するべく問題のアパートへ突入した特命者たちに再び降りかかる伝染病の脅威を、さらに多角的に生々しく捉えていく。監督は引き続き「機械じかけの小児病棟」のジャウマ・バラゲロと「ガリシアの獣」のパコ・プラサ。
 人間を凶暴化させる謎の病原菌の感染で多くの犠牲者を出したアパートは、これ以上の蔓延と惨劇を防ぐため、完全隔離されていた。やがて、まだ感染者たちが潜むそのアパートの中へ、ある特命を受けた医師とSWATチームが突入し、内部調査を敢行。それぞれヘルメットにCCDカメラを装着し、感染の元凶があると思しき最上階を目指していく。しかし、そんな彼らを待ち受けていたものは、暗闇から現われる感染者たちの絶え間ない襲撃と、逃げ場のない未曾有の生き地獄だった。こうしてSWATの隊員たちが次々に感染者となり、アパート内はまたしても断末魔の叫びが鳴り響く大惨劇の舞台と化してしまう。それでも僅かに生き残った者たちが感染の窮地をかいくぐり、最上階に辿り着くのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
REC/レック(2007)第1作
REC/レック2(2009)第2作
REC/レック3 ジェネシス(2012)第3作
REC/レック4 ワールドエンド(2014)第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-10-28 20:03:47
特殊部隊の人数少なくない?
投稿者:さとせ投稿日:2015-07-20 20:49:44
前作でパニックが起こり閉鎖されたアパートに援軍が向かうがそこでゾンビたちの襲撃を受ける。どうにかやり過ごすが前作で死んだと思われたアンヘラが生き残っていて・・・。

ヒットしたPOVホラー第2弾。
監督が前作と一緒なのでファンは安心して見ていられる。しかしながら驚かせ方が前作同様の為、ホラーファンなら展開が想像つくのが残念。
DVDでの鑑賞だが5.1chはこの手の映画には効果的。
投稿者:bond投稿日:2014-07-27 11:58:05
【ネタバレ注意】

ゾンビ系かと思いきや、悪魔系のオカルトオチ。こういうの好き。悪魔の血の確かめかたは、「遊星からの物体X」のパクリ。

投稿者:ハッピーm投稿日:2011-11-06 17:53:15
【ネタバレ注意】

驚きの結末。
まさかエクソシストが出てきて悪魔の子どもなどの話にいつの間にかすり替わってしまった・・・

あれ?
リアリティのある街の一角で突然バイオハザードが発生したのでは??
前作では考え付かない流れに変わり、急にリアリティを失う。

それでも密室での逃亡は面白かった。
これがラストまでバイオハザードものだったら・・・

投稿者:Kircheis投稿日:2011-09-19 13:27:22
なんだか悪魔祓いの話になって面白さが半減。

前作の謎の部分をほぼ明らかにしてくれたが、こんなオチじゃあ明らかにしないで謎は謎のまま葬ってくれた方が良かった…(>_<)

でも、前作と違いいくつかのカメラで撮られた映像をつなぎ合わせる手法はなかなか面白いと感じた。
投稿者:プリズム5投稿日:2010-12-04 01:08:35
【ネタバレ注意】

前作は主観映像を駆使した「デモンズ2」或いは「バイオ・インフェルノ」くらいの印象で観ましたが、今回は神父が登場し時々何やらエクソシズムを使い出すのでパニック・ゾンビ映画にオカルトがまったりと相俟って個人的にはまあまあ面白かった。唯、全体の迫力としては前作の方が幾らか上でしょう。

投稿者:なちら投稿日:2010-08-17 19:11:55
【ネタバレ注意】

POVの作品は少しくらい破綻してても集中力が持続して一気に見られるから大好きさ。
ただ気になるのは、「全て録画するんだ」ってセリフを一体何度吐いたのかって事。
しつこいよ!録画してる奴もきっと半ギレだよ。

しっかし、神父の風貌のオカルト具合は相当なもんだね!M・フォン・シドーに匹敵する。

自分、一作目ではバイオハザードだと思っていたんだけど、まさかのエクソシストとは!
暗闇になるとサイレントヒルだしね!
こんなちゃんぽん嫌いじゃないよ。

投稿者:メカゴジラ投稿日:2010-05-14 01:17:25
【ネタバレ注意】

 
DVDにて鑑賞。

前作はひたすら感染者…つーかゾンビがシャギャーッって襲ってくるだけのシンプルな映画ながら、POV形式のおかげでかなり面白かった。
でもまあPOV形式のゾンビ映画という一発ネタだよなと思っていたが、続編が作られるというニュース。POV形式の新味も薄れた続編で何をどうするのかと思ったら、SWAT部隊が建物に突入してゾンビ発生の原因探しという内容だった。
言われてみれば前作のラストで「何これ???」という写真やテープの声なんかの描写があったけど、ゾンビ発生の原因がまーそんなことだったなんて。観ながら「えええ〜」って口に出して言っちゃったよ。ゾンビ=感染者の方々はショットガンでバカスカ撃たれても平気で襲ってくる怪物なのに、そういう理由だったとかなんだか釈然としないな。

また前作に比べてこちらの登場人物たちは頭が悪いというか融通が利かないというか、えー何でそういうことしちゃうかなあバカじゃないの、と醒めてしまう場面が多かったのが残念。こういう映画って登場人物目線で感情移入してハラハラしながら観たいのに、登場人物がアホだと醒めちゃって、俯瞰で観ちゃうからつまらないんだよなあ。

ネタバレも無粋なので控えるが、どんでん返しのつもりらしいオチが百回も観たことがあるような新味のないもので正直ガッカリ。
次作は「バイオハザード」みたいな大市街戦かな?

投稿者:namurisu投稿日:2010-04-21 15:07:58
「1」は傑作。「2」はムチャクチャ。こうなりゃ「3」もこい。
投稿者:popcorn投稿日:2009-11-06 16:14:50
【ネタバレ注意】

P.O.V(ポイント・オブ・ビュー)形式を採用する場合、撮影し続ける動機が必要となるが、本作のカメラマンであるパブロ・ロッソ(パブロ・ロッソ)は、偶然、そこに居合わせたわけではなく、「証拠」を記録するために、「(地獄の)建物」に派遣されたのであって、この問題はクリアされている。
但し、セカンドユニットの、オリのカメラマン魂は無理がある。

『REC レック』は、「“眠らぬ街”」のアンヘラ・ビダル(マニュエラ・ヴェラスコ)のレポートを鑑賞しているかの如き感覚であったが、本作は、SWATの1人になったつもりで、恐怖を楽しむ趣向。

新機軸としては、ロッソのカメラに、SWAT隊員各々のCCDカメラの画像が加わり、P.O.V.でありながら、多視点で構成されているのが挙げられる。

「教皇庁」の神父である、オーウェン、チーフ、ロッソ、ララが襲撃される時や、消防士のマヌー(フェラン・テラッサ)、ティト、ミレ、オリが狙撃される際、アンヘラの登場の折、音声が途切れたり、遠くなったりするのは臨場感ある。

「化け物」/「取りつかれた者」の襲撃シーンはパワフルで、大きな効果音で驚かせたりはせず、本物の恐怖を追及する姿勢、悪魔といった古めかしいオカルト要素を敢えて持ち込み、それに、リアリティーを持たせているのも買える。

光の下では、奥のドア、「井戸みたい」なもの、「暗闇の牢獄」にいる「(トリスターナ・)メデイロスの化け物」は見えないが、ライトを消して、暗視装置をオンにすると確認できるようになるアイディアは、現実世界と異世界が隣り合わせていると感じられて面白い。

ロッソのカメラが壊れると、一時的に、オリのビデオ・カメラの視点に切り換わり、時間が一旦、巻き戻され、登場人物もオーウェンとSWAT隊員から、屋上で、「ビデオ遊び」をしていた、ティト(のバカさ加減にはイライラさせられる。まあ、「俺はバカさ」と自覚はあるらしいが。「この建物から早く出たい」との泣き言には、全く以て、「今さら何よ」だ)、ミレ、オリ、マヌーにキャラクターチェンジ。
これにより、ロケットの謎、「連中」/「やつら」の正体が明らかになる構成。目先を変えることで飽きさせないと同時に、尺を伸ばすための工夫である。

暗闇の中でよろよろと動き回る「メデイロスの化け物」は不気味だし、ラストシークエンスでの悪魔に乗り移られるアンヘラは気持ち悪いが、印象的な残酷描写は殆どなく、強いて挙げれば、アンヘラにショットガンで頭部を吹き飛ばされる「メデイロスの化け物」くらい。

本編では音楽を一切使用せず、また、思わせぶりなカットの挿入がし辛いP.O.V.の難点もあり、然程、緊張感は強いられない。

悪魔は声真似が得意なのだから、さっさとオーウェンとロッソを殺害して、「任務完了」を告げればいいのに、というのは当然の指摘であろう。「あんたに許可を 出させたかったわ」、「それで私の勝利」とは苦しい言い訳である。

率直な感想としては、P.O.V.のホラーにはちょっと飽きてきたかなあ?
http://blogs.yahoo.co.jp/popcornandfella

【レンタル】
 【DVD】REC/レック2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION