allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ディセント2(2009)

THE DESCENT: PART 2

メディア映画
上映時間95分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(角川映画=アンプラグド)
初公開年月2009/11/07
ジャンルホラー
映倫R15+
ディセント2 [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 3,150
USED価格:¥ 775
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 女性だけの探検隊が前人未踏の洞窟で遭遇する逃げ場のない恐怖を描いた戦慄ホラー「ディセント」の続編。前作の監督ニール・マーシャルは製作総指揮に回り、前作で編集とセカンド・ユニット監督を務めたジョン・ハリスが監督デビューを飾る。主演は前作に続きシャウナ・マクドナルド。
 アパラチア山脈の洞窟で、女性グループ6人が探検に出かけたまま行方不明となってしまう。やがて血まみれで生還したサラが発見される。保安官はサラから詳しい事情を聞き出そうとするが、パニック状態の彼女は何も答えることが出来ない。そこで保安官はサラを伴い、救助隊と共に洞窟へと足を踏み入れる。そして、残る5人の行方を追ってさらなる奥へと進んでいく一行だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ディセント(2005)第1作
ディセント2(2009)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-04-24 20:05:44
【ネタバレ注意】

唯一の生存者となったサラ。
保安官は行方不明の5人がどうなったかをサラから聞き出そうとするが、サラはショック状態のままで何も答えられない。
サラを引き連れてあの洞窟へ入っていくのだが・・・。

ヒットした前作の第2弾。
見ていて2作目にありがちな展開に辟易するが、地底人が出現して来る所から展開が変わってくる。
特に活躍しそうな者や、やっと助かったと思った者が・・・のシーンにビックリさせられる。
そして前作の流れを継承しサラとジュノの連続登板が嬉しく、又、驚愕のラストに驚いてしまう。
DVDでの鑑賞だが、前作同様広大なシネスコと5.1chが不気味な雰囲気を醸し出している。

投稿者:nabeさん投稿日:2011-08-19 19:53:44
「ディセント」の続編。今回は男女混合のプロのレスキュー隊が洞窟に入る。
前回の生き残りであるサラが、今回は立派なサバイバル戦士として再登場する。最初は彼女を小バカにしていたプロの面々も、次第に洞窟内の異常さを理解するにつれて、彼女に一目置くようになる。ここの展開が実に心地よい。洞窟内で生き残っていたジュノも相変わらずカッコ良く、男性陣はタジタジだ。
しかしホラー映画だから仕方ないが、これでもか、というようにグロテスクな場面が続く。地底人は何度見ても醜悪だ。
続編を思わせるラストに、次回はどんなストーリーをつなげるのだろうか?
投稿者:ジーナ投稿日:2010-09-16 03:42:59
一部熱狂的なファンがいると噂のサバイバルホラームービー「ディセント」の続編です。
前作の舞台となった洞窟に再び入っていく過程に無理はありましたが、生き残った女性を主人公に何とかストーリーを作り上げる事が出来ていたと思います。

二度目となると地底人のインパクトも欠け、同じ洞窟となると恐怖感も薄れるだろうと思っていましたが、より一層の怖さを堪能できました。
やっぱり洞窟というロケーションが一番の魅力なのでしょうね。
ほんの少しの隙間にグイグイ入り込んでいったりなど、あの窮屈で息苦しい緊張感がイイんですよぉ〜

主人公のストイックさは素晴らしいですし、一度経験しているからか力強く頼もしい存在になってます。
怯えた様子の序盤から、吹っ切れたようにイッちゃってる表情を見せる変化がお見事でした(笑)

今作では地底人たちの生活空間やスタイルを見れるので面白みもありますね。
トイレの場所がちゃんとあったり、地上で狩りをしていたりなどなかなか興味深いエピソードが盛り込んでありました。

保安官のウザキャラは立っていて良くも悪くも印象に残るキャラでしたが、前作のような裏切りや駆け引きが無かったのは残念ですね。
そもそもお友達同士で冒険に出た前作と異なり、生存者と警察官とガイドというほとんど知らない者同士で出発しているので心理的な変化を楽しむ事は出来ません。
だから、前作ほど女の強さや女の怖さを味わえないと思いますね。

ラストのもう一展開は個人的に要らなかったカナ・・・。
投稿者:bond投稿日:2010-08-22 12:57:11
【ネタバレ注意】

洞窟に入って、なぜ保安官を蹴って逃走したのか?不可解。1の延長線上の展開だが、アンハッピーエンド。エンディングはもろパート3へと続くパターン。

投稿者:たのきゅう投稿日:2010-05-07 17:45:36
【ネタバレ注意】

やはりパート2は前作以下になっているという典型的な作品。サラがあの洞窟からどうやって逃げ出したのかも謎だし、ジュノが生きてるなんて全くの想定外。時間がない人は最後の10分間だけ鑑賞すれば大丈夫です(笑)。で、また3を作るための伏線を最後に見せるとは・・・。

投稿者:D・クリストファー投稿日:2010-04-18 20:35:30
【ネタバレ注意】

このパート2見たら、いまいちだったパート1が素晴らしい出来に思えてきた。パート2はパート1の引き立て役か?
前作ああいう終わり方したくせに、サラは助かってるし、ジュノがスーパーヒロインのように再登場してくるし、これはもう反則なのだが、所詮はB級映画だもんな。ストーリーも全然つまらん。
ただ、ラスト地底人に囲まれたところで、子供のいないサラが子供のいる女性警官?を助けるべく、覚悟の絶叫をするシーンは見事!前作のバーデイケーキ越しの妄想の娘との対面シーンと同じくらい素晴らしい!ここだけだな。
で、せっかく助かった女性警官なのにあのラストは何だ!あのじじいとその先祖が地底人と関係してんのはわかるけどさ、せっかくサラが助けたのに、まぁ、B級映画のお約束どんでんかえしというわけか。そりゃ、一応驚いたが単に驚いただけで感動を伴う驚きじゃないからいかんのよ。
前作で、ナタリーメンドーサ演じるジュノねーちゃんがまぁ、本当にかっこいい、自分の中ではゾーラバーチと2分するイイ女なのだが、今回はいまいち前回のようなキレがありませんでした。
あと、このシリーズは音楽がいいね。あの荘厳な音楽でくだらんストーリーが妙に格調高く感じられるときもありますな。サントラあるのかしらん?

投稿者:ghost-fox投稿日:2010-04-11 22:02:30
こんな救助隊はイヤだ
投稿者:メカゴジラ投稿日:2010-03-25 11:31:30
【ネタバレ注意】

 
大傑作の続編だし監督も代わっちゃったんで期待せずに観たけど、予想以上に面白かった。

今回も上映時間のほとんどが地下のシーンで、閉所恐怖症のケがある僕は物凄く引き込まれた。落盤事故で岩の隙間に挟まれた女性が逃げるシーン(ちょっと動いただけで岩がカラカラパラパラ落ちてくる)とかもう見ていられない。

続編なんで洞窟内に人喰い地底人がウロウロしているのはわかってるんだけど、登場のさせ方が結構凝ってて出てくるたびにビビらされる。
全編緊張感が途切れないうえ、救助隊がバタバタやられていくので、主人公たちが血みどろで逆襲するシーンはもう「殺っちまえ!」という感じで盛り上がる。

続編ならではのまさかのキャラクターの復活、ええええっ!?という驚愕のラストなど、実に楽しめた(下の方のレビュー読む前でよかった。)。

前作と続けての鑑賞がおすすめ。

投稿者:popcorn投稿日:2009-11-25 17:14:54
【ネタバレ注意】

地底人は既に、『ディセント』(「ドキッ!女だらけの地底探検」)で姿を晒しているので、今更、勿体を付ける必要はなく、また、パワー・アップの意味もあって、惜しげもなく、大挙、登場。

『ディセント』では、無慈悲に殺戮される地底人が可哀想で仕方がなかったけれど、本作でもやはり、岩石で顔を潰されたり、ドリルで頭部に穴を開けられたりするのには同情を禁じ得ない。だが、ここは一つ、人間に感情移入するとしよう。

いつ落石が起こるかもしれない緊張感、狭い空間での息苦しさは、『ディセント』同様。前作では女性同士のドロドロとした関係も描かれたが、本作では和解に至り、その分、後味の悪さが軽減されてしまっている点のみマイナスだ。

記憶が戻ったサラ(シャウナ・マクドナルド)は、実に、男前で頼もしいといったらない。
1年前、スコットランドで娘、ジェシーを事故で亡くしているサラは、帰宅を待っている娘の母親である、保安官助手のリオス(クリステン・カミングス)を逃れさせるため、出口目前、大声を張り上げ、地底人の注意を引く。しかし、サラならこの窮地も脱するに違いない。そして、製作されるであろうパート3でも活躍してくれるものと信じている。

「未踏の洞窟」で生き延びていたジュノ(ナタリー・メンドーサ)も、立派な戦士に成長。保安官のヴェインズ(ギャヴァン・オハーリヒー)に、ピックを掲げ、動くなと指示する仕草が様になっていて可笑しい。

可笑しいといえば、ナイスタイミング(相手が息を潜め、盲目の地底人をやり過ごそうとしている時)で無線連絡を入れるヴェインズにも苦笑。

ところで、『ディセント』では、狩りをするため、地上に出没している地底人が、人間にその存在を知られないのが疑問であった。それについては、本作の最終盤で、地底人を秘匿せんとする人物がいるらしいと示唆されている。

それにしても、決して、洞窟に篭り切りでない地底人の目があそこまで退化したのは依然、謎だ。
推測するに、地底人はかつて、地上に一切、出なかったか(その場合は、食糧の調達が問題になる)、あるいは、生物兵器か、実験動物で、手に負えなくなり、最近になって、「未踏の洞窟」に放たれたか? もしくは、ニール・マーシャルがそこまで考えていないかのいずれかだろう。
http://blogs.yahoo.co.jp/popcornandfella

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ディセント22010/03/19\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ディセント2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION