allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

BANDAGE バンデイジ(2009)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2010/01/16
ジャンルドラマ/青春/音楽
悲しみも、苦しみも、その痛みも届かなかった。
BANDAGE バンデイジ 2枚組 (本編BD+特典DVD) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,090
価格:¥ 2,690
USED価格:¥ 477
amazon.co.jpへ

 Photos
BANDAGE バンデイジ

【クレジット】
監督:小林武史
製作:堀越徹
阿佐美弘恭
小林武史
岩井俊二
藤島ジュリーK.
平井文宏
島谷能成
村上博保
プロデュース:小林武史
岩井俊二
COエグゼクティ
ブプロデューサー:
小野利恵子
菅沼直樹
エグゼクティブプ
ロデューサー:
奥田誠治
プロデューサー:伊藤卓哉
植野浩之
原作:菅知香
脚本:岩井俊二
菅知香
撮影:角田真一
美術:愛甲悦子
撮影監督:尾道幸治
音響効果:柴崎憲治
音楽:小林武史
照明:藤井貴浩
山田好浩
録音:加来昭彦
助監督:芹澤康久
COプロデューサ
ー:
石原真
陶山明美
美術スーパーバイ
ザー:
種田陽平
出演:赤西仁ナツ
北乃きいアサコ
高良健吾ユキヤ
柴本幸アルミ
笠原秀幸ケンジ
金子ノブアキリュージ
ミハル
伊藤歩ユカリ
鈴木一真戸田
渋川清彦
石塚義之
斉藤由貴ヤヨイ
(特別出演)
長谷川初範八神
近藤芳正小久保
財津和夫社長・武部
【解説】
 音楽プロデューサーとして第一線で活躍する小林武史が、岩井俊二の脚本・プロデュースの下、映画監督に初挑戦した音楽青春ドラマ。90年代のバンドブームを背景に、音楽への情熱や成功への野心を抱き、新人バンドとしてその渦中に飛び込んでいく若者たちの赤裸々な姿を、当時をよく知る小林監督ならではのリアルな視点から鮮烈に描き出していく。主演はKAT-TUNの赤西仁、共演に北乃きい、高良健吾。
 1990年代、バンドブーム真っ只中の日本。ごく普通の女子高生アサコは、友人のミハルから“LANDS”のライブに誘われる。ひょんなことから楽屋に忍び込んだアサコは、そこでボーカルのナツと出会う。アサコを気に入ったナツは、彼女を練習スタジオにも連れて行く。そんな浮ついたナツに、マネージャーのユカリは不満を募らせていく。それでもアサコが気になるナツの計らいが功を奏し、アサコはマネージャーとなり、LANDSに深く関わっていくことになるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dadada投稿日:2011-05-25 23:22:23
意外に面白く観ました。
北乃きい、伊藤歩、柴本幸、おまけに斉藤由貴と、赤西くんに絡む女性キャラ達が、皆チャーミングで良いです。
投稿者:replicant投稿日:2010-02-06 03:01:21
【ネタバレ注意】

“BANDAGE”とは“BAND”と“AGE”合わせた造語で“バンド時代”という意味とそのままの“包帯”というダブルミーニングだそうです。間違っても“板東英二”ではありません(ベタやなぁ・・・)。看板に偽りはないです。監督はミスチルのプロデューサーで自らもブリリアントグリーンのメンバーとして活躍していた小林武史。全く期待していなかった作品ですが、裏で岩井俊二が糸を引いているようなので観てきました(笑)。結論から言うと、ラストでずっこけました(笑)。途中までは良かったんですよ。音楽の聞かせ方が上手いし(普通だったら音楽が流れるシーンに敢えて無音にするとか)、所々に見られるセンスの良い演出は岩井の助言がそのまま生きている感じです。バンドメンバー同士の音楽に対する温度差や、マネージャーの苛立ち等の表現は巧みなのですが、とあるメンバー(高良健吾)の凄さは全く伝わって来ませんし、やたらとキれているメンバー(柴本幸)のテンションの高さのわざとらしさは鼻につきます。その中で主演の赤西仁の存在感は群を抜いています。自分に近い役柄なのかもしれませんが、上手いです。相手役の北乃も杏との絡みでは全く魅力がありませんが、赤西との絡みでは俄然輝いて見えます。途中までは良かったストーリーは結局は腰砕けになり、特にお茶を濁したラストは反吐が出そうでした。な〜に、かっこつけてんだよ!せめて『ロックスター』のマーク・ウォールバーグくらいの落ち着きは欲しかったですね。

それにしても、北乃の同級生役で後にバンドデビューする重要な役割を演じている“杏”ですが、下手糞過ぎ!こっ恥ずかしい演技は背筋が寒くなります。また、彼女の歌も曲も恐ろしいほど魅力がありません。映画の中で「凄いの見つけて来たね!」って、そりゃないだろ!大笑いだよ。小林武史としてはアレでいいんですかね?ちょっとみっともないんじゃないの?また、解せなかったのはライブのシーンなのにスタジオ録音音源をかぶせる神経です。こういうバンド映画でその行為は致命的でしょ!何故にそんなコトになったんですかねぇ?大失策!

さて、昨年も『少年メリケンサック』『デトロイトメタルシティ』とロック音楽系映画が二本も公開されましたが、今年もこの映画を皮切りに『ソラニン』『BECK』と漫画原作の二本が待機しています。とにかくまともな作品が観たいです。

【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】BANDAGE バンデイジレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION