allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

プライド&グローリー<未>(2008)

PRIDE AND GLORY

メディア映画
上映時間130分
製作国アメリカ/ドイツ
公開情報劇場未公開
ジャンルドラマ/犯罪
プライド&グローリー [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 956
USED価格:¥ 398
amazon.co.jpへ

【解説】
 警官が巻き込まれた事件を任されることになった主人公が、捜査を進めるうち一家の絆を揺るがす驚くべき真相に突き当たり、葛藤していくさまを描いた犯罪ドラマ。
 4人のニューヨーク市警警官が麻薬取引の手入れに踏み込んだ際、2人が死亡し、他の2人も重体となる事件が発生。レイ・ティアニー刑事が特別捜査班の指揮を命じられ、さっそく犯人逮捕へ始動する。父は警察高官、兄フランシスは署長、娘婿の義弟ジミーはフランシスの部下という警察一家に生まれたレイ。また、彼の友人だった被害者のひとりもフランシスの部下でジミーともチームを組んでいたことから、この捜査への心境は複雑だった。すると、捜査線上に複数の警官が浮上。実は、ジミーら数人の警官たちが犯人一味と内通していたのだった。ジミーたちは、事実が明るみに出る前に街の悪党をその身代わりにしようと画策。一方、レイはこの事件の結末が兄の進退問題に関わってくると知り、捜査と家族の板挟みになってしまう。こうしてティアニー家は、それぞれの判断で打開を図るのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Normandie投稿日:2014-03-25 22:39:39
俳優の抑えた熱演に比べて、脚本と演出(謎解き、家族の絆、
警官としての誇りの描写がどっちつかず)の綱引きが負けている。
同じNYPDが舞台の兄弟物語である「アンダーカヴァー」の方が面白い。
エドワード・ノートンも久し振りにまっとうな役!?だったのに
勿体なさ過ぎます。でも充分カッコいいが…
衝撃のデビューから10年、彼のこの頃のキャリアとしては、悩ましい時期にあったと感じた。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-04-04 23:21:41
【ネタバレ注意】

こういったストーリーで二時間以上も観続けるのは少々キツい。試される家族の絆とかマイノリティーの問題とか、おいしい素材を使いながら生煮えの料理を食べた気分。赤ん坊にアイロンを当てようとしたり、売人の喉に棒を突き刺したりと目を背けたくなるシーンもあった。星二つ半。

投稿者:ジーナ投稿日:2010-09-27 03:16:10
父、兄、義弟・・・家族の男達みんなが警察関係者という特殊な設定で一つの事件を解明していくクライムサスペンスです。
家族か正義かというキツイ選択や何が善で何が悪かという過酷な現実に苦悩する主人公を軸に親兄弟や同僚を交えていく手法をとっているので人物相関図は把握し易いと思います。
題材は面白いのですが、単純な構成とありふれた脚本が凡作な印象を与えてしまいましたね。
落ち着いたテイストにしたのは悪くないと思いますが、せっかく警察一家という設定なのですから、もっと家族内での駆け引きや葛藤を見せるべきでしたね。
どうしても視点が警察関係者として・・・って感じで進んでしまうので面白みが無かったカナ。
妹や母親や妻といった女家族たちに関してはほとんど人物背景を与えられていません。
彼女達の視点から警察の男達を観るのも深みに繋がったと思います。
それぞれを掘り下げて描く事が出来ないのであれば、中途半端に家族を登場させずキャラを絞って展開させたほうが物足りなさを感じずに済んだかもしれませんね。
そうすれば2時間内にまとめられたでしょうし・・・。

苦悩の演技はお手の物のエドワード・ノートンとヤンチャなキャラはお手の物のコリン・ファレル・・・この二人の共演は3,4年前なら大興奮だったはず(爆)
・・・とは言え、昔気質のキャラがお似合いのジョン・ヴォイトやノア・エメリッヒ、個人的に気になる役者リック・ゴンザレスなど実力派揃いのキャスティングは見応えたっぷりでした。
時期がもうチョット早ければ話題作になったでしょうね。

勿体ない部分はあるものの、展開は速いですし緊迫感もあるので飽きずに鑑賞できました。
後味は良くないですし意外性も無かったですが、汚職警官モノとして無難に楽しめると思います。

追記;え?そこで殴り合い?ってタイミングに失笑(爆)
投稿者:bond投稿日:2010-09-04 09:21:22
【ネタバレ注意】

警官汚職ものだが、人の柵が交差するなかで何を守るのか、結構骨太なドラマになってる、でもあんな警官いるのか?ノートンとファレルの役が逆の方が良かったのでえは?

投稿者:mototencho投稿日:2010-08-06 17:07:33
 エドワード・ノートンとコリン・ファレル、演技も良いし、人気もある2人の共演なのに話題になっていない。脇役にジョン・ヴォィドまで出ているという豪華さでも未公開ということは“ハズレ”か?と思っていたら、“当り”でした。ニューヨーク市警が舞台で主人公たちは家族を大切にするアイリッシュ。“汚れ役”のコリン・ファレル、“今回は裏のない”エドワード・ノートンとも実録風クライムアクションに迫真の演技。都会だけにブルーな色調の画面は大好物。http://mototencho.web.fc2.com/theam/shopstr3.html#prideandg
投稿者:なちら投稿日:2010-03-30 00:41:48
J・ヴォイトを中心に二人の息子と娘婿、収入を支える男達はみんな警官。
実家に集まり食事をして、親父の家族自慢を聞いてやる。
部下として信じてると同時に家族でもある訳よ。

そんな中で家族を犠牲に出来るか試される事態へ陥るんだが、
信念と家族の甘えとそれぞれの立場の間で揺れる様子が面白かった。

昔は違ったと言いながら自殺した男が印象的。彼のロッカーにも家族の写真が沢山あった。
みな守りたいのは家族だったんだよ。
投稿者:karr投稿日:2010-02-17 02:12:24
なかなか骨太な映画。
人間関係を面白くしようとあえて複雑にし、努力の跡は見えるのだが、結果的にはそれほど効果が無かった気もする。
警官の汚職問題に家族・兄弟のつながりや地域住民の反応をからませ、何とかうまくまとめ上げたという印象。
ただ、名優達は熱演、見ごたえはある。
投稿者:namurisu投稿日:2009-12-10 14:58:00
「ナーク」「フェイク・シティ」「L.A.コンフィデンシャル」などの犯人探しの面白さが…ない。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】プライド&グローリー2011/11/02\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】プライド&グローリー2009/11/18\3,790amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】プライド&グローリーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION