allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

新しい人生のはじめかた(2008)

LAST CHANCE HARVEY

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2010/02/06
ジャンルドラマ/ロマンス
映倫G
人生の曲がり角の先には、きっと──
素晴らしい冒険が待っている。

2010/2/6(土)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開

新しい人生のはじめかた

(C)2008 OVERTURE FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


 Photos

【解説】
 アメリカとイギリスを代表する名優、ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンの共演で贈る大人の恋愛ストーリー。人生の折り返し地点を過ぎ、それぞれに悩みを抱えた2人の男女がロンドンの街で偶然に出会い、一緒に過ごすひとときの中で前向きな気持ちを取り戻していく姿をハートウォーミングに綴る。監督は、これがデビュー2作目となるイギリスの新鋭、ジョエル・ホプキンス。
 離婚してニューヨークで気ままな一人暮らしをしているCM作曲家のハーヴェイは、イギリスに暮らす一人娘の結婚式のためロンドンへと向かう。しかし、仕事のことが気がかりで携帯を手放せず、親族の集まりの中でも疎外感を味わうことに。おまけに娘からはバージンロードは義父と歩くと告げられ、気持ちはどん底に。一方、気むずかしい母親を抱え、もはや人生に期待しないことでどうにか自分を保って生きている孤独な女性、ケイト。ある時、空港のバーでひとり静かに本を読んでいたケイトは、やけ酒をあおっていたハーヴェイから声をかけられるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-07-20 14:23:58
「大勢の人と一緒にいるからこそ感じる孤独」の描き方が上手くて、
「分かるー」という思いで観ていた。https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-08-01
投稿者:Normandie投稿日:2014-04-22 01:11:06
何だかこの手の物語が手に取るように分かる歳になってしまいました……
ホフマンとトンプソンの、普通に演技してるのにコミカルに見える事が凄くて名人芸の域。
特にホフマンは「真夜中のカウボーイ」始め最盛期の作品たちが素晴らしいだけに見ているだけでウルウルしちゃいますね。
ロンドンロケも良かったし、彼のピアノ演奏が見れた事もGoodでした。
さすがに昔ほどの勢いはないけど、これからも楽しませてほしいです。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-11-03 11:52:23
実年齢よりもたしかに若いホフマン。しかしながら、どうにも喰い足りないセッティング。ストレートだが雑な米国男性に英国才女の熟年同士の恋模様。ただ、まずもってどんな人たちがこれを好んで見るかということだろう。熟年といえば例えばジャック・ニコルソン。年取ってさらにアクのあるキャラクターが出てきた彼とは一味違う。たとえ名優同士でも、まずこうはならないだろうなというロマンスに思える。エマ・トンプソンうまい女優だけど、この映画はイマイチ。この人文学そのもの。そんなイメージが強くて、こういったロマコメには不向きだ。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-10-18 23:59:50
娘の結婚式ではのけ者にされ、職さえも失った不器用な中年男だが、
気になる女性へのアプローチはなかなか巧いのであった。
投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-11-23 18:19:56
【ネタバレ注意】

本作は、心に傷を負い希望を失っていた熟年男女が運命的な出会いを果たし、新しい未来を築こうとする恋物語でした。
見る前に大体の予想は付いていましたし、結果概ね予想通りだったのですが、見終わった後の満たされ感は想像以上!
演出自体は至ってオーソドックスでシンプルでしたが、米英を代表する名優ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンの2人の存在感・演技によって、まさしく夢心地に(*v.v)。
2人のちょっとしたしぐさ・表情・感情の変化に、思わず心揺さぶられました。
派手さも華やかさもない熟年男女のラブストーリーではありますが、見終わった後は確実に幸せな気分に浸れる一本と言えるでしょう(*^ー^)ノ

主人公はダスティン・ホフマンが演じたニューヨーク在住のCM音楽作曲家ハーヴェイ・シャイン。
離婚後は1人寂しく生活していたハーヴェイでしたが、疎遠になっていた一人娘がいよいよ結婚と言うことで、一路ロンドンへと向かい挙式・披露宴に参加することとなりました。
しかし、そこに待っていたのは、どうしようもない疎外感のみでした・・・。
まあ当然ですけどね・・・娘とは離婚後疎遠になっていた訳ですし、別れた妻やその夫・親族・友人の輪の中には当然入って行けるはずもありませんし。
でも、娘の父親であることは紛れも無い事実・・・それなのに、娘とヴァージンロードを歩く大役も継父のブラウンに奪われ、どうしようもない疎外感に苛まされてしまいます。
結婚式じゃなくても、そこに自分の居場所が無かった時の疎外感・孤独感は、ある程度年齢を重ねてきた方ならば、誰しも経験があることと思います。
ハーヴェイを見ていたら、そんな昔の嫌な経験を思い出してしまい、本当に胸が苦しくなりました(ノω・、)
ハーヴェイは加えて仕事の方も若手に奪われ「君はもう必要ない」との通達があり、異国の地ロンドンにて、一日にして人生の絶望を味わうこととなってしまいました。
それにしてもさすが名優ダスティンですね。
これでもかと言うような悲哀を感じさせる演技が、絶妙過ぎて思わず感情移入させられました☆-( ^-゚)v

ヒロインとなるのはエマ・トンプソンが演じたロンドンのヒースロー空港勤務の40代独身女性ケイト・ウォーカー。
仕事は順調、友人にも恵まれ、踏み出そうと思えばいくらでも出会いはある環境にいながらも、恋に臆病な女性のようでした。
40代で今更傷つくのはもう嫌なのよ!と言わんばかりの雰囲気を醸し出すエマ・トンプソンの演技もこれまた絶品!
序盤の、大勢の輪の中に入れない・・・いや、入ろうとせず、新しい出会いを拒絶するようなケイトの表情が切なかったですね・・・。
加えて年老いた母親の世話にも悩まされていた為に、もうこのまま夢や恋は諦めて、静かに人生を過ごしたいとケイトは考えていたようでした。

そんなケイトとハーヴェイの出会いは最悪・・・とあらすじには書かれていましたが、ドラマ的には最悪なのでしょうが、現実的には至極当然な出会いだったかなと私は思いましたけど・・・。
空港の係員にアンケートに答えてくれと言われて、今忙しいからと無碍に断るのって、普通だと思うのですけどねf^_^;
私は「街頭アンケート=怪しい物を買わされる」と短絡的に考えている者なので・・・( ´艸`)
その後2人は偶然にも空港のカフェにて2度目の出会いを果たし、意気投合します。
人間って不思議なもので、普段は寡黙なのに、この人とは何故か不思議と会話が弾むと言ったような相手っているものなんですよね(o^-\')b
時が過ぎるのも忘れてしまうぐらい話が弾み、また会って話がしたくなるような感情・・・。
そう言った相手との出会いを活かすか逃すか・・・それが運命の分かれ道なのかもしれませんね(\'-^*)/

人生に絶望していた2人が、その後お互いの存在によって輝きを取り戻して良く様子が、本当に微笑ましくて感動しました!
お互いの存在が勇気をくれる、背中を押してくれる・・・そんな様子が伝わってきましたね(^-^)/
ケイトが背中を押してくれたおかげで、ハーヴェイが披露宴にて自分を取り戻すことが出来たシーンがとても印象的でした。
まあ全体的にはドラマチックと言うほど劇的な展開がある話ではないのですが、人生を諦めるにはまだ早い!とばかりに、中高年の男女に夢を与えてくれるような作品だったと思いましたよ。
エマ・トンプソンの現実的な体型も、世の女性陣に勇気を与えてくれるであろうことは間違いないはず( ´艸`)

他人の人生に踏み込むのは、勇気がいることです。
しかし本作を見て、幸せとはほんのちょっとの勇気で手が届くものなのかもしれないなと、思わず考えさせられてしまうような映画でした。
本作は、ある程度年齢を重ねてきた方には、自信を持っておススメできるような秀作だったと思いましたよ!

投稿者:ジーナ投稿日:2011-03-14 00:40:08
ダスティン・ホフマン×エマ・トンプソンがラブストーリーで共演!というだけでワクワクしちゃいます。
一見アンバランスな二人ですが、二人の身長差や歳相応の体型がとても自然でした。
人生の盛りを過ぎ後悔たっぷりの男を演じたダスティン・ホフマンの目の表情も印象的でしたし、野暮ったさのある女性を演じたエマ・トンプソンの演技もしとやかで疲れた表情なんかが絶妙でした。
ずいぶんな大人に向って(しかも実力派に)言う事じゃないかもしれませんが、とにかくキュートな二人でした。

会話を重ねながら少しずつ惹かれていく展開+別れまでのタイムリミット+観光スポット巡りは「恋人までのディスタンス」と同じで、第一印象が悪い相手の好感度が上がっていくのはラブストーリーの定番ですが、、望みを捨てた中年男女による恋愛事情を描いているというのがポイントになっています。
感情のまま行動するのではなく、損得勘定が働いてしまう大人ならではの悟りが効果的でした。
リアリティあるストーリーではないですが、二人の心情を細やかに映し出しているので味わい深い作品に仕上がっています。
娘の結婚式にやってきた実の父親が期待していた通りにいかずガッカリする姿など孤独や人恋しさが痛いほど伝わってきました。
何度もしくじってきた事で消極的になってしまう女性の心細さや満たされない想い、老いた母親への接し方なんかも上手く表現していたと思います。
娘との関係や女性心理など恋愛以外のドラマも見応えがあり、約1時間半とは思えない満足感を得られました。
落ち着いた雰囲気とテンポの速さも見事に調和していましたね。

上品でウィットに富んだ会話には心を和ませるような上質な笑いがあり、観光名所を含むロンドンの街並みには心を奪われっ放しでした。

運命とか再出発という言葉に希望を抱いている方には後押しになる作品ですし、それらを諦めている方には夢を見られる内容に仕上がっていると思います。
ロマンチック度は低いですが、清々しいラストと素敵な余韻に浸れるホッコリなラブストーリーでした。
若い方には不向きなので、歳を取るまで鑑賞は待ちましょう(笑)

余談;HOW TO〜的なタイトルのつけ方・・・もうやめません?(爆)
投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2011-01-16 12:28:09
WOWOWで鑑賞。

ダスティン・ホフマン、若いでんなぁ。
背は低いけど、素敵なおじさんでんなぁ。
エマ・トンプソン、余りすきな女優じゃないけど、演技は確かでんなぁ。
背は高いけど、この作品では却ってその方が良かったでんなぁ。

「バージン・ロードを継父と歩かせて」と娘に言われたときのハーベイのShockは想像もできないが、再婚した元妻に引き取られた娘の結婚式には出るもんじゃねぇなぁと思ったね。
元夫はあれほど疎外されるもんかねぇ。だとしたら酷いよ。

この映画観ているとよくわかるが、離婚して幸せになる人、不幸になる人、様々だって事だね。
投稿者:uptail投稿日:2010-12-15 11:21:06
エマ・トンプソン
投稿者:has42120投稿日:2010-11-18 11:23:13
エマ・トンプソン
投稿者:karr投稿日:2010-10-08 18:37:17
さすが、ダスティンホフマン。
さすが、エマトンプソン。
そんな映画である。
二人の辛さや感じた事がそのまま伝わってくる、そんな映画である。

熟年のラブロマンスではあるが(と言えば失礼にあたるかな)、かなりのときめきを感じられる作品。
しかも、さわやかなのである。
そして、この高齢化社会、ますますこういった作品が増えるであろうことを予感させるという意味でも、価値ある一品と言えよう。
投稿者:でんど〜投稿日:2010-03-28 10:08:40
特に何も期待せず、借りたDVDでしたが、はまってしまいました。
娘を持つ親として、そして人生、なにがしかの罪悪感と後悔と・・・。
ダスティン.ホフマンのスピーチのシーンでは、仕組まれたとおりに号泣です。エマ・トンプソンも、こういう設定のイギリス女性をやらせたらほかにいません。
すべてのお父さんに捧ぐ・・・。http://dendo.net/blog/
投稿者:ビリジョ投稿日:2010-02-23 08:40:25
【ネタバレ注意】

 中高年の恋。ダスティン・ホフマンだから違和感ないかもしらんが、この人もう70歳超えてまっせ。エマ・トンプソンの出会いのシーンは秀逸だと思う。が、以降は普通に展開し、地味に収束していく。もっと、両名優のぶつかり合いを見たかった。

 ↓下の方、「クレイマー・クレイマーの続編みたい」という評はお見事だと思います。

投稿者:いつ投稿日:2009-09-29 15:47:48
【ネタバレ注意】

 インフライトで見ました。
「いい映画」だと思います。特別な波乱もサスペンスもなく、そうなんだろうね、という展開ですが、しんみり、しっくりきます。ハーベィのスピーチは心に沁みますね。
 でもなにより、「クレイマー、クレイマー」の続編みたいだし、ダスティンホフマン出演映画いくつかの既視感があるし、それでいいのかな、と思っちゃいますが、だから安心してみてられるのかな。
 ロンドン観光巡りみたいな撮り方は、けっこう短期間で撮り上げたみたいだし、アメリカ人の視点も感じます。でもね、パディントン駅とサウスバンクはそんなに近くないですよ。
 邦題は若干抵抗感あり、「ラストチャンス」でもよかったかも。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 女優賞(コメディ/ミュージカル)エマ・トンプソン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】新しい人生のはじめかた2010/08/06\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】新しい人生のはじめかたレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION