allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

王子と乞食(1977)

THE PRINCE AND THE PAUPER
CROSSED SWORDS

メディア映画
上映時間122分
製作国アメリカ/イギリス
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1977/10/29
ジャンルファミリー
誰もが胸をおどらせた 《世界の名作》を 最高の面白さで描く ロマンと冒険の超大作!
王子と乞食 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,220
USED価格:¥ 1,300
amazon.co.jpへ

【解説】
 マーク・トウェインの有名な原作は既に37年(「放浪の王子」)、62年と映画化されているが、これは好奇心いっぱいの少年王子を快活に演じるという訳にはいかない、M・レスターの年齢(当時ハイティーン)が大いにネックとなってしまった作品。だが、フライシャーの妙に堂々とした正攻法の演出(物語のモデルとなったヘンリー8世ゆかりの屋敷を使ったロケは効果的)は捨て難く、ボーグナインの悪役など“お約束”だがツボを得ている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
放浪の王子(1937)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-18 22:27:44
有名な原作は大変面白い作品なので、
映画化してもそれなりに見応えはあります。
マーク・レスターは「小さな恋のメロディ」のころと
比べると顔がゴツゴツした感じになり、
あまり魅力がありません。
ボーグナインのご面相がファンにはお楽しみ。
投稿者:ファルド投稿日:2011-07-08 20:31:54
マーク・レスターが出演していたので、何気に観てみたが、大人になった彼は何かイマイチだった。キャストを見たら結構豪華だが、映画自体はあまり豪華ではなかった。王子の紋章の扱いもイマイチな感じでした。まあ、それなりには楽しめるんだけどね。それにしても、マイルス(O・リード)は偽者と思い込んでいた王子の相手を根気よく?していたね。
投稿者:Ikeda投稿日:2010-03-01 13:19:29
エロール・フリンの「放浪の王子」と比べると全体として落ちる作品だと思いますが、二人の出会いを除けば、より原作に近い映画化です。当時10才だったエドワード王子を18才のマーク・レスターが演じた事が問題になったようですが、それを無視すれば、それなりに面白い作品で、放浪する王子がマイルズ(オリヴァー・リード)に助けられていく過程が良く描かれています。ここでマイルズが、王子を助けるために、果敢に戦いますが、結局、負けてしまうあたりも面白いです。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】王子と乞食2016/04/29\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】王子と乞食2015/04/24\3,000amazon.co.jpへ
 【DVD】王子と乞食2012/10/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】王子と乞食レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION