allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

今度は愛妻家(2009)

メディア映画
上映時間131分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2010/01/16
ジャンルドラマ/コメディ
映倫G
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。
今度は愛妻家 【豪華版】 [DVD]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 5,224
USED価格:¥ 2,624
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:行定勲
原作:中谷まゆみ
脚本:伊藤ちひろ
主題歌:井上陽水
『赤い目のクラウン』
出演:豊川悦司北見俊介
薬師丸ひろ子北見さくら
水川あさみ吉沢蘭子
濱田岳古田誠
城田優西田健人
津田寛治
奥貫薫
井川遥井川ゆり
石橋蓮司原文太
【解説】
 脚本家・中谷まゆみ原作の同名舞台劇を豊川悦司、薬師丸ひろ子主演で映画化した感動の夫婦愛ドラマ。ぐうたらなダメ夫が結婚10年になる妻との結婚生活にうっとうしさを感じながらも、いつしかごく当たり前の日常の幸せをかみしめていく姿を、コミカルな演出を織り交ぜつつしみじみとしたタッチで綴る。監督は「北の零年」「遠くの空に消えた」の行定勲。
 かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介だが、今は写真も撮らずにダラダラと呑気な毎日を送っている。一方、健康オタクの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらもかいがいしく世話を焼く日々。しかしあるとき俊介は、友だちと箱根旅行に行く直前のさくらに“子どもを作る気がないなら、別れて”と切り出される。その場はごまかしたものの、さくらと入れ代わりでやって来た女優志願の蘭子といいムードになったところに、たまたま引き返してきたさくらが現われ、いよいよ愛想を尽かされる。その後、旅行に行ったさくらはなかなか戻らず、最初こそ独身生活気分を満喫していた俊介だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
326 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:UFO投稿日:2013-11-03 08:27:32
なんだかなぁ。
投稿者:jb投稿日:2013-04-06 01:33:11
無駄に長かった。
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2010-02-23 00:47:22
【ネタバレ注意】

クライマックスの、これでもかと言わんばかりの泣きの演出。これが行定ワールドなの?長いよ、尺が!あと20分編集してくれたらよかったのになぁ・・・裏シックスセンス。

投稿者:ginza7投稿日:2010-02-09 21:32:48
【ネタバレ注意】

とっても悲しいストーリーで最後は揉めたままドラマ性もなく終了。
石橋蓮司がお父さんというのがドラマのつもりだったのでしょうけど。

投稿者:replicant投稿日:2010-02-06 03:07:01
【ネタバレ注意】

行定作品としては久々のヒットなんじゃないの〜!とか、思っていたら・・・なんじゃ、こりゃ!結局は、またまた登場人物が死ぬんですね。つまり、薬師丸は幽霊(幻覚、亡霊、何でもいいです)なんです。つまんねぇ!っつーか、誰かを殺して涙を誘うやり方はもう止めましょうよ!こんな映画ばかり作っていて楽しいんですかね?なんとなく妙な空気は流れていたんですが、豊川と薬師丸の掛け合いが良かったので、その気になっちゃってたんですが(行定、やるじゃん!これ、面白いじゃん!みたいな)、情けないったらありゃしない!一寸でも信じたオイラがバカだった!原作は2002年に初演された舞台劇で、それなりに完成度が高く飽きずに観られたのはそのせいだったんですね。因みに軽薄なカメラマンを演じたトヨエツは秀逸。あーあ、なんか損した気分・・・(´―`)┌ ヤレヤレ…何度も言うけど大切な人を殺すのは止めようぜ!

投稿者:QUNIO投稿日:2010-01-30 09:55:45
【ネタバレ注意】

これまで散々な評価ばかりだった行定勲だが、これで少し挽回したね。薬師丸より断然トヨエツのほうが出番多いのに、薬師丸が圧倒的な存在感なのはどうしたことか。中盤のどんでん返しは賛否両論あると思うが、結構好きです。それよりラストのクリスマスの告白シーンは無駄にダラダラしていて冗長。何故編集で削れなかったのか。よっぽど思い入れがあるのは分かるけど、オカマの石橋蓮司が異様に目立ってしまって気まずいよ。

投稿者:はまま投稿日:2010-01-27 10:53:46
沖縄の岬、薄曇りの下でのクレーンショット!
これがあるからこその号泣でした。
投稿者:黒美君彦投稿日:2010-01-23 23:53:09
【ネタバレ注意】

いやいや参った。
ろくでなし亭主の有名カメラマンの豊川悦司、すっかりおばさんが板についた薬師丸ひろ子、そして硬軟何でもござれの石橋蓮司…芸達者がそろい、メリハリの利いた行定勲監督の演出がこの作品を成功に導いている。
男と女は恐らく生きている実感が異なるのだろう。
女は時間に追われている。とりわけ子供が欲しいのに授からない場合。
しかし男は明日もきょうと同じようにあると信じて疑わない。だからのんびり構えている。女に比べて身体的変化を一日単位で感じることが少ないからだ。
だから、妻(パートナー)は空気のようにそこにいる。空気のように普段はありがたみも忘れている。だからいなくなったら呼吸すらできなくなってしまう…。

台詞回しや演者の登場の仕方から、もともとは舞台だったんだろうとは察しがついたが、原作の中谷まゆみは鴻上尚史のもとで助手を務めた人物だとか。
親しい女性が共感&号泣したとかで観てみると…、うーん、男は確かに身に覚えのある台詞の数々。そして女性は(というか世の妻は)みなあんな風に言い、あんな風に思うのか。
後半のどんでん返しは、沖縄のシーンあたりで「さては…」と気づいたものの、トヨエツ演じる北見俊介の抱く喪失感は、親しい肉親を喪ったことがあれば共感できるはずだ。
瑞々しいラブストーリーに仕上がっている。傑作だ。

コメント題は、この作品紹介のHPにあった言葉だが、改めて男やもめにはなるもんじゃない、と思ってしまった(苦笑)。

投稿者:r34taka投稿日:2010-01-18 21:18:17
【ネタバレ注意】

愛妻家ではない私が、嫁にあんたが見るべき映画。と言われ無理やりについて行きました。前半のアットホームコメディのような展開と、後半の卑怯ともいえる急展開。後半はもう、涙が止まらない止まらない。事実を知ると前半の伏線がめちゃめちゃ効果的に配置されているのがわかり、それでもなお、涙が止まらない。脚本家が泣かせようとしているのではなく、勝手に泣かされる。勝手に涙がでてくる映画は、ここ10年間で初めての体験でした。
何も知らずに行って、ぜひ号泣してください。薬師丸と豊悦、石橋の演技力のすばらしさもこの作品の魅力を最大限に引き出していると感じます。

投稿者:Stingr@y投稿日:2010-01-08 03:05:10
 何を書いてもネタバレになりそうなので“現時点では”詳細を省くが、ともかく感動した。作品を観る前にこんなものを読んで情報を仕入れない方が良い、と忠告したい。

 薬師丸ひろ子は相変わらず演技が上手だしカワイイ。広末は薬師丸の爪の垢でも呑むように!そして、奥さんに悪態をついている旦那さんは心を入れ替えるように!、と忠告したい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞薬師丸ひろ子 
 □ 助演男優賞石橋蓮司 
 □ 音楽賞めいなCo. 
【サウンド】
『赤い目のクラウン』
歌 :井上陽水
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】今度は愛妻家 豪華版2010/07/09\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】今度は愛妻家 通常版2010/07/09\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】今度は愛妻家レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION