allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

噂のモーガン夫妻(2009)

DID YOU HEAR ABOUT THE MORGANS?

メディア映画
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2010/03/12
ジャンルコメディ/ロマンス
映倫G
「浮気したけど、妻が好き」そんなのアリですか?
噂のモーガン夫妻 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,427
USED価格:¥ 779
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「アバウト・ア・ボーイ」のヒュー・グラントと「セックス・アンド・ザ・シティ」のサラ・ジェシカ・パーカーの共演で贈るロマンティック・コメディ。夫の浮気で離婚の危機を迎えるさなか、ある事件に遭遇したことで身分を隠しながら田舎町での生活を強いられるハメになった超セレブカップルの顛末を描く。監督は「ラブソングができるまで」のマーク・ローレンス。
 全米屈指の敏腕弁護士として活躍するポールと、マンハッタンで数千億円の物件ばかりを扱う不動産会社社長メリルのモーガン夫妻。雑誌の表紙を飾るほどニューヨーク中から注目を浴びる華やかな2人は、誰もが羨む理想のセレブカップルと持てはやされていた。だがある日、ポールの浮気が発覚し、夫婦関係は一転して悪化の一途を辿る。その夜も、ポールはレストランで冷めきったメリルの気持ちを取り戻そうと躍起になるも拒絶され、関係修復は叶わぬまま。そんな中、思わぬ事態が2人を襲う。レストランの帰り道、彼らは殺人現場を目撃し、さらに犯人に顔を見られてしまったのだ。するとやがて、警察当局により“証人保護プログラム”を適用され、身分を隠してワイオミングへと送られるポールとメリル。そして、自然や地元住民と触れ合うことで次第に田舎での新生活に慣れていくと共に、2人の関係にも変化が生じていく。しかし、それでもなおメリルはポールへ告げられない、ある事実を抱えていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
421 5.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2014-12-06 07:27:28
都会感あふれるセレブ夫婦。
ヒュー・グラントとサラ・ジェシカ・パーカー(夫婦仲悪し)を
ド田舎にもっていったらそれだけでギャップな笑いが生まれるはず・・・
という計算ミス。

チョコチョコと面白げなセリフもあることはあるんだけれど、
役者がどう頑張ろうと、退屈でサエないコメディとはこのことで、
凡庸な脚本が致命的。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2014-03-31 21:14:41
【ネタバレ注意】

歳はとったとはいえ、実績抜群のヒュー・グラントのロマコメ。辛口批評が多いけど、カントリー&ウェスタンでサザンロックが好物の自分にとっては楽しめた。
今回のヒューのお相手はサラ・ジェシカ!
「SATC」でブレイクしたけど、「フットルース」「LAストーリー」「スリーリバーズ」など出演作も多い苦労人!?
サム・エリオットとメアリー・スティーンバージェンの夫婦役なんて最高!
「ノッティングヒルの恋人」みたいな傑作ではないかもしれないけど、とっても楽しめたけどなぁ。

投稿者:ピースケ投稿日:2012-06-19 21:36:41
コメディシーンは笑えたけど、ストーリーは普通。
投稿者:あくび★投稿日:2011-12-09 10:51:26
いつもやってるような役柄をお決まりの人が演じて
バタバタやってるだけの内容。

ヒュー・グラントはボディ・バンクのときみたいに
シリアスな演技もできるんだから何もわざわざこんな面白くも無い作品に
出なくても良かったんじゃないの?
サラ・ジェシカ・パーカーはいつも思うけど何がいいのかわからない。
(好き好きの問題)
なんかひねりがあるかもしれないし・・と思って見たけど
期待を裏切らない「予想通り」で時間の無駄だった。
ラジーノミネートや向こうでの大コケは
ほんとに納得。
この2人が心底好きな人ならともかく、お金払って行くような作品じゃない。
投稿者:scissors投稿日:2011-07-31 23:34:58
ヒュー・グラントもサラ・ジェシカ・パーカーも、いつもと変わらんキャラクター。
夫婦の危機にカルチャーギャップやらサスペンスやら盛り込んだわりにはなんともつまらん出来だった。
古い米国文化が色濃く描かれているので、そこらへんの理解度のせいかと思ったけど、米国内でも大コケ、不評だった映画だそうで。
投稿者:ジーナ投稿日:2011-04-04 20:44:37
マーク・ローレンス監督×ヒュー・グラントで贈るロマコメです。
完全別居状態の離婚寸前カップルが、ある事件をキッカケに二人の関係を見つめなおす典型的なパターンでございます。
犯人側の背景や証人保護の緊張感など事件の描き方はイマイチでしたが、シニカルなセリフに程よいドタバタ感で飽きずに鑑賞できました。

ニューヨーカーでセレブなヒロインという設定や生まれながらのシティガールが田舎のライフスタイルに四苦八苦する姿はまるでキャリー・ブラッドショー、それをサラ・ジェシカが演じるんですからセルフパロディにしか見えません(笑)
そんなヒロインと真逆の保安官夫婦のキャラは豪快で愛があって温かみがありました。
登場は少なかったですが、主人公カップルそれぞれのアシスタントもキャラが立っていて面白かったです。

ずっと同じテンポと同じテンションで展開させるのではなく、チョットした変化を交えられると良かったでしょうね。
ワイオミングの自然と大都会ニューヨークの対比は良かったので、派手なセレブライフと庶民の生活の違いをもっと楽しめたらよかったカナ・・・。

ヒュー・グラントは演じ慣れた間の抜けた男を相変わらずチャーミングに演じています。
ロマコメ界の大御所はいくつになってもダメ男が似合いますね(笑)
サラ・ジェシカ・パーカーは持ち味のコミカルさを十分に発揮しています。
サラ・ジェシカと馬は・・・自虐ですかね(爆)
英国紳士のヒュー様とTHE アメリカの女サラ・ジェシカというアンバランスな二人の掛け合いは結構楽しかったですよ。
個人的にクマのシーンが気に入ってます。
味わい深いサム・エリオットとキュートなメアリー・スティーンバージェンの息もピッタリでした。

浮気をしたとは言え、優しくて素敵な旦那様にブーブー言ってる嫁に共感はできませんが、ベタなストーリーにベタなキャスティングなので無難に鑑賞できました。
投稿者:bond投稿日:2011-02-15 11:54:39
【ネタバレ注意】

まあ、夫婦の絆が命に関わる危機で確認されたって事ですな。アメリカの土地はマジ広大だよな。

投稿者:uptail投稿日:2010-07-19 09:26:22
ヒュー・グラント
投稿者:なちら投稿日:2010-03-18 22:04:13
失望して信頼できないなんて他人に言われても凹むのに、嫁に言われちゃ立つ瀬が無いね。
その時のヒュー様の表情がまた上手いんだよね!
でもそうやって本音を正直に言い合える仲って、一度出来上がったら簡単には破綻しない気がする。
NY流のジョーク含め、他人には通じないニュアンスが分かり合えるって貴重だから大事にしないと。再認識。

なんだかナース役のK・ショウのボケは、妙に印象的だったなぁ。
投稿者:ASH投稿日:2010-03-13 12:14:23
【ネタバレ注意】

 ロマコメの王道的な展開のひとつに「雨降って地固まる」ってのがあると思うけど(てか、それしかない?)、男女の複雑怪奇な関係にはいろんなパターンがあるのでネタには事欠かない。モーガン夫妻の夫婦の危機が、場所が変わったことで修復されるという他愛のないお話。なんだけど、これが笑える!

 ヒュー・グラントがお得意の女たらしのプレイボーイを演じた、いつも通りの映画なんだろうというコチラの予想は、早い段階で裏切られた。このポールという男、妻のメリルを愛していながらも浮気をしてしまったということだが、その過ちに至るようなソレ相当の理由が途中で明かされる。つまり、結婚しても妻以外の女の尻を追いかけ回すロクでなしという男ではないのだ。

 都会の喧騒から離れた主人公が、田舎暮らしを余儀なくされることで自分の人生を見つめ直すというよくあるプロットの映画だが、この場合は別居中のセレブ・カップルだというのがミソ。妻との関係をやり直したい夫と、夫を許せないでいる妻が、田舎でのスローライフを経験したことでお互いのあり方を見つめ直す。と、これほど最適な夫婦セラピーがあるでしょうか!!

 NYのセレブ・カップルが、ワイオミングの田舎町へ行かなければならないという理由付けが上手い。モーガン夫妻は殺人事件の現場を目撃してしまたことで証人保護プログラムを受けるハメになるのだが、これが映画にちょっとしたサスペンスを与えている。目撃者である夫妻の口を封じるために殺し屋が忍び寄る。夫妻がドタバタ騒ぎをやってる間にも、殺し屋は彼らがどこに身を隠しているのかを突き止めてゆく。ロマコメにはちょっと珍しい展開。

 証人保護を受けている割にはモーガン夫妻に緊張感は皆無だし、モーガン夫妻を匿うウィーラー夫妻もその道のプロというわけでもなさそうだし、手配中のはずの殺し屋に捜査が及ばないといった粗もあるけれど、モーガン夫妻が田舎町での生活を強いられるというプロットの方がメインなので、脚本も手掛けたマーク・ローレンス監督はあまり気にしてないみたい。誰もが知るセレブ・カップルが突然いなくなると、NYでは蜂の巣を突いたような大騒ぎになるんでしょうから。

 ヒュー・グラントは最近、自虐ネタに走っているような気がする。ロマコメ映画のキングも、そろそろ寄る年波には勝てない年齢。ということで、ちょっと間抜けな演技で笑い取る。熊に遭遇しちゃうくだりが最高で、熊撃退スプレーのギャグが最後にもちゃんと活かされている。ポールがいちいち皮肉っぽい一言をポロッと言うところなんて、英国人気質の現れなんだろうなぁ…。それでも憎めないのは、ヒューだからこそ。

 この映画でラジー賞ワースト主演女優賞にノミネートされたサラ・ジェシカ。確かに、日本人には受けにくい馬面の女優さんで美人でも演技派でもないけれど、この役はサンドラ・ブロックやジェニファー・アニストンには向かないでしょう。そういう点では、適材適所と言えるキャスティングではないかと。ライフルを構えたときのヘンな腕が笑える。銃嫌いも、あれじゃ好きになっちゃうかも(全米ライフル協会の差し金?)。

 西部の生き残りのような男を演じるとハマる(それしかできない?)サム・エリオットがカッコいい! あの独特の喋り方と一直線の口髭! このクレイというオッサンのどこかとぼけた味わいと、ポールとは違った皮肉な物言いが最高! 口数の少ない西部の男だけど、その言葉は至言。都会の連中はくだらないことにこだわり過ぎなんだよね。

 「DVDならたくさんあるよ。ジョン・ウェインとクリント・イーストウッドのならね」に泣ける…。メリルが観ていた映画が「捜索者」と「ダーティハリー」とは!! 中西部の田舎町に住む人たちってのは、みんなあんなもんなんだろうか(なわけない)。アメリカン・アイドルを目指す女の子が全米中にいる現実も、これなら納得。

 エンド・クレジットに流れるスティーヴィー・ワンダーによる「恋を抱きしめよう」のカバーがいい感じ。映画の内容にピッタリの歌詞。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演女優賞サラ・ジェシカ・パーカー 
【レンタル】
 【Blu-ray】噂のモーガン夫妻レンタル有り
 【DVD】噂のモーガン夫妻レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION