allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シュアリー・サムデイ(2010)

メディア映画
上映時間122分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2010/07/17
ジャンル青春/サスペンス/ドラマ
映倫G
絶対予測不可能!? 空前絶後の超ハイスピードムービー!!!
シュアリー・サムデイ ブルーレイ [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 1,600
USED価格:¥ 266
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:小栗旬
プロデューサー:山本又一朗
アソシエイトプロ
デューサー:
野村祐人
ラインプロデュー
サー:
大里俊博
共同プロデューサ
ー:
佐谷秀美
池田宏之
脚本:武藤将吾
撮影:千葉真一
美術:橋本創
衣装デザイン:長瀬哲朗
編集:掛須秀一
音響効果:柴崎憲治
大河原将
音楽:菅野よう子
音楽プロデューサ
ー:
冨永恵介
キャスティングデ
ィレクター:
富田敏家
スクリプター:中西桃子
スタイリスト:長瀬哲朗
照明:高坂俊秀
装飾:西尾共未
録音:小原善哉
助監督:松永洋一
出演:小出恵介喜志巧
勝地涼真鍋京平
綾野剛岩崎秀人
鈴木亮平後藤和生
ムロツヨシ北村雄喜
小西真奈美葉月美沙
モト冬樹北村雄一郎
原日出子北村美和子
遠藤憲一飯島
山口祥行五味
高橋光臣須賀
須賀貴匡坂口
高橋努体育教師
笹野高史教頭
井上真央後藤翔子
阿部力若杉
大竹しのぶ弁当屋の店長
津田寛治
妻夫木聡警官A
小栗旬警官B
上戸彩上戸彩
横田栄司宮城祐
竹中直人喜志建夫
岡村隆史やっさん
吉田鋼太郎亀頭
【解説】
 人気俳優の小栗旬が映画監督に初挑戦した青春ムービー。主演は「風が強く吹いている」の小出恵介、共演に「少年メリケンサック」の勝地涼、「のんちゃんのり弁」の小西真奈美。また、脇を固めるキャストにも初監督作をもり立てるべく豪華な顔ぶれが参加した。
 中止になった文化祭を復活させようと教室を占拠したものの、ハッタリのつもりだったニセの爆弾がなぜか爆発し、学校を退学処分になり、以来良いことナシのタクミ、キョウヘイ、カズオ、ユウキ、シュウトの悪友5人組。それから3年、ヤクザ家業に身を落としたカズオがボスから預かった3億円と女を盗まれてしまい、5人は明日までに3億円と女を取り戻さないと命を頂くとボスから脅される絶体絶命のピンチを迎えてしまうのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:賭侠投稿日:2013-06-05 16:22:12
頑張った作品だと思うけど、色んなものを詰め込みすぎてうまく消化出来てない感が否めない。
それゆえに、オチもパッとせずイマイチ。

ただ、回想シーンの小西真奈美は良かった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-05-22 14:00:44
【ネタバレ注意】

前半は酷いと感じたが、通しで観るとそれなりに楽しめるし、最後に流れる手嶌葵の歌も何か良かったので、後日サントラを中古で買った。一番の問題点はキャラクターの動機や行動、敵役の正体などあらゆる点が思いつきで撮られてる点で、尺ももっと短くするべきだった(噴水広場での公開リンチも、見物する女性から悲鳴こそ上がっても拍手は絶対起きない)。あと監督の小栗は妻夫木と顔見せ程度の出演に留めていたが、悪く言えば思い上がり。性転換装置もハズしてたな。

投稿者:ASH投稿日:2010-07-24 00:14:00
【ネタバレ注意】

 それにしても、「アリエッティ」と同日公開だんなんて、小栗くんもいい度胸してるよなぁ。もっとも、公開日を決めたのが小栗くんってわけでもないんだろうけどさ。秋口にひっそりと公開されればそこそこ客も来たんだろうけど、不入りみたいね。ただでさえ暑いこの時期に、映画が放つ熱気のせいで熱中症になっちまいそうなんだよね、コレ。

 さて、「小栗旬監督作品」というだけでこのサイトでは観る前から評価が決まってしまうのであろう本作。おまけに小栗くんが「マジに面白いもの作ろうぜ」なんて言ってるもんだから、そういうところに拒絶反応を起こす連中がいるのも分かる。確かに、いい歳こいた大人が観るには、登場人物たちのバカっぷりにはついていけなくなる。若さゆえのムチャぶりが時には魅力的にも映るけど、多くは騒々しいだけに映ってしまう。そんな彼らを、観ていてシラケる僕がいる。

 あのくらいの世代の男子が4〜5人集まれば、ああいう会話が交わされているのだと思う。そこら辺の日常の描き方は、同世代から見ればかなりリアルに映るものなのかもしれない。何をやっても上手くいかず、そこから抜け出そうともがいている姿にも、共感する部分が多いのかもしれない。問題なのは、彼らが巻き込まれる事件の発端とその顛末。これが相当にふざけちょる!!

 なんとも漫画みたいに奇想天外で、おまけにかなり都合がいいときた。過去と現在が錯綜してお話が展開するんだけど、実はものすごく狭い人間関係の中でチマチマとやっているだけだったりする。思うに、彼らのムチャぶりを際立たせるためのお膳立てとして、こういうお話を用意したんじゃなかろうかと。バカで最強な連中がもっとバカになってもらうには、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たせる必要があるのだろうから。

 小栗くんの「映画監督」としての才能については、他の人が述べてくれるだろうからソチラを楽しみにしてもらうとして、ムチャクチャなお話を勢いで見せてしまうスピード感は、買ってあげるべきなのかも。そこそこの予算を貰えた初監督作品ゆえか、やりたいことをアレコレ詰め込んで散漫になっているところがシロート眼にも分かるけど、泥臭いところやベタベタなところは、多分、意図的に狙ってやったことなんだと思うよ。

 カット割りや構図に凝って、カッコいいショットを撮ろうと努力しているのは分かるけど、ウルサ方ってのはそういうことがかえって目障りだったりするんだよね。人気スターの片手間仕事だとは思わないけど、題材がコメディだったりすると、もうそれだけで分が悪かったりなんかする。お話がふざけていると、「くだらん!」と切り捨てられて、それだけで正当な評価をしてもらえない危険性があるね。

 賑やかなゲスト出演は見ていて愉しいが、ゲストを見せるために時間を割いて映画の流れを停滞させちゃっているのも事実。でも、ひとつの映画で井上真央と上戸彩が見られるとは、小栗くんの交友関係の広さの賜物ね。妻夫木くんの妙にお間抜けな演技がいい味。

 小西真奈美は、相変わらず血圧が低そうな喋り方。「亀に頭って書いて亀頭」、演じる松尾スズキとリリー・フランキーを一緒にしたような風貌の吉田剛太郎って誰だ?、と思い調べてみたら…。なるほど!

 ところで、「性転換装置」の話を随分と引っ張ってるけど、ありゃ何か意味があるのか?

【レンタル】
 【Blu-ray】シュアリー・サムデイ Blu-rayレンタル有り
 【DVD】監督 小栗旬×映画 『シュアリー・サムデイ』 〜マジに面白いもの作ろうぜ〜レンタル有り
 【DVD】シュアリー・サムデイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION