allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アイアンマン2(2010)

IRON MAN 2

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2010/06/11
ジャンルアクション/ドラマ/SF
映倫G
ヒーローになった男、トニー・スターク。
次なる試練。
アイアンマン2 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,175
USED価格:¥ 2,800
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ジョン・ファヴロー
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:アラン・ファイン
スタン・リー
デヴィッド・メイゼル
デニス・L・スチュワート
ルイス・デスポジート
ジョン・ファヴロー
スーザン・ダウニー
キャラクター創造:スタン・リー
ドン・ヘック
ラリー・リーバー
ジャック・カービー
脚本:ジャスティン・セロー
撮影:マシュー・リバティーク
プロダクションデ
ザイン:
J・マイケル・リーヴァ
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス
編集:リチャード・ピアソン
ダン・レーベンタール
キャスティング:サラ・フィン
ランディ・ヒラー
音楽:ジョン・デブニー
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
出演:ロバート・ダウニー・Jrトニー・スターク
グウィネス・パルトローペッパー・ポッツ
ドン・チードルローディ
スカーレット・ヨハンソンブラック・ウィドー
サム・ロックウェルジャスティン・ハマー
ミッキー・ロークウィップラッシュ
サミュエル・L・ジャクソンニック・フューリー
クラーク・グレッグコールソン
ジョン・スラッテリーハワード・スターク
ジョン・ファヴローハッピー・ホーガン
ケイト・マーラ
レスリー・ビブクリスティン
ギャリー・シャンドリングスターン
フィリップ・バージェロン
ティム・ギニー
エリック・L・ヘイニー
ヘレナ・マットソン
スタン・リー
声の出演:ポール・ベタニーJ.A.R.V.I.S.
【解説】
 自ら開発した鋼鉄のパワード・スーツを身に纏った男が勧善懲悪に立ち上がる姿をロバート・ダウニー・Jr主演で痛快に描き大ヒットしたアクション・ムービーのシリーズ第2弾。今回は復讐に燃える難敵や謎めいた美女など新たな脅威が登場、主人公トニー・スタークがパワード・スーツの改良を重ねながら次々と迫りくる試練に立ち向かう。共演に「レスラー」のミッキー・ローク、「それでも恋するバルセロナ」のスカーレット・ヨハンソン。監督は引き続き「ザスーラ」のジョン・ファヴロー。
 “アイアンマン”であることを自ら公表し、世間を騒然とさせたトニー・スターク。彼の勝手なヒーロー行為は国家問題にまで発展し、パワード・スーツ没収を命じられるハメに。一方、そんなトニーの報道を憎悪の目で見つめる男。彼はトニーに対し、ある恨みを募らせていた。そして、一撃で金属を真っ二つにできる武器を自在に操る“ウィップラッシュ”へと変身、積年の恨みを晴らすべく、ついにトニーの前へ姿を現わす。また、トニーの新しい秘書としてやって来た美女はレザースーツに身を包んだ“ブラック・ウィドー”という裏の顔を持ち、ライバルの武器商人ジャスティン・ハマーは謎の軍団を組織し暗躍し始めていた。さらに、パワード・スーツのエネルギー源となる胸に埋め込んだリアクターの悪影響を受け、自ずと身体を苦しめるトニー。それでも彼はパワード・スーツの進化に身を注ぎ、究極の戦いに挑むのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
アイアンマン(2008)第1作
アイアンマン2(2010)第2作
アベンジャーズ(2012)
アイアンマン3(2013)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
636 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ねこじん投稿日:2014-03-11 13:51:38
テレビが震災関連番組ばかりなので消極的動機で鑑賞
ロボ暴走シーンは原発事故を連想してしまった
ドンチードルさんは黒白団結していかにゃーみたいな
アメリカさんの事情もあってキャスティングされたのでしょうが
好きな男優だったので仕事選んでって感じですw
昔メテオマンで悪役で出てたの思い出しました
投稿者:こじか投稿日:2013-10-09 17:32:44
【ネタバレ注意】

あまり当たり障りなく。何の気なしに観れた。

投稿者:terramycin投稿日:2013-05-22 06:36:03
【ネタバレ注意】

作品全般にて迫力があってカッコよい出来栄えになっていると思った。

前作をみてから2年たってしまったので前作のことを覚えていたらもっと楽しめたのにと思ってしまった。

悪役のミッキー・ロークがよい味を出していると思った。彼の作品をあまり見ていなかったので最初は誰だかわからなかったが、存在感は際立っていた。

主人公スタークは今回もお茶目で、スーツを着てふざけたりしているのは面白かったし、身近なヒーロー像を演じていてよかった。

ただし、技術については、あまり深く考えない方がよいと感じた。ウィップラッシュが最新鋭のロボットたちを短期間のうちに作り上げたり、システムを乗っ取ったりしたことや、新しい元素を模型からヒントを得、作り上げたことははっきり言って理解不能であった。

よいと思った点は、ほかの作品と関連性を持たせている点である。マイティーソーやアベンジャーズを感じさせる場面を散りばめたりするのは、他の作品の興味をそそられる。

見終わった時も、再度前作や、たの関連作品を見たいと感じた。

投稿者:遊乃舞寧夢投稿日:2013-04-16 02:42:05
先に観た「アヴェンジャーズ」がけっこう面白かったもので、ひととうり関連作を
見なくてはならなくなってしまったではありませんか。商売上手いです!

ヒトクセある武器商人、ハマーをお茶目に演じてたサム・ロックウェル。
「ギャラクシー・クエスト」のガイ役がすごく面白かったですが、すぐに同じ役者と
気づきませんでした。が、外れ者キャラがはまる人なんですね。

別れた妻・・・ツボでした。
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-10-22 23:22:56
【ネタバレ注意】

お金はかかっているし、アメコミならではの荒唐無稽なところも悪くない。単純に楽しめた。
ふっくら系になったS・ヨハンソンが、アンジーさながらのアクションを披露する、というのは少々無理があるが(笑)、ま、それも「アイアンマン」だし許容範囲(笑)。
ミッキー・ロークも物理?工学?の研究者には見えない風体で(笑)、それはそれで。
新しい元素があっさり発明されてパワーアップしたり、そんな単純な話も複雑怪奇なこの世の中、人気を集める原因かも。

投稿者:namurisu投稿日:2012-10-11 10:33:31
新元素構造バッテリーの鉄男と軍人の鉄男の掌ビームフュージョンで、電流鞭男丸焦げ。
投稿者:gapper投稿日:2012-08-26 13:26:14
 推定制作費20,000万ドル、総収益約62,400万ドル(2010)。

 「アベンジャーズ(2012)」がいよいよと言った感じに結構身近に感じられるが、前座には感じさせずに大ヒット。
 たいした活躍はしないが、スカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドーがお気に入り。
 これまでスカーレット・ヨハンソンは、余り意識していなかったが再評価。
 ヨハンソンには、きっと不本意な評価だろうけど。
 ブラック・ウィドーのスピンオフが企画されているそうだが、実現して欲しい。

 このアイアンマンは、マーベルの中でも人気があるようだが子供にも大人にも違った意味で近親間や好感を持つのだと思う。
 ”わがままな金持ち親父”って普通なら嫌われ者だけどね。

 前回同様ペッパー(グウィネス・パルトロー)の部分も良く、物語のいいアクセントとなっている。
 意外だったのが冒頭の”オフスクリーン・サウンド(写っていないものの音だけが流れる)”の使用。
 これは、トーキー初期に考えられた手法だが、余り使われない。
 巧く使うのが難しいのと適切な場面が少ないからだと思うが、そこそこ上手く言っている。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:nedved投稿日:2012-08-05 00:26:48
サム・ロックウェル
投稿者:Kircheis投稿日:2011-12-08 18:11:56
前作に続いてなかなか面白かった。
ロバート・ダウニー・Jrとグウィネス・パルトローの熟年の恋もなんか応援したくなっちゃうね♪

キャスト陣、ミッキー・ロークはあの半裸のスーツがとても強そうに見えないしお笑いキャラかと思ってしまったよ(´・ω・`)

親友の中佐がテレンス・ハワードからドン・チードルに変わったけど、前作でテレンスが結構はまってたんでこれは残念なキャスティング。

サム・ロックウェルはこういう少し間抜けな小悪人がすごいお似合いで良かった(*^_^*)

そして今作で一番良かったのはスカーレット・ヨハンソン!!
やたらむちむちしたスーツ姿がセクシーさ全開だったし、アクションシーンはスタントだとしてもなんかカッコ良い(* ^ー゚)ノ
悪女っぽい表情もぴったり役にはまってた。

ストーリーは今回も荒唐無稽だったが、コミック原作だからこんなもの。
AC/DCで始まるオープニングのご機嫌さも引き継がれていた。
2作続けて結構気に入ったし、3も絶対製作されそうなエンディングだったから期待してるヾ(゚ー゚ゞ)
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2011-06-26 17:01:02
【ネタバレ注意】

前作で正体を明かしたトニーだったが、本作はその後日談的に緩く始まる。
曰く「兵器」は国家に差し出せetc.etc.ライバル社長も絡んで鬱陶しい〜同時にトニーの父親に恨みを持つ者が死に、その息子がパワードスーツを開発している〜さらにリアクターのパラジウム中毒で健康被害を受けているトニーの苦悩〜代替物質も見つけられず…グィネスにも内緒で表面的には軽いトニー健在ですがね。

話が動きだすのがあのモナコ市街地コース。レースに参加するトニーの前に現れる電磁ムチの様なものでフォーミュラカーをぶった切る敵〜ここからバトルにつぐバトルが始まると思いきや、グィネスにCEOの座を譲ったり、自暴自棄で暴れたり、親友とはパワードスーツでバトル…この時の経験がラストの必殺技?に繋がるのだが…
敵は収監〜脱獄〜ライバル会社の支援で開発を。
まぁトニーもサミュエルのおかげか、父親の残したヒントで立ち直るんだけどね。しかし新元素発見って…
ラスト近くで炸裂するスカーレット・ヨハンソン(黒後家蜘蛛?)の華麗なアクション!
そして敵のロボット軍団&マッド科学者〜迎え撃つトニーとローディ、物量で勝負じゃないが一般人が巻き込まれる派手な戦闘を繰り広げて…

マイティ・ソー?知らんなぁ…

投稿者:bond投稿日:2011-06-07 08:29:06
前作に比べ、サスペンス的なドラマ性は薄れたが、原作はコミックなんで、こんなもんでしょう。今後、ヨハンソンはアンジー化するのか?。
投稿者:藤本周平、投稿日:2011-04-29 19:43:13
ミッキー・ロークとのラストバトルがあまりにも盛り上がらなさすぎ!エンターテイメントとしては上出来だけど
SFアクション好きとしては期待してただけにちょっと物足りなかったです。劇中でアベンジャーズ計画のことについて
触れられてたけど、2012年に映画としてアベンジャーズが公開されるらしいですね。今から楽しみです。
投稿者:nabeさん投稿日:2011-02-20 12:58:10
大ヒットしたコミックヒーロー『アイアンマン』の第二作。更にパワーアップしての登場である。
前作はまだ武器商人としての側面が強かったが、今回はハリウッド映画の真骨頂であるエンターテインメントに徹しているので、すこぶる心地良い。悪役のM.ロークを筆頭にS.ロックウェル、S.ジャクソン、D.チードル・・・と脇役も一流。さらに極め付きは今回初登場のS.ヨハンソン。そのセクシーさはまさに劇画としか思えないほど強烈だ!
彼ら個性の強い脇役連中を迎え撃つ主人公の、R.ダウニーJr.とG.パルトローの二人も決して負けていない。それをサポートするCGの迫力も凄い!
理屈抜きに楽しめる一流のエンターテインメントである。
投稿者:kopi投稿日:2011-01-09 14:38:09
子どもにとっては痛快ヒーローアクションで、お父さんはグウィネス・パルトローとスカーレット・ヨハンソンで…。
王道というか、よく考えている。
1人で両方楽しめる人もいるだろうけど…。
※この後、コメント書きにくい?
投稿者:日商簿記2級投稿日:2011-01-08 21:07:56
史上最強の会社社長が活躍する第2弾です。

今回の敵はミッキー・ロークです。電気のムチで主人公を攻撃して、一見笑えるのですが、ミッキー・ロークが持つとかっこよいです。主人公も苦戦します。そして、何より今回よかったのは、主人公が駄目な一面をみせるところです。この駄目な部分を見せることによって、主人公を心がうまく表現されていて、みている側もいろいろと考えてまうので、Goodです。

また、サミュエル・L・ジャクソンがかっこよいです。家族と気軽にみれるおすすめの映画です。
投稿者:五輪山投稿日:2010-10-06 05:02:17
【ネタバレ注意】

テレ朝の深夜番組に、いろんな分野の最新のテクノロジーを紹介する『さきっちょ』というのがありまして。完成されている最新のものではなく、開発中のものが見れる。
形として出来上がってない、ある種の滑稽さを楽しむコンセプトなんですが、その中で、どんな地形でも決して転倒しない四足歩行ロボが出てました。
台座の下に江頭の下半身が4本突き出てる感じのビジュアルで、いきなり男に側面を足蹴にされるんだけど、アタフタしながらも、持ちこたえるんですね。氷の上でもアタフタ持ちこたえる。その様子を映したVTRにスタジオも視聴者も爆笑を禁じえない。
「BIG DOG」と名づけられた、このロボを開発したのは、「ボストン・ダイナミクス」という民間の軍事技術系会社。この映画の「スターク社」のような会社です。開発中の半熟な状態は笑いを誘うけど、これが実用化すれば、台座には機銃なんかが装備され、どんな地形を逃げようとも、追いかけてこられる訳で。笑い事じゃないですね。

アイアンマンの空飛ぶパワードスーツだって、どこかが大真面目に開発に取り組んでてもおかしくないと思ってしまう。世の中のテクノロジーで一番先に進むのが軍事技術。それはいくら大金はたいても、それを手にしたいという需要があるから。
そして軍事用として開発された技術が、通信、医療、対災害、航空など、私たちの生活を支える民間技術へと転用されている。私たちが快適さを享受する一方に、その元となった軍事技術の実践の場となった国や人々がいる。
というより、いつ何時、その技術を実践される立場におかれるか、これからの日本はちょっと安閑としてられないんじゃなかろうか。そんな雲行きになってきてませんかね。

映画のこと書いてないけど。モナコGPの場面が一番テンション上がりました。アメリカ映画だったら、インディ500とかのオーバルコースでやりそうなもんだけど、敢えてF1てとこがいい。カーレースのテクノロジーの最先端がF1だからってことかも。

投稿者:なちら投稿日:2010-08-11 13:06:45
【ネタバレ注意】

スタークエキスポ行きたーい!何年おきに開催するのかな?
ハマーの方は全然行きたくないなぁ。ダサい登場の仕方に笑っちゃったよ。
でも、S・ロックウェルがメジャー作品に出た事が嬉しいよ。一時期あんま見かけなかったもんね。

今回もトニーの天才っぷりに驚愕。新しい元素を創り出すってアナタ…!しかも○が▽に!
コレが最終形態らしい(?)ので、製造設備からトニー自らが造る様子はもう無いのかな?
企業秘密を守るって大変なんだねぇ。

投稿者:maaaaan投稿日:2010-07-19 22:32:50
ミッキー・ローク・・・・カッコよすぎるでしょ〜!!

最高でした
もう、うっとり
オタマさんメロメロ〜

思わぬ形で、スカーレット・ヨハンソン出てきましたねぇ〜
ほうほう・・・そうきましたか!w
って感じでしたよ。w

この二人に関しては何らかの結末があるんでしょう。(憶測)
今回に関しては、主役はミッキーに決まりでしょ!!
(パルトローあんまり好みじゃなぁ〜い{ハートブレイク})
でもしょうがないから見ちゃいますよね!

そして、きっと「アイアンマン3」が出るんでしょう〜
もちろんオタマさんは見に行きますけどね〜

ローディ役がテレンス・ハワードからドン・チードルに
変わっていたのは個人的に残念。

今回の感想少なっ!w
面白かったけどこれ以上はありまちぇ〜ん♪
投稿者:まりっくりん投稿日:2010-07-03 15:26:51
なんか散漫な感じ。トニーと秘書とのかけあいも面白くない。イワンじゃあアイアンマンに勝てそうな気がしないのがダメだと思う。スカーレット・ヨハンソンは今回も微妙にブスだが、このアクションシーンだけが見所です。前作より全然面白くない。
投稿者:リEガン投稿日:2010-06-25 08:47:58
アテナの怒りを買う前のメドゥーサを彷彿させる彼女の(もちろんスタントもあるが)、髪振り乱してのアクション・シーンだけが秀逸。前作は面白かったのに…。
投稿者:uptail投稿日:2010-06-22 09:13:51
グウィネス・パルトロー
投稿者:ビリジョ投稿日:2010-06-18 12:39:45
【ネタバレ注意】

 何が面白いのかさっぱり分からない。分からない俺が悪いんだよねごめんなさい。グィネス・パルトロウが見たくて前売り券を買ってしまいました失敗だったか。でも何か凄いスターぞろいで、あ、ミッキー・ロークではないか頑張れ別に応援はしてないけど。「3」はたぶん見ませんパルトロウさんごめんなさいしかし貴女はこんな感じでいいんですか。チードルさんも「ホテル・ルワンダ」の貴方は素敵でした。

投稿者:青春映画投稿日:2010-06-16 18:21:44
前作との比較で厳しい意見もあるようですが、
僕的には最高でした。
強いて言うなら、「父は偉大」と言うのは
アメリカっぽすぎで食傷気味です。

スカーレットの扱いが良かったですね。
あら、そういうことなのってことで。

前作同様、エンドロールは最後まで見ましょうね!
投稿者:投稿日:2010-06-14 16:14:46
せっかくの材料が監督が無能で台無し。
一定レベルのプロダクションのマネジメントという観点では良いのかも知れんが、「監督」の仕事はそれだけじゃないでしょう。
演出も工夫もしていない。
ここぞ、というところで類型に堕している。
逃げている。または何もしていない。
投稿者:satokunn投稿日:2010-06-12 22:27:54
【ネタバレ注意】

うーん。難しいですね二作目は、一作目はまあまあでしたが。パワーユニットによる体調不良や謎の美女(これは中々良かった)、謎の強敵??と見所万歳のはずですが僕の目には滑っていました。もっとバージョンアップしたパワードスーツの威力やそれをしのぐ強敵とのバトルを期待していたのですが・・・
一回しか使えないプラズマビームや弱っついドロイド?やあっけない強敵に拍子抜けしました。そしてやっぱりパート3があるんですねー

投稿者:mototencho投稿日:2010-06-12 21:20:35
なぜか豪華キャストで中年ヒーロー活躍の「アイアンマン2」もろB級アメコミ映画なんだけど、スカーレット・ヨハンソンの美麗アクションで全てOK
いやはや美しかったーhttp://mototencho.web.fc2.com/2010/ironmatw.html
投稿者:メカゴジラ投稿日:2010-06-12 01:54:45
  
前作がムチャクチャ面白かったので、期待しつつ初日のレイトショーで鑑賞。
感想としては…ちょっと盛り込みすぎて、やや失速しちゃったかなーという印象。

アイアンマン誕生編の前作を引き継いで、いろいろな要素を入れたかったのはわかる。
アイアンマンとして国民的スターになったスタークの慢心。胸のリアクターの悪影響で蝕まれるスタークの身体。究極の兵器・アイアンマンを狙うアメリカ軍。スタークインダストリーのライバル・ハマー社の暗躍。スターク一族を恨みアイアンマンを狙うロシア人科学者イワン。
これだけの要素を2時間に詰め込んだ結果、ストーリーは混乱し、もたつき、それぞれのストーリーが盛り上がる余裕がないまま、駆け足で映画が進んでいってしまったように思う。脚本家はこれがまだ二作目らしいんだけど、なぜそんな奴を使うかね?

それでもクライマックスの大アクションには期待していたが、ハマー社とイワンが作った人型ロボット・ドローン軍団(日本のアニメロボっぽい)とアイアンマンの戦い、イワン=ウイップラッシュ付アイアンマン対アイアンマン&武装アイアンマン組の最終対決とも、あまりにもあっさりと決着がついてしまい物足りない。どちらもメインイベント級に盛り上がったはずだろうに、本当にもったいない。

R.ダウニーJr.の好演とか、「レスラー」まんまのM.ロークの存在感とか、スタークとペッパー・ポッツ(G.パルトロウが美しい)の相変わらずもどかしい関係とか、笑えるギャグ(北朝鮮製アイアンマンの映像には大爆笑)とか良いところもいっぱいあるんだけど、観終わった感想は「え、もう終わり!?」。
二本目にここまで盛り込まずに「軍の暗躍とライバル社のロボ軍団と対決するアイアンマン」か、「イワンの復讐劇」のどちらかに絞って、ゆったりたっぷりと見せ場を作った方が良かったんじゃないの?と思う。

「ダークナイト」みたいに、単なるヒーローものにしたくない、いろんな要素を入れたいんだというのもわかるんだけど、「アイアンマン」は前作のように、シンプルで痛快な王道アメコミヒーロー映画として「かっちょええ〜!」と言わせてほしかったなー。

あと、今回もエンドタイトル後におまけがあるんで、最後まで席を立たれませんよう。
投稿者:ASH投稿日:2010-06-11 22:54:56
【ネタバレ注意】

 というわけで、「IM2」。前日にBDで1作目をおさらいして、ウォークマンにはAC/DCの例のアルバムを取り入れて聴き込んでと、万全の態勢で鑑賞に臨んだわけだが、こういうブロックバスター映画は勝手にお祭り気分を盛り上げてから観に行った方がベター。お陰で楽しい2時間が過ごせたわ。

 前作のラストで「私がアイアンマンだ!!」と公表しちゃったもんだから、その後のトニーは、もう開き直り状態。周りも囃し立てるもんだから、従来のお調子者キャラ全開でチャラチャラしまくり。その華々しい成功の陰で、トニーに復讐を誓うある男が、ひとりコツコツとアーク・リアクターを作り上げる。それが今回の悪役を演じたミッキー・ローク。ダウニーJRと共に復活を遂げたミッキーを悪役に配したことで、この映画の半分以上はもう成功したようなもん。

 観ていて思ったのは、ミッキー・ロークが悪役を演じているというよりは、「レスラー」のランディが悪役として映画に登場しているような錯覚に陥ること。多分、ミッキー自身もそのつもりでアイヴァン役を演じていたんだと思う。唇の片端だけを上げて不敵に笑う堂に入った悪役ぶりはどーよ!! あんなマッチョで小汚い男が天才科学者に見えないって? それを言っちゃ、おしめぇよ。

 パワード・スーツの製造の過程は前作でやってあるから、今回は最初っから出しまくりね。この2年の間にいろいろと改良を加えたらしく、持ち運びができるアタッシュ・ケース型のスーツが出てくるのが可笑しい。あの大きさじゃ全身は覆えないだろうとか、そもそも重量の点で重すぎて持ち運べないんじゃなかろうかとツッコミを入れたくもなるが、まあ、そこはアメコミちゅうことで。

 そんなわけでこの2作目、シリアスに持ってける話をあえてそうしていない。全体的にユーモラスな描写が満載で、その点では前作以上。胸に組み込んだパラジウムの影響で命が脅かされているってのに、トニーはカラ元気で努めて明るく振舞い、時には逸脱するもんだからペッパーを困らせ、ローディを怒らせる。根は悪いヤツじゃないんだけどねぇ…。あんなおふざけをしたら、生真面目なローディはいくら親友とはいえ激怒するよ。ただでさえ迷惑かけられてばかりなんだから。スーツ者同士の喧嘩は、やはり凄まじい!

 前作のクライマックスは1対1のバトルだったけど、さすがは2作目、今度は壮絶なドッグファイトだよ。動きが速すぎてよく見えないという難点もあるが、マッハで飛行できるスーツなんだから、こうなるんでしょう。前作のコメントにも書いたけど、どうもメカ同士のバトルというものを見せられると、心の奥の中学生スピリットが熱くなるから困るのよ。まあ、それが見たいからわざわざ劇場に足を運ぶわけなんだろうけど。

 さて、アベンジャー計画がいよいよ始動しましたね。トニーに近づく謎の美女。果たして敵か味方か? 演じるスカーレット、キレのいいアクションを見せてこれが実にカッコいい! 肉感的なボディには誰もが釘付け(そうか?)。そう言えばスカーレットとサミュエルL、「スピリット」でも共演してたっけ。プライベートでも仲がいいのかしらん?

 スカーレットのお陰で地味目な役回りのグウィネスが霞んじゃうんじゃなかろうかと余計な心配をしたけれど、今回のトニーとペッパーのやり取りはなんだか夫婦漫才みたいでカワユイ。いけ好かない役を演じると抜群にハマるサム・ロックウェルの相変わらずの怪演も嬉しい。あのシーンは、銃器マニアには堪んないでない? トニーお付きの運転手ハッピー、演じるは本作の監督でもあるジョン・ファヴロー。今回はやたらと出番が多いぞ。

 今回もあるエンド・クレジット後のおまけ映像。何が発見されたのか気になってIMDbで調べてみたら…。な〜るほど! マーベル、商売上手いぜ!

投稿者:クリモフ投稿日:2010-05-15 23:22:13
いやはや、アメリカで大ヒットだそうで、アイアンマン公開時はまさかこんなになるとは思いませんでした。
さて、内容の方ですが、前作で釈然としなかった点が見事に解消されたのは素直に嬉しいです。悪役がいかにもな悪役になったし、コメディ・エンタメ色が増し方向性がはっきり、ときおり入る主人公の体の心配もいい感じ。ただ、よくなった部分があると、反対に悪くなるところもあるのが、こりゃなんとも。
まずアイアンマン、見せ場が少ない。主人公の葛藤(?)みたいなもんもいいのですが、やっぱりもうちょっと活躍が見たいです。そしてキャラは最高なのに拍子抜けの悪役。こちらも終盤まで引っ張ったんだから、もう少し粘って欲しかったなぁ。
しっかし、これ俳優陣豪華ですね、これ。しかも濃い人ばっかり。この人たちのおかげで、飽きずに観ることが出来たってのもあります。
頭が隠れたら尻が出たって感じで、前作と同じくらい。でもあいかわらずAC/DCはかっこいいし、クイーンやダフトパンクも使われているというサントラ。そのへんはよかったです。
投稿者:でんど〜投稿日:2010-05-10 11:19:19
予想どおりというか、まあイマヒトツだったんですが、アメリカでは既に興収120億円を突破してますし、とにかくものすごいヒットです。

実際、それなりに良くできてます。悪役のミッキー・ロークが存在感あるし、SFXに文句ないし、AC/DCの曲だって、バッチリ決まってます。

そしてなんと言っても、ロバート・ダウニー・Jr。奇跡的カムバック・ストーリーがもう大昔のように、最近のダウニー・Jrは乗りに乗りまくってます。「シャーロック・ホームズ」も大ヒットだし。結局、彼の役者としての個性と演技力が頭抜けているってことでしょうね。

ということで、娯楽大作としては★★★。日本でも来月公開のようですね。http://dendo.net/blog/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 視覚効果賞ジャネク・サーズ 
  Ben Snow 
  Ged Wright 
  Daniel Sudick 
□ 悪役賞ミッキー・ローク 
【ニュース】
全米興行成績、「アイアンマン3」が歴代2位のビッグ・オープニング・デビュー2013/05/06
第37回サターン賞、結果発表2011/06/28
アカデミー賞、結果発表!2011/02/28
第37回サターン賞、ノミネーション発表2011/02/25
アカデミー賞、ノミネーション発表!2011/01/25
DVDリリース情報:「エイリアン・アンソロジー:ブルーレイ・コレクターズBOX(エイリアン・エッグ付) [Blu-ray]」etc.2010/08/20
全米興行成績、「トイ・ストーリー3」が期待通りのビッグ・オープニングで首位デビュー2010/06/21
全米興行成績、リメイク版「ベスト・キッド」が大ヒット・スタート2010/06/14
全米興行成績、「シュレック フォーエバー」が新作陣のつまずきに助けられV32010/06/07
全米興行成績、「シュレック フォーエバー」が強力新作陣を抑えV2達成2010/05/31
全米興行成績、「シュレック フォーエバー」が大ヒット・スタート2010/05/24
全米興行成績、「アイアンマン2」が「ロビン・フッド」を抑えV2達成2010/05/17
全米興行成績、「アイアンマン2」がロケット・スタートに成功2010/05/10
J・J・エイブラムス、謎に包まれた次回作の特報がお披露目か2010/05/07
ロバート・ダウニー・Jr主演「アイアンマン2」、最新予告編2010/03/09
ロバート・ダウニー・Jr主演「アイアンマン2」、予告編2009/12/18
【レンタル】
 【Blu-ray】アイアンマン2レンタル有り
 【DVD】アイアンマン2レンタル有り
【書籍】
■映像関連書籍
【大型本】 Cinefex No.18 日本版 −アイアンマン2−
新品:
2新品:¥ 1,620より   4中古品¥ 1,054より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION