allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヒックとドラゴン(2010)

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON

メディア映画 Anime
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2010/08/07
ジャンルファミリー/ファンタジー/アドベンチャー
映倫G
少年はドラゴンに翼を与え
ドラゴンは少年に勇気を与えた
ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVD(2枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,916
価格:¥ 1,454
USED価格:¥ 1,308
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「リロ&スティッチ」のクリス・サンダース&ディーン・デュボア監督が贈る友情と勇気の感動ファンタジー・アドベンチャー・アニメ。ドラゴンとバイキングが互いに憎しみ合い終わりのない戦いを繰り広げていた時代を舞台に、気弱な少年と傷ついたドラゴンの間に芽生えた奇跡の友情と成長の物語を迫力の3D映像で描き出す。
 遠い昔。バーク島と呼ばれる島には海賊のバイキングが暮らしていた。彼らは自分たちを襲うドラゴンを憎み、村を守るためにドラゴンたちと戦い続けていた。幼い頃からドラゴンを倒すための訓練に励み、ドラゴンを倒して初めて一人前のバイキングと認められるのだった。ところが少年ヒックは、一族のリーダー、ストイックの息子でありながら気が優しくて非力な落ちこぼれバイキングだった。そんなある日ヒックは、傷ついて飛べなくなったドラゴン“トゥース”と出会う。みんなには内緒で、こっそりエサをあげるようになったヒックは、次第にトゥースと心を通わせていく。やがて、ドラゴンが決して自分たちの思っていたような恐い存在ではないと気づき始めるヒックだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ヒックとドラゴン(2010)劇場版第1弾
ヒックとドラゴン〜バーク島の冒険〜(2012)TVシリーズ第1弾
ヒックとドラゴン〜バーク島を守れ!〜(2013)TVシリーズ第2弾
ヒックとドラゴン2(2014)劇場版第2弾
Dragons ドラゴン・レースの幕開け(2014)オリジナルアニメ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
436 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-16 21:06:54
所詮子ども向けの映画だろ?とナメてました。 すんません。
敵対してたドラゴンと交流を深め、
周囲も巻き込んで友好な関係を築いていく主人公の姿に素直に感動した。
投稿者:つむじまがり投稿日:2013-07-23 11:51:58
子供に見せたい映画。
友情とか家族とか冒険とかユーモアとか地元愛とか成長とかが全部が入ってる。
これまで見た海外アニメーションで一番好き。

冒頭の掴みからして巧い。
暗くてよく見えない中をドラゴンが襲ってくる。
火の描写が綺麗で圧倒されるし、ちらちらドラゴンが見える演出に引き込まれる。
舞台が中世っぽいのに、主人公が現代の冴えない人間特有の仕草をしてるのが可笑しい。
声優陣も上手で、父親役のジェラルドバトラーの響くような太い声がキャラクターにぴったり。
トゥースと空を飛ぶ仕掛けなんかジブリ的なワクワク感がある。
飛ぶシーンも綺麗で何度もチャプターで繰り返し見た。
あーまた見たい!!3回は見たのに。

字幕がいいので字幕でぜひ。
特典映像も充実しててとても楽しめる。
2014年春だったかな?続編公開。楽しみ!

この監督の前作のリロアンドスティッチは全然面白くなかったので注意。
投稿者:こじか投稿日:2012-11-17 02:31:54
確か評判がよかった筈、と言うことで鑑賞。そこそこ楽しみにしていたのですが、、、意外なまでに感心する瞬間が訪れず普通に観れる程度でした。好意的に観たつもりなのに…。
投稿者:Hoppy!投稿日:2011-09-18 23:42:09
リロ&スティッチの監督が〜っていう点から、公開当時観に行こうと思っていたのだけど、
同時期のトイストーリー3を観に行ったために、忘れていたw作品。

というわけで、ようやく観たんだけど。

思ったより良かった!3Dだったのか。なるほど〜、これ劇場公開だともっと興奮するなー。
あー、やっぱり観に行けば良かった、と思うくらい。

とにかく素晴らしい飛行シーン。アバターの時よりも長くて爽快。
サントラ音楽もあいまって、素晴らしい浮遊感を感じさせてくれる。

内容はまぁほぼリロ&スティッチなんだけど、より冒険色が強くあってなかなか見ごたえがあった。
異種間での友情の育みってなんだかとても暖かい。もちろん同属間の友情シーンでクライマックスも楽しい。

時代背景がドラクエの世界のようで、なんとも麗しいファンタジーワールド。
ドラゴンつながりだしな。ドラクエやりたくなったわ。

それにしても映像美が2009年までとはまた格段に上がっていて、アニメなのに実写っぽい。
ドリームワークス。好敵手のピクサーにおいつけおいこせ。ライバルいてこその技術進化でもある。

西洋ファンタジーの要素がふんだんにあり、興奮するわ。
多種多様なドラゴンの姿も嬉しい。

評価高い作品だけに、続編が早く公開されないかな、と期待してる。
次こそ、必ず劇場に観に行こう。
http://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html
投稿者:コメット投稿日:2011-08-06 12:15:59
出不精でたいていの映画鑑賞を安直にWOWOWで済ませてしまうわたしにとって、現時点で今年最大の収穫。
それにしても、主人公の名はHiccup=しゃっくりだから文字通りヒックであり、師匠はBelch=げっぷだから文字通りゲップ、ナイト・フューリーはToothless=歯無し(映画では「トゥース」になっていた)など、ヘンな名前が多かったし、「しゃべる魚の骨」には笑ってしまった。
ラストの大ボスとの戦いは、映画館で3Dで観たら、すごい迫力だったんじゃないかと思う。
サクセス・ストーリーかつ親子の和解という、王道まっしぐらの映画。
投稿者:nedved投稿日:2011-07-31 17:44:24
ジェイ・バルシェル
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-07-30 21:58:19
【ネタバレ注意】

大切な物を守る為に、少年少女がドラゴンに乗って戦うというベタな画は個人的にも好きだし、娯楽作として充分楽しめた。トゥースの正体がナイトフューリーというのは強引で、これならナイトフューリーはトゥースの父親で、後半に出て来る巨大な大食いドラゴンと兄弟にして不倶戴天の敵という設定の方が良かったかも。あと実写だと費用が掛かり過ぎただろうけど、ハリウッドCGアニメの人間キャラはどうも苦手なので、ヒロインはアナソフィア・ロブかエル・ファニングで観たかった。星四つ半。

投稿者:陸将投稿日:2011-07-27 19:44:49
【ネタバレ注意】

“極めて危険、見たら殺せ。”
本作の島民は、長年ドラゴンとそのように接してきた。
バイキングとしてドラゴンを殺すことが勇敢であり、それが子供から大人への通過儀礼となっている。

しかし、人間を襲ってくるとは言え、ドラゴンを問答無用で殺すことが強さや勇気なのであろうか。
未知の存在である相手に近寄って相互理解を試み、共存の道を図ろうとすることの方が、よっぽど勇気がいることではないのか。
ヒックを見ていると、確かに弱々しい少年だが、真の勇気とはどのようなものなのか考えてみたくなる。

ヒックがドラゴンのトゥースと初めて出会う場面がある。
ヒックを睨み付ける、まるで爬虫類のような鋭い眼光。
大写しにされたそこには、はっきりと憎しみや怒りや恐れが刻まれている。

だが、1人と1匹が徐々に心を寄り添わせていくうちに、トゥースの黒目からは鋭さが取れ、丸みを帯びてくる。
この“眼”の微妙な描写1つで、トゥースの感情がはっきりと透けて見えてくる。
だからこそ、2人の心の距離感を視覚的に感じ取ることができるのだ。

ヒックとトゥースが2人きりでいる場面は本当に美しい。
島で繰り広げられてきた、悪しき殺戮の歴史。
そんな世界からは隔絶された、1人の子供と1匹の子供だけの時間と空間。

恐る恐る伸ばしたヒックの腕に、トゥースが顔を寄せる場面。
あるいは、一緒に初めて飛翔する場面の高揚感と爽快感。
どの場面も切り取りたくなるような、温かさや優しさに満ち満ちている。

本作は父と子の物語でもある。
偉大な父親の無理解から生じる、息子への誤解。
言葉が通じる人間同士なのに、心は通い合っていない。
そんな人間に、ドラゴンの心を理解することなど到底不可能である。

それらの様々な問題を一気に解決するヒックの勇敢さに胸が熱くなる。
島の歴史や伝統をも覆してしまうような奇跡的な瞬間が、映画的なカタルシスと共に、これでもかと連打される。

エピローグでヒックは片足を失ってしまう。
それは、真のバイキングとしての勇者の証である。
ただ、ヒックはそんな称号は望んでいないだろう。

同じように片方の尾びれを失ったトゥース。
だが、元を辿ればその尾びれを消失させたのは、トゥースを打ち落としたヒックである。
その代償を払い、文字通り心身ともに“繋がった”ヒックとトゥース。

少々やり過ぎな結末かもしれないが、この苦みこそが、異世界間の生ぬるい共存や交流とは一線を画した、真実味が生み出されていると思う。

投稿者:uptail投稿日:2011-04-01 13:36:07
アメリカ・フェレーラ
投稿者:maaaaan投稿日:2010-08-31 21:35:53
それにしても、意外とって言ったら失礼かもしれないけど
面白かったですよぉ〜

単純なお話なんだけど、
その、単純さにグッときてしまいました
最後は「アバター」とかぶった所もありましたが
ホッコリしちゃうアニメでした〜

本当に、最後まで単純なお話だけど、
純粋に見れちゃうはず★
投稿者:常さん投稿日:2010-08-15 23:08:55
 ずいぶん昔のテレビアニメに「ビッケ」という弱虫バイキングの物語がありました。この映画で登場する「ヒック」がどうしてもこのビッケにダブってしまうのです。腕力は無いけど知恵がいっぱい、戦うことよりも仲良く助け合うことが好き。お父さんのハルバルは部族の長なのに息子のビッケは体も小さくメソメソ泣いてばかり。どれもヒックと共通しているのです。ビッケもヒックも小さな体に知恵と勇気を詰め込んで、お父さんを助ける物語なのです。とにかく、楽しめました。殺し合うことよりも助け合うことに活路を見いだす、とても素晴らしい物語です。是非、お子様と一緒に楽しんでください。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2010-08-08 03:02:28
 
ナイトショーにて3D吹替版を鑑賞。
なんぼ23:40からの上映とはいえ観客が片手ぐらいしかいなかった。大丈夫なのかな。

「はぐれ者の少年が怪物=敵と心を通わせるようになり成功する」というお話はそれほど目新しいものじゃない。
ただ「ヴァイキングがドラゴンの群れと戦い続けている世界」という世界観の見せ方がまず素晴らしい。冒頭からいきなりドラゴンの群れと屈強なヴァイキングたちの戦いを見せることで、観る側を一気にこの世界へ引き込んでくれる。
ドラゴン相手に斧やハンマー、下手すると素手でドツキ合うヴァイキングたち。一方主人公はヴァイキングの頭目の息子なのにもやしっ子のヘタレ(笑)。
傷ついて飛べなくなった最強のドラゴン「ナイトフューリー」=トゥースとだんだん仲良くなって・・・というあたりはお約束ながらうまい。本作のドラゴンたちは、猫のような犬のような、爬虫類のような熱帯魚のような絶妙のデザインと動きで、生物感と表情たっぷりに描かれていて魅力的。
主人公たちがトゥースに乗って空を飛ぶシーンの飛翔感と浮遊感は3Dならではのすばらしさ。海や森や空など背景の見事さ、また雲や霧などの空気感や遠近感をきちんと描いているのも効果的だと思う。

主人公たち村の子供は、ドラゴンを倒すための訓練を始めさせられる。ポケモンマニアの子供みたいな、やたらドラゴンに詳しい奴が笑える。トゥースと仲良くなるうちに、主人公はドラゴンの弱点とか扱い方(苦手な魚とか、猫にマタタビみたいな草とか、喉を撫でてやるとグンニャリするとか)を学んで村のヒーローになるが、ひょんなことからトゥースを飼っていることがばれてしまう。父親はトゥースを捕らえると、ドラゴンの本拠地である巣に攻め込もうとする。残された主人公は一念発起して・・・
ここから先は大活劇+大怪獣映画。とにかく楽しめた。

ラストも、得る物もあれば失う物もある・・・という、単純なハッピーエンドじゃないのがは印象に残った。
CMでやっているようなワンワン泣ける内容じゃないが、大冒険活劇としてなかなか良くできた映画だと思う。
3D上映でぜひ。おすすめ。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2010-08-08 02:51:01
ヒックとトゥースの交流がとても愉快で、空を飛ぶシーンはとても爽快で、二人で乗り越える冒険はとても痛快な、愛すべき傑作。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-142.html
投稿者:ASH投稿日:2010-08-07 11:31:06
【ネタバレ注意】

 同じCGアニメですでに好評を博している「TS3」と比べちゃうと分が悪いのも確かだが、DWによるコチラも期待通りのトンデモないケッサク!! どちらかと言えば3D上映があまり重要ではないピクサーに対して、この映画は3Dの大迫力が存分に愉しめるようになっているので、割高の料金を払うだけの価値はあるね。でも、割高でも関係なく来てくれる「TS3」に対して、「ヒック」は客が来てねぇぞ!

 ノッケからドラゴンの大群が村を襲う。ナイト・シーンのためハッキリと見えるような場面は少ないが、それでも凄まじい迫力が味わえて、ここで観客は一気にバイキングとドラゴンが敵対している世界へと連れていかれる。主人公のヒックは頭が良く手先が器用な少年だが、痩せ型で腕力もないため、バイキングの社会ではおミソ扱いなのだ。一人前のバイキングを夢見るが、ヒックの居場所はここにはない。

 バイキングの長である父に認めてもらいたいヒックは、お手製の武器で奇跡的にドラゴンをしとめる。それが誰もその姿を見たことがないという伝説のドラゴン、ナイト・フューリーのトゥース。この1人と1匹の友情を通して、分かち合えなかった2つの種族が共存の道を歩むまでを壮大なスケールで描く。展開が読めるタイプの映画だとは思うが、そんなことはどうでもよくなるくらいの凄まじいクライマックスが用意されている。

 深読みをすれば、バイキングとドラゴンとの確執は現実世界でも起きている異種族同士の確執に置き換えることも可能だ。相手のことを理解しようともせず、自分たちと違う種族というだけで敵対関係になり、そのことに何の疑問も持たない。幼い頃から戦わなければならない敵として教え込まれ、それが伝統になっているのであれば無理もない。相互理解をするには、どちらかが同じ目線まで降りなければならない。そのことが上手く描かれている。

 とかく素晴らしいのは、ドラゴンの飛翔シーン。CGアニメにおけるひとつの到達点ともいえるシーンの数々がタップリと堪能できて、それが3Dで迫ってくるのだから堪らない。なるほど、この臨場感を観客に味わわせるためには3D上映は必要不可欠だ。飛行フェチの気がある僕は、このシーンだけで昇天!! 「アバター」でのトルークの飛翔に匹敵するほどの、CG映像史上に残る名場面が目前にまで迫る! こりゃ割高の料金を払ってでも3D版を観るべきだわ。

 ドラゴン退治の訓練のくだりが面白い。映画に登場するドラゴンたちの特徴とその攻撃法が観客にも説明される。一人前のバイキングになるには、まずはドラゴン退治の訓練からと、若者は駆り出されるのだが、この訓練が非常に荒っぽくて容赦がない。頭で覚えるよりも体で覚えろということなんだろうけど、ドラゴンは火を噴くわで、ヘタすりゃ死んじゃうよ。

投稿者:マーサ19投稿日:2010-08-05 00:18:51
洋画しか見ないのですが、アニメも見ます。
アメリカのアニメは、感動もあり好きです!

で、この作品もよかった〜!
ちょっと感動してしまったよ。

それにしてもドラゴンのしぐさのかわいいこと。
動物好きには、たまらないですよ!

リロ&スティッチの監督、
スティッチも見るまでは「かわいくないのに何が人気?」なんて思ったのだけど、作品を見たら可愛さがわかった。
気持は大事ですね!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作曲賞ジョン・パウエル 
 □ 長編アニメ賞 
□ アニメーション作品賞 
□ 作曲賞ジョン・パウエル 
 □ アニメーション賞 
□ 長編アニメ賞 
【ニュース】
全米興行成績、「トランスフォーマー/ロストエイジ」が今年最高のオープニグで首位デビュー2014/06/30
全米興行成績、大ヒット・ミュージカル映画版「ジャージー・ボーイズ」は首位デビューならず2014/06/23
全米興行成績、C・テイタム&J・ヒル共演「21ジャンプストリート」続編が大ヒット・スタート2014/06/16
全米興行成績、シェイリーン・ウッドリー主演青春ドラマが大ヒット・デビュー2014/06/09
大ヒット3Dアニメ「ヒックとドラゴン」続編、最新予告編2014/04/11
3Dアニメ「ヒックとドラゴン」続編、フル・トレーラー2013/12/20
3Dアニメ「ヒックとドラゴン」続編、ティーザー・トレーラー2013/07/16
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」が初登場首位2013/03/25
ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」、予告編2012/12/06
ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」、予告編2012/10/04
第37回サターン賞、結果発表2011/06/28
アカデミー賞、結果発表!2011/02/28
第37回サターン賞、ノミネーション発表2011/02/25
英国アカデミー賞、結果発表2011/02/14
アカデミー賞、ノミネーション発表!2011/01/25
アメリカ製作者組合賞は「英国王のスピーチ」に2011/01/24
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2011/01/19
ゴールデングローブ賞、結果発表2011/01/17
放送映画批評家協会賞、結果発表!2011/01/15
アメリカ製作者組合賞、ノミネーション発表2011/01/05
タランティーノ監督が2010年お気に入り映画ベスト20を発表2011/01/05
ゴールデングローブ賞ノミネーション発表2010/12/15
放送映画批評家協会賞ノミネーション発表!2010/12/13
全米興行成績、「シュレック フォーエバー」が強力新作陣を抑えV2達成2010/05/31
全米興行成績、「シュレック フォーエバー」が大ヒット・スタート2010/05/24
全米興行成績、「アイアンマン2」が「ロビン・フッド」を抑えV2達成2010/05/17
全米興行成績、「アイアンマン2」がロケット・スタートに成功2010/05/10
全米興行成績、好調ドリームワークス・アニメ「ヒックとドラゴン」が首位奪還2010/04/26
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「ヒックとドラゴン」が首位返り咲き2010/04/19
全米興行成績、スティーヴ・カレル&ティナ・フェイ共演コメディが初登場首位2010/04/12
全米興行成績、ファンタジー・アクション大作「タイタンの戦い」が初登場1位2010/04/05
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「ヒックとドラゴン」が「アリス〜」のV4を阻止2010/03/29
全米興行成績、「アリス・イン・ワンダーランド」がV32010/03/23
ドリームワークス・アニメ「ヒックとドラゴン」、最新予告編2010/02/26
【ミュージック】
【CD】 オリジナル・サウンドトラック『ヒックとドラゴン』
新品:¥ 2,625
6中古品¥ 4,114より 

【書籍】
■原作
【単行本】 ヒックとドラゴン外伝―トゥースレス大騒動
新品:
1新品:¥ 1,080より   13中古品¥ 1より 

【単行本】 ヒックとドラゴン〈9〉運命の秘剣
新品:
1新品:¥ 1,080より   8中古品¥ 430より 

【ペーパーバック】 ヒックとドラゴン〈8〉樹海の決戦 (How to Train Your Dragon (Japanese))
新品:
1新品:¥ 972より   12中古品¥ 330より 

【ペーパーバック】 ヒックとドラゴン〈7〉復讐の航海 (How to Train Your Dragon)
新品:
3新品:¥ 972より   13中古品¥ 88より 

【ペーパーバック】 ヒックとドラゴン〈6〉迷宮の図書館 (How to Train Your Dragon (Japanese))
新品:
2新品:¥ 972より   18中古品¥ 325より 

【ペーパーバック】 ヒックとドラゴン〈5〉灼熱の予言 (How to Train Your Dragon (Japanese))
新品:
3新品:¥ 972より   16中古品¥ 47より 

【ペーパーバック】 ヒックとドラゴン〈4〉氷海の呪い (How to Train Your Dragon (Japanese))
新品:
2新品:¥ 972より   15中古品¥ 59より 

【ペーパーバック】 ヒックとドラゴン〈3〉天牢の女海賊 (How to Train Your Dragon (Japanese))
新品:
2新品:¥ 972より   11中古品¥ 112より 

【ハードカバー】 ヒックとドラゴン〈2〉深海の秘宝 (How to Train Your Dragon (Japanese))
新品:
1新品:¥ 972より   26中古品¥ 5より 

【ハードカバー】 ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))
新品:
3新品:¥ 972より   34中古品¥ 1より 

Amazonで「ヒックとドラゴン」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION