allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バレンタインデー(2010)

VALENTINE'S DAY

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2010/02/12
ジャンルロマンス
映倫G
バレンタインデー [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 676
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ゲイリー・マーシャル
製作:マイク・カーツ
ウェイン・ライス
製作総指揮:トビー・エメリッヒ
サミュエル・J・ブラウン
マイケル・ディスコ
ダイアナ・ポコーニイ
原案:キャサリン・ファゲイト
アビー・コーン
マーク・シルヴァースタイン
脚本:キャサリン・ファゲイト
撮影:チャールズ・ミンスキー
プロダクションデ
ザイン:
アルバート・ブレナー
衣装デザイン:ゲイリー・ジョーンズ
編集:ブルース・グリーン
音楽:ジョン・デブニー
出演:ジェシカ・アルバモーリー
キャシー・ベイツスーザン
ジェシカ・ビールカーラ
ブラッドリー・クーパーホールデン
エリック・デインショーン
パトリック・デンプシーハリソン
ヘクター・エリゾンドエドガー
ジェイミー・フォックスケルビン
ジェニファー・ガーナージュリア
トファー・グレイスジェイソン
アン・ハサウェイリズ
アシュトン・カッチャーリード
クイーン・ラティファポーラ
テイラー・ロートナーウィリー
ジョージ・ロペスアルフォンソ
シャーリー・マクレーンエステル
エマ・ロバーツグレース
ジュリア・ロバーツケイト
テイラー・スウィフトフェリシア
マシュー・ウォーカー
ラリー・ミラー
キャサリン・ラ・ナサ
ベス・ケネディ
クリステン・シャール
クリスティーン・レイキン
キャスリーン・マーシャル
スコット・マーシャル
ランス・ハワード
トレイシー・ライナー
ジョー・マンテーニャ
(クレジットなし)
ゲイリー・マーシャル
(クレジットなし)
【解説】
 ジュリア・ロバーツ、ジェイミー・フォックスほかオールスター・キャストの豪華共演で贈るアンサンブル・ラブ・ストーリー。バレンタインデーを迎えたロサンゼルスを舞台に、年齢も職業も異なる男女15人の様々な恋愛模様とその行方を描く。監督は「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル。
 2月14日、バレンタインデーのロサンゼルス。恋人モーリーへ朝一番にプロポーズした花屋のオーナー、リード。彼女は笑顔で婚約指輪を受け取ってくれたのだが…。一方、小学校教師のジュリアは、サンフランシスコへ出張する恋人の医師ハリソンをこっそり追いかけることに。同じ会社で働く秘書のリズと郵便係のジェイソン。初めて一夜を共にした2人だったが、リズはどこか挙動不審。また、老夫婦エドガーとエステルは50年以上も変わらぬ愛で連れ添っていたが、この日に突然エステルが重大なことを告白する。飛行機でたまたま隣り合わせた30代の男性ホールデンと女性将校のケイト。2人は会話をするうち惹かれ合っていくが…。そして、スポーツキャスターのケルビンは有名アメフト選手のパブリシスト、カーラに取材するつもりが、彼女がバレンタインデーを嫌う理由に耳を傾ける。そんな彼らを中心に、甘く切ないバレンタインデーの恋愛群像が繰り広げられていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:めるしぼく投稿日:2015-11-04 08:11:10
軽いタッチでハッチャケて楽しめた。オムニバス映画として見たことのあるラブアクチュアリーよりこっちが好き。
投稿者:uptail投稿日:2014-07-17 11:59:51
演出:6
演技:6
脚本:5
音響:5
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-02-11 12:42:28
「プリティ・リーグ」や「プリティ・ウーマン」あたりはこんなんじゃなかったゲーリー・マーシャル。種々雑多なオムニバス・ストーリーを寄せ集め、これだけの俳優が出演していて、この有様。ちょっと情けない。食卓に加工食品や缶詰を、ただ並べただけという印象で、ホントに何にも残らない。☆1つももったいないくらいだ。
投稿者:scissors投稿日:2011-06-20 00:30:47
カップルで見たら男のほうは眠っちゃいそうだ。
この空っぽさ加減はかつての日本のトレンディドラマと通じる。
なんて思ってたらゲイリー・マーシャルか。相変わらずなんだな、この監督は。
投稿者:has42120投稿日:2011-03-23 12:37:37
ジェシカ・アルバ
投稿者:ジーナ投稿日:2011-03-16 19:56:54
ロサンゼルスを舞台に15人のバレンタインデーと恋の行方を描いたラブストーリーです。
日本のバレンタインと言えばチョコレートですが、アメリカでは花を贈るのが一般的(男性から女性に)だそうです。

登場人物が多いのでオムニバス形式ではありますが、一応メインキャラに花屋の店主アシュトン・カッチャー、その彼女がジェシカ・アルバ、花屋の幼なじみがジェニファー・ガーナーでその彼氏がパトリック・デンプシーという骨組みが用意されています。
このメインのキャラ設定を書いただけで何となく話が見えてくるのはご愛嬌(爆)
パトリック・デンプシーに関してはお馴染みのキャラな上にエリック・デインまで出演しちゃってるワケですから、そのうちエレン・ポンピオでも出てくるんじゃないかと思っちゃいました(笑)
メインストーリーを軸に様々な恋愛やドラマが交錯する構成はありがちですが、繋がり方が予想できなくて面白かったです。
個人的に気に入っているのはジェシカ・ビールとジェイミー・フォックスのエピソード☆
特にジェシカ・ビールのアンチバレンタインなキャラがビターで笑えました。
他にもアン・ハサウェイのコメディエンヌぶり、テイラー・スウィフトやジュリア・ロバーツ、シャーリー・マクレーンにクィーン・ラティファなどハリウッドの実力派から人気スターまで勢ぞろいなので豪華なキャスティングだけでも盛り上がれます。
これだけ多くの登場人物で一つ一つのエピソードに深みがないので、正直出演者リストを見ても担当エピソードを思い出せない役者さんもいます(爆)
さすがに勿体ないので、もう少しエピソード数を削ったほうが良かったでしょうね。
ジェシカ・アルバなんて友情出演レベルの扱いですからね(笑)

心をくすぐる演出や可愛いインテリアや音楽などは女性ウケしそうな感じ♪
ロマコメのベテランたちで送るラブストーリーなのでベタな展開ながら安定感抜群でツボを押さえた作品に仕上がっています。
ジュリア・ロバーツのラストのセリフなんて遊び心満点でたまりません。
ユーモアとシニカルさとロマンチックさが絶妙なバランスで、ホッコリ幸せな気持ちになれる作品でした。
投稿者:ハッピーm投稿日:2010-02-23 00:16:49
【ネタバレ注意】

とにかく豪華なキャストに目移りします。
背景のボリュームは違うけど、オムニバスとしてなかなか良いバランス。
それぞれのバレンタインを『愛』をテーマに過ごす様子は日本では無い習慣で、学校の授業中に花やカードを送ったり、サプライズギフトを用意したり・・・文化の違いに驚きました。 
でもそんな幸せと期待に溢れたバレンタインが苦痛のジェシカ・ビールが開く『バレンタインデーなんか大嫌いディナー』が最高!  
恋愛はハッピーエンドばかりじゃ無いし、失敗も裏切りもある。 
その苦い思いを込めて大きなハートを叩き割るジェニファー・ガーナー。 
このシーンこの映画で一番好きです。

パンフレットによると、ゲイリー・マーシャルは『プリティ・ウーマン』であのビバリー・ウィルシャー・ホテルの正面に、バス停のベンチを設置していたが、今回もアン・ハサウィとトファー・グレイスのシーンのためにまた同じようにバス停のベンチを設置したとか。 
気付かなかったなぁ。 
ちょっとバカっぽい女子高生を演じたテイラー・スウィフトの曲を始め、挿入曲はどれも良かったです。

投稿者:hayate9投稿日:2010-02-13 18:14:06
今作でも医者の役でした〜。
アシュトン・カッチャーの好青年キャラがよかった!
ちょっと長いかな〜と思いましたが、巧妙につながった人間模様(と豪華俳優陣)とちょっとしたひねり(大方は予想つくもののあの人のはつかなかった)で最後まで飽きずに楽しく鑑賞しました。

パトリックの得意のジャグリング、物語が終わった後のジュリア・ロバーツの会話、壊れた(笑)ジェシカ・ビール、おバカな女子高生テイラー・スウィフトなどなど・・・ASHさんと言いたいことは同じです。
でも女優さんたち!朝起きても化粧ばっちりで口なんてちっとも臭そうじゃない!そんな中、ジュリア・ロバーツは飛行機の中で目覚めた時に前歯を舐め、顎を手でよだれをぬぐうように触っていて、アカデミー賞女優の違いを見せつけます。(ちがうか・・・。)

パンフレットによると、ハリウッド・フォーエバー墓地での野外映画上映は本当にあるらしいです。夜でも怖くなく、ロマンチックな場所なんだとか。
(日本なら罰あたりと言われそうですが・・・)
ジョー・マンテーニャはアシュトンが後方確認せずに車を出そうとした時にぶつかりそうになって文句をわめきたててた人ですよね。

これがヒットすれば大晦日をテーマに続編を作るらしいんですが、そうなるとパトリックはどうなるんでしょ?
投稿者:ASH投稿日:2010-02-12 23:06:31
【ネタバレ注意】

 去年の夏に公開された「そん彼」は近年のロマコメ映画を支えたキャスト陣を揃えた壮観な映画だったけど、この映画にはさらにそれを上回る豪華キャスト陣が集結!! 作りがどことなく「そん彼」と被るなぁ、と思ったら、同じ脚本家チームだわ。で、「そん彼」が初期ウッディ・アレン作品の味わいだとすれば、この映画は、もしロバート・アルトマン監督がロマコメを撮ったらばこうなる、てなとこか。

 LAを舞台に、バレンタインデーの1日に起こった老若男女の恋愛にまつわる悲喜こもごもを描いた群像劇で、まさしくアルトマン監督が得意とするスタイルをかなり忠実にロマコメのフォーマットで再現させているのが面白い。10人を超えるメインキャストそれぞれに見せ場を持たせているためか映画としては散漫な印象を受けるけど、実はシエナ・ブーケという名の花屋を中心にドラマが周っているということが途中で分る。人物関係も複雑なんだけど、知れた顔を揃えているのでハリウッド映画を愛している人なら問題ないっしょっ!!

 それにしても、あの国ではバレンタインデーがこんなにも男女を浮き足立たせるイベントだったとは知らなんだ。日本では本命はともかく義理チョコなんてやっかいなものがあるが、アチラでは愛する人がいない場合は、クリスマスやニューイヤー以上に孤独を噛み締めるハメになるとは。バレンタイン嫌いが寄り集まってパーティを開くだなんて、なんだか寂しい…。

 カードや花束を贈る習慣が一般的なので、それらを買い求めて人々が訪れる花屋を中心に据えてお話を展開させた構成がニクい。愛する人に贈るために登場人物たちが訪れることになり、そこから様々なドラマが生まれ錯綜する。さらには花を買いに来た人以外のドラマまでもが展開される。そうやって、多種多様なラブストーリーを描いている。老いも若きも、職業も、人種も、それぞれの胸の想いも異なる人々の愛の群像劇。酸いも甘いもちゃんと描かれていて、その作りの深さには感心しちゃう。まあ、まとまりには欠けるんだけど。

 1組のカップルの行く末をジックリと描いているわけではなく、1本の映画でロマコメの様々なバリエーションを見せようという目論見が逆にとっ散らかった映画という印象を与えかねない難点もあるが、王道的な展開や、意外な結末、微笑ましい物語、さらには泣き・笑いの要素もソツなく含まれていて、まさにロマコメの詰め合わせ状態!! 比較的長尺な映画でも飽きさせないようにしてあるのはこの手の映画には長けているゲイリー・マーシャル監督の手腕の賜物なんだろうな。もっとも、俳優の魅力に寄ったってのもあるんだろうけど。

 以下、気付いたことをランダムに挙げるので興味がない人はスルーしてちょんまげ!

 最長老のシャーリー・マクレーンへの素敵なリスペクト。そのお相手役はマーシャル作品の常連のヘクター・エリゾンドだけど、あの役はアラン・アーキンの方が妥当でしょうが。おちゃらけたヤツだけど、アシュトン・カッチャーがまたいい演技を披露してて、フラれたときのあの表情にはコチラの感情も揺さぶられる。

 意外な発見がジェシカ・ビール。こんなにもお茶目な人だったとは! その顔立ちが苦手だという人も多いと聞くジェニファー・ガーナーだけど、この映画を見ると可愛い人なんだよ。マーシャル監督とはすでに組んでいるアン・ハサウェイは完全にお嬢様イメージを払拭しましたね。って、なんとなく無理しているような気もするけど。ジェシカ・アルバの出番は意外と少ないわね。

 粋な出会いをしたジュリア・ロバーツとブラッドレー・クーパー。この2人がロマンスに発展しないのにはそういうオチがあったのかッ! 今が旬のブラッドレーにこんな役を振るなんて、ある意味贅沢。エリック・デインはガタイのいいディカプリオみたいだ。ビバリー・ウィルシャー・ホテルといえば「プリティ・ウーマン」。ロデオ・ドライブでの思い出話をするジュリア・ロバーツの楽屋オチには思わずニヤリ。

 テイラー・スウィフトのオツムが悪そうな演技、最高! でも、この娘って今年のグラミー賞をビヨンセと競ったんだよね。アルバム、買おうっと。叔母さんと間接的な共演となったエマ・ロバーツは間違いなく次世代ロマコメ映画を担う女優です(叔母さんの若いときと同じ)。パトリック・デンプシー、相変わらずジャグリングを披露しているのが可笑しい! 

 墓地で映画の上映会ってのは、実際にやってることなんか? ジョー・マンテーニャに気付いた人、いる?

【ニュース】
全米興行成績、好調「ジャングル・ブック」が堂々のV32016/05/02
全米興行成績、ディズニー製作実写版「ジャングル・ブック」がV22016/04/25
ゲイリー・マーシャル監督コメディ「Mother's Day」、最新予告編2016/03/30
ゲイリー・マーシャル監督コメディ「Mother's Day」、予告編2016/02/12
全米興行成績、R・マクアダムス&C・テイタム主演ラブ・ストーリー「The Vow」が大ヒット・スタート2012/02/13
全米興行成績、群像ラブ・ストーリー「ニューイヤーズ・イブ」が初登場首位2011/12/12
全米興行成績、「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」がV32011/12/05
ゲイリー・マーシャル監督アンサンブル・ラブ・ストーリー「ニューイヤーズ・イブ」、最新予告編2011/09/29
ゲイリー・マーシャル監督最新アンサンブル・ラブ・ストーリー「New Year's Eve」、予告編2011/07/27
MTVムービー・アワード、結果発表2010/06/07
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2010/05/13
全米興行成績、「アリス・イン・ワンダーランド」が1億ドルを超える大ヒット・スタート2010/03/08
全米興行成績、スコセッシ監督&ディカプリオ主演「シャッター アイランド」がV22010/03/01
全米興行成績、スコセッシ監督&ディカプリオ主演「シャッター アイランド」が好スタート2010/02/22
全米興行成績、豪華キャスト総出演「バレンタインデー」が大ヒット・スタート2010/02/15
全米興行成績、ニコラス・スパークス原作ラブ・ストーリーが好スタート2010/02/08
【レンタル】
 【Blu-ray】バレンタインデーレンタル有り
 【DVD】バレンタインデーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION