allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アザーマン -もう一人の男-<未>(2008)

THE OTHER MAN

メディア映画
上映時間87分
製作国アメリカ/イギリス
公開情報劇場未公開
ジャンルサスペンス/ドラマ/ミステリー
アザーマン ―もう一人の男― [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 2,600
USED価格:¥ 1,250
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-04-16 22:02:24
難解な三角関係物。アントニオ・バンデラスってこんなに背が低かったっけ。リーアム・ニーソンの方が長身なのかな。90分程の尺だけどチェスのシーンが印象に残る。最後の落ちでほっとさせられる。ラストシーン(英国の某駅での映像)がスタイリッシュ。
投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-08-17 06:52:05
【ネタバレ注意】

リーアム・ニーソンVSアントニオ・バンデラス。
パッケージ写真からして、何やら只ならぬ緊張感を醸し出す2人。
本作は劇場未公開作ですが、このパッケージ写真から、私はこれは掘り出し物を見つけたかも!と、少々テンションが上がりつつも、ひとまず冷静になって鑑賞してみました(\'-^*)/

まずタイトルの『アザーマン』ですが、アメコミヒーロー物の『スパイダーマン』や『バットマン』のようなものではなく、愛人と言う意味らしいですね。
サブタイトルの『もう一人の男』と言う事からも、どうやらリーアムとバンデラスが女性を巡ってドロドロとした戦いを繰り広げることを示唆しているようなタイトルでした。

リーアム・ニーソンが演じた主人公ピーターは、とあるIT企業の経営者。
ローラ・リニーが演じた有名な靴デザイナーのリサと、円満な結婚生活を送っていました。
娘も立派に育ち、いわゆる愛にも金にも子供にも恵まれた、画に描いたような理想的な夫婦と言った感じでしたね。
しかし、こんな夫婦に限って落とし穴があるのです・・・。
妻のリサがある日突然姿を消し、ピーターは何か手掛かりを探そうとリサのPCを開いたところ、数々のあらぬ実態が明るみに!
リサは、どうやら不倫をしていたようで、こともあろうにPCの中にこれでもかと言うぐらいに数々の証拠写真を保存していたのでした((((((ノ゚゚)ノ
そう言えば自分のPCや携帯って、自分が急に死んだりしたら、家族にその中身が明るみになったりするんですよね(・_・;)
ワイドショーの事件なんかでも、それを手掛かりに事件を追うような感じで報道してますしね。
映画とは関係ないところで、なんだか恐ろしくなってきました・・・もう少し自分のPCのデータを、予めしっかり整理しておこうかなと思っちゃいましたよf^_^;

さあ、憤ったピーターは、『96時間』のリーアム父さん張りに、この不倫相手の男・・・ぶっ殺したる!と怒りに任せてミラノへ向かいます。
その不倫相手の男レイフを演じたのはアントニオ・バンデラス。
もうフェロモン出まくりで、男の色気がムンムン!
堅物系のリーアムに、セクシー系のバンデラス・・・。
リサはいい男2人と過ごしていたなんて、女性からしたら羨まし過ぎるんじゃないでしょうか(;´▽`A``
それにしても、リサを演じたローラ・リニーは演技がうまい!
出し惜しみの無い脱ぎっぷりと言い、演技に妥協が無いまさしく実力派女優ですね。

まず最初にピーターは、様子見と言った感じで名を名乗らないで見知らぬふりをしてレイフと接触。
チェス等を通じてレイフと仲良くなりますが、やはりレイフの言葉の端々から怒りが沸々と湧き上がり、ぶっ殺したる!!!・・・となりそうなところで、なんとか踏みとどまります( ´艸`)
結局この2人はこの後もすったもんだがありつつ、最終的にはアクションや泥沼サスペンスにはならず、ある意味新しいパターンの結末になりましたね(^^ゞ
何で劇場未公開なのか、良く分かりましたよ・・・。
地味な結末?と言うか、リサの思いを見る側も理解してよ!と言う、ある種の押し付けがましい結末だったような?
ちょっと予想外の展開だったので、う〜〜ん・・・納得するにはちょっと時間が掛かりそうです。

リサは失踪したのではなく、中盤で明らかになりますが、末期癌で亡くなったと言う事のようでした。
つまり、あえてピーターに不倫していたことを知ってもらいたかった訳です。
何故?
私からしたら、墓場までその事実は持って行ったほうが良かったのではないかと思いますが。
まあ、リサはピーターに愛の本質と言うものを知ってほしかった・・・と言うことのようでしたけどね。
不器用だけどリサを一途に愛してくれたピーター。
だけど、リサの本質を知って愛してくれたレイフと言う存在もいたと言うことを知ってほしかったと。
相手の本質を知らずに愛してると言うだけではダメだってことなんでしょうけど・・・う〜ん。

ただ、リサは最後まで2人とも愛していたって、やっぱり都合良すぎるよな〜f^_^;
映画として言いたいことは良く分かりましたが、やっぱり手放しで褒められるような題材ではなかったと言うのが私の本音です。
もしリサが末期癌にならなかったら、そのまま不倫生活を続けたってことでしょうしねえ・・・。
どうせなら、やっぱりリーアムVSバンデラスのこれでもかと言うぐらいの泥沼の戦いを見たかったかも(o^-\')b
本物の愛って、一体何なんですかね・・・私は死ぬまで理解できないで過ごしそうです。

投稿者:ジーナ投稿日:2010-07-27 03:20:07
予備知識なしで観たので、暗くて重い内容に衝撃を受けました。

しかし、先がどうなるのか全く読めなかったのでサスペンス部分は最後まで楽しめました。
現在と過去を交錯させながら、男とアザーマンの微妙な関係やアザーマンが抱える秘密などを解き明かしていくのは面白かったです。

ただ・・・ドラマ性となると、肝心な心情描写が薄いので感情移入出来ないし、、説明不足な点も多いので納得しにくかったです。
最大の謎は妻がどうして秘密を精算せずに姿を消したかですね。
なぜ旦那に妻の裏の顔を知って欲しかったのか・・・ここはしっかり描くべきだったのでは?

年齢を重ねても艶かしいローラ・リニーの輝いた表情は素敵ですね。
彼女は決して美人でも豊満な肉体を持っている訳では無いのですが、女を感じさせる女優さんです。
夫を演じたリーアム・ニーソンは安定感抜群の演技を見せてくれました。
アントニオ・バンデラスはスリーピースをセクシーに着こなしていてアザーマンには最適な役者さんでした。
それを活かせるぐらい深みのあるキャラクターだと尚良かったでしょうね。
もう少し病的な部分を見せてみるとか、もっとカッコ悪い部分を強調してキャラにメリハリをつけるとか工夫が必要だったと思います。
後半にアザーマン側からの視点が入っても面白みが増したでしょうね。
視点が変われば、二人ともアザーマン・・・みたいな展開があった上でのラストだったら、印象も変わったかもしれません。

とにかく・・・実力ある役者さんが揃っているので飽きる事はありませんが、見応えはいまひとつな作品でした。
ミラノの雰囲気や湖畔の美しい景色は目をみはるモノでしたが、いかんせんストーリーが爽やかなものではないのでロケーションで癒されるという訳にもいきませんでした(笑)
変化に乏しいリズムが一本調子に感じさせてしまったのも勿体なかったですね。
投稿者:bond投稿日:2010-07-10 09:34:33
【ネタバレ注意】

失踪じゃなくもはや死んでいたとは読めなんだ。死んでからバレれば本人は修羅場知らずに済むもんね。バンデラスは卑しく侘しい男の役合ってたなー。

投稿者:uptail投稿日:2010-06-22 09:11:00
リーアム・ニーソン
投稿者:なちら投稿日:2010-05-10 22:33:29
R・エアーの新作がいつの間にかDVD化されていた事に気付き早速観賞。

最愛の嫁に長年愛人がいた事を知ったニーソンパパ。
怒りに震えながら諜報部員の如く相手の所在を調べ近づき、自分の知らない妻の顔を探る。
ショックだが、自分と同様に愛人バンデラスの事を嫁は愛してたんだよね。

それぞれの人間に複雑な感情があって、
自分の基準だけではまかり通らない事を受け入れるオジサンの哀愁が良かった。
娘の方がずっと大人なのも面白い。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アザーマン -もう一人の男-2010/02/19\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】アザーマン -もう一人の男-レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION