allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

闇の列車、光の旅(2009)

SIN NOMBRE
WITHOUT NAME

メディア映画
上映時間96分
製作国メキシコ/アメリカ
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月2010/06/19
ジャンルドラマ/サスペンス/ロマンス
映倫PG12
この出会いが私を強くした。
闇の列車、光の旅 [DVD]
参考価格:¥ 1,296
価格:¥ 972
USED価格:¥ 780
amazon.co.jpへ

 Photos
闇の列車、光の旅闇の列車、光の旅闇の列車、光の旅闇の列車、光の旅

【解説】
 少しでも良い生活を求めてアメリカを目指す中南米の不法移民を巡る過酷な現実を背景に、移民を乗せた列車で運命的に出会った一組の若い男女が、苦難の旅路の中で心を通わせていく切なくも美しい姿をリアルな眼差しで描き出していく衝撃の社会派ヒューマン・ドラマ。監督はこれが長編デビューとなる日系アメリカ人のキャリー・ジョージ・フクナガ。実際に列車の屋根で移民たちと一緒に危険な旅を経験するなど入念なリサーチを基に本作に挑んだとのこと。
 ホンジュラスに暮らす少女サイラ。父親は、彼女が幼いときにアメリカへと渡った不法移民。ある日、その父親が強制送還され戻ってきた。そして、今度はサイラも連れて再びアメリカを目指す。父親の新しい家族と一緒に暮らすという提案に気乗りはしないものの、父と叔父と共にメキシコへ向かい、そこからアメリカ行きの貨物列車の屋根に乗り込むサイラ。そんな無防備な移民たちを待ち構えていたのがリルマゴ率いるメキシコのギャング団。疑問を感じながらも彼らと行動を共にしていた少年カスペルだったが、リルマゴがサイラをレイプしようとするのを見て、ついにリルマゴを殺してしまう。裏切り者として組織から追われる身となってしまったカスペル。サイラは助けてくれた彼に恩義を感じ、その後を追ってしまうが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2013-02-08 22:15:58
演出:8
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:Cherry Blossoms投稿日:2011-12-02 06:27:28
見た後に知りましたが、
ガエル&ディエゴが製作総指揮なんですね。
他の方も書いてるけど、メキシコからアメリカに入ろうとするのは映画でもドラマでも見た事あるけど
そのメキシコに入ろうとする中米の人たちの話は初めて。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-07-29 14:09:42
昨日観た。ドラマ性は薄いが、逃亡劇としては見応え充分。ただ監督が体を張って取材したという、列車の屋根への違法乗車の部分以外のディティールはイマイチだし、ストリートギャングの怖さは「シティ・オブ・エンジェル」の方が上。星三つ半。
投稿者:カムストック投稿日:2011-06-27 23:39:37
【ネタバレ注意】

この監督「天国の日々」が好きなんだろうね。追われる身の若い男と女、貨物車の屋根に乗る人々。なによりラスト近くのリオ・グランデ川での場面は、リチャード・ギアが追い詰められた、あの川の場面にそっくり。
残酷な現実を逃れる旅の中で、ゴトゴトと走る列車の屋根に漂う、つかの間の牧歌的な空気。無断乗車の取締りをしてる駅の手前で一斉に列車から飛び降りて、駅の反対側を駆け抜けて、また駅の先で列車に飛び移る、そんなことができるのも、ゴトゴト遅いスピードで走ってるから。
映画にとっても、列車は遅いほうが絵になるのだ。日本映画でもホームでの別れの場面を撮ろうとしたりするけど、今の列車はあっという間にホームを滑り出してくから、情緒も置いてきぼりを食らっちゃう。ただ遅いとはいえ、バランス崩して屋根から落ちれば、車輪に轢かれて、次の瞬間には人間がただの肉塊と化す。そんな場面も挟むことで、映画に複雑な味わいが生まれてる。
若い女の子の過酷な旅というと、麻薬を胃袋に飲み込んで越境を図る、同じヒスパニックの「そして、一粒のひかり」を思い出す。メキシコからアメリカへの越境は知ってても、そのメキシコへ、中南米から移民が流入している現実は、この映画を見て初めて知った。

投稿者:hide投稿日:2011-04-15 05:51:09
この傑作と(不幸にして)いまだ出会えてない映画ファンに、その素晴らしさを一言で伝えたい・・・
と思ったとき、ふいに口をついて出たのが「ヴィスコンティ」である。

邦題には「光」の文字が使われているが、この映画に光はない。
登場する少年も少女も、自分の人生が光と無縁なのは(その若さで!)すでに分かっている。
それでも生きてゆくしかない。
人生とはそういうものなのだ。
そのことを、この作品の登場人物たちは全身を使って表現している。
すなわち、細部の細部に至るまで、監督の深い洞察力が行き届いているのだ。

そうした人間観察といい、人生観は、まさにヴィスコンティを彷彿とさせる。

原題「SIN NOMBRE」はスペイン語で「名もなき人」の意味らしい。
そこには、この物語と登場人物に普遍性を込めようとした監督の意図がうかがえる。

その点でも、まさにヴィスコンティ!
投稿者:vegirama投稿日:2011-04-06 10:21:12
つまんない 
投稿者:陸将投稿日:2011-04-02 00:38:42
【ネタバレ注意】

現在、世界は国境を越えて、ますます身近なものになっている。
しかしながら、いわゆる「グローバル」で「ボーダーレス」化した世界という認識は、万国共通でないのだと改めて気づかされる。

本作の移民たちは、その国境を命がけで越えて、新たな光を求めている。
皆まだまだ子供である。
だが、3人の子供たちは自分たちが生きるために、過酷な現実に立ち向かっていく。

ギャング団という大きな組織の一員と認めてもらおうとする者。
逆にギャング団を裏切って逃げる者。
そして新たな生活を夢見て、僅かな希望を見出そうとする者。
そんな三者三様の思惑が交差する所で待ち受けているのは、あまりにも冷酷な現実である。

幸せなどと贅沢なことは言っていられない。
この世界で生き延びていくこと。
その“生きる”ということが如何に容易でないことか、そして有り難いことかというのを、淡々としたタッチで描いた秀作である。

投稿者:Bava44投稿日:2011-02-12 20:50:38
ロケも美術も、素材をよく活かしたドキュメンタリー・タッチで、非常に鮮やかな映像が印象に残る作品である。

ただし、脚本にパワーがなく、題材の割にドラマの印象が薄い。主人公とヒロインの間に何の接点もないまま40分以上過ぎるのも拙いと思う。演出的にも心情描写に深みがない(俳優の演技は良かったけど)。
よくリサーチして作ったというのは事実だろうが、それを劇映画の形式にまとめ上げる力が足りなかったのかも。
投稿者:kuro投稿日:2011-01-10 18:40:32
シリアスなドラマです。
観てる者の期待に応えるようなサービスの部分は全くありません。
ハリウッド映画とは対極にあるような映画です。
それだけに観終わってからの余韻が味わい深いです。
ギャングに人並みの幸せは来ないのだということを冷徹なまでに描いています。
そのために幼くしてギャングに入った少年の未来すら描いていないにも関わらず観てる者に容易に想像させます。
いつかは仲間に殺されることになるかもしれないし、野良猫のように遺体が川に浮かぶかもしれないことを。
見ごたえのある映画でした。

投稿者:ghost-fox投稿日:2010-07-18 22:03:01
立ち向かう相手を違えてはならない  
少年はそれを見失い一線を越えた
投稿者:popcorn投稿日:2010-06-28 13:51:48
【ネタバレ注意】

まずは、“MS”(マラ・サルヴァトゥルチャ)が、「ライバル団」のメンバーを捕らえ、射殺して犬に食わせたり、「仲間」といえど、「ウソをついたら」、13秒間、「ヤキ」を入れたり、レイプ(未遂)、列車強盗、白昼の銃撃戦や、「カッコいい」、銃を見せびらかす、12歳のスマイリーこと、ベニート(クリスティアン・フェレール)に、同年代の友達が、「(逃亡者を射殺するなら)待ち伏せしな」とアドバイスするとうとう、フィクションだとしても、「衝撃的な中南米のリアル」には信じられない思いだ(ここら辺りの比較対象は、『シティ・オブ・ゴッド』であろうが、残念ながら、未見)。

貨物列車の屋根の上で揺られ、連結部分で就寝、用水路の水をペット・ボトルに汲み、「クソ野郎ども」と罵声を浴びせられる、そんなアメリカを目指す移民たちの、「命がけの旅」の過酷な現実にも、少なからず、驚かされる。

キャリー・ジョージ・フクナガの演出は手堅く、確かな実力を感じさせる。必要以上にドラマチックにならないよう、抑制を利かせてあるので、激しく、感情を揺さぶられることはないが、父親が死亡したと訊かされ、「サルマ・ハエック似」のサイラ(パウリーナ・ガイタン)が零す涙、彼女の、「一緒に来ない?」に対し、「涙型のタトゥー」を施した、「ギャングのクソ」、カスペル/ウィリー(エドガー・フロレス)の、「もちろん」との返答を受けての笑顔、ラストカットの、安堵と喜びが入り混じった表情には胸が熱くなる。

予定調和ではあるが、それでも、「マラのためだ」とスマイリーが、カスペル/ウィリーを銃撃し、背中に血が滲むのにも衝撃を受ける。

強いて指摘すれば、「殺される身だ」と死を覚悟していた、カスペル/ウィリーが、「悪魔に取られた」マルタ(ディアナ・ガルシア)を忘れ、サイラと共に生きて行く希望を持つに至った、その心境の変化が解り辛いのが難点か。

また、2009年、サンダンス映画祭で、監督賞と共に、撮影監督賞を受賞したアドリアーノ・ゴールドマンの仕事も素晴らしく、自然な映像、ファーストカットの紅葉、時折、挿入される貨物列車からの風景が美しい。

それにしても、たった1人の移民が、国境を超えるのに、これ程、多くの人たちの想い、犠牲の上に成り立っているのか、と改めて考えさせられる。
http://blogs.yahoo.co.jp/popcornandfella

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 監督賞ケイリー・ジョージ・フクナガ 
 □ 撮影賞アドリアーノ・ゴールドマン 
□ 外国語映画賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】闇の列車、光の旅2013/07/02\1,200amazon.co.jpへ
 【DVD】闇の列車、光の旅2011/02/04\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】闇の列車、光の旅レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 Sin Nombre (Score)
新品:
12新品:¥ 1,876より   3中古品¥ 763より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION