allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

やさしい嘘と贈り物(2008)

LOVELY, STILL

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ピックス)
初公開年月2010/03/27
ジャンルドラマ
映倫G
私を忘れてしまった夫
もう一度あなたに恋をする

2010年3月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

やさしい嘘と贈り物

(C)2009 Overture Street Films, LLC


 Photos
やさしい嘘と贈り物やさしい嘘と贈り物やさしい嘘と贈り物

【解説】
 オスカー受賞の名優マーティン・ランドー、エレン・バースティンと弱冠24歳にしてこれが監督デビューの新鋭ニコラス・ファクラーの奇跡のコラボで贈る感動のハートフル・ストーリー。孤独な老人の前にある日、一人の老婦人が現われ、彼女の積極的なアプローチと周囲のやさしいサポートで愛を育んでいく2人だったが…。共演はアダム・スコット、エリザベス・バンクス。
 アメリカの小さな町で孤独な毎日を送る老人、ロバート。ある日、仕事先のスーパーから帰宅した彼は、ドアが開いていて心配だったからと勝手に上がり込んでいた見ず知らずの女性メアリーに面食らいながらも、思いがけず心惹かれてしまう。そして、そのメアリーからいきなり食事に誘われ、年甲斐もなく舞い上がるロバート。デートでどう振る舞えばいいか戸惑うロバートに対し、スーパーの若いオーナーや同僚たちが様々なアドバイスを伝授する。その甲斐もあってか、2人の交際は順調に進み、みるみる距離が縮まっていくのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
チャンス商会 〜初恋を探して〜(2015)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
434 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2012-08-26 13:59:40
 推定予算500万ドル、総収益約125千ドル(米2010)。

 「最後の人(1924)」、「ハリーとトント(1974)」、「八月の鯨(1987)」、「世界最速のインディアン(2005)」と言った高齢者が主人公の作品があるが異常心理とも言える様な不安を織り込んだ作品はこれが始めて。
 コールド・オープンには、不気味でまるでホラー作品かの様な雰囲気もある音楽が使用されている。
 話が始まると忘れてしまうが、後でこのもやもやとした映像は繰り返される。
 ここが重要な演出であろう。
 ハートフルな物語の体裁だが、実は恐ろしい部分を含んでいる。

 57分頃のパーティーでロバート(マーティン・ランドー)が飲み物を取りに行こうとするところから「屋根の上のバイオリン弾き (1971)」のサンライズサンセットがバックに流れる。
 流用は基本的に嫌いだが、この場面は秀逸だ。

 "Is this the little girl I carried?"
 ”これが私が抱っこしてた小さな娘?”

 "Is this the little boy at play?"
 ”これが遊び回っていた小さな少年?”

 "I don’t remember growing older"
 ”大きくなったのを覚えてないわ”

 "When did they?"
 ”いつだったのかしら?”・・・

 と言った歌詞なのだが、ロバートの挙動を示唆している。
 だから、少女は泣き出してしまう。


 アルツハイマーなどの高齢者に対しては、怒ったり追求したりと言ったストレスをかける行為は厳禁。
 やさしく見守るしかないのだが、これは想像以上に大変なこと。
 まだ高齢化社会とは言えないアメリカでは、この収益は仕方が無いか。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2011-06-12 17:20:20
何も知らずに観て良かった
このキャッチコピーは、どうした?????
それを知らずに観るべき映画でしょう
本当に心温まる。生涯を共にする人と観たい
投稿者:uptail投稿日:2011-04-01 13:29:44
エレン・バースティン
投稿者:ビリジョ投稿日:2010-04-07 15:13:56
【ネタバレ注意】

 地味。途中まで起伏に欠ける。楽観的に過ぎる。動機の描写をはしょりすぎ。
 マーティン・ランドー+エレン・バースティンという素晴らしい配役にもかかわらず、いまひとつ乗れなかった。醜い現実から目をそらしている印象を拭えなかった。
 着想はとてもヨイと思うのだけど。惜しい一本。

投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2010-04-02 23:17:34
 あなたがもしも『やさしい嘘と贈り物』の予告編も宣伝も見ておらず、作品についてまったく知らないなら、あなたはたいへん幸せだ。
 この記事を読むのもやめて、『やさしい嘘と贈り物』の上映館へ足を運ぶといい。
 できれば、あなたが人生を共に過ごそうと考えている人と一緒に。
 1人で観るなら、観たあとに誰かと語り合うがいい。

 もしもこの記事を読んでいるのがクリスマスシーズンだったら、DVDを恋人や家族と観るのもいい。
 観終わったあとに、話すことがたくさんあるはずだ。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-99.html
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 新人脚本賞ニコラス・ファクラー 
【レンタル】
 【DVD】やさしい嘘と贈り物レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION