allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

魔法使いの弟子(2010)

THE SORCERER'S APPRENTICE

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2010/08/13
ジャンルアクション/ファンタジー/アドベンチャー
映倫G
この夏、ディズニーが贈るNY魔法大戦争!
魔法使いの弟子 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,619
価格:¥ 1,479
USED価格:¥ 29
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ナショナル・トレジャー」に続き、ジェリー・ブラッカイマー製作、ニコラス・ケイジ主演、ジョン・タートルトーブ監督のトリオで贈るファンタジー・アドベンチャー大作。ディズニー・アニメ「ファンタジア」の“魔法使いの弟子”パートをモチーフに、現代のニューヨークを舞台に勃発した善と悪の魔法使いによる最終決戦の行方と、そこに巻き込まれた一人の青年の運命を描く。共演はジェイ・バルシェル、モニカ・ベルッチ、アルフレッド・モリナ。
 太古より人間の知らないところで魔法使い同士の戦いが繰り広げられていた。今は亡き善なる魔法使いマーリンの弟子バルサザールは、恋人の魔法使いヴェロニカの犠牲により、1000年以上に渡りどうにか幽閉している邪悪な魔法使い“モルガナ”にとどめを刺し、戦いを終わらせることができるマーリンの後継者となる“選ばれし者”を探していた。ところが現代のニューヨークで、ついに見つけた“選ばれし者”は、テスラコイルの研究に没頭する気弱な物理オタクの大学生、デイヴだった。バルサザールは混乱するデイヴを強引に自分の弟子にして、彼の秘めたる力を覚醒させるべく特訓を開始するが…。
<allcinema>
【関連作品】
ファンタジア(1940)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
318 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2014-08-09 11:29:16
ホグワーツ王国を見事にパクッた、銭ゲバ能天気ランド。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2012-12-31 21:04:18
【ネタバレ注意】

いや多分100%[30%+70%]=10%なんじゃない?
未知の領域?があと90%あった…ということで。〜ってのは冗談ですが。

ニコラスケイジの凄いワイヤーアクション!…まぁ吹っ飛ばされてる訳ですが。
このムービーのストーリー展開は中々細かい伏線が凝ってます。
加えてブラッカイマーらしい超迫力映像。
これは…間違いなく面白いです。

基本コメディなんですが、テーマは「恋心」…しかも世界を護る為に命を賭ける純粋なヤツらの物語。…多少青臭くは有りますが、ラストは幸せな気分になれます。

いやマーリンの遺言通り若者を育てようとするニコラスが主人公の疑問にマジメな顔で答える所など(地獄の日々だ〜モルガナの支配よりマシだ)既に笑えます。

本気でコメディをやってるのが主人公の青年で、修行シーンやらのコミカルな動きが楽しい。〜いやイマイチとか言われてますが、天才的な頭脳を持ちながら頼りなげで、でも何か面白いことをやっちまう…優しそう…喋りは変?(演技なのか?)…そんなヤツは妙に斜に構えたイケメンより好ましい気がしますが。ホント、ヒーロー的なモノの欠片も無いヤツです。

ストーリーはザックリ、マーリンの後継者を探し当てて魔法を教え大昔に封印した世界征服を企む邪悪な魔法使いを退治させようとするニコラスの計画が不測の事態で二転三転しちまうが…って話ですが、その不測の事態故に観る者はヤキモキさせられるっつー伝統的?な勧善懲悪モノです。それと新旧2組の恋のゆくえ。(旧はニコラスとモニカベルッチですよ!)

色彩の洪水の様なチャイナタウンの大迫力。

放電でスティービーの「迷信」を…ってある意味ロマンチックなエピソード。で、やっぱりアンテナを蹴っ飛ばす音楽通な幼馴染は格好良い…って事で。

投稿者:gapper投稿日:2012-12-20 23:03:42
 推定予算15,000万ドル、総収益約15,200万ドル(2010)。
 
 「ファンタジア(1940)」と関連付けているが、ほぼ無関係。
 所々で同じメロディが流れるが、これはデュカスの音楽なので本来的におかしい。
 唯一引き継いでいると言えるのは、取って付けた(ような?)掃除のシーンだけ。
 「ファンタジア(1940)」は、初のステレオ作品で映画史に残る作品だが同じディズニーが作っているにしてもちょっと気になる。
 単に魔法のファンタジーとして楽しもう。
 
 マーリン(ジェームズ・スティーヴンス)の3人の弟子とモルガナ(アリス・クリーグ)の戦いが現代で繰り返される。
 だが、「ファンタジア(1940)」がそんな話だと勘違いする人かいないかちょっと心配。 これは、オリジナルの話だ。
 
 なかなか面白いのだけれど、魔法は科学に通じるという部分をもっと掘り下げてほしかった。
 たとえば、科学により機械を使うようになったので魔法が使えなくなったとか、このままでは魔法そのものが無くなってしまうと言った感じ。
 
 ニコラス・ケイジは結構好きで、結構彼のキャラクタが生きているのが楽しめた要因の一つ。
 
【どうでもいい話】
 普通の人間は、脳の一割しか使えないとか出てきた。
 大脳生理学で3割しか使っていないと言う誤った伝聞からきているのだと思う。
 でも、そんな無駄使いな臓器が人間にある筈はありません。
 7割が役割が分かっていないと言うのが正しく。
 現在では、実験で活性化が確認できない70%と言うのは記憶に使われていると言うのが主流。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:賭侠投稿日:2012-07-06 17:34:57
ディズニー映画なので、ファンタスティックなエンターテイメント作品として見事に作られていて楽しめるが、主人公に魅力を感じないのがマイナス。

投稿者:bond投稿日:2011-10-21 08:28:07
子供はもちろん大人も楽しめるお約束冒険ファンタジー。カメハメ波も登場。でも主役の青年がイマイチ。ニコケイはSFと子供向けに偏ってきたなー。
投稿者:uptail投稿日:2011-04-10 09:45:41
テリーサ・パーマー
投稿者:なちら投稿日:2010-08-25 14:51:52
知り合いの女の子がね、バルシェル君の事をアイツはヤバイって言って引いてた。
確かに猫背で小島よしおを連想させる挙動不審さは女子をドン引きさせると思ったよ。
吹替えがヤバさを増幅させてたしね。
でも、自分はそんなバルシェル君が好きだよ!どうかこれからもヒョロい猫背の君でいて下さい。
そして怪しい中年になって下さい!

内容はまぁ、ダイジェスト版みたいに始まって驚いたが、魔法は科学と捉える所が面白かったよ。
投稿者:satokunn投稿日:2010-08-19 20:41:01
うーん久しぶりに寝てしまいました。しかも終盤で・・・ニコラスケイジは良かったのですが主役がしょぼすぎです。魔法なんだから物理の法則など無視してもっとガンガンやって欲しかった。ミッキーのアニメのパクリもあるしなんか退屈でした。
投稿者:mototencho投稿日:2010-08-17 17:41:17
夏休み、良い子のみんなのためのVFX超大作 ごくまっとうに面白い。「魔法使いの弟子」 ディズニー&ジェリー・ブラッカイマー印の 品質保証以上の楽しさがあって、グー。 こういうのがなくちゃ。 ジョン・タートルトーブの“ハート・ウォーミング作”復帰は遠い・・・
http://mototencho.web.fc2.com/2010/sorceapp.html
投稿者:ASH投稿日:2010-08-14 00:22:24
【ネタバレ注意】

 ブラッカイマー製作の前作「ペルシャ」は最寄のシネコンでは日本語吹き替え版のみの上映だったので、字幕版を上映している近場のシネコンまでわざわざ出向いたのだが、今回の「魔法」はその逆。最寄が字幕版で近場が吹き替え版。吹き替え版を悪く言うつもりはないが、同じ料金を払うんなら迷わず字幕版の方をチョイスする身には、これはありがたい。

 さて、アパトー組の中ではここ最近の出世頭とも言えそうなジェイ・バルチェル。「ヒック」は声優での登板だが、それでも立派な主演作。で、遂にはブラッカイマー製作のブロックバスター映画にお呼ばれした模様。ナードな役を演じるとお見事にハマる(というか、それしかできない?)ジェイが、持ち前の風貌と独特の喋り方を活かしてなかなかの好演を見せる快作!!

 一応、製作も兼務したニコラス・ケイジの主演作ではあるが、実質的な主人公はジェイ演じる物理学オタクの青年、デイヴの方でしょう。平凡な人生を送っていた青年が、ある日突然、魔法使いの後継者として「選ばれし者」にされてしまうという、ファンタジー映画によくあるプロット。その後継者に魔法を教える師匠がニコラス演じるバルサザール。世界を支配しようとする悪い魔法使いの野望を2人が阻止する!

 師匠から魔法を教わる弟子の修行をメインとしていないのが、ブラッカイマーらしいところ。特訓シーンはあるにはあるが、それによってデイヴがメキメキと上達してゆくという映画的なカタルシスは希薄だ。選ばれし者には潜在的なパワーが備わっているので、それを引き出すきっかけを与えてあげればいい。ゆえに、バルサザールは深刻なことを言う割りには、身を徹してデイヴに修行を施すようなシーンは少ない。そこが物足んない!

 善の魔法使いと、悪の魔法使いがNYを舞台に壮絶なバトルを繰り広げる。矢継ぎ早にド派手な見せ場が用意されていて、そこはいかにもブラッカイマーらしい。修行シーンをジックリとやっちゃうと、映画の流れが停滞してしまうという判断からこうなったんでしょう。確かに、ドラゴンの大暴れ、車体が変形するカー・チェイスと、男子が好きなものがてんこ盛りとなっている。僕は割りとこういうのが好きだから、ま・いっか!

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】魔法使いの弟子2012/01/18\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】魔法使いの弟子 ブルーレイ+DVDセット2011/01/19\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】魔法使いの弟子2012/01/18\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】魔法使いの弟子2011/01/19\3,200amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】魔法使いの弟子レンタル有り
 【DVD】魔法使いの弟子レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION