allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

さくら、さくら -サムライ化学者 高峰譲吉の生涯-(2010)

メディア映画
上映時間133分
製作国日本
公開情報劇場公開(アステア)
初公開年月2011/03/05
ジャンルドラマ/伝記

2011年3月5日(土)より、銀座シネパトスほか全国順次公開!

さくら、さくら -サムライ化学者 高峰譲吉の生涯-

(C)2009「さくら、さくら」製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:市川徹
企画:市川徹
エグゼクティブプ
ロデューサー:
温井伸
加藤邦英
プロデューサー:市川徹
脚本:佐伯俊道
下島三重子
撮影:吉田秀夫
山本直史
編集:横山智佐子
音楽:小川類
照明:井村正美
録音:内田誠
出演:加藤雅也高峰譲吉
ナオミ・グレースキャロライン・ヒッチ(譲吉の妻)
国分佐智子高峰順(譲吉の妹)/竹橋真里子
大橋吾郎益田孝
KOTAメアリー・ヒッチ
ロバート・キャンベルルーベン・ヒッ
夏木陽介高峰清一
萩尾みどり高峰ゆき
丸山敦史上中啓三
藤木勇人藤木幸助
古村隼人清水鉄吉
藤間信乃輔塩原又策
美木良介浅野総一郎
カイヤワーレンの妻
水元秀二郎坂東医師
松方弘樹渋沢栄一
【解説】
 明治時代に活躍した化学者で、アメリカに永住し、医学の発展に大きな功績を残した日本人、高峰譲吉の生涯を映画化した伝記ドラマ。主演は加藤雅也、共演にナオミ・グレース、国分佐智子。監督は市川徹。1883年。英国留学から帰国した青年・譲吉は、家業の医者ではなく、化学者としてより多くの命を救う道を選択する。翌年、アメリカのニューオーリンズを訪れた譲吉は、アメリカ人女性キャロラインと運命の恋に落ちる。ほどなく結婚した2人だったが、当時まだ前例のない国際結婚には様々な困難が待ち受けていた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2010-03-21 22:32:29
高岡市市民会館で「さくら、さくら」を観て来ました。

大きい会場ですが割りと多くの人で埋ってました。年配の方が多かったです。

高岡でロケしてBBTの後藤アナも出演していると聞いてましたが、高岡駅と古城公園だけ分かりました。

他に富山市の内山邸も出ているとの事ですが、完全に見逃しました。

伝記なので割りと展開は平坦でしたが笑いのスポットもありました。

タイトルの「さくら、さくら」にたどり付くまで時間がかかりましたが、それ以外は特に問題もなく、比較的分かりやすい作品ではないかと思います。

内容から言っても年配の方ばかりじゃなく、どちらかと言えば学生さんに観てもらいたい作品でした。

邦画ですが字幕が多く、文字が背景色と同じく白なので字幕は読み辛かったです。前の方で観られる事をお勧めします。

映画の後、30分位舞台挨拶があり、監督とナオミ・グレースさんが出演。裏話を紹介。パンフを買った方はサインも頂けました。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION