allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エクスペンダブルズ(2010)

THE EXPENDABLES

メディア映画
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2010/10/16
ジャンルアクション/サスペンス
映倫R15+
最強
無敵
エクスペンダブルズ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,209
USED価格:¥ 2,300
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:シルヴェスター・スタローン
製作:アヴィ・ラーナー
ジョン・トンプソン
ケヴィン・キング・テンプルトン
製作総指揮:ダニー・ディムボート
ボアズ・デヴィッドソン
トレヴァー・ショート
レス・ウェルドン
原案:デヴィッド・キャラハム
脚本:シルヴェスター・スタローン
デヴィッド・キャラハム
撮影:ジェフリー・キンボール
プロダクションデ
ザイン:
フランコ=ジャコモ・カルボーネ
衣装デザイン:リズ・ウォルフ
編集:ケン・ブラックウェル
ポール・ハーブ
音楽:ブライアン・タイラー
出演:シルヴェスター・スタローンバーニー・ロス
ジェイソン・ステイサムリー・クリスマス
ジェット・リーイン・ヤン
ミッキー・ロークツール
ドルフ・ラングレンガンナー・ヤンセン
エリック・ロバーツジェームズ・モンロー
ランディ・クートゥアトール・ロード
スティーヴ・オースティンダン・ペイン
デヴィッド・ザヤスガルザ将軍
ジゼル・イティエサンドラ
カリスマ・カーペンターレイス
ゲイリー・ダニエルズザ・ブリット
テリー・クルーズヘイル・シーザー
ブルース・ウィリスチャーチ
アーノルド・シュワルツェネッガートレンチ
アミン・ジョセフ
セーニョ・アモアク
ハンク・エイモス
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
【解説】
 監督・主演を務めるシルヴェスター・スタローンが、ハリウッドのアクション映画を彩ってきたビッグ・スターたちを一堂に結集して撮り上げた痛快アクション大作。自ら消耗品“エクスペンダブルズ”と名乗る命知らずの最強傭兵軍団が陰謀渦巻く軍事独裁政権の転覆に乗り出し、壮絶な死闘を繰り広げるさまを怒濤の超絶アクション満載で描き出す。ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスの豪華出演に加え、カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーが久々にスクリーン復帰を果たしたことでも話題に。
 軍用銃のエキスパートであるバーニー・ロス率いる少数精鋭の凄腕傭兵軍団“エクスペンダブルズ”。ソマリアでの人質救出作戦を鮮やかに成功させた彼らに対し、さっそく新たな依頼が舞い込む。それは、南米の島国ヴィレーナを牛耳る独裁者ガルザ将軍の抹殺というかつてない困難な大仕事だった。すぐさま現地へ視察に向かったバーニーは、ガルザの実の娘でありながら民衆の苦境を見かねて反政府活動に乗り出したサンドラと出会う。その後アメリカに戻ったバーニーは、次第に見えてきたCIAの薄汚い思惑に嫌気がさして仕事から降りてしまう。その一方で、気丈に戦い続けるサンドラのことが放っておけず、単身でヴィレーナへ乗り込もうとするバーニーだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
エクスペンダブルズ(2010)第1作
エクスペンダブルズ2(2012)第2作
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
960 6.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-11-14 00:20:15
安心して観ていられるアクションムービー。これだけの面子を揃えたことに意義があるのであって、それ以上でもそれ以下でもない(笑)という感じ。
ジェイソン・ステイサムがいちばん美味しい役どころのように感じた。
ミッキー・ロークも渋くていいね。
いかにもハリウッド的であるが故に単純明快なのだともいえる。まあ、何も考えずに楽しめたのだから、痛快娯楽映画としては上出来か。
投稿者:empty album投稿日:2014-04-30 22:57:11
シュワちゃんの登場シーンは重厚観たっぷり(いずれも大物なわけですし)に行くのかと思ったら、意外にさらりとした感触でユーモアも交じってて見やすかった。男がいずれ見本にすべき(頭の方ですね)ブルース・ウィリスも怪しさ全開だけど、さらりとしてるからこちらも見やすい。本作って爆発、殴り合いの嵐なんですけど、結構全体として見やすかったのでその当たりが良い意味で予想外でしたね。
こういったオールスター映画って作品によってはバランスが悪くて結果酷い出来って多いと思うんですが(『NARUTO 疾風伝』の劇場版第3作とか)、本作の場合は全くない。むしろキャラクターの登場頻度とか役柄のバランスがしっかりしてるから、サクサクって見られて心地良い。正直『オーシャンズ11』よりこっちの方が楽しめたくらいですし。ストレスとかイライラ溜まった時にはもってこいの映画ですよ!!
投稿者:terramycin投稿日:2013-06-01 03:23:05
超大物集団大集合!といった感じ。

カーチェイスは迫力はあるが、ごちゃごちゃしていてカメラワークが見づらく、何が何だかわからなくて残念だった。

個人的にはジェット・リーの活躍をもっと見たかった。

J・ステイサムが最強と感じた。

たまには迫力のある映画が見たいときにはいいかも。

投稿者:jb投稿日:2013-02-20 23:12:43
予想以上に楽しめた。
投稿者:scissors投稿日:2012-12-23 18:46:39
なんだこれ。もうちょっとマシかと思ってたのに。
金かかったOVみたいな。
30分経たずに停止。

しかし見てていちばんキツかったのは、みんな顔が老けまくってたり整形しすぎでおかしくなってたりってとこかも。
スタローンもかーちゃんと変わらん。
投稿者:meijin投稿日:2012-10-10 00:03:41
以前シネコンとDVDで2回位観て、内容自体は80年代と90年代のアクション映画にありがちな設定で特に目新しさは無かったけど、蒼々たるアクションスターの顔ぶれは魅力的だったしド派手なアクションも多かったから楽しめはしましたね。 
 ただ後半の銃撃戦は夜のシーンだったから暗くてよく分からなかったし、敵が余りにも弱すぎるのも難点でした(笑)
 特にフェイスペイントしていた敵の特殊部隊なんか意外と弱すぎて拍子抜けしましたな(苦笑)
 それにスタローンとスティサムのエピソードが中心で、他の出演者は人物描写が薄いせいか個性がイマイチ伝わっていなかったことも難点です。 まぁ、これだけのオールスターキャストだと上映時間内に全員の個性を出すとなると難しいでしょうな(笑)
 ただやっぱり三大アクションスターの教会でのワンシーンを観るだけでも十分一見の価値はあります(笑)

 とにかく今度の2作目には大いに注目はしています!
投稿者:ノブ投稿日:2012-04-14 12:49:19
【ネタバレ注意】

「エクスペンダブルズ」(監督:シルヴェスター・スタローン 103分)
話の内容はメチャメチャマッチョやでぇ〜!!
海賊から人質を救出する作戦の、人質がいてもお構いなしの銃撃戦が良かった(レーザースコープで機関銃の狙いが赤いレーザーでうつるのがボク的には良かった)。
シルヴェスター・スタローン、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツネッガーの共演はウルトラ6兄弟勢揃いのようなワクワク感があった。
敵のアジトを偵察に行って、見回りの兵に囲まれた後の乱闘シーンが良かった(ナイフを投げて倒すのが銃撃戦のいいアクセントになっていた)。その後のメキシコの田舎の島の住宅街の細い路地でのカーチェイス(色々なものを弾き飛ばしながら走る車のカーチェイス)も良かった。
桟橋に集まっている敵の兵隊達を飛行機の機関銃で乱射したり、飛行機からガソリンを撒いてその後ランチャーを撃って桟橋ごと派手に爆破していたのが面白かった。
都会でのカーチェイス(ジェット・リーを後部の荷台にのせてマシンガンを乱射させながら走る車)が良かった。
倉庫でのジェット・リーとドルフ・ラングレンの格闘対決が面白かった。
最後の敵アジト侵入・爆破のアクションが面白かった(最初は暗闇の中敵アジトに侵入し敵を次々倒しながら静かに進む。途中は銃・ナイフも使った格闘団体戦で、スタローンと敵のアメリカ人の大男との乱闘もあり。最後はアジト・見張り台・ジェット・リーが投げた爆弾・ヘリコプター等の派手な爆破オンパレードの中の激しい銃撃戦。最後スタローンと敵のボスのアメリカ人との会話のやり取りの後の対決など色々なアクションが楽しめて面白かった。「最初の静・途中の格闘アクション・最後の派手な動と〆のボスとの対決などアクション全体のメリハリが効いている」)。
全般的に
期待通りのアクション満載でナカナカ面白かった。銃・ナイフ・格闘・カーチェイス・爆破(空爆含む)など色々なアクションが楽しめるのも面白い。
スタローンはさすがに動きが鈍い感じがしたが、他のメンバーはまだまだイケる感じだった。
メンバー全員にきちんとキャラがあり見せ場があるのが良かった(ナイフ使い。金にガメツくチビのカンフーアクション中国人。仲間を裏切るイカレポンチ。派手な武器を使いこなす黒人。敵のアメリカ人の大男を火だるまにして倒した元レスリング選手)。
ロッキーファイナルとかこのエクスペンダブルズとか自分のアクションの全盛時代の良さをナントカ今現在でも再現しようとしているスタローンの頑張りぶりはボクはとても好感が持てる。出来もそれ程悪くなく、還暦過ぎても「いつまでもバカやってる」スタローンをこれからも支持したいと思った。「エクスペンダブルズ2」もきっと観る。
http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:いまそのとき投稿日:2011-12-21 14:43:35
普段こういう映画をレンタルしないが、GEOで旧作50円だったことと、ロングランコーナーのトップにあったので視聴。スタローン脚本、監督、主演。鍛え上げた筋肉だが、スタローン64歳になったのか。少し息切れしているように見受ける。そういえば隠せぬ老いが顔に見える。映画の前半は、とにかく重く乗りが悪い。アクション映画なのについ居眠りしてしまった。気分を変えて、後半はドカンドカンとCO2気になる物量作戦と荒っぽいアクションの連続。名だたる活劇俳優たちの見せ場もある。全世界で2.5億ドル稼いだヒット作だから当然続編できる訳だ。しかし、中身はそれほど見新しくない。この手の映画には小難しい脚本が要らないということだろう。
投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2011-10-31 08:56:29
ロッキーやランボーがドル箱シリーズだったため
スタジオの干渉が大きかったのが、
誰も注目されなくなって、まだやるんか状態になってから
めちゃめちゃ良くなった。特にランボー。
この映画も、題名から皮肉めいてて嬉しくなる。
自ら「消耗品」って。
同じ中坊レベルの脚本でもベッソンなんか
足元に及ばないエンタメセンス。
惜しむらくは、前半の高揚感が続かなかったことかな。
なんたって、雇い主に合うシーンが一番盛り上がるんだもん。
「ヤツは大統領の座を狙ってるのさ」って。
あと、吹き替え版が最高だった。
全員FIX声優で。
ひそかにミッキーロークの安原義人が泣ける。
あんだけ大物声優が終結する映画はなかなかない。
ジェイソン・ステイサムも「スナッチ」ん時のヒトでしょ?
わかってるわキャスティング・ディレクター。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2011-09-24 20:37:16
【ネタバレ注意】

ジェイソンの下司野郎が〜ボコボコにしてやる!とか、ナイフ投げ対決とか、スライ〜ドルフ、リンチェイetc.の肉弾戦、市場を駆け抜けて逃げるカーチェイスなどもあるのだが、ほぼひたすら、撃ちまくりの爆破しまくりなムービー。

しかし、ワンシーンだけのウィリス、シュワルツェネッガー、彼らがスタローンと一緒に軽い会話(仕事を受けるか、否か)を交わすシーンはファン大喜びのプレゼントですね。

所詮、ストーリーってか敵が何を目論んでどう動くか等はどうでも良いんですよ。ただ、格好良いセリフを吐いて、格好良いアクションをキメる彼らの姿を楽しんでね☆って映画(オーシャンズじゃないですが)ですので。
…スライがジェイソンと偵察に行った先で置き去りにした女を助ける為に生還絶対不可能に思える軍隊の中に勝算は関係なく飛び込む〜冒頭でクビにしたドルフが敵に…なぜか付いて来たリンチェイ以外の仲間達が揃っていて軍隊相手に大花火大会を繰り広げ、連れ去られようとする女を…って話です。

その女が敵側たる将軍の娘であるとか、その将軍が元CIAの男に…将軍の忠実な軍隊なのに娘を連れ去るその男に協力するが如くスライと仲間達に戦争を仕掛けてくるとか…まぁその辺りはどうでも良い部分かもですね。(娘に拷問してたくらいだし既に将軍はどうでも良いのかも?…単に指揮系統が機能していないだけかもですが…)

兎に角「戦争」シーンは、燃え上がり崩れ落ちる建物〜爆破、銃撃、爆破…と壮絶な迫力で、息つく暇もないくらいで御座います。

…これってアクションファン大満足、って事なのでは?
スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リーって共演だけでも豪華なのにね。

投稿者:nedved投稿日:2011-07-22 00:04:53
ジェイソン・ステイサム
投稿者:bond投稿日:2011-07-12 11:25:19
【ネタバレ注意】

ロッキー・ザ・ファイナルでトホホだったスタローン、やってくれました、痛快豪快戦争アクション、やっぱ昔のアクションスターは良かった、是非続編を観たい。でも画面がちょっと暗かった。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-07-10 23:50:08
ドルフ・ラングレンの使い方はあんまりだと思ったし、将軍も悪役として中途半端。楽しめるけど「ランボー 最後の戦場」には及ばない。予告編で感じてたが、ブルーレイに落としたくなるのはやはり教会のシーンで揃ったビッグ3だけ。あと泣きの演技に加齢を旨味成分に用いるようになったミッキー・ロークも儲け役。スティーブ・オースティンの悪役用心棒と(ノゲイラ兄弟は分からなかった)、テリー・クルーズが撃ちまくってたバケモノみたいなマシンガンも印象的。
投稿者:藤本周平、投稿日:2011-05-04 01:42:49
個人的に敵を倒すんだったら中途半端ではなく徹底してブチ倒してほしい派なので、この映画かなり楽しめました。
スタローンとウィリスとシュワちゃんが話してる所なんて、映画観てきてホントに良かったと実感。
あと、黒人が撃ってたショットガンがすごく気持ちよさそうだった(笑)
投稿者:ghost-fox投稿日:2011-04-20 22:25:15
これがホントの出来レース
投稿者:namurisu投稿日:2011-04-19 14:16:11
途中から涙でてきた。ごくろうさま!がんばれ、ジジイ!!
投稿者:すなふきん投稿日:2010-12-11 18:49:54
アクション映画に深いストーリーを求めてもしょうがないんですよね。
悪いヤツがいる。主人公(達)は強い。とにかく体当たりでなんとかしちゃえ。
だいたいこんな話ですから。
1.何も考えないで観れば楽しい
2.アクションが派手で迫力ある
3.キャストが凄い
私はこれがアクション映画を楽しいと感じるときのポイントだと思ってます。

・・そういう意味では大成功でしょ。
スタローン、ウィリス、シュワちゃんが1つの画面に収まるシーンなんて
この映画の続編が無ければ二度と観れないと思います。大変満足の映画でした。
続編があれば是非シュワちゃんやウィリスにもアクションシーン入れてあげてね。
投稿者:なちら投稿日:2010-11-12 22:05:29
消耗品軍団なんだけど、倍の金を積まれても信念から外れる事はしないっつーのがカッコ良いんだよね!
しかもさ、バンバン人を撃ち殺すくせに、仲間内では信用度をかなり重視してる真面目さも好き。
ステイサムが女に裏切られて彼女のいない所でウジウジ言ったり、
J・リーが想像上の家族の為に金を必要としたり、人間的に魅力のあるキャラクター達なので、
オッサンの大暴れだけではない点が面白かった。

自分はT・クルーズの武器を撃ってみたいよ。スッキリしそう。
投稿者:ジェームス投稿日:2010-11-06 21:04:32
クライマックスは、あきれるくらいの凄まじい特攻ぶりでストーリーなんてあってないようなもの。敵役はあまりにも弱体でもうちょと工夫をこらせてほしかったが、見終わってここまで徹底的に強いのも気持ちがいいかも。ゲストでアーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・ウィリスなどが登場するのも嬉しい。ところでエンドクレジットで流れる日本語の歌は何者。
投稿者:クリモフ投稿日:2010-11-05 00:48:48
批評家やらの評判はイマイチなようですが、何でしょうか、これ、最高じゃありませんか。スタローンにも80年代アクションにも特に興味は無く、後追いで一応知っているくらいなんですが、こんなにサービス精神旺盛な作品は久しぶり。
まぁ、まじめに映画としてどうだかとか言っちゃうと駄目映画なんでしょうが、今のスタローンが出てくるだけでなんか面白いという雰囲気を感じれる人なら十分に楽しめると思います。しかも、ステイサムもリーもロークもウィリスもシュワちゃんまでいる!こりゃ、話がどうだととか言うレベルでは無かったです。爆笑の連続でした。
なんか無駄な爆発やら、銃弾の量勝負の考え、人道無視描写、気に入らない人も居るとは思うんですが、自分はエンタメとして○でした。飛行艇打ち落としたらすむじゃん、というつっこみなどの楽しみもあるし。
うん、スター映画。リーとステイサムは普通にカッコよかったです。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2010-10-26 07:45:10
 
レイトショーにて鑑賞。

ぶっちゃけ傭兵モノ・戦争モノとしてはスカスカ。
タイトルに反して、消耗品扱いされる傭兵部隊の悲哀という話ではない。といって主人公たちが戦う理由が金でも復讐でもなく、義憤というほど加害者側が極悪凶悪にも見えないんで、観ているこっちは今ひとつ「おっしゃ行け!やっちまえ!」と盛り上がらない。
クライマックスの人質奪還は驚くほど行き当たりばったり(笑)で、プロによる奇襲作戦というよりは勢いだけの殴りこみだ。

にも関わらず楽しめてしまった。

スタローンやD.ラングレンやJ.リーという、アクション映画で散々ならしてきた連中がみーんな楽しそうに、それぞれかっちょいい役を演じているのがいいんだよな。
人を食ったような大ハッピーエンド(でも嬉しかったね)に続いて「Boys are back in town♪」というエンディング曲にニヤニヤ。オトナだけどヤンチャなガキどもの、友情ありケンカありの「大あばれ同窓会映画」だ。
スタローンも「ランボー最後の戦場」の後によくこんなお気楽映画を作れたなー。

でもアクションシーンは「ランボー最後の戦場」なみの強烈さで、大口径の弾丸で兵士がバラバラに吹っ飛ぶものすごさは相変わらず。加えてJ.ステイサムやJ.リーの高速ハードコア格闘シーン(脚だの首だのをバキバキ折る!)には口アングリ。J.リーとタイマンを張るD.ラングレンには、極真世界大会で見せたあの「動く壁」みたいな圧力が復活してたな。
ガンアクションもなかなかで、自動拳銃やシングルアクション・リボルバーを機関銃みたいに乱射するスタローンに笑う。

話題になったBIG3集合シーンは、ずーっとアクション映画を観てきた人間にはなんとも感慨深かった。
シュワルツェネッガーもウイリスも、アップになると顔なんか小じわいっぱいで身体も小さくなっちゃってさ。あ〜この人たちも俺も年取ったんだなあとしみじみ。

ランディ・クートゥアーや「ストーンコールド」スティーブ・オースチンをはじめ、総合格闘家やプロレスラーが大勢出演しているんだが、やはりこのメンツ・この内容だったらジャン・クロード・ヴァン・ダムやチャック・ノリス、ちょっと新しいけどウェズリー・スナイプスなんかにも顔出してほしかったな。

シリアスな映画じゃないけど、アクション映画を観てきたおっさんとしては、同窓会で懐かしい友達と会ったようで楽しめたよ。
投稿者:リEガン投稿日:2010-10-25 16:40:29
圧倒的多数の敵を相手の殲滅戦となれば最近邦画の時代劇にもあったが、さすがにアメリカ映画、さすがにスタローンで、バカバカしさ満載のアクションがフルスロットルで楽しめた。“死の飛行”サイコー。
投稿者:mototencho投稿日:2010-10-21 08:56:25
意味不明のシーンや物語だってかまうもんか、なんと言ってもスタローンとシュワルツェネッガーが同じ画面に納まったんだから。
http://mototencho.web.fc2.com/2010/expendab.html
投稿者:nightwing投稿日:2010-10-20 23:18:49
スタローンが気合を入れてアクション一辺倒で撮った意気込みは買うが
あまりに想像していた通りの作品であったので、ちょっと肩透かし。
悪役もキャラが弱すぎで、主人公側に有利さが見え見えなのも痛い。
とは言え、めまぐるしいアクションシーンの迫力は凄まじく、特に
「死の飛行」シーンは圧巻。
ジェイソンの薄い後頭部越に見る飛行場面はリアルで良かった♪

話題のシュワちゃんとブルース・ウィルスのシーンは、とても
劇中のシーンとは思えない浮きまくった感じで完全にギャグ。
ミッキー・ロークは良かったけどね。

どうせなら、セガールもヴァンダムもチャック・ノリス(?)も
観たかったなぁ・・・・・。
投稿者:maaaaan投稿日:2010-10-20 20:54:07
エクスペンダブルズ→消耗品軍団だそうです!
この映画の内容もエクスペンダブルズでしたw

やりたい人達で映画作ったらこうなりましたぁ〜
って感じがにじみ出てたねw

もったいなっ
投稿者:ASH投稿日:2010-10-16 12:15:59
【ネタバレ注意】

 この秋、一番観たい映画は何かと訊かれれば「エクスペ」しょっ!! てなわけで初回上映へと出向いたのだが、スライの呼びかけによくぞこれだけのスターが集まってくれたもんだなぁと、まずはそれだけでお腹がいっぱい! 「ランボー4」で極めた過激な暴力描写は若干、控え目とはいえ今回も健在で、スライらしいアクション映画の快作に仕上がってるね!

 アクションに次ぐアクションの連続で、アレコレ難しく考えるよりもとにかくこの映画を愉しんでくれ、とでも言わんばかり。いくらでも政治的にすることができる題材なのに、あえてそうしていないかのような印象。余計な批判性を盛り込むよりも、アクション・スターの集結を愉しんでもらおうという心意気が伝わり、その潔さに感動! まあ、その分深みはないんだろうけど、それこそこういう映画は「消耗品」でいいんだろうから。

 傭兵集団が活躍する映画ってのがどういうものになるのかはおよそ見当が付くもんだが、いい意味でのあまり捻りのないストレートな展開が、かえって心地いい。銃撃戦あり、肉弾戦あり、カーアクションあり、爆破ありと、アクション映画のお楽しみとも言える要素が満載で、展開もかなり強引。いわゆる「すぐに忘れる」タイプの映画なんだろうけど、この映画に出ているスターたちもそういった映画で名を売った人たちばかりなので、「消耗品」としての自覚があるかのよう。

 しかし、消耗品とはいえ一時代を築いたスターたちがそれだけで終わるハズもなく、どうせ使い捨てられるならまたいっちょ映画の中で派手に暴れてやろうぜ、とスライが召集をかけたんじゃないかと思えるほど。呼ばれたスターたちは決してイメージを裏切るようなことはなく、適材適所な使い方でそれぞれに見せ場を持たせている。ドルフ・ラングレンの使い方なんか、ちょっと感動的じゃない。

 スライの映画でブルース・ウィリスとシュワちゃんが見られる! こんなことが実現したのも、彼らも全盛期を過ぎて、余計な見栄やライバル心がなくなって円熟期に入ったからに他ならないからなんだろうけど、この2人の使い方がまたニクい。出てきただけで場をかっさらうシュワちゃん。スライとは表向きはライバル心が剥き出しなんだけど、心の底ではお互いをリスペクトしあっているのがよく分かり、なんだか微笑ましい。ブルースが言う「ヤツは何を狙ってるんだ?」の問いかけに、スライが応えた言葉に爆笑!

 ジェイソン・ステイサムとジェット・リーはプライベートでも仲がいいのか、単なる偶然なのかは定かではないが、この映画でもまたまた共演。現役組の中では2人ともさすがにいい仕事をしている。特にジェイソンはスライの相棒といった役で、半分主役の大活躍。ジェイソンはクールにキメているかのように見えて、実は未練タラタラという役を演じると妙にハマる。

 エンド・クレジットの最後に流れるナガブチの歌、何だありゃ?

投稿者:五輪山投稿日:2010-09-23 01:30:06
【ネタバレ注意】

スタローンは元々この「エクスペンダブル」という単語が好きなんですよね。すでに『ランボー 怒りの脱出』の中で、行動を共にする女兵士に「俺たちは所詮“捨て石”なんだ」と言ってます。
今回は消耗品と訳されてるけど、その時は捨て石と訳されてて、「カッコいい言い回しだなぁ」なんて思ってました。
なので観る前は、捨て石扱いされた傭兵たちが、国家権力にひと泡噴かせるため、玉砕覚悟で戦う、『ワイルド・ギース』みたいな色合いの男泣きアクションを予想してました。
でも実際はスタローンがいつものウエットな作風を封印して、特攻野郎系のドンパチに。これは「当てにきた」ってことでしょうね。
北野武監督が自分の色を抑えて、メジャーな役者たちの殺し合いをひたすら見せて、客を集めた『アウトレイジ』と似てます。どちらも既に続編の話が持ち上がってるし。

筋立てはドルフの主演作で屈指の良作『メン・オブ・ウォー』(メカゴジラさんのコメントが秀逸)を思わせるんだけど、この映画でドルフは内ゲバ要員なので、島へのミッションには参加できないのが皮肉なもんです。なんでそういう要員なのかと言えば、ジェット・リーとマーシャルアーツ対決させるため。
この内ゲバ・カーチェイスのシーンでスタローンが乗ってるのは、黒のフォードのピックアップ・トラック。ノーズの形とか『コブラ』で乗ってたフォード・マーキュリーの古い年式のヤツを思い起こさせる。スタローン映画に馴染んでた者には、色々発見があるんですよ。

あと飛行機には詳しくないんですが、スタローンとステイサムが乗り込む水陸両用機がイカしてます。コクピットの下に潜り込んだステイサムが、機首の上面から顔を出して、島の軍人たちに機銃掃射するシーン。
ステイサムの後ろ頭をコクピットから捉えたのが、この映画のベスト・ショットです。
ミッキー・ローク(泣き顔担当)とエリック・ロバーツが久々の共演。『パッショネイト 悪の華』ではイケメンだった二人の歳月に思い馳せるもよし。

かかる曲がまた男臭ドロ臭ロックのオンパレード。ド頭にジョージア・サテライツ、マウンテン、CCR、締めにシン・リジィだもの!『キック・アス』と並んでサントラ即買いです。
「作戦なんかない!」は今年の名セリフ候補でしょう。

スタローンは次に誰を引っ張るのか。「大ヒットしたのか、チクショー」と思ってるヴァンダムには再度行くでしょう。セガールはロドリゲスのに出ちゃったからなぁ。
現役一軍ではドウェイン・ジョンソンか。アジアならドニー・イェン、個人的にはチョウ・ユンファに二丁拳銃で参戦してほしい。
OBではチャック・ノリス、あと80年代青春組が次々再ブレイクする中、くすぶってるのがいるでしょ。チャリ坊です。ついでにマイケル・ビーンにも声かけて「俺らは元シールズだ」なんて言わせたい。
東映オールスター時代劇のノリで、毎年作ってってください。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト監督賞シルヴェスター・スタローン 
【ニュース】
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ3」、ファイナル・トレーラー2014/08/01
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ3」、フル・トレーラー2014/06/18
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ3」、最新ティーザー・トレーラー2014/04/04
「エクスペンダブルズ3」のパトリック・ヒューズ監督、「ザ・レイド」のハリウッド・リメイクに抜擢か2014/02/21
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ3」、ティーザー・トレーラー2013/12/20
全米興行成績、快進撃を続ける「ゼロ・グラビティ」が新作陣を圧倒しV32013/10/21
「エクスペンダブルズ3」、ブルース・ウィリスの降板とハリソン・フォードの参戦が決定2013/08/07
S・スタローン、「エクスペンダブルズ3」の監督に豪州の新鋭を大抜擢へ2013/04/24
シルヴェスター・スタローン、「エクスペンダブルズ3」の監督にメル・ギブソンを招聘か2013/04/12
全米興行成績、シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ2」が初登場首位2012/08/20
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ2」、メイキング映像2012/07/30
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ2」、最新予告編2012/06/01
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ2」、予告編2012/05/07
シルヴェスター・スタローン主演「エクスペンダブルズ2」、特報2011/12/15
第37回サターン賞、結果発表2011/06/28
第37回サターン賞、ノミネーション発表2011/02/25
全米興行成績、「バイオハザード IV」がシリーズ最高成績で初登場首位2010/09/13
全米興行成績、ジョージ・クルーニー主演最新作がトップに2010/09/06
全米興行成績、首位争いは新作「The Last Exorcism」と「Takers」による接戦に2010/08/30
全米興行成績、新作陣不調でS・スタローン監督・主演「エクスペンダブルズ」がV2達成2010/08/23
全米興行成績、S・スタローン監督主演アクション「エクスペンダブルズ」が好スタート2010/08/16
全米興行成績、ウィル・フェレル&マーク・ウォールバーグ共演コメディが初登場1位2010/08/09
シルヴェスター・スタローン監督・主演アクション「エクスペンダブルズ」、予告編2010/04/01
シルヴェスター・スタローン監督・主演アクション「The Expendables」、予告編2009/10/14
スタローン、新作アクションでジェイソン・ステイサム&ジェット・リーと共演へ2008/11/07
【ミュージック】
【CD】 Expendables
新品:
11新品:¥ 1,498より   3中古品¥ 2,229より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION