allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チャーチル 第二次大戦の嵐(2009)

INTO THE STORM

メディアTVM
放映日2010/04/18
放映局WOWOW
製作国イギリス/アメリカ
ジャンルドラマ/伝記

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-03-18 23:20:47
【ネタバレ注意】

<あらすじ>第二次大戦中の英国首相ウィンストン・チャーチル(1871〜1965)を追った物語。米HBOと英BBCの合作。
1945年7月、ドイツ降伏で第二次世界大戦も欧州での戦闘は終息した。総選挙を控え、落ち着かないチャーチル(ブレンダン・グリーソン)が思い起こすのは1939年、ドイツのポーランド侵攻から始まった大戦と、リーダーとして戦ってきた日々のことだった。1940年、英国首相チェンバレンは後継者の首相としてチャーチルを指名。チャーチルは労働党にも呼びかけ挙国一致内閣を組閣、自ら国防相も兼任し、ドイツに対峙した。彼を支えたのは妻クレメンタイン(ジャネット・マクティア)だった…。

2002年に行われたBBCによる「最も偉大な英国人」の1位に輝いたのがチャーチルだったとか(とはいえ3位がダイアナ妃だからなあ)。戦時のリーダーとして高く評価されているということなのだろう。
頑迷にして戦争好き。もちろんそこには愛国心があるわけだが、前線で千人単位で死んでいく兵士も所詮彼にとっては駒に過ぎない(というか当時の政治家にとって兵士とはそんな存在だ)。
しかしヒトラーに妥協しなかったからこそ、その後の大戦の趨勢は連合軍に傾いたのは事実であり、英国としての矜持を守ったという点で、チャーチルはやはり優れた政治家であったのだろう。
終戦目前、労働党に敗れ政権を去ることになるが、妻クレメンタインには結局頭が上がらないチャーチル。
個人的にはチャーチルに対しては何の思い入れもないのだが、欧州戦線の背景を窺い知ることのできる作品。
ちなみに製作総指揮はリドリー&トニー・スコット兄弟だそうで、その割にはおとなしい?作風の政治ドラマだった。

投稿者:bond投稿日:2010-05-12 14:23:48
尺が短く駆け足になってるので、うまく伝えられてない。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-04-20 07:11:37
13分まで観たけど、これならドキュメンタリーの方が良さそう。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞(TVムービー/ミニシリーズ) 
□ TVムービー賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION