allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マザーウォーター(2010)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(スールキートス)
初公開年月2010/10/30
ジャンルドラマ
映倫G
あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。
マザーウォーター [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 6,211
USED価格:¥ 2,549
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:松本佳奈
企画:霞澤花子
エグゼクティブプ
ロデューサー:
奥田誠治
プロデューサー:小室秀一
木幡久美
前川えんま
ラインプロデュー
サー:
関友彦
石川竜大
脚本:白木朋子
たかのいちこ
撮影:谷峰登
美術:富田麻友美
編集:普嶋信一
音楽:金子隆博
音楽プロデューサ
ー:
石井和之
平川智司
エンディングテー
マ:
大貫妙子
『マザーウォーター』
コスチューム:堀越絹衣
スクリプター:天池芳美
フードスタイリス
ト:
飯島奈美
ヘアメイク:竹下フミ
照明:斉藤徹
録音:古谷正志
出演:小林聡美セツコ
小泉今日子タカコ
加瀬亮ヤマノハ
市川実日子ハツミ
永山絢斗ジン
光石研オトメ
もたいまさこマコト
田熊直太郎ポプラ
伽奈ある人
【解説】
 「かもめ食堂」「めがね」「プール」を手掛けた製作チームが、今度は京都を舞台に描く癒しのスローライフ・ムービー。街の中を流れる川の水に引き寄せられるように京都に暮らし始めた3人の女性を中心に、ゆったりと流れていく男女7人の日々の営みを美味しそうな料理の数々とともに映し出していく。主演は小林聡美、小泉今日子、市川実日子、共演に加瀬亮、もたいまさこ。監督は新人の松本佳奈。
 京都に暮らす3人の女たち。ウィスキーしか置いていないバーを営むセツコ。疎水沿いで喫茶店を開くタカコ。この街にやって来て、念願の豆腐づくりを始めたハツミ。それぞれに、自分らしい生き方を送っていた。そして同じ街に住む、家具職人のヤマノハ、銭湯の主人オトメ、その下で働くジン、いつも散歩している謎のおばさんマコト。この街で出会った彼らは、互いにちょっとずつ影響しあいながら、おだやかに日々を重ねていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-10-14 12:47:52
【ネタバレ注意】

小林聡美に市川美日子にもたいまさこに光石研に加瀬亮に…おやおや荻上直子監督、『かもめ食堂』『めがね』でお馴染みのキャスティング、同じテイストの映画か…と思ったら、なんと監督は別人だった!
とはいえ、『めがね』のメイキング映像を担当した人らしいので、限りなく荻上監督っぽいのかもしれないけど。
リアリティがない映像なので、物語もあるようで、ない。
登場人物は限られているし、「この町がいい」といわれても町の佇まいは窺われない。ロケ地は京都だそうだけど、京都である必然性は皆無。そもそも誰ひとり関西弁をしゃべっていないし。
豆腐が大好きな市川美日子は、親から継いだわけでもないのに豆腐店をひとりで切り盛りしているらしいし、小林聡美はウイスキーしかないスナック経営者だし、もたいまさこは生活感ゼロの部屋で、そこだけ浮いているピンクの食卓でむしゃむしゃ自分で作った料理を食べている。
唯一新登場(?)の小泉今日子は、喫茶店を経営しているけれども、客が来ても水も出さない。野暮かもしれないが、そんなところに目が行ってしまう。
癒し系のドラマなんだろうけど、この作品でも過去をすっかり捨象しているのは同じ。
何とも評しがたい映画でありました。

投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-05 18:29:18
あー・・・またこういう感じ。 もうええて。
京都感もまったくないし、別に京都が舞台って言わなくてもいんじゃね?
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】マザーウォーター2011/05/11\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】マザーウォーター2011/05/11\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】マザーウォーターレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 マザーウォーター オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,500
10新品:¥ 2,201より   5中古品¥ 1,300より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION