allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

あしたのジョー(2010)

メディア映画
上映時間131分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2011/02/11
ジャンルドラマ/青春/スポーツ
映倫G
あしたのジョー <Blu-ray>プレミアム・エディション(特典DVD付2枚組)
参考価格:¥ 7,452
価格:¥ 3,289
USED価格:¥ 495
amazon.co.jpへ

 Photos
あしたのジョー

【クレジット】
監督:曽利文彦
製作:渡辺香
藤島ジュリーK.
島谷能成
服部洋
吉羽治
辰巳隆一
羽雁彰
遠藤和夫
松田英紀
北山有一郎
松本哲也
エグゼクティブプ
ロデューサー:
濱名一哉
アソシエイトプロ
デューサー:
大原真人
渡辺敬介
葭原弓子
ラインプロデュー
サー:
吉田浩二
企画・プロデュー
ス:
伊與田英徳
原作:高森朝雄
ちばてつや
脚本:篠崎絵里子
撮影:橋本桂二
視覚効果:松野忠雄
特殊メイク:松井祐一
美術:佐々木尚
編集:洲崎千恵子
音楽:高橋哲也
北里玲二
主題歌:宇多田ヒカル
『Show Me Love(Not A Dream)』
VE:阿久津守
VFXスーパーバ
イザー:
松野忠雄
三橋忠央
サウンドデザイン:笠松広司
記録:甲斐哲子
照明:石田健司
製作担当:坪内一
竹岡実
装飾:石上淳一
録音:中村淳
助監督:副島宏司
ボクシング監修:梅津正彦
出演:山下智久矢吹丈
伊勢谷友介力石徹
香里奈白木葉子
香川照之丹下段平
勝矢西寛一
モロ師岡食堂の親父
西田尚美食堂の女将
杉本哲太安藤洋司
倍賞美津子花村マリ
津川雅彦白木幹之介
虎牙光揮
蓮ハルク
正名僕蔵
芳岡謙二
田鍋謙一郎
滝藤賢一
高橋努
阿部亮平
平賀雅臣
中村靖日
岩田丸
中島大和
瀧澤明弘
湯沢勉
犬山ヴィーノ
五頭岳夫
銀次郎
畠山彩奈
吉松亨真
福本晟也
青木勁都
澤田陸
原金太郎
杜澤たいぶん
松澤仁晶
コビヤマ洋一
樋口浩二
中野裕斗
飯田覚士
おぐらとしひろ
吉水孝宏
浜田剛史
皆川陽菜乃
渡邉紘平
小柳心
来栖聖樹
皆川尚義
友光小太郎
梅津正彦
勝谷誠彦
加藤浩次
【解説】
 TVアニメ化もされ社会現象とも呼べる人気を博した高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや作画の傑作漫画を、主演の矢吹丈役に「クロサギ」の山下智久を迎えて実写映画化した本格ボクシング映画。共演は力石徹役に伊勢谷友介、白木葉子役に香里奈、そして丹下段平役には芸能界でも指折りのボクシング通として知られる香川照之。監督は「ピンポン」「ICHI」の曽利文彦。
 昭和40年代の東京。下町のドヤ街でケンカに明け暮れ、荒んだ生活を送る青年、矢吹丈。そんな丈にボクシングの才能を見出し惚れ込んだのが、しがない元ボクサーの丹下段平。ところが、丈は問題を起こして少年院へ。そこで出会ったのがプロボクサーの力石徹。いきなり拳を交えた丈は、チャンピオンにも匹敵する実力を持つ力石の前に屈辱を味わうことに。一方の力石も、丈の秘めたる才能に気づき、互いにライバルとして激しく意識し合う。やがて、一足先に少年院を出た力石は、財閥令嬢にして所属ジムのオーナー白木葉子の手厚いサポートを受けエリート街道をひた走る。対する丈は、段平がドヤ街に開いたオンボロジムで、打倒力石に執念を燃やし血の滲む特訓を続けていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-16 13:21:35
山Pも打たれた顔のスーパースローモーションやらんかい!
ったくこれだからアイドルってやつはよう。
投稿者:永賀だいす樹投稿日:2013-03-11 15:09:23
原作をリアルタイムで楽しんだ世代ではないので原作との比較はできないまでも、断片的に入ってる情報と限りなく合致する映像を追及した作品だなと思います。
矢吹丈と力石徹との因縁にクローズした構成も見事。映画という尺の短いコンテンツで、過不足なく作品世界を表現していると感じました。
パンチを食らったときの顔のゆがみ、重量コントロールの過酷さ、力石演じる伊勢谷友介氏の身体の作り込み。ある面でアニメを彷彿とさせ、ある面では役者の本気度を感じさせる仕上がりだと思います。

ただ残念に感じたのは、山下智久演じる矢吹丈が清潔すぎること。
丸ごと再現したドヤ街の汚さが秀逸なだけに、ジョーがどうにもきれい過ぎるのは浮いて見えます。
ランニングを終えてジムに帰ってくるというのに、汗も感じずさわやかなのはいかがなものか。
コンテンツが男勝負な作品なのだから、そこは徹底して小汚くてもいいんじゃないかと思うのは僕だけではないはず。力石のストイックさが半端ないだけに、ジョーの小奇麗さは違和感ありまくり。
役者だけで女性客をゲットしようというプロデューサーの浅はかさが透けて見えそうです。

まぁ、そうでもしないと制作費の捻出が難しいコンテンツなのかもしれませんが。

レンタルしたDVDには、力石演じる伊勢谷氏の入れ込みっぷりが存分に把握できます。
彼は徹底した役者なのだと感じる次第。
香川照之氏の丹下段平も、いささか作り込み過ぎな気がするものの、そういうものだと見てしまえば立派なものだと拍手したい。
出演者たちの「あしたのジョー」に対する思い入れが伝わってくる一作。

では評価。

キャスティング:7(伊勢谷=力石は秀逸、山P=ジョーは過不足なし)
ストーリー:8(マンガ原作知らない人にも無理のない展開)
映像:8(少しばかり小奇麗な気がするものの、全体的な小汚さは伝わってくる範囲)
作り込み:8(原作知らなくてもイメージ通りな作風)
パンチ:6(素人ならごまかされるレベル)

というわけで総合評価は50満点中37点)。

男臭さを現代風に体感したい人にはオススメ。
リアリティ度返しで、きれいな汗にメロメロになりたい女子には特にオススメ。http://eigadaisuki.blogspot.jp/2013/03/blog-post_11.html
投稿者:nabeさん投稿日:2013-01-21 00:24:18
ちばてつやの伝説的な劇画を、忠実に実写化したボクシング映画である。
戦後残ったスラム街に暮らす人々と、そこを再開発しようと企むブルジョアの父娘との対立とか、特異な丹下段平のキャラクターなどは、原作をリアルタイムに読んで知っている昭和の観客と、全く知らない平成の観客で評価が分かれるだろう。ジョーがボクシングの試合で魅せるクロスカウンターやノーガードなども、昭和組にとってはそれこそ涙ものの懐かしさだが、平成組にとっては単なるギミックに見えてあまり感動はしないかもしれない。
しかし、伊勢谷友介演じる力石徹の壮絶な生き様は、改めて平成の観客の胸にも刻み込まれたに違いない。白木葉子役の香里奈共々まさにピッタリの配役だ。
香川照之の丹下段平は、あまりにも原作に忠実過ぎて、まるでぬいぐるみのように不自然。これではせっかくの名優が台無しである。
主人公ジョー役の山下智久は、昭和組から観ると垢抜けすぎていてまるでジョーじゃない。やはり小栗旬レベルの演技派を起用して欲しかったと思う。
投稿者:baja投稿日:2012-04-26 10:17:49
アニメに忠実に作りたかったのか、丹下段平の特殊メイクがそっくりだったからなおさらリアルさにかけてしまった気がする。
段平が映るたび、アニメに引き戻されるというか。
いっそそれならジョーの前髪もトンがらせろよ、と言いたくなる・・・
投稿者:bond投稿日:2012-02-10 08:29:09
キャスティングがまずまず、でもアニメのジョーはもっと微笑が多い。丹下段平登場には笑った。頑張りました。
投稿者:ディラン投稿日:2012-02-05 11:55:08
伊勢谷の力石、香川の丹下がファンタステック!
 
白木お嬢様の生い立ちなど若干脚色追加はあるが、主要シーンは忠実に漫画、アニメのカット割りを再現。

再生と復活編(vsカーロス・リベラ)、世界最強の男への挑戦、完結編(vs
ホセ・メンドーサ)と強く続編を望む。外人キャラのキャスティングが超難しい...

投稿者:T/N投稿日:2012-02-01 07:02:29
【ネタバレ注意】

正直山Pと香里奈はアニメ声優に吹き替えして欲しかった。
段平と力石はリアリティあっただけに残念。続編では是非奮起してほしい。
しかしどうしてのりちゃんがいないのだろう・・・(`・ω・´)

投稿者:ASH投稿日:2012-01-22 19:55:56
【ネタバレ注意】

 しかし、再現具合が半端なくすごかったね。丹下のオッサンなんて生き写しじゃん。言い換えれば、「手段の目的化」なのかもしれんが。

投稿者:紅弥(べにや)投稿日:2011-03-30 22:28:03
 ボクシングマンガの金字塔とも言える「あしたのジョー」の実写化…。わたしはちょうど上映中の時TVで特集を観て、迷っていたのですが観に行って良かったと思いました。ボクシングファン歴30年という香川照之が主役の山下智久や伊勢谷勇介にフォームなどのアドバイスをし、ボクサーとしての肉体改造をした2人の情熱には頭が下がりました。香川照之の特殊メイクと卓越した演技は丹下段平そのものだったし、減量とトレーニングを経て、本気で試合をしている山下と伊勢谷も凄いと思いました。香里奈の葉子は頑張っていたと思いますが、TVドラマ「銭ゲバ」でお嬢さん役から豹変していき凛としていたミムラで観たかった。香川照之の「慢性拳闘症」(講談社)はこの映画のオフィシャルブックとしても読めるのでお勧めです。この映画を観て以来、アニメの方にもハマって観て至福の時を過ごしました。唯一残念だったのはジョーと力石の試合で、無音になってしまうシーン。スポーツなんだから、2人の息づかいや、効果音などいれて欲しかったです。
投稿者:リEガン投稿日:2011-02-21 11:32:21
ホレボレしたよ、伊勢谷友介。香川照之は丹下段平そのものだった。ヒッキー最高。
投稿者:ringoringo投稿日:2011-02-16 08:57:41
スクリーンより、アニメを思い出して涙が溢れてしまいました・・・

洋子さんのエピソードは如何なものかと・・・

伊勢谷さんの力石は良かった。
投稿者:FFF投稿日:2011-02-15 01:36:23
俺です・・・
丹下段平のみが極めてよかった。
投稿者:namurisu投稿日:2010-12-13 12:43:39
誰が観んの?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞伊勢谷友介 
■ 助演男優賞伊勢谷友介 「カイジ2〜人生奪回ゲーム〜」に対しても
【レンタル】
 【Blu-ray】あしたのジョーレンタル有り
 【DVD】あしたのジョーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION