allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

SP 革命篇(2011)

メディア映画
上映時間128分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2011/03/12
ジャンルサスペンス/アクション
映倫G
運命の最終章。
SP 革命篇 Blu-ray特別版
参考価格:¥ 10,260
価格:¥ 9,234
USED価格:¥ 1,653
amazon.co.jpへ

 Photos
SP 革命篇SP 革命篇SP 革命篇

【クレジット】
監督:波多野貴文
アクション監督:大内貴仁
製作:亀山千広
藤島ジュリーK.
エグゼクティブプ
ロデューサー:
石原隆
和田行
島谷能成
加太孝明
プロデューサー:関口大輔
稲葉直人
中島久美子
古郡真也
美術プロデュース:宮崎かおる
原案:金城一紀
脚本:金城一紀
撮影:相馬大輔
美術進行:福井大
編集:穂垣順之助
音楽:菅野祐悟
美術デザイン:あべ木陽次
竹中健
VFXディレクタ
ー:
山本雅之
スーパーバイザー:杉山泰一
記録:目黒亜希子
照明:和田雄二
選曲:藤村義孝
録音:阿部茂
助監督:高橋正弥
セカンドユニット
監督:
田澤裕一
出演:岡田准一井上薫
堤真一尾形総一郎
香川照之伊達國雄
真木よう子笹本絵里
松尾諭山本隆文
神尾佑石田光男
春田純一室伏茂
野間口徹田中一郎
大出俊伊勢崎武則
江上真悟中尾義春
平田敦子原川幸子
伊達暁梶山光彦
古山憲太郎木内教永
近江谷太朗高島清
堀部圭亮伊達の秘書
平岳大滝川英治
波岡一喜安斎誠
入山法子青池由香莉
蓉崇
三元雅芸
光山文章
村岡希美
山田キヌヲ
松本たけひろ
津村知与支
柄本佑
螢雪次朗田辺晋一
吉満涼太
クノ真季子
中井澤亮
渡部飛鳥
高橋努
眞島秀和
板垣雄亮
谷田歩
やべけんじ
スズキジュンペイ
前田剛
山田伊久磨
馬場・場番
大口兼悟
北島康平
伊方勝
本郷壮二郎
宮平安春
四宮勘一
日下部そう
多田淳之介
中川智明
チョウ・ソンハ
二階堂智
小村裕次郎
後藤健
田中伸一
安部賢一
土師正貴
本宮賢二
松末博行
角田明彦
吉元哲郎
須田邦裕
是近敦之
山崎満
岡崎宏
大崎由利子
熊倉裕之
松嶋亮太
今村均
日比大介
山本圭祐
本田ひろくに
海老原正美
守屋積
真野裕子
大林丈史
木村翠
新井量大
中山克己
大槻修治
有山尚宏
成瀬正孝
川口覚
坪田秀雄
駿河太郎
藤井宏之
塚原大助
鹿野良太
岩川幸司
道井良樹
山中達矢
田野良樹
日下部千太郎
阿南敦子
ノゾエ征爾
平田満
中込佐知子
農塚誓志
中島凱斗
紅萬子
山本圭麻田雄三
【解説】
 要人警護に当たるSPたちの活躍をV6の岡田准一主演で描き評判を呼んだTVシリーズ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版。本作は2部作の後編。謎の行動を採り続けた尾形の驚愕の“野望”がついに明らかとなる中、命をかけて職務を全うする主人公・井上薫と第四係メンバーたちの活躍を、迫力のアクションとともに描く。監督はTVシリーズに引き続き波多野貴文。
 官房長官を狙ったテロ事件から2ヵ月後。テロリストとの死闘を繰り広げた井上はじめ警視庁警備部警護課第四係の面々も通常の警護活動に戻っていた。しかし、井上の尾形に対する不信感はいよいよ頂点に達しようとしていた。そして、尾形の内偵を進めていた公安部・田中が衝撃の事実を突き止める中、ついに謎に包まれていた尾形の野望が形となって現われる。舞台は、麻田内閣不信任案の採決が行われようとしていた国会議事堂。全国民が注視する生中継のさなか、その議事堂がテロリストによって占拠されてしまうのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係(2007)レギュラー
SP(エスピー)スペシャル アンコール特別編(2008)スペシャル
SP 野望篇(2010)映画版第1作
2夜連続「SP」スペシャル 革命前日(2011)スペシャル第2弾
SP 革命篇(2011)映画版第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:GRIFFIN投稿日:2013-05-19 02:06:59
前作と状況が変わって、密室空間劇。

密室ならではのトラップがなく、物語の奥行きがねぇ・・・

でも、密室ならではのアクションは多々あり、十分楽しめた。

個人的恨みを利用して、よくまぁクーデターまでつなげたね。

TVからの陰のあるストーリーを含ませていたが、

証拠のない自白だけの腐敗だけでは、見世物として物足りない。

アクションは楽しいけど、説得力に欠けるのが惜しいところ。

http://www.geocities.jp/griffin0623/movie/h1.htm
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-04-08 16:55:49
【ネタバレ注意】

この作品ではテロに遭う国会議事堂の再現がほぼすべて。入口は滋賀県庁、ホールは自然史博物館を利用したのだとか。

井上(岡田准一)を狙う刺客が次々敗れ去る中、彼らを追及すれば背景はすべて見えてくるのでは、なんて野暮な考えは捨てて、あっけなく占拠される国会議事堂とそのなかで知恵を絞ってテロリストと対決する警備第四係の連係プレーを楽しめたらそれでよし、なのでしょう。
結局尾形(堤真一)のいう“大義”が何なのかよくわからず仕舞い(苦笑)でしたが、堤真一と香川照之の子役はそれぞれ似ていて笑えました。
まあ日本でもこんなアクション映画が作れるようになったんだよ、というのはよくわかりました。全体的に大袈裟じゃない?という気もしましたが(笑)。

投稿者:nabeさん投稿日:2011-12-24 18:05:33
前作に引き続く後編である。
堤真一演じる尾形の復讐劇が基本にあるが、そこには政治家や若手官僚たちの野望も絡んでいて、結構ドロドロしている。その中で、主人公の井上たちSPはあくまでも要人警護に徹していてクールだ。
国会議事堂を占拠したまでは良かったが、そこからがしまりのない展開になってしまったのが残念。個人の恨みをはらすよりも、赤穂義士のように集団で仇討ちをするストーリーにしたほうが、日本人にはより合っていたと思う。
真木よう子のSPぶりが何度観てもカッコいい!
投稿者:リEガン投稿日:2011-03-22 10:55:05
相変わらず堤真一は渋いし、真木よう子がカッコいい。警護課第四係のメンバーそれぞれのキャラクターが明確で好ましく思えるのは、TVドラマから観ているせいか。但し、結局ストーリーは畳めず仕舞いで、思わせぶりだけの後味が至極残念。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2011-03-20 13:28:31
 前作同様アクションシーンは多いのだが、前作がアクションを見せるために作られたような映画だったのに対して、本作はストーリーを重視し、これまでの伏線の回収に努める中で自然にアクションを織り込んでいる。
 SPファンなら満足の一作だろう。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-214.html
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】SP 革命篇レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 『SP 革命篇』オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 3,146
10新品:¥ 1,985より   19中古品¥ 1より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION