allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010)

HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I

メディア映画
上映時間146分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2010/11/19
ジャンルファンタジー
映倫G
ハリー・ポッター 8フィルムコレクション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(16枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 37,778
価格:¥ 28,075
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:デヴィッド・イェーツ
製作:デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
製作総指揮:ライオネル・ウィグラム
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
撮影:エドゥアルド・セラ
プロダクションデ
ザイン:
スチュアート・クレイグ
衣装デザイン:ジェイニー・ティーマイム
編集:マーク・デイ
音楽:アレクサンドル・デプラ
出演:ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
ルパート・グリントロン・ウィーズリー
エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
ヘレナ・ボナム・カーターべラトリックス・レストレンジ
ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
トム・フェルトンドラコ・マルフォイ
レイフ・ファインズヴォルデモート
ブレンダン・グリーソンアラスター・“マッド-アイ”・ムーディ
リチャード・グリフィスバーノン・ダーズリー
ジョン・ハートオリバンダー老人
ジェイソン・アイザックスルシウス・マルフォイ
ヘレン・マックロリーナルシッサ・マルフォイ
ビル・ナイルーファス・スクリムジョール
ミランダ・リチャードソンリータ・スキーター
アラン・リックマンセブルス・スネイプ
マギー・スミスミネルバ・マクゴナガル
ティモシー・スポールピーター・ペティグリュー
イメルダ・スタウントンドローレス・アンブリッジ
デヴィッド・シューリスリーマス・ルーピン
ジュリー・ウォルターズウィーズリー夫人
ボニー・ライトジニー・ウィーズリー
ジェームズ・フェルプスフレッド・ウィーズリー
オリヴァー・フェルプスジョージ・ウィーズリー
サイモン・マクバーニークリーチャー
ジョージ・ハリスキングズリー・シャックボルト
イヴァナ・リンチルーナ・ラブグッド
マシュー・ルイスネビル・ロングボトム
マーク・ウィリアムズアーサー・ウィーズリー
ハリー・メリングダドリー
ナタリア・テナニンファドーラ・トンクス
クレマンス・ポエジーフラー
デイヴ・レジーノグレイパック(狼人間)
ワーウィック・デイヴィスグリップフック(小鬼)
フレディ・ストローマコーマック
ピーター・ミュランヤックスリー
ガイ・ヘンリーパイアス・シックネス(新魔法大臣)
ドーナル・グリーソンビル・ウィーズリー
アンディ・リンデンマンダンガス・フレッチャー
リス・エヴァンスゼノフィリウス・ラブグッド
デヴィッド・ライオールエルファイアス・ドージ
マッティエロック・ギブスミュリエルおばさん
ニック・モランスカビオール
ジェイミー・キャンベル・バウアーゲラート・グリンデルバルト
キャロライン・ピクルズバーベッジ先生
ミシェル・フェアリーグレンジャー夫人
アーバン・バジラクタラドロホフ
レイド・サーベジヤグレゴロビッチ
フランク・ディレイントム・リドル(回想)
ジム・ブロードベントスラグホーン(回想)
マイケル・ガンボンアルバス・ダンブルドア(回想)
スカーレット・バーンパンジー・パーキンソン
声の出演:トビー・ジョーンズドビー
【解説】
 J・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・シリーズの第7作にして二部構成で描かれる最終章の第一部。ついに闇の帝王ヴォルデモートとの最終決戦に臨むべく過酷な旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーが、次々と待ち受ける試練に立ち向かっていく姿を描く。監督は「不死鳥の騎士団」「謎のプリンス」に引き続きデヴィッド・イェーツ。
 ダンブルドア校長から託された使命を果たすべく、ヴォルデモートの不死の秘密である“分霊箱”を見つけ出し、破壊するための旅に出たハリーとロン、ハーマイオニーの3人。もはや誰の助けも受けられず、彼らはこれまで以上に互いを信頼し合い、助け合わねばならない。しかし、思うようにいかない旅の中で、次第に3人の絆にも亀裂が生じ始める。一方、ヴォルデモートの影響力は急速に拡大し、ついには魔法省ばかりかホグワーツまでもが支配下におかれてしまう。そして、そんなヴォルデモートが放つ死喰い人が迫る中、分霊箱の発見に奔走するハリーたちだったが…。
<allcinema>
【吹き替え】

劇場
※このデータは放送当時の情報です。
小野賢章ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
常盤祐貴ルパート・グリントロン・ウィーズリー
須藤祐実エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
江原正士レイフ・ファインズヴォルデモート
土師孝也アラン・リックマンセブルス・スネイプ
高乃麗ヘレナ・ボナム・カーターべラトリックス・レストレンジ
斎藤志郎ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
小林修ブレンダン・グリーソンアラスター・“マッド-アイ”・ムーディ
郷田ほづみデヴィッド・シューリスリーマス・ルーピン
尾崎光洋ジェームズ・フェルプスフレッド・ウィーズリー
尾崎光洋オリヴァー・フェルプスジョージ・ウィーズリー
高木渉トビー・ジョーンズドビー
柴田秀勝サイモン・マクバーニークリーチャー
立川三貴ジョージ・ハリスキングズリー・シャックボルト
小宮和枝イメルダ・スタウントンドローレス・アンブリッジ
三枝享祐トム・フェルトンドラコ・マルフォイ
諸角憲一ジェイソン・アイザックスルシウス・マルフォイ
高野朱華ボニー・ライトジニー・ウィーズリー
三村ゆうなイヴァナ・リンチルーナ・ラブグッド
上野容マシュー・ルイスネビル・ロングボトム
小林勝也ジョン・ハートオリバンダー老人
梅津秀行マーク・ウィリアムズアーサー・ウィーズリー
一龍斎貞友ジュリー・ウォルターズウィーズリー夫人
楠見尚己リチャード・グリフィスバーノン・ダーズリー
忍足航己ハリー・メリングダドリー
日野未歩ナタリア・テナニンファドーラ・トンクス
茶風林ティモシー・スポールピーター・ペティグリュー
小笠原亜里沙クレマンス・ポエジーフラー
江川央生デイヴ・レジーノグレイパック(狼人間)
宮澤正ワーウィック・デイヴィスグリップフック(小鬼)
小松史法フレディ・ストローマコーマック
佐藤しのぶヘレン・マックロリーナルシッサ・マルフォイ
小川真司ビル・ナイルーファス・スクリムジョール
廣田行生ピーター・ミュランヤックスリー
家中宏ガイ・ヘンリーパイアス・シックネス(新魔法大臣)
佐藤拓也[俳優]ドーナル・グリーソンビル・ウィーズリー
福沢良一アンディ・リンデンマンダンガス・フレッチャー
佐々木睦リス・エヴァンスゼノフィリウス・ラブグッド
村松康雄デヴィッド・ライオールエルファイアス・ドージ
沢田敏子マッティエロック・ギブスミュリエルおばさん
佐藤せつじニック・モランスカビオール
大木民夫ジェイミー・キャンベル・バウアーゲラート・グリンデルバルト
林りんこキャロライン・ピクルズバーベッジ先生
小林美奈ミシェル・フェアリーグレンジャー夫人
高岡瓶々
山口りゅうアーバン・バジラクタラドロホフ
町田政則
鏡優雅
興津和幸
杉野博臣
坂本くんぺい
外谷勝由レイド・サーベジヤグレゴロビッチ
福山潤フランク・ディレイントム・リドル(回想)
森功至ジム・ブロードベントスラグホーン(回想)
永井一郎マイケル・ガンボンアルバス・ダンブルドア(回想)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
319 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-11-06 02:05:43
ハリー・ポッター第7作の前篇である。全体のトーンはますます暗く、マニアックになっていく。
このシリーズも、初期の頃は主役たちもまだ子供で、学園ドラマ風で楽しかったが、成長するに連れて学校を卒業し、今や三人は闇の帝王と戦う戦士だ。
元々難解な人名や魔法の呪文が飛び交うので、シリーズを通して観ていないと何が何だか解らないだろう。でもそれがハリー・ポッター・ワールドの真骨頂なので、ここは理屈抜きでRPGのノリで楽しみたい。
投稿者:bond投稿日:2011-10-24 08:35:29
段々ど悲壮でダークな展開になってきた。ファンじゃないと、シリーズ一気に観ないと、もはや詳細が解らなくなってきた。皆、大人になったねー。
投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-07-15 20:48:37
【ネタバレ注意】

『死の秘宝PART2』でハリポタシリーズもラストを迎えましたが、最終回を劇場鑑賞する前に前作を再見してみました(b^-゜)

私はハリポタシリーズの原作は読んでないのですが、なんとなく流されるように過去作を全部見て来ました。
本質的なハリポタファンと言う訳ではなく、話題作と言うだけで乗せられて見ちゃったタイプですね(・_・;)
しかも、この『死の秘宝PART1』以外は、全てDVD鑑賞です。
『死の秘宝PART1』は、最終章ぐらいは劇場で見てやるかぐらいの感覚で・・・。
正直言えば、ハリポタシリーズは最初こそ目新しさもあって楽しめましたが、シリーズを重ねるごとに面白さを感じれなくなっていました。
で、最終章・・・劇場で見たからかどうなのか分からないですが、近作のハリポタでは1番面白かったですし、ド迫力でした!
流されるようにではなく、これは『死の秘宝PART2』もしっかり劇場で見届けなければと思わされるぐらい、なかなかの出来だったと思いましたよ(^-^)/

近作は、迷走と言っても過言ではないぐらい、ほとんど学園ドラマ重視で、冒険ファンタジー要素が少なすぎた印象でした。
しかもファンタジーとしては、ダークになりすぎていた印象もありました。
しかし今作は、魔法学校をヴォルデモートに占領されたこともあって、まあダークすぎた部分もありましたが、冒険の旅(逃走の旅?)と言うファンタジー要素たっぷりな設定になったのが私的にはうれしかったですね!

逃げるハリー達に、追うヴォルデモート軍。
分かりやすいストーリーの軸も、私みたいな原作未読派には助かりました。
ただ、子供が見て楽しめるかどうかは、ダークすぎて微妙でしたけどね。
ホラー映画のように、音で怖がらせすぎ(ノ゚ο゚)ノ
でもホラーっぽい要素が、逆に良いアクセントになって集中して見れましたところもありましたけどね。

さて今作のキャラで特に印象に残ったのは、なんと言っても私はドビーでした!
すっかり忘れていたキャラでしたが、思わずドビーに泣かされました・・・。
意表突かれたな〜ドビーにはヽ(*'0'*)ツ

再度登場のイメルダ・スタウントンが演じた嫌味なオバハンのドローレスも印象深かったです。
本当に、心から嫌なオーラが出ていましたね!
あんなオバハン、実際いそうですね・・・教育委員会とかに。

仲間割れがありながらも、PART2で最終決戦に挑むハリー達。
原作未読派としては、どんな結末が待っているのか楽しみでしょうがないです!
ただ、PART1はなんだかんだで話がほとんど進んでいないところもあるので、PART2で本当に終わるのかどうか不安なところも(°д°;)

おそらく鍵を握るであろうスネイプ先生の動向にも注目したいです。

しかし、なんでハーマイオニーはロンが好きなんだろうね?
どう見てもハリーとハーマイオニーの方がお似合いなんですが、男と女と言うのは本当に分からんものですね・・・だから面白いのですが。
ハーマイオニーを巡ったロンとハリーの心のすれ違いの描写には失笑しそうになりましたが、ロンの気持ちも分からないでもないぐらいに、ハーマイオニーとハリーの方が似合うんですよね・・・。

さあて、もうほとんど大人にしか見えなくなったハリー達3人の最後の勇姿を、しっかり見届けましょうか!

投稿者:Kircheis投稿日:2011-07-05 20:57:17
個人的にはハリー達が成長してからは話がマニアック過ぎてちょっと…といった感じ。
『不死鳥の騎士団』までは大好きだったんだけどねぇ。

しかしダークな映像美やいっぱしの魔法使いぶりを発揮するハリーやハーマイオニーを観ると嬉しくなる。

今作に関してはPART2と合わせて1つの作品だから単体で評価するのもどうかと思うけど一応平均点はクリアしてるかな。
投稿者:namurisu投稿日:2011-06-09 14:07:13
エマちゃん、大学で皆から無視されちゃった…女優さんとして、がんばって!!
投稿者:ちゃき投稿日:2011-05-04 21:33:01
私はとても大好き。
このシリーズ最高峰の出来だと思っています。

自然との調和。さらに成長していく姿。
死の秘宝の解説で使われたアニメの世界など、
感動するポイントは多くありました。

過去に私もハマったのですが、過去のストーリーを理解していないまま観ると、十分に楽しめないと思います。子供向けかどうかは別として、ぱっとみて楽しい魔法使い映画だと思って観ると、???となるのは間違いないと思います。

7作も出ている映画なので、ストーリーに厚みと複雑さがあるのは当然。最終作にとっても期待しています。http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2011-01-01 20:00:05
【ネタバレ注意】

そうであったとしても子供は確実に大人になる…
そんな理由で詰まらないだけなら、また何年か後にご覧下さい…ということで。
いや、実のところ子供の本音は、この位のエロ?シーンはウェルカムなのではないかと思うのですがね。(ただ親とあのシーンについて語り合うのはハズいでしょうがね…)
どちらかというと怖がりの子供は…また何年か後にご覧下さい…ということで。

勿論、ホークラックスの破壊を目指す為の探索〜敵の攻撃〜拘束やら、ロンが三枚目役に回って主役3人の微妙な感情が揺れる心理戦?も面白いのだけれど、あの妖精「ドビー」が後半にハリーを救う活躍をして……いや、ファンな方、ドンミスイッ。

…ただ、闇の帝王とタイマンを張る?魔法使いハリーが(子供を捕まえる)人攫いに捕まるって…何かなぁ〜
細かい笑いどころも結構有ります〜ロンが夫と間違われてキスされたり等々。とりあえず「死の秘宝」の意味はハーマイオニーの朗読でよく解った…って…三つの秘宝の内、1つが帝王の手に〜残りは不明。後、ホークラックス(分霊箱)は、1つ壊して残り三つが不明。恋の結末は見えているとはいえ、Part2で全ての謎が明らかにされ、全てに決着が付くって事であれば、最終話たるムービーは長大(だが最重要)なものになるかもですね。

投稿者:なちら投稿日:2010-12-08 22:23:53
今回はR・エヴァンスが登場!凄い、彼、ルーナのパパっぽすぎる!
二人で謎の踊りなんかしてさ、これは絶妙な配役じゃないか?
グリンデルバルド役のJ・C・バウアーもイイ男で印象に残る。『スウィーニー〜』の彼なんだね。
B・ナイは大した役じゃなかったが、イギリス人俳優ってまだまだとっておきがいるんだなぁと思ったよ。

しっかし、今まではそれなりに完結してきた章が今回は途中も途中で…。盛り上がった…のか?
ロンの奴もさ、散々3人一緒にいたくせに何を今更変な妄想してんだろね?
投稿者:popoya投稿日:2010-11-23 17:40:30
【ネタバレ注意】

第1作は幼稚園児だった長男と行った。すごく楽しんでいた。年月を経て現在の長男(中2)には合う作品だと思う。しかし前作辺りから、現在のお子様は楽しくないようだ。小学校低学年の弟たちは、期待していたようなファンタジーな場面がなくて、いまいちだった。原作ファン、ずっと観続けているファンにはいいが、「子供と楽しく映画」という作品ではないと思う。
映画が重いので、繰り返して観たいとも思えず、原作を読んでいない私には、話の筋がよくわからない。きっと本を読むと細かいディティールがわかるんだと思うけど。。。。乗りかかった船もあと1作だっ!という気分。

投稿者:Bill McCreary投稿日:2010-11-23 04:33:07
別に私このシリーズ好きっていわけじゃないんですけど、いちおう見ています。もっとも1作目はオランダから帰国する際のKLMで見たくらいでたいしたファンじゃありませんが。

で、前作がなにがなんだかさっぱりわからなかったんですが、今回は個々のシーンはよくできていたとおもうしわかりやすいストーリーではあったと思います。でも原作私読んでいないからなあ。理解も不十分です。

PART2を見る前に、原作とは言わずともやはり映画は最初から見直さなければだめなのかもしれませんね。それはそうとかなり「死」の雰囲気が濃い作品です。やはり次への伏線なんでしょうね。

この映画について拙ブログでも記事にしましたので、興味がございましたらご参照ください。

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/437b320985c6163718660327b17c8104http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:常さん投稿日:2010-11-21 10:28:11
「死の秘宝」がボリューム的にパート1とパート2に分けられることは理解できるが、どうもパート1とパート2の重要度はパート2に集約されそうだ。パート1では原作の下巻「貝殻の家」までを扱っている。どちらかというと淡々と原作をおっている感じである。原作を適度に省略しながら時間内に納めようとする意図が感じ取られる。問題はパート2である。クリンゴッツやポグワーツの戦いなど映画としては見どころ満載である。また、プリンスの切なさをどこまで描けるのか、ハリーの死生観をどこまで作品に描けるのか、キングスクロスをいかに映像化するのか。興味は尽きない。ファミリーファンタジーからダークミステリーに路線を変更して以来、なかなか原作に追いつけないHP映画であるが、パート2こそ映画の本領が発揮できる場面である。パート2に期待する。
投稿者:ASH投稿日:2010-11-19 22:19:09
【ネタバレ注意】

 先週末に滞在していたNYでは公開1週間前ってことでTVスポットはバンバン流れるわ、巨大看板やポスターをあちこちで見かけるわと凄まじい盛り上がりぶりだったけど、こうして本国と同時公開で観られるとは嬉しい限り。シリーズも遂に最終章を迎えるということで、ファンの期待をひとしおなんだろうな。

 で、その最終章を2部に分けて公開と、原作のボリュームを考慮した結果なんだろうが、製作者側のなるべくたくさんの料金を観客から巻き上げてやろうという魂胆が見えなくもない。というのも、ちょうど観客のボルテージが上がり始めた頃にエンド・クレジットとなり、否が応でも「PART2」への期待が高まるハメになるから。これが「映画」としての正しい在り方かどうかはともかく、興行としては上手いやり方だよなぁ。「トワイライト」も4作目は2部構成ってことらしいしぃ。

 さて、「HP6」では衝撃的なラストで幕を閉じたが、前作まではなんとか見受けられていた学園映画色は払拭され、遂に本格的なダーク・ファンタジーへとなった。そりゃそうだ、ダンブルドア校長のいないホグワーツを舞台にしてもしょうがないもんね。で、シリーズも後半になるにつれだんだんとファミリー映画らしくなくなってきたが、1作目から律儀に付き合ってくれたファンの成長に合わせているかのよう。明らかに子供向けとは言えないようなシーンまで用意されてるんだもの。

 ダンブルドア校長の遺志とはいえ、随分と難題をハリーたちに託したもんだ。分霊箱を探して破壊するだけでもたいへんなことなのに、ハリーたちを抹殺せんとヴォルデモートは死喰い人を彼らに仕向ける。こういう時こそ結束を固めなければならないのに、些細なことで3人の友情に亀裂が入るのだが…。と、いつ襲われるかもしれないサスペンス性よりも、友情の大切さを重要視させていることで、一応はファミリー映画の体裁が保たれているみたい。

 全編に渡って暗く、「死」の匂いが充満しているかのよう。お馴染みのキャラクターたちが絶命したりと、いつになくどんよりとした作風には好き嫌いが分かれるだろうけど、この前作をさらに上回るダークな味わいは僕好み。死の秘宝のひとつを手に入れたヴォルデモートとハリーとの最終決戦は来年公開の「PART2」までお預けとは!! 2部構成と分かっていても、スッキリしない結末にはモヤモヤ感が残る。最近、洋の東西を問わず、こういう構成の映画が増えたよ。

 ところで、この映画、何が衝撃的ってロンの妄想がかなりあからさまに「子供向け」じゃないところ。確かに、大人っぽく魅力的になったハーマイオニーとハリーの関係を疑いたくなる気持ちも分かるけど…ねぇ。CG丸出しとはいえ、ああいうシーン入れちゃうのは映画も成長したってことね。ロンが潜在的に自分のことをあんな風に思ってたってのも、な〜んか納得!

 シリーズの成長と合わせてメインの3人も成長してるんだけど、ハリーが無精ひげを生やすようになるとは、1作目のいかにも「お子様」な風貌から確実に大人へとなっているんだなぁ(当たり前だ)。ハリーとハーマイオニーが束の間の安堵の中でダンスを踊るくだりは、2人の関係がよからぬ(?)方向へ行きゃしないかと、ちょっとハラハラ。ニック・ケイヴの曲をBGMにするとは、大人よねぇ〜(意味不明)。

 どうでもいい話。この映画は2作でひとつの映画とみなすべきなんだろうから、DVD/BDリリース時には2作をセットして出してもらいたいもんだ。まあ、そういう仕様で来年の今頃にはリリースされると思うけどね。

 ※このシリーズに必ず出てくる批判に「原作のダイジェスト」ってのがあるけど、また同じことを言う人がひとり以上いると思うよ!

投稿者:JES投稿日:2010-08-31 16:30:21
もはや誰も期待してないんだろうが、『ハリー・ポッター』シリーズは一個もオスカー獲ってないのね。最終章で視覚効果賞くらいはあるんだろうか?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術賞スチュアート・クレイグ (プロダクション・デザイン)
  Stephenie McMillan (セット・デザイン)
 □ 視覚効果賞Christian Manz 
  Nicolas Aithadi 
  ティム・バーク 
  ジョン・リチャードソン 
□ メイクアップ&ヘアー賞 
 □ 特殊視覚効果賞Nicolas Ait'Hadi 
  Christian Manz 
  ジョン・リチャードソン 
  ティム・バーク 
□ メイクアップ賞 
 □ 視覚効果賞 
□ 作品賞 
 □ 男優賞ダニエル・ラドクリフ 
 □ 女優賞エマ・ワトソン 
 □ キス・シーン賞エマ・ワトソン エマ・ワトソン&ダニエル・ラドクリフ
  ダニエル・ラドクリフ 
 □ 格闘シーン賞ダニエル・ラドクリフ ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン&ルパート・グリント vs. 死喰い人
  エマ・ワトソン 
  ルパート・グリント 
 ■ 悪役賞トム・フェルトン 
【ニュース】
全米興行成績、異色SFサスペンス「Chronicle」が初登場首位2012/02/06
第37回サターン賞、結果発表2011/06/28
アカデミー賞、結果発表!2011/02/28
第37回サターン賞、ノミネーション発表2011/02/25
英国アカデミー賞、結果発表2011/02/14
DVDリリース情報:「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」「SP 野望篇」etc.2011/02/10
アカデミー賞、ノミネーション発表!2011/01/25
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2011/01/19
放送映画批評家協会賞、結果発表!2011/01/15
全米興行成績、SFアクション「トロン:レガシー」が初登場1位2010/12/20
放送映画批評家協会賞ノミネーション発表!2010/12/13
全米興行成績、「ナルニア国物語」シリーズ第3弾が初登場首位2010/12/13
全米興行成績、ディズニー・アニメ「塔の上のラプンツェル」が首位浮上2010/12/06
全米興行成績、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」が「塔の上のラプンツェル」を抑えV22010/11/29
全米興行成績、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」がシリーズ最高の好スタート2010/11/22
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「メガマインド」がV22010/11/15
「ハリー・ポッター」シリーズ最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、予告編第2弾2010/09/24
「ハリー・ポッター」シリーズ最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、予告編2010/06/29
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 8フィルムコレクション <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>2017/12/20\34,980amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 4K ULTRA HD&ブルーレイセット2017/04/19\5,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット2016/11/25\12,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX2016/11/02\30,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 コレクターズ・エディション (3枚組)2016/06/08\3,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組)2014/07/16\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ウィザード・コレクション <1000セット限定生産>2012/12/05\47,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組)2012/06/27\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX ブルーレイ <初回数量限定生産>2011/11/16\15,048amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 3D&2D ブルーレイセット2011/11/16\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 ブルーレイ&DVDセット スペシャル・エディション <初回限定生産>2011/04/21\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART12011/04/21\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 8-Film DVDセット2016/11/25\10,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 コレクターズ・エディション (3枚組)2016/06/08\2,990amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART12014/07/16\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 特別版 <初回限定生産>2013/07/17\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART12012/06/27\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX DVD <初回数量限定生産>2011/11/16\14,095amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 DVD&ブルーレイ セット2011/04/21\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART12011/04/21\2,838amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1レンタル有り
 【DVD】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION