allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

洋菓子店コアンドル(2010)

メディア映画
上映時間115分
製作国日本
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2011/02/11
ジャンルドラマ
映倫G
甘くない人生に、ときどきスイーツ。きっと幸せになれる。
洋菓子店コアンドル [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,500
USED価格:¥ 1,280
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:深川栄洋
製作:桐畑敏春
豊島雅郎
籏啓祝
伊藤ナツキ
小池一彦
古橋明
プロデュース:前田浩子
小榑洋史
ラインプロデュー
サー:
星野秀樹
脚本:深川栄洋
いながききよたか
前田こうこ
撮影:安田光
美術:岩城南海子
編集:坂東直哉
音楽:平井真美子
音楽プロデューサ
ー:
緑川徹
主題歌:ももちひろこ
『明日、キミと手をつなぐよ』
VE:さとうまなぶ
スクリプター:坂本希代子
スタイリスト:浜井貴子
ヘアメイク:竹下フミ
照明:中村裕樹
装飾:松田光畝
録音:林大輔
助監督:菅原丈雄
出演:江口洋介十村遼太郎
蒼井優臼場なつめ
江口のりこ佐藤マリコ
尾上寛之海千尋
粟田麗花村(十村)マキ
山口朋華十村由実
ネイサン・バーグジュリアン・ウィルソン
イアン・ムーア
武発史郎
山村美智
松本享子
岩井七世
嶋田久作オーナー 横井
加賀まりこ芳川さん
鈴木瑞穂芳川忠雄
佐々木すみ江なつめの祖母
戸田恵子依子・ウィルソン
【解説】
 東京で人気の洋菓子店を舞台に、恋人を追って上京した頑固一徹なヒロインと心に傷を抱えた元天才パティシエが織りなすほろ苦くも心温まる人間模様を綴るハートフル・ドラマ。主演は「GOEMON」「闇の子供たち」の江口洋介と「フラガール」「雷桜」の蒼井優。共演に江口のりこ、戸田恵子。監督は「真木栗ノ穴」「60歳のラブレター」の深川栄洋。
 東京で評判の洋菓子店“パティスリー・コアンドル”。ある日、鹿児島から上京したての田舎娘、臼場なつめがやって来る。ここで働いているはずの恋人・海に会うためだったが、当の海は店を辞めてしまっていた。海を見つけるまで田舎に帰ることもできず、行く宛てのないなつめはすっかり途方に暮れてしまう。そこでオーナーの依子に泣きつき、どうにか見習いとして住み込みで働かせてもらうことに。そんなある日、なつめは時折店に現われる評論家の十村遼太郎が、かつて伝説と呼ばれた天才パティシエだったことを知るのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:jb投稿日:2013-03-14 22:58:25
確かにドラマ向きかな。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-04-15 04:37:43
【ネタバレ注意】

私もオリジナルストーリーは意外だった。でもこういった題材とストーリーならNHKのドラマ(前・後篇に分けるやつ)向きだと思う。
脚本が上手く無い(江口と蒼井の絡みが遅過ぎる)し、サブキャラの使い方も駄目。最悪の突っ込み所は園児の娘を一人で歩かせた所。江口のトラウマをどうしても作りたいなら他に方法があった筈。

投稿者:黒美君彦投稿日:2011-07-18 01:55:07
【ネタバレ注意】

「パティスリー・コアンドル」の“Coin de Rue”はフランス語で「街角」の意味。夫ジュリアンと一緒に店を経営する依子・ウィルソン(戸田恵子)のもとに鹿児島から上京してきた臼場なつめ(蒼井優)が転がり込んだところから始まるストーリー。
この主人公のなつめが何ともイヤなやつ。出来もしないのに根拠なき自信だけは過剰で思い込みが激しいという役柄。蒼井優はそんな役をきちんとわがものにしているから大したもの。何せ観ている間、主人公のことがずっと嫌いだった(笑)。
そしてそこに時折姿を現すのが「伝説のパティシエ」こと十村遼太郎(江口洋介)。今は厨房を捨て、調理学校で教えたり、スイーツの本を書いたり。実はその背景には、痛ましい事故の過去があった…みたいな。
この甘ったるさは少女コミック原作に違いない!と思ったのだが、意外にもオリジナルなのだとか。後半、店の存亡を賭けた晩餐会のデザート作りがクライマックスになるはずなのだが、十村がなぜなつめを助けて厨房に立とうと決意したのかが全く理解不能(作中「同じ鹿児島出身だから」と言って煙にまいていたけど)。しかも十村がなつめごとき何もわかっていないイヤな若い女にすごすご従ってしまう必然性も見えない。
十村がなつめの凡人ならざる才能を見出したということか?しかしそんなシーンはなかったぞ。
そんなわけで今ひとつ消化不良の感は否めない作品だった。
唯一スイーツは美味しそうに撮れていた。この手の作品は「美味しそう」にみえるかどうかがキモだ。その一点だけでもクリアできているのだから、評価すべきなのかもしれない、なあ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】洋菓子店コアンドル2011/09/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】洋菓子店コアンドル2011/09/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】洋菓子店コアンドルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION