allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クローザー (第5シーズン)(2009)

THE CLOSER

メディアTV
放映日2010/06/12〜
放映局LaLa TV
製作国アメリカ
ジャンルドラマ/犯罪

【クレジット】
監督:マイケル・M・ロビン
リック・ウォーレス
スティーヴ・ロビン
ロクサン・ドーソン
アダム・アーキン
ネルソン・マコーミック
ニコール・カッセル
デヴィッド・マクホワーター
ケヴィン・ベーコン
ジェームズ・ダフ
製作:アンドリュー・J・サックス
ギル・ガーセッティ
企画:ジェームズ・ダフ
製作総指揮:キーラ・セジウィック
マイケル・M・ロビン
グリーア・シェファード
ジェームズ・ダフ
リック・ウォーレス
脚本:マイケル・アライモ
スティーヴン・ケイン
ダピー・デミトリアス
レオ・ジーター
ケン・マーティン
マイク・ベルヘム
アダム・ベラノフ
ジェームズ・ダフ
ハント・ボールドウィン
ジョン・コヴニー
出演:キーラ・セジウィックブレンダ・リー・ジョンソン
J・K・シモンズウィル・ポープ
ジョン・テニーフリッツ・ハワード
コリー・レイノルズデビッド・ガブリエル
ロバート・ゴセットラッセル・テイラー
G・W・ベイリールイ・プロベンザ
トニー・デニソンアンディ・フリン
マイケル・ポール・チャンマイク・タオ
レイモンド・クルツフリオ・サンチェス
フィリップ・P・キーンバズ・ワトソン
ゲスト出演:リー・ターゲセン
ロンバルド・ボイアー
スティーヴン・マルティネスリカルド・ラモス
ジャクリーン・ピニョール
ランスフォード・ドハティケンダル
ロージー・ガルシア
ルイス・モンカダ
デブラ・モンク
カイ=エリック・エリクセン
ミゲル・サンドヴァル
パオラ・トゥルバイミッキー・メンドーザ
メアリー・マクドネルシャロン・レイダー
ジョナサン・デル・アルコフェルナンド・モラレス
アンドリュー・ローレンス
カール・マキネン
エド・オロス
ダン・サチョフ
エイミー・ハサウェイ
デヴィッド・ヒューレット
ジャック・ブレシング
ロッド・ローランド
ジョイス・ガイ
バーレット・フォア
マーク・ロルストン
デボラ・レイシー
ドン・フランクリン
ジェレミー・レイ・バルデス
ジョセフ・ジュリアン・ソリア
ホセ・パブロ・カンティージョ
キャスリン・メイズル
ブライアン・エイヴァーズ
アンドリュー・デイリージョナサン・“ディック・トレイシー”・ベアード
エリカ・ピッチニーニ
ジョナサン・チェスナー
ピーター・バーケンヘッド
グレイス・ジョンストン
リチャード・タイソン
デレク・フィリップス
ロリ・アラン
レイ・ポーター
トム・スケリット
マイク・ワトフォード
ジョージナ・ケイツ
アラン・ファッジ
アヴィヴァ
フランシス・スターンハーゲンウィリー・レイ・ジョンソン
ソシー・ベーコンチャーリー
マイケル・アーデン
ケーテ・メイザーアンドレア・ホッブス
シンシア・ワトロス
スティーヴ・トム
ロブ・ブラウンスタイン
ブルース・デイヴィソン
ボブ・クレンデニンテレンス
アニー・コーレイ
ティム・デザーン
スコッティー・トンプソン
ドリュー・ラウシュ
ジェイソン・スチュアート
ジェフリー・マークル
マンディ・ジューン・ターピン
ダニエル・ザカパ
マイケル・ローズ
フィリップ・エッティンガー
ノーマ・マルドナード
ウィル・モラレス
インバー・ラヴィ
バリー・コービンクレイ・ジョンソン
ジェフ・ミード
コナー・トリニア
フィオナ・グーベルマン
コリー・タッカー
ザンダー・バークレイ
カルロス・サンス
ジョシュ・クック
ステファニー・ベアトリス
カタリナ・メイナード
モー・ダニエルズ
ロクサーヌ・ハート
ダン・ドノヒュー
エディス・フィールズ
ボー・ブリッジス
ブルック・ラングトン
ジャクソン・ハースト
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:MADMAN投稿日:2010-09-26 23:28:43
 2010年9/28、最終エピソード「死者は語る」放送。


 放送中の8/29に第62回エミー賞でキーラ・セジウィックがドラマ部門主演女優賞を受賞。また、ドラマ部門ゲスト男優賞候補として「本当の姿(シーズン14話、ラス前)」に登場の女装の元刑事役、ボー・ブリッジズがノミネート。受賞は逃す。AXNの受賞式の録画放送を見ていて、主演女優賞受賞は嬉しかったです。また、今年もダメージのグレン・クロースで決まりと思っていたので。


 セジウィックの夫ケビン・ベーコン監督、娘ソシー・ベーコン出演の「殺しの記念品」など力作エピソードが揃っていて、個人的に最高のシーズンと思っていたシーズン3に並ぶ面白さでした。ソシー・ベーコン演じるチャーリーと内務調査課のレイダー警視というキャラクターの登場、再登板がいいスパイスになってます。もちろん、プロベンザの恋愛、かわいいジョエルの登場など続けて見ているとなおさら面白い部分も抑えてあっていいです。

 最終話では、強い引きで締めくくられるので、いやでも新シーズンへの期待が高鳴ります。

 蛇足ながら、私は、このドラマは字幕に限ると思っています。DVDはもちろん、lalaTVでも吹替版の放送がこの夏より開始されています。やはり南部なまり(引きずるような感じ)で容疑者に畳み掛けるブレンダ・ジョンソンの取調べがこのドラマの最大の山場であり、吹替だとそこまで迫力は出ていません。山像かおりさんは、好きな声優さんの一人なのですが、このドラマでは字幕が勝ります。ご参考まで。

 
【エピソード】
第58回(5-1)「密やかな殺しの依頼」 Products of Discovery
 
第59回(5-2)「血塗られた身代金」 Blood Money
 
第60回(5-3)「赤い規制線」 Red Tape
 
第61回(5-4)「キティの贈り物」 Walking Back the Cat
 
第62回(5-5)「死の意味」 Half Load
 
第63回(5-6)「偽りの名刑事」 Tapped Out
 
第64回(5-7)「翻る半旗」 Strike Three
 
第65回(5-8)「残された時間」 Elysian Fields
 
第66回(5-9)「消えた凶器」 Identity Theft
 
第67回(5-10)「殺人のにおい」 Smells Like Murder
 
第68回(5-11)「ウソが招いた結果」 Maternal Instincts
 
第69回(5-12)「殺しの記念品」 Waivers of Extradition
 
第70回(5-13)「人生の落とし穴」 The Life
 
第71回(5-14)「本当の姿」 Make Over
 
第72回(5-15)シーズン最終話「死者は語る」 Dead Man's Hand
 
【レンタル】
 【DVD】クローザー <フィフス・シーズン> Vol.3レンタル有り
 【DVD】クローザー <フィフス・シーズン> Vol.1レンタル有り
 【DVD】クローザー <フィフス・シーズン> Vol.2レンタル有り
 【DVD】クローザー <フィフス・シーズン> Vol.6レンタル有り
 【DVD】クローザー <フィフス・シーズン> Vol.5レンタル有り
 【DVD】クローザー <フィフス・シーズン> Vol.4レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION