allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

小さな村の小さなダンサー(2009)

MAO'S LAST DANCER

メディア映画
上映時間117分
製作国オーストラリア
公開情報劇場公開(ヘキサゴン)
初公開年月2010/08/28
ジャンルドラマ/伝記
映倫G
僕は踊り続ける!

2010年8月28日より、Bunkamura ル・シネマ、シネスイッチ銀座他全国ロードショー

小さな村の小さなダンサー

(c) Last Dancer Pty Ltd and Screen Australia


 Photos

【クレジット】
監督:ブルース・ベレスフォード
製作:ジェーン・スコット
原作:リー・ツンシン
『毛沢東のバレエダンサー』(徳間書店刊)
脚本:ジャン・サーディ
撮影:ピーター・ジェームズ
プロダクションデ
ザイン:
ハーバート・ピンター
衣装デザイン:アンナ・ボーゲージ
編集:マーク・ワーナー
音楽:クリストファー・ゴードン
出演:ツァオ・チーリー・ツンシン
ジョアン・チェンリーの母親
ブルース・グリーンウッドベン
アマンダ・シュルエリザベス
カイル・マクラクランフォスター
グオ・チャンウ青年時代のリー
ホアン・ウェンビン少年時代のリー
ジャック・トンプソン判事ウッドロウ
【解説】
 中国出身の名ダンサー、リー・ツンシンの激動の半生を綴った同名自伝(旧題『毛沢東のバレエダンサー』)を映画化した伝記ドラマ。毛沢東の文化政策により、幼くして家族と引き離され、バレエの英才教育を受け、その後アメリカに亡命し一流ダンサーとして花開くまでの揺れ動く心の軌跡を華麗なバレエ・シーンとともに綴る。主演は、自身も中国出身で現在は英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとして活躍するツァオ・チー。監督は「ドライビング Miss デイジー」のブルース・ベレスフォード。
 1961年、中国山東省の貧しい村で7人兄弟の6番目として生まれた少年、リー・ツンシン。ある時、毛沢東夫人・江青が始めた文化政策を進めるべく、バレエの才能発掘が全国で展開され、リーの村にも北京から視察団がやってくる。そして、小学校の先生の推薦で、バレエを一度も見たことのないリーが選ばれる。家族と離れ、北京の舞踏学校に入学したリー。最初は落ちこぼれていたリーだったが、やがてバレエの素晴らしさに目覚め、踊りにのめり込むようになる。時代が移ろい、改革開放が進む中、青年となったリーにアメリカでのバレエ研修のチャンスが訪れる。自由の国、アメリカでの体験はリーの心にも大きな変化をもたらしていくが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hayate9投稿日:2016-03-15 19:43:20
【ネタバレ注意】

で観たけれど、踊らず・・・。
ラストちょい手前の公演のところは涙涙。

投稿者:ローランド投稿日:2012-09-02 21:04:59
  『小さな村の小さな・・・』のタイトルで、それも図書館の一室で無料上映されるものだし、こじんまりとしたマイナーな作品とのイメージを抱いて観賞に赴いたのだけど、なんのなんの、あの狂気の文化大革命から毛沢東が死んで文化芸術が復興する時期を背景にした骨太な筋書きで、短時間ながら折々に数多く見せられるチャイコフスキーやストラヴィンスキーのバレエ舞台も力が入っているし、そのストラヴィンスキー『春の祭典』舞台公演の開演時間を遅らせて到着を待っている VIP、これがなんと・・・・の意外性もドラマティックでよかったし、映画館での有料観賞だったとしても大満足だったろうとの気がします。  

  数年前にテレビで放映した『サンクトペテルブルク建都300年記念ガラコンサート』でのレオニード・サラファーノスやイーゴリ・ゼレンスキー (細かく記したのは、興味のある人はNHKに再放送のアピールを、との心づもり) の空中浮揚しているような身体能力に、クラシックバレエも悪くはないなって気になっていたのだけど、この映画の主役も、映画ならではの細工 (悪口ではない) もあって一段とダイナミックな身体能力を披露してくれます。  

  バレエの場面以外で印象に残ったのは、国に残した家族のもとへ赤い腕章をした人間どもが押しかけて子息の亡命をなじるのだけど、権力に気に入られることしか頭に無い能無し人間のこいつらが、母親に毅然と国の責任を言われて、たじたじと引き下がるところには溜飲を下げました。
投稿者:ghost-fox投稿日:2011-07-31 21:57:50
これがせめて中国合作なら文句は無いが、どうにも雑念が入って困る
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2010-09-05 18:45:17
 一人のダンサーの半生を通して、文化大革命という過酷な時代を描いた本作は、スリルと笑い、涙があり、家族の愛や友情があり、何よりも素晴らしいバレエシーンがある。そして物語の裏には、努力と才能、表現と自由についての問いかけがある。
 映像と音で物語る「映画」という媒体の特徴を最大限に生かした作品だ。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-151.html
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】小さな村の小さなダンサー2011/07/08\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】小さな村の小さなダンサー2011/07/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】小さな村の小さなダンサーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION