allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トラブル・イン・ハリウッド(2008)

WHAT JUST HAPPENED

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(フリーマン・オフィス)
初公開年月2010/09/04
ジャンルコメディ
映倫G
映画業界の裏側、
暴露します。
トラブル・イン・ハリウッド [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,249
USED価格:¥ 456
amazon.co.jpへ

 Photos
トラブル・イン・ハリウッドトラブル・イン・ハリウッド

【解説】
 ハリウッドの内幕を主演のロバート・デ・ニーロをはじめ豪華アンサンブルで描いたシニカル・コメディ。多くのヒット作品を手掛けたプロデューサー、アート・リンソンの回想録を映画化。業界関係者や俳優のワガママに振り回され、トラブルに巻き込まれながら、私生活でも問題を抱える忙しない映画プロデューサーの2週間を赤裸々に綴る。監督は「グッドモーニング,ベトナム」「レインマン」のバリー・レヴィンソン。
 映画の都ハリウッドで活躍する映画プロデューサーのベンは、製作に携わったショーン・ペン主演作のカンヌ国際映画祭でのオープニング上映を2週間後に控えていた。だがその矢先、監督のとんでもない演出のおかげで試写会の観客アンケート結果が散々だったために映画会社の女社長から作品の再編集を命じられ、監督を説得する役回りを務めるハメに。また、クランク・イン直前の最新作では、主演のブルース・ウィリスが作品のイメージとまるで違うヒゲ面にメタボ体型で撮影現場に現われ、ベンは頭を抱えるばかり。一方、プライベートでも1年前に別れた妻への未練を引きずり、悩みや難題が山積のベン。それでも彼は、全てを解決させようと地道に奔走していく。こうして、脱線しかけていたそれぞれの問題も何とか軌道修正され、いよいよカンヌの上映に臨むベンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2017-05-04 15:41:44
銭まん問題のプロデューサーの錯乱、ヤク漬け犬ごろし監督の錯乱、ヒゲを剃らないハゲ俳優の錯乱。この映画の関係者もバカ。-5★
投稿者:UFO投稿日:2013-10-23 18:31:49
普通に楽しめる。
投稿者:jb投稿日:2012-09-03 12:25:56
普通に観れた。
投稿者:maxpit投稿日:2012-06-17 20:49:20
「ファイトクラブ」などのプロデューサーで知られるアート・リンソンが
自身の体験をもとに脚本を書いたハリウッドの内幕もの。この手の映画で
はロバート・アルトマンの傑作「ザ・プレイヤー」があるので、何かと比較
されるだろう。ショーン・ペンのエピソードもブルース・ウィリスのエピ
ソードも、それなりに面白い。監督の言い分、役者の言い分、映画会社の
言い分...それぞれうまくまとめるのがプロデューサーの役目。つらい仕事
だ。しかも、この映画自体が大コケしたので、プロデュースの方も兼ねた
デ・ニーロも踏んだり蹴ったりだろう(笑) 全編がシニカルなブラックコ
メディな作品だが、淡々とした演出なので盛り上がりに欠け、結局は暴露
ものというより、愚痴ものという程度になってしまっており、見て面白か
った程度の評価になってしまうのだろう。
投稿者:ジーナ投稿日:2011-06-04 01:55:46
ハリウッドの舞台裏を綴った回顧録風コメディです。
ひとりのプロデューサーの視点から見えてくるハリウッドの内輪話は皮肉たっぷりでクスッとさせられました。
どこまでも自分勝手なブルース・ウィリスと大切な事は儲けのみの配給会社とアルコールに溺れる監督が主なトラブルメーカーとなってプロデューサーをとことん悩ませる・・・というのがメインストーリーですが、カンヌ映画祭を絡めたハリウッドでの成功がいかに不安定なものなのかというエピソードが結構効いていたと思います。

この作品のプロデューサーでもあるロバート・デ・ニーロがハリウッドのプロデューサーを演じているのは自虐的で笑えました。
映画製作においてプロデューサーが一番偉いと思っていた私・・・こんなにも厄介ごとを抱える役回りだとは驚きでした。
精神的にも体力的にもキツい仕事であり、なんとも哀れなお仕事でしたね(笑)
ストイックなまでにこだわりの役作りをするデ・ニーロさんなのでブルース・ウィリスのキャラを演じさせてもリアリティがあって面白かったでしょう。
ショーン・ペンを始めとする映画スターが本人役を演じているのも面白みになっていたと思います。
他にもキャサリン・キーナーにロビン・ライト・ペンにクリステン・スチュワート、スタンリー・トゥッチにジョン・タトゥーロなど見応えたっぷりの実力派揃いです。
映画界の裏側を見せる作品なだけに主役級の役者陣が多いので、キャスティングだけでも観る価値はあると思いますよ。

あまりにハリウッドの力関係を面白おかしく観れたので、主人公の元妻との関係や娘などのドラマ部分が邪魔に感じました(爆)
正直、家庭内のゴタゴタは盛り込みすぎだったかな・・・。
私生活は、売れない女優達が群がってくる程度に抑えておいたほうが中だるみせずに済んだと思います。
トラブルだらけで終始ドタバタしている印象を受けたので、もう少しメリハリがあると良かったですね。
これといって記憶に残るようなストーリーでもなかったですが、ほんのチョットだけ映画の観方が変わるかも。
特に、無難な仕上がりの作品を観た時はプロデューサーと監督と配給会社による妥協の連続で出来上がったんだな〜と思う事でしょう(笑)
そして、この作品もまた無難なのでした(爆)
投稿者:bond投稿日:2011-04-29 12:02:27
想像つく裏側だが、プロデューサーってのは、板挟みになっていろいろ大変なんだねー。
投稿者:五輪山投稿日:2010-10-06 05:21:37
【ネタバレ注意】

デニーロは映画の内幕ネタが好きなんですかね。『ラスト・タイクーン』『真実の瞬間』『ミストレス』『アナライズ・ユー』に続いて、もう5本目。
公私ともに問題山積の映画プロデューサー役を得意の苦虫噛み潰し顔で演ってます。劇中劇の主役がショーン・ペンというのも豪華。

その映画の中で、ロシアン・マフィアみたいな連中に撃たれるペン。後を追ってきた飼い犬。その犬を先に撃ち殺すマフィア。血が画面に飛び散る。そしてペンも留めを刺され、血まみれの犬とペンの死体を映したラストシーン。
業界試写の場は騒然となってます。しかし監督は頑として、修正を拒んでる。『1492・コロンブス』で強烈な印象を与えて以来、悪役の多かったマイケル・ウィンコットが、パンクな風情の映画監督を軽妙に演じてるのも嬉しい。
この役者好きなんですよ。声がね、人間の声じゃないでしょ。魔物でしょ。

でもって、このままじゃカンヌに出せないとデニーロに諭され、しぶしぶ修正に応じる監督。捨てテイクを利用して、犬の死なないバージョンに編集し直し、無事カンヌでの上映へ。ここでのオチが痛烈ですね。

この映画の肝は、「犬を撃ち殺す映画を作ってしまったプロデューサーを巡る騒動をシニカルに描く映画」というエクスキューズの元、堂々と犬を撃ち殺す場面を見せてしまってる所。これは映画界というより、アメリカ人の国民性に対する皮肉じゃないかと。
犬や猫が殺されたり、虐待されるような映画には過剰に拒否反応を示す一方で、人間が切り刻まれたり、目を抉られたり、銃で顔半分吹っ飛ばされたり、腹を裂かれたり、そんな映画は山のように作られてます。『ソウ』のような拷問映画に何度も客が詰めかける。
残虐さを楽しもうという気持ちは持ってる。でも人間がそういう目に遭うのはいいけど、犬や猫は駄目って…。駄目だったら生物の種に関係なく駄目なんじゃないの?

これは例えば自分の国が戦争しかけに行ったイラクやアフガンの、民間人たちが毎日犠牲になってることより、日本の漁師がイルカを殺してることの方に過剰な反応を示すってことにも繋がってますね。「イルカは人間に近い生き物だから可哀想」って、人間に近いんだったら、人間の方がより可哀想じゃないのか?

まあそれはともかく、デニーロが業界試写の後に書かれたアンケート用紙の罵詈雑言を、車の中で読む場面に流れるのがモリコーネの『ウエスタン』のあのハーモニカの音色。
モジャモジャに生やしたヒゲを絶対剃らないと拒むブルース・ウィルスが、撮影初日にヒゲを剃ったか剃らないかの場面に流れるのがダイアー・ストレイツの『ブラザーズ・イン・アームズ』。楽曲の使い方もとぼけた感じで、色々と楽しめた映画でした。

投稿者:mototencho投稿日:2010-09-30 20:01:30
プロデューサーはつらいよ、映画業界ネタで迫る「トラブル・イン・ハリウッド」2度と実現不可能な豪華キャストで巨匠バリー・レビンソンは楽しんだハズ。でも珍品コレクションに類する1本

http://mototencho.web.fc2.com/2010/whatjha.html
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】トラブル・イン・ハリウッドレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 What Just Happened?
新品:
6新品:¥ 1,639より   4中古品¥ 899より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION