allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・デンジャラス・マインド<未>(2006)

LIKE MINDS

悪魔のルームメイト(スターチャンネル)

メディア映画
上映時間110分
製作国オーストラリア/イギリス
公開情報WOWOWで放映
ジャンルサスペンス/ミステリー

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ジーナ投稿日:2010-06-25 03:02:10
同級生の死と逮捕された少年の関連性をひも解いていく精神科医の姿を描いた心理サスペンスです。

少しずつ明かされていく構成に思いがけず楽しめましたが、少年が打ち明ける事でしか事件の経緯(過去)が解明されていかないのが物足りなかったです。
一人の視点からでは、よほどの事がない限り筋書きが読めちゃいますから、、他の目撃者や関係者からも事件に関係する様々な証言が取れると良かったでしょう。

予想したオチではあったものの、変質的な少年二人の関係とアブノーマルな人格はドラマチックで楽しめました。
これと言って素晴らしい点は無いのですが、複雑な年齢の少年心理にスポットを当てた事と寄宿学校という設定がミステリアス&スリリングなので飽きさせなかったのでしょう。
それだけに・・・少年の死だけで引っ張れるストーリーに海外特有の秘密結社を絡めてきてしまったのが残念でした。
どうせ絡めるならトコトン迫っていく内容にして欲しかったのですが、曖昧なまま終了・・・。
正直、秘密結社に関してはグズグズです。
この程度なら入れる必要なかったですよ。
無駄にストーリーを複雑化させただけですからね。
まぁ、変に深追いしてオカルト風味のサスペンスになるよりはマシですが(爆)
テンプル騎士団など中世のキリスト教に関しては興味深く鑑賞できました。

トニ・コレットは好きな女優さんですが、今回のキャラにはシックリ来なかったかな・・・。
人を蔑むような態度とはウラハラにデリケートな少年を演じたエディ・レッドメインの演技はお見事です。
元々存在感のあるコですから、こういった特殊で歪んだキャラを演じさせると光りますよね。
トム・スターリッジの人を不安にさせるような危険な香りも魅力的で、ゾクゾクするような恐ろしさがありました。
陶酔してしまうような美しい少年たちではないですが、一見の価値がある演技を見せてくれています。

脚本はイマイチでしたが、細部にまで行き届いた丁寧な演出と監督の映画センスが感じられたのは良かったですね。
心で感じるとか頭で考えるというよりも、雰囲気を目で楽しむ作品でしょう。
作風・キャスティングともに派手さはないですし心の闇を描いているので後味も良くないですが、見て損なしだと思います。

ややグロいシーンがありますので、苦手な方は鑑賞を控えたほうが良いでしょう。

「デンジャラス・マインド」とは一切関係ありません(笑)
投稿者:bond投稿日:2010-06-17 12:08:28
それなりのサスペンスだが、内容の予想は早々に解っちゃうし、展開もありきたりで起伏がなく、いまいち。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION