allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クロッシング(2009)

BROOKLYN'S FINEST

メディア映画
上映時間132分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(プレシディオ)
初公開年月2010/10/30
ジャンルドラマ/アクション/犯罪
映倫R15+
3人の刑事。1つの事件。
それぞれの正義が交錯する──。
クロッシング スペシャル・プライス [Blu-ray]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,300
USED価格:¥ 950
amazon.co.jpへ

 Photos
クロッシングクロッシング

【解説】
 「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア監督が、リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルの3人を主演に迎えて描く緊迫の刑事ドラマ。ブルックリンの犯罪多発地区で危険と隣り合わせの過酷な日常を送る3人の警官たちの三者三様の苦悩が、リアルかつ緊張感溢れるタッチで綴られてゆく。共演はウェズリー・スナイプス、ウィル・パットン、エレン・バーキン。
 ニューヨーク、ブルックリンの低所得者層が暮らす犯罪多発地区。ここで、警官による強盗事件が発生する。マスコミの非難にさらされたニューヨーク市警では、犯罪の取締り強化でイメージの回復を狙う。そんな中、ベテラン警官のエディは定年退職を1週間後に控えていた。日々を無難にやり過ごすことだけを考えて警官人生を送ってきた彼だったが、最後の任務として犯罪多発地区での新人研修を任されることに。信心深く子だくさんの麻薬捜査官、サル。愛する家族のためにどうしても広い新居が必要になるが、彼の薄給ではとうてい資金の工面などできるわけもなかった。長年ギャングへの潜入捜査を続けているタンゴ。もはや結婚生活もボロボロで、捜査から抜けたいと上司に願い出る。ところが、そんなタンゴに、彼の命の恩人でもあるギャングのボス、キャズに対するおとり捜査というさらなる過酷な任務が課せられる。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2017-02-03 19:46:25
 中盤の三景のクロスカッティングはとても迫力があり明記すべきだろう。
(1)ドン・チードルとウェズリー・スナイプスが、屋上で仲間の拷問を止める場面
(2)リチャード・ギアと若い警官が、コンビニの店主と若者の諍いを仲裁する場面
(3)イーサン・ホーク達の「がさいれ」。ホークが札束を前に躊躇する場面

 このように、3つのお話がラストまで殆ど交わることなく平行して描かれるのだが、それぞれに深い闇が横たわっており、重苦しいが重厚な見ごたえのあるシーンが連続する。フークアの演出では本作も全体に自動車の描き方がいい。しばしば、ブルックリンの高架下の道路が上手く使われる。クレーン撮影や空撮も目を引く。また、ギアが拳銃を口にくわえる部屋や、度々訪れる娼婦の部屋、或いは、ホークがその妻リリ・テイラーや子供たちと暮らしている住居など、屋内の描き方も、孤独感がひしひしと伝わる演出だ。家族と共にいるホークこそ孤独にさいなまれているのだ。あと、チードルがレストランで密会するエレン・バーキンがなかなかいい。この人、相変わらず鋭くて怖くて嫌な女を上手く出す。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/index.html
投稿者:HABBY投稿日:2016-06-03 00:04:48
【ネタバレ注意】

天才フークワによる警察ドラマの秀作(の1つ)。清い部分も淀んだ部分も全部鋭くえぐってくれている。

安定志向、見て見ぬふり、君子危うきに近寄らず、のギア。
敬虔なカトリック教徒ながら生活の為、金の為に道を踏み外してしまうホーク。
ヤンチャだが根は真面目、囮捜査で悪に混じるうち、上司(バーキン)の不誠実も影響し次第に悪の領域へと倒錯していくチードル。
三者三様、善と悪と、描き方が実に巧い。

3つのドラマが次第に交錯、1つに収斂していく終盤は圧巻。自省しつつ逝くものあり、忠義を内に秘めつつ殉ずるものあり、意を決して正義の当事者になるものあり。

2009年というと、オバマが「yes,we can.」で大統領に就任した年。
白人警官による黒人への不当な捜査は、当時も今も時おり全米を揺るがす命題であり続けているが、本作においても印象的な場面がいくつか見られた。NYブルックリンがアブない街であることも再認識させてくれる。

他方、黒人のギャングがメキシコ人、ドミニカ人、コロンビア人など南米大陸の人間を口汚く罵る描写もあり、米国人の南に対する差別感情の一端も感じ取ることができる。トランプ次期大統領候補の「make america great again.」が果たして日の目を見ることになるのか、世界全体がおっかなびっくりの2016年、である。

邦題の『クロッシング』は言い得て妙である。

投稿者:bond投稿日:2016-04-10 01:01:14
どん詰まりの3人の警官の苦悩。観ていて重苦しい。
投稿者:kuro投稿日:2015-02-15 17:52:52
【ネタバレ注意】

リチャード・ギア演じるエディの描きこみが不足していました。
退職後の年金だけが目標だった警官が、職務中に拳銃に弾を込めずに人を撃ったことがなかった警官が、上司からも同僚からも勤務態度を評価されていなかった警官が、女に振られただけで、あるいは好きな女を縛っている売春組織に腹を立てただけで、退職後に命がけで赤の他人の行方不明者を助け出そうとするでしょうか?
いきなり青臭い警官に変身です。
そこらあたりの人物の性格の整合性が乏しいために、他の二人の主人公が人間臭くリアルに描かれていただけに余計に浮いてしまっていました。
リチャード・ギアはやっぱり格好良い役でなくてはならないとしたらキャストとして間違っていませんが脚本は駄目でした。

投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-13 17:33:01
最後は3人とも死ぬ覚悟で自分の信念を貫いたってことかね。
それにしてはイマイチぱっとしないラスト。
投稿者:namurisu投稿日:2012-03-17 14:54:00
描き込み4。今風警察官の日常 パート136。
投稿者:uptail投稿日:2011-08-23 00:30:49
エレン・バーキン
投稿者:scissors投稿日:2011-08-01 04:57:34
イーサン・ホークの演技がうざいし、リチャード・ギアは全くそれらしく見えずミスキャスト。

スカしてカッコつけたいだけの映画としか思えない底の浅さ。しかも眠い。
カッコつけたい高校生あたりは喜びそう。
アホな邦題も減点。
投稿者:なちら投稿日:2011-07-05 00:42:04
【ネタバレ注意】

管轄外の事柄には見て見ぬふりのギア様。(署内でのお荷物具合が半端ナイ!)
もう死ぬつもりで、仕事では絶対にやらない管轄外の事柄に首を突っ込んで英雄に。

E・ホークは家族の為に盗みに行った先で死亡。おそらく家族には死亡見舞金が。

D・チードルは出世よりも友情を選び、その通り出世は無くなった。

希望をひねくれて表現すると、こういうラストになるのかなぁと思う。
皮肉めいてて結構面白かったよ。

投稿者:kopi投稿日:2011-06-17 21:42:04
NYPDの出来事としてここまでの事件にはなかなかならないだろうが、
ありがち?そうな感じがします。
それぞれの事情がリアル。
そのありそうな出来事を淡々と描いています。

胸を打たれて反撃してくる…すごい生命力www
投稿者:藤本周平、投稿日:2011-03-31 22:55:50
【ネタバレ注意】

なかなか重厚な作品。なんだかんだでリチャード・ギアはやっぱり死なないね
観終わった後のなんともいえない余韻がまた良い。佳作

投稿者:mototencho投稿日:2010-11-02 20:27:53
刑事映画の形式を用いて、重厚な人間ドラマを完成させたアントワン・フークア。ヘヴィでダークだが見応えのあるズッシリした1本
http://mototencho.web.fc2.com/2010/brooklfi.html
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】クロッシングレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION