allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウォーキング・デッド (シーズン1)(2010)

THE WALKING DEAD

メディアTV
放映日2010/11/07〜
放映局FOX MOVIES
製作国アメリカ
ジャンルホラー/ドラマ
ウォーキング・デッド Blu-ray BOX
参考価格:¥ 12,852
価格:¥ 11,760
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

 Photos
ウォーキング・デッド (シーズン1)

【クレジット】
監督:フランク・ダラボン
ミシェル・マクラーレン
グウィネス・ホーダー=ペイトン
アーネスト・ディッカーソン
ガイ・ファーランド
製作:トム・ルーズ
デニース・ハス
企画:フランク・ダラボン
製作総指揮:フランク・ダラボン
ゲイル・アン・ハード
ロバート・カークマン
デヴィッド・アルパート
チャールズ・H・イグリー
原作:ロバート・カークマン
トニー・ムーア
チャーリー・アドラード
脚本:フランク・ダラボン
チャールズ・H・イグリー
ジャック・ロジュディス
ロバート・カークマン
グレン・マザラ
アダム・フィエロ
特殊効果メイク:グレッグ・ニコテロ
出演:アンドリュー・リンカーンリック・グライムズ
ジョン・バーンサルシェーン・ウォルシュ
サラ・ウェイン・キャリーズローリ・グライムズ
ローリー・ホールデンアンドレア
ジェフリー・デマンデール
スティーヴン・ユァングレン
チャンドラー・リッグスカール・グライムズ
ゲスト出演:エマ・ベルエイミー
レニー・ジェームズモーガン・ジョーンズ
エイドリアン・カリ・ターナー
リンズ・エドワーズ
ジム・R・コールマン
ケイシャ・ティリス
アンドリュー・ローゼンバーグジム
フアン・パレハモラレス
アイアン・シングルトンTドッグ
ジェリル・プレスコットジャッキー
マイケル・ルーカーメルル・ディクソン
ノーマン・リーダスダリル・ディクソン
メリッサ・マクブライドキャロル
アダム・ミナロヴィッチエド
マディソン・リンツソフィア
マディー・ロマックスイライザ
ノエル・グーリーエミー
ニール・ブラウン・Jrギレルモ
ノア・エメリッヒジェンナー
ヴィヴィアナ・チャベス
【解説】
 銃弾に倒れ、瀕死の重傷を負った保安官リック。昏睡から目覚めると周りに人影はなく、街は“ウォーカー”と呼ばれる死体が徘徊する恐怖の世界と化していた。そんな中、リックはウォーカーの襲撃を必死にかわしながら消息不明の妻子を探す。一方、彼の妻ローリと息子のカールは、リックの元パートナーで親友だったシェーンら少人数の仲間と共に生き延びていた。だが、ウォーカーの魔の手は次第に迫りつつあった。人気アメリカン・コミックを原作に、極限の状況に追い込まれた生存者とゾンビとの戦いを人間ドラマを重点に置いて描くサバイバル・ホラー。企画・製作総指揮は「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のフランク・ダラボン。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-05-14 06:41:31
保安官のリックは妻ローリと上手くいっていない。
逃走犯と銃撃戦中に撃たれてしまい気が付くと病院の中だった。
自室を出ると内部は荒れていて外は死体の嵐で家に帰ると妻子ともども居なくなっていた。
呆然としていると黒人モーガン親子と出会い街はゾンビだらけと聞き共に行動する事を決意するが・・・。

ようやく見れた1stシーズン。
評判どおりの出来でTVドラマにしてはゾンビのスケールが凄くて烏が死体を食べたりゾンビが馬を食べたりと今までに見た事がないシーンや戦車内で銃を撃つと耳が潰れたり等細部に拘った作りは素晴らしい。
1stシーズンは6話で終了するがどれも内容が濃くて眼が離せない面白さなのが素晴らしい。
ゾンビをウォーカーと呼ぶセンスも良くて特に後半エピソードはゾンビが殆ど出現しないがドラマだけで魅せきるのも素晴らしい。

原作「ウォーキング・デッド」(ロバート・カークマン・飛鳥新社・評価4)の1巻はゾンビ漫画で括れない人間ドラマを描いており、上手く映像化されている。
分厚くて読むのに時間がかかるが本当に面白くお勧め!

オリジナル小説「ウォーキング・デッド ガバナーの誕生」(ロバート・カークマン、ジェイ・ボナンジンガ・角川文庫・評価2・5)は別エピソードとしてファンにはお勧めだがそれ以外には冗長すぎる感あり。
投稿者:uptail投稿日:2012-05-16 17:00:18
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:メカゴジラ投稿日:2011-07-07 02:07:32
 
自宅にCS放送入ってないんで、FOXテレビ?での放送は観れず、思い余ってアメリカ版のDVDを取り寄せて鑑賞。
評判に違わぬ面白さ。

人類が滅亡に瀕しているというスケール感、自分の知っている世界が滅んでいくという寂寥感、妻や兄弟や友人が怪物になってしまうという恐怖感といった良いゾンビ映画のツボがきちんと押さえられていて感心。
そのうえで連続ドラマらしく、生存者それぞれのキャラクターやドラマがちゃんと描かれているもんで、途中でやめるにやめられず全6話をほとんど一気に観てしまった。

この秋から放送されるという第2シーズンが待ち遠しいね。

追記

現在、角川書店から日本版DVDが販売・レンタルされているが、北米版DVDと比較したところ、日本版は(ほんの数秒ではあるけれど)残酷描写がカットされている。
特に第4話のゾンビ襲撃シーンでは、ゾンビが被害者を食いちぎるシーンや、ゾンビの頭をバットで叩き割るシーンなどがカットされている。

別に残酷なシーンを観たいから言うのではない。この作品ではゾンビの脅威、恐怖感というものが物語の重要な背景であり、ゾンビが人を襲う残酷なシーンはその象徴であるわけで、そこをカットしてしまうのでは作品に対するソフトメーカーの感性を疑わざるを得ない。「別に切っちゃっても影響ないよな、こんなシーン」と思って、馬鹿をやらかしたわけだろうから。

クレームが来そうだからとか、どこぞの基準を満たさないといけないとか事情はあったんだろうが、だったらゾンビ映画をソフト化して商売すんなよ、と思う。対価を払って買ったりレンタルする一番閉鎖的なメディアであるはずのDVDソフトで、なぜカットが必要だったのか。CS放送されたオリジナルよりもマイルドなバージョンにする必要がどこにあったのか。まったく理解できない。
というわけで、こだわる人には北米版のDVD、ブルーレイソフトをお勧めする。

あと、こんな事を思いついた角川書店のソフト担当者は、ハンコをついた上司ともども、さっさとこの業界からいなくなってください。シーズン2の日本語版はくだらないカットなどナシで出して欲しいと切に願う。
【エピソード】
第1話「悪魔の幕開け」 Days Gone Bye
 
第2話「生き残るための方法」 Guts
 
第3話「命を掛ける価値」 Tell It to the Frogs
 
第4話「弱肉強食」 Vatos
 
第5話「救いを求めて」 Wildfire
 
第6話(シーズン最終話)「残された希望」 TS-19
 
【レンタル】
 【DVD】ウォーキング・デッド Vol.1レンタル有り
 【DVD】ウォーキング・デッド Vol.3レンタル有り
 【DVD】ウォーキング・デッド Vol.2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION