allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

電人ザボーガー(2010)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(キングレコード=ティ・ジョイ)
初公開年月2011/10/15
ジャンル特撮/ヒーロー/アクション
映倫G
あきらめるな!立ち上がれ!
電人ザボーガー [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,700
USED価格:¥ 2,727
amazon.co.jpへ

 Photos
電人ザボーガー電人ザボーガー

【クレジット】
監督:井口昇
監修:鷺巣詩郎
アクション監督:カラサワイサオ
企画:ピー・プロダクション
エグゼクティブプ
ロデューサー:
大月俊倫
プロデューサー:池田慎一
千葉善紀
原作:ピー・プロダクション
脚本:井口昇
キャラクターデザ
イン:
西村喜廣
美術:福田宣
撮影監督:長野泰隆
編集:和田剛
音楽:福田裕彦
オープニングテー
マ:
高野二郎
『戦え!電人ザボーガー』
VFXスーパーバ
イザー:
鹿角剛司
照明:安部力
特殊造型監督:西村喜廣
録音:永口靖
助監督:土岐洋介
出演:板尾創路大門豊(熟年期)
古原靖久大門豊(青年期)
山崎真実ミスボーグ
宮下雄也秋月玄
佐津川愛美AKIKO
デモ田中中野刑事
岸建太朗松江刑事
島津健太郎村田大臣
佐藤佐吉エレキアンデス
山中アラタアパッチドリル
石川ゆうや眼帯男爵
松浦祐也バーナー8
村上浩章キングアフリカ
亜紗美ラガーレッド
村田唯ラガーイエロー
泉カイラガーブルー
谷川昭一朗米倉議員
高尾祥子愛人・ユミ
木下ほうか若杉議員
松尾諭役人
(友情出演)
関智一職業安定所職員
(友情出演)
増本庄一郎労務者
(友情出演)
きくち英一大門豊(老年期)
渡辺裕之新田警部
竹中直人大門勇博士
柄本明悪ノ宮博士
【解説】
 1974年から75年にかけてフジテレビで放映された伝説的特撮ヒーロー番組を「片腕マシンガール」「ロボゲイシャ」の井口昇監督で完全映画化。主人公・大門豊と彼の命令のみに反応するロボット“ザボーガー”の活躍を、往年の特撮テイストあふれるタッチで描き出す。「青年期の章」と「熟年期の章」の2部構成。主演は青年期に「炎神戦隊ゴーオンジャー」の古原靖久、熟年期に「空気人形」の板尾創路。
 <第1部:たたかえ!電人ザボーガー!>国会議員の若杉議員を名指しする犯行予告を受け、厳重警備が敷かれる中、サイボーグ組織Σ(シグマ)のメンバー、ミスボーグが現われる。そこに、Σの野望を打ち砕くべく、秘密刑事、大門豊とその相棒、電人ザボーガーが立ちはだかる。互いの宿命を背負い、壮絶な戦いを繰り広げる大門とミスボーグだったが…。
 <第2部:耐えろ大門! 人生の海に!>25年後の大門は、総理大臣となった若杉の運転手をしていた。ついにはその職も失い無一文に。そんな時、再びΣ(シグマ)が出現。老骨に鞭打ち、再び戦いの場に舞い戻る大門。だが、そんな彼の前に、Σの手先となったザボーガーの姿が…。
<allcinema>
【関連作品】
電人ザボーガー(1974)TVシリーズ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ぴっぷ投稿日:2015-03-01 05:30:56
基本的にはコメディタッチだが、日本人がなまじシリアスな大人向けヒーロー物をつくろうとすると空回りすることも多い。その点では正しい判断だったといえる。

オリジナルでは奇抜なアイデアが色々盛り込まれながら予算や技術の問題でチープさのぬぐえなかったバトルシーンも、CGの使用などで、よりスタイリッシュかつ迫力ある映像に昇華されている。

シュールさの強い作風や所々にあるエログロ描写など、多少見る人を選ぶ部分もあるが、ヒーロー物としてのツボは心得ているし、オリジナルに対するリスペクトも感じられる。大人のためのヒーロー映画としてはかなりの良作。
投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2012-10-15 09:25:04
WOWOWで観た。
題名とデザインと主題歌くらいしか覚えてなかったが、覚えてたツレは大絶賛してたな。
知らないと少々ツラい。おもしろかったけどね。
投稿者:くさ☆かり投稿日:2011-11-02 00:26:12
【ネタバレ注意】

久しぶりに新宿で映画を観ました。バルト9。最終回なのに混んでる混んでる。

今日は、ここでしかやってない、「電人ザボーガー」。びっくりするくらいの満席で、あと2席しかない、というところでチケット購入できました。なんだ、すごい人気なんだね、ザボーガー。

チケット売り場の横には、果たして撮影に使われたものなのだろうか、マシン形態のザボーガーがかざってあります。いやあ、素晴らしい。思わず撮影。ちょっと恥ずかしい。

映画は1部と2部の構成で、1部は主人公の大門が若い頃(ゴーオンレッドが演じています)を。2部は、25年後の熟年期となった大門(板尾創路が演じています)を、それぞれ愛と正義をテーマにして描いています。

それにしても、昔のザボーガーを観た人には、なんと嬉しいこと。ちょっとお笑いが入り過ぎている(特に竹中直人はやり過ぎ)ものの、ほぼ昔のドラマを思い出させる構成。敵のサイボーグも、ミスボーグ、ブルガンダー、など懐かしい悪役ばかり。戦い方も昔通り。これも嬉しい。

CGによる変形シーンは予告でもおなじみで、素晴らしくかっこいい。戦いシーンも、主題歌に載せて思う存分暴れてくれます。「ハンマーパンチ」「ブーメランカッター」「速射破壊銃」と、想像したとおりの戦い方。うれしくなります。

しかし、1部の戦闘シーンで満足できる分、2部は少々重い話になっています。なにしろ熟年になった大門。夢も希望もどこかに置いてきてしまって、しがない運転手をしています。そこからまた、戦う意欲と正義感を取り戻していくのがストーリーなんですが、とにかくありえない脚本と、ありえない戦闘シーンで、悪くみればB級色ゆたか。時間も長めなので、少々引き気味に観ている人も多いでしょう。

総じてB級という評価になってしまいそうですが、1部の戦闘シーンはとにかく良かった。かっこいいザボーガーを観たい人は、ぜひバルト9へ。

【レンタル】
 【DVD】電人ザボーガーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION