allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フード・インク(2008)

FOOD, INC.

メディア映画
上映時間94分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アンプラグド)
初公開年月2011/01/22
ジャンルドキュメンタリー
映倫G
ごはんがあぶない。
フード・インク [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 7,959
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 アメリカ人の食について、その基本となる食材がつくられていく過程にスポットを当て、警鐘を鳴らすドキュメンタリー。人々の大量消費を支え、さらなる低価格化を実現していく中で効率化が進められ、その結果として現代の農業が大企業による“工業化”された生産システムに支配されている驚きの実態を明らかにしていくとともに、利益優先の裏でいかに健康へのリスクが軽視されているかを軽妙なタッチで告発していく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2012-06-10 13:59:39
儲けのためなら、倫理観もモラルも何もない。企業も政府も下種だ。
投稿者:Normandie投稿日:2012-04-06 02:34:03
作り手の顔の見えない海外食品はなるべく食べないようにしているつもりだが限界もあるだろう。
何よりも消費者が賢くなること、学習することが必要だ。あゝ、やはりアメリカは混沌としている。
マクドナルドなどは年に数回しか食べないがこれを見るとますます足が遠のくことだろう。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-03-26 20:52:40
後半の耐性大豆にまつわるエピソードが特にショッキングだった。日本がTPPに参加したら、農業の人はどれだけ大変な目に合うのか。
投稿者:mototencho投稿日:2011-03-10 21:09:36
「食の安全」を聞き流していた自分がバカでした。緊急の課題を扱っているドキュメント。いやはやポケッと口をあけてちゃ、いけない時代なんですね。お金払わないとマトモなニュースにたどり着けないのか・・・。でもちゃんと“私たちができること”を示している優れもの
http://mototencho.web.fc2.com/2011/foodinc.html
投稿者:kumi2rin投稿日:2011-03-10 13:08:25
『いのちの食べ方』に比べて、力を入れて描かれていたのは大企業と消費者のあり方。

アメリカが発信した、60年代フラワーピース運動の傍流と想像できる有機農法を広める活動家、工場的農法を放棄しできるだけ自然なサイクルに従った畜農家などが登場していたが、彼らが声高に主張する方法とは、本来人類が営々と築いてきた農法そのものであり、かえってそのことが現代の一見スマート・便利・効率的と思われるシステムの異常さを浮き彫りにすることに、成功していたように思う。

 世界で最も新しく、かつ最も多民族が一つに集っている先進国であるが故の、法を最高の拠りどころとするしかないあり方への疑問もまたまた沸いてくる。

利益が全てに優先する価値観が、個人の想いよりも大企業優遇姿勢を生み、経済力のない者は安価な高カロリーフードへの依存をますます強める構造を生み出す。
その結果の肥満による病気に陥ったとしても、かの国の保険制度はあくまで個人責任に帰結させ、互助精神はほとんど生かされない。

 日本も、これからよほど気をつけないと、このいびつで抗い難い潮流に飲み込まれてしまう、との認識を改めて噛みしめ直せた作品。
既に、我々が口にしているほとんどのものは、このような食物に依存しているのだから。

他サイトのレビューに、遺伝子組み換え作物に抵抗がない、というスタンスの(日本)人がいた。
そのことも、かなり恐ろしい、と思う。
投稿者:シモーニャ投稿日:2011-01-22 22:45:37
『フード・インク』は食を安全・危険という二元論だけで捉えたドキュメンタリーではない。
もちろん、添加物や農薬よる健康被害・環境破壊は深刻です。
しかし、それ以上に巨大企業の効率至上主義が招く、
異常な社会構造に警鐘を鳴らしています。

米国の食事情を採り上げていますが、
こう云った問題は私たちが住む日本にも、
そのまんまあてはまる部分が多いと感じます。

"知らない間に大きなシステムに組み込まれてしまった私たちが、
今、本当に食べたいものは何か?"語りかけてきます。
私は、今日から一口ごとに世界を変えるつもりで食事をしようと思いました。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ドキュメンタリー長編賞ロバート・ケナー 
□ ドキュメンタリー賞ロバート・ケナー 
□ ドキュメンタリー賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】フード・インク2011/07/30\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】フード・インクレンタル有り
【書籍】
■関連書籍
【単行本】 フード・インク ごはんがあぶない
新品:
3新品:¥ 2,052より   18中古品¥ 299より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION