allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

SOMEWHERE(2010)

SOMEWHERE

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東北新社)
初公開年月2011/04/02
ジャンルドラマ
映倫G
どうしてだろう、
娘との時間が美しいのは。
somewhere Blu-ray
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,380
USED価格:¥ 3,397
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スターと、前妻との娘である思春期の少女との束の間の心のふれあいを綴るハートフル・ヒューマン・ストーリー。主演は「パブリック・エネミーズ」のスティーヴン・ドーフと「バベル」のエル・ファニング。2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。
 ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ。ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”を住まいに、高級車を乗り回してはパーティーで酒と女に明け暮れ、まさにセレブらしい派手な生活を送っていた。しかし、それはいずれも孤独な彼の空虚感を紛らわすだけに過ぎなかった。ある日、ジョニーは前妻と同居する11歳の娘クレオを夜まで預かり、親子の短いひとときを過ごす。それからほどなくして、自堕落な日常へ戻っていた彼の前に、再びクレオが現われる。前妻が突然家を空けるため、今度はしばらくの間、娘の面倒を見ることに。やがて、授賞式出席のためクレオと一緒にイタリアへと向かうジョニーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2014-12-23 00:29:57
【ネタバレ注意】

 「ゴシカ」の大きなビルボード(看板)があった頃だから、2003年だと思うけど、LAをひとり旅したとき、サンセット・ブルーバードをタワーレコードの辺りからハリウッド方面へ向かって歩いたことがあるんだけど、その道すがらでこの映画の舞台であるシャトー・マーモントを見た。もちろん、シャトーの中には入らずに道路から外観を眺めただけだけど、なんかオッシャレ〜なお城だったわ。一度、泊まってみたいもんだ。ZEPが大暴れしたり、ベルーシがおっ死んだりと、話題に事欠かないホテルだけどな。

 まあ、そんなクソの役にも立たない自慢話はどうでもいいんだが、この映画、なんかカワユイのよ。邦題も付けずに原題をアルファベット表記でタイトルにするのは大嫌いだが、そういうスノビッシュなシロモノにもかかわらず、俺はどうもソフィアの気取ったシャレオツ感、嫌いじゃないんだよな。たいした話じゃないんだけど、映像的に惹かれるもんがある。

投稿者:Marie&Marilyn投稿日:2014-11-29 00:42:44
スティーブン・ドーフとエル・ファニングが、ふたりで、プールにもぐっているところが、いい。
この監督さんは、ファザコンなのかしらん。
投稿者:シュレミール投稿日:2014-11-28 23:43:03
言葉になりません。
投稿者:scissors投稿日:2012-06-29 07:19:00
こういうのはせいぜい20分ぐらいまでの短編にしといてくれ
投稿者:徘徊爺投稿日:2012-01-18 19:58:57
なんとなく芸術作品気取りの映画で、間延びしてて退屈だった。

えっ!ここで終わりかい?っていうエンディングだったな。
投稿者:uptail投稿日:2011-10-13 11:02:21
エル・ファニング
投稿者:kuro投稿日:2011-07-02 16:41:21
【ネタバレ注意】

望んでも限られた者しか得ることができない贅沢な暮らし、ホテルスイートに暮らして、美女と酒とスポーツカーの日々。
冒頭に出てくるイタリア製高級スポーツカーはラストにもでてきます。
裕福と快楽の象徴なのでしょう。
そんな男が唯一得ることができなかったのは、子供と妻と暮らす暖かい家庭。
そのことに気づいて後悔する理由は、別れた妻から預かった子どもと数日の遊ぶ日々と別れ際の子供の涙。
たしかに楽しく愛おしかったのかもしれませんが、子育てはそんな楽しい日ばかりではありません。
そこを理解していなくては、いずれまた失敗でしょう。
そこらへんが甘い映画だなと感じました。



投稿者:william投稿日:2011-05-21 08:51:11
【ネタバレ注意】

決して綺麗じゃない愛情に溢れた作品でした。
フーファイターズの「My Hero」やポリスの「So Lonely」、T.レックスの「20th Century Boy」等が効果的に使われてたのが印象的。
あとスコアは2作目からずっと起用されてると言うフレンチ・ポップバンドのフェニックス。
それから主人公がブラック・フラッグのバンドTだったり、SUB POPレーベルのワンポイントが入ったTシャツなどを着てたのもちょっと笑えた。
1作目から変わらずのユーモアにあふれた音楽ネタ満載でした。
それからエル・ファニングがめちゃ可愛かった。
大監督の娘だからというのは関係なしに、本当に監督らしい作品を作る人になったと思いました。
良い作品を映画館で見れたなぁ。

投稿者:mototencho投稿日:2011-04-19 19:38:17
案外女の子の“理想の父親”かもしれないダメ親父と思春期の娘との“絆の物語”。ソフィア・コッポラは自然にVIPの生活が描ける育ちの良さを持っているんだけど、余裕のある描き方こそ彼女の才能の成せる業。
http://mototencho.web.fc2.com/2011/somewhe.html
投稿者:弓原 正彦投稿日:2011-04-19 19:19:37
【ネタバレ注意】

辺りに何も無い野原のような場所で土の道路の上を周回するフェラーリ
何度かの周回ののち男がゆっくりと降ります。
そして大きな唸り声のようなエンジン音と共にタイトル。

映画はその後 延々と淡々と男の彷徨を映していきます。
ハリウッドセレブとしての自堕落な生活
父親として娘との生活
そして最後のあっけないとも言える幕切れ。

男は何処かもわからないような場所でフェラーリを乗り捨て
何処かへと向かって颯爽と歩き出します。
何かを期待させた瞬間に暗転してエンディングとなったとき
思わず鳥肌が立ちました。

フェラーリに乗っていて何処かへ行った様な気になって
何処にも行けないと感じていた男が
フェラーリを捨てて自分で歩き出したときに
初めて何処かへいけるようになったのです。
最初のシーンの問いかけに答える
なんとすがすがしい見事なラストでしょう。
さすがにベネチア金獅子賞と思わせるものでした。

投稿者:RRMN投稿日:2011-04-11 18:59:06
最初の車のシーンからずっと面白かった。悲哀って愛おしい。

今年これを超える映画は観れない気がすると思ったのが観終わって最初の感想でしたね。
投稿者:僕の採点表投稿日:2011-04-10 22:23:06
【ネタバレ注意】

☆☆☆★

ベネチア映画祭金獅子受賞のソフィア・コッポラによる最新作。開巻荒野の一角を何度も走り抜ける一台のフェラーリを執拗にカメラに収めると、主人公の人気映画俳優ジョニー(スティーヴン・ドーフ)が現れる。ホテルの部屋で行われるストリッパーの出張ポールダンスに興じるセクシーな映像もあるが、本物のセレブの娘ソフィアが目撃した空虚なセレブ生活の日常が趣味のよい映像を背景に興味深くスケッチされてゆく。そんな折、別れた妻との間に生まれた11歳の娘クレオ(エル・ファニング)を何週間か預かるはめになったジョニーは、新作のプロモーションにイタリアに旅して娘と2人だけのささやかな日々が訪れる。共演の女優が押し掛けてきて、ホテルの部屋で3人で朝食をなんて、ちょっと気まずい場面もあるが、クレオは何一つ文句も言わずに父親との日々を楽しんでいるように見える。このクレオを演じるのがダコタ・ファニングの妹のエルなのだが、これが天使のような純粋で可憐な美しさの少女で映画全体のムードを支配してしまう。それにしても「ヴァージン・スーサイズ」のキルステン・ダンストといいソフィアの少女趣味の良さには唸らされる。
クレオをサマーキャンプに送り出すことで娘とのささやかな日々は幕を閉じることになるのだが、娘との心温まる時間を過ごすことで空虚な日々に戻ることを捨てたジョニーは、フェラーリを路肩に乗り捨てても娘のいるキャンプ場に向かうのだった。
娘との束の間の日々を通じて大切なものに目覚めた男の物語で、モチーフ的には目新しくな、セレブの娘だった監督自身の実体験的なものが反映しているのが興味深い程度。ソフィアの持ち味は美術・衣装・音楽などといった趣味の良い表層的映像に発揮されており、エル・ファニングの登場は映画史的収穫。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 金獅子賞ソフィア・コッポラ 
□ 若手俳優賞エル・ファニング 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】SOMEWHERE Blu-ray2011/10/05\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】SOMEWHERE2011/10/05\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】SOMEWHEREレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION