allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実(2010)

YOU DON'T KNOW JACK

メディアTVM
放映日2010/10/05
放映時間17:00〜
放映曜日日曜日
放映局WOWOW
製作国アメリカ
ジャンルドラマ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-11-19 22:25:49
ケヴォーキアン医師も、知事に立候補した弁護士も、躍起になって有罪にしようとした検事も、安楽死反対を訴える宗教活動家もと、誰も彼も行動に欠点がある。死を望む患者には彼等の言い分なんて関係無い。
投稿者:MADMAN投稿日:2010-10-09 00:50:32
 とてもテレビ映画とは思えない素晴らしい作品。エミー賞のTVM部門作品賞、主演男優賞を獲っているが、劇場公開すればアカデミー賞を獲っても不思議でない品質。少なくともノミネートは確実。
 アル・パチーノの主演作としても、2000年代では間違いなく一番。
 レヴィンソン静かな演出が良い。それでいて、訴えかけてくるものがある。安楽死処置のとられた患者の名前を強調することで、その患者ひとりひとりが印象付けられる。
 自分の家族が、親が、…、回復不能で延々と続く苦痛に見舞われた時、安楽死を望んだら…。今、本当に見る価値の作品。それにしてもキリスト教原理主義の連中は面倒だなあって、また思ったTVMでした。
 
 福本伸行のマンガ「天」のラストでケヴォーキアンの安楽死装置マーシトロンが出てくる。そして、赤木しげるは自分で死に臨むのだった。
 このTVM見ながら、突然出てきたのでビックリした。余談でした。
投稿者:bond投稿日:2010-10-08 09:33:25
事の可否については永遠に答えは出ないだろう、でも安楽死も医療行為と確信する信念の背景には両親の辛い思いでがあるのだろう。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞(TVムービー/ミニシリーズ) 
□ TVムービー賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION