allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

イップ・マン 葉問(2010)

葉問2
IP MAN 2

メディア映画
上映時間109分
製作国香港
公開情報劇場公開(フェイス・トゥ・フェイス=リベロ)
初公開年月2011/01/22
ジャンルアクション/格闘技/伝記
映倫G
その心と技は、
ブルース・リーに受け継がれた──
イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック
参考価格:¥ 9,504
価格:¥ 7,351
USED価格:¥ 7,124
amazon.co.jpへ

 Photos
イップ・マン 葉問イップ・マン 葉問イップ・マン 葉問

【解説】
 伝説の映画スター、ブルース・リーにとっての唯一の師匠として知られる中国武術“詠春拳”の達人、イップ・マン(葉問)の壮絶人生を、「HERO」「セブンソード」のドニー・イェン主演で映画化した本格カンフー・ムービー。日中戦争時代を中心に描いた第1作に続き、本作では第二次大戦後の香港を舞台に、ライバルとの間に芽生える熱き絆と中国武術の誇りを懸けた決死の闘いの行方を、リアルかつ迫力のカンフー・アクション満載で描き出す。共演にサモ・ハン・キンポー。監督は「SPL/狼よ静かに死ね」のウィルソン・イップ。
 1950年、イギリスが統治する香港。家族と共に広東省佛山より移住してきた詠春拳の達人、イップ・マン。さっそく詠春拳の武館を開いた彼のもとに、血気にはやる若者ウォンが弟子入りする。そんなイップに、香港武術界を仕切る洪拳の師範ホンは武館開設のための掟を告げる。それは、他流派の師範たちの挑戦を受けるというもの。そしてイップは立ちはだかる挑戦者たちを次々と退け、ついにホンとの一騎打ちを迎えるが…。
<allcinema>
【関連作品】
イップ・マン 序章(2008)第1作
イップ・マン 葉問(2010)第2作
イップ・マン 継承(2016)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
429 7.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:maxpit投稿日:2012-03-18 01:56:20
「序章」につづきドニー・イェンの現役カンフー俳優として最速の
アクションがみられる。こちらの方も前作に負けず劣らずの佳作。
ドラマ性と派手なアクションで最後まで飽きさせない。
大御所サモ・ハン・キンポーが登場で、カンフーアクションの見せ場が
ますます増えている。最後のブルース・リーの登場は蛇足だと思うが、
そこは愛嬌(笑)
投稿者:僕の採点表投稿日:2012-03-03 22:43:37
【ネタバレ注意】


☆☆☆★★★

前作で大陸から脱出したイップ・マンは香港で詠春拳の武館を開いているが、ちっとも弟子が集まらず、借りたビルの屋上は洗濯干し場になっているというユーモラスなプロローグで、血気にはやる青年レオンが腕試しにやってきて一番弟子になり、少しずつ弟子が増えてゆくシークェンスが微笑ましい。その弟子が洪拳の武館の弟子とトラブルを起こして港の魚市場で大乱闘を繰り広げるのがまずは最初の格闘の見せ場だが、ここに序章の道場荒しカムがイップ・マンの良き協力者として登場するのが心地良い驚き。香港で武館を開くには各武館の師匠と対決して生き残らなければならないという設定にゾクゾクさせられると、その儀式は小さな丸テーブルを舞台に、香港武館の師匠たちを次々に倒してゆくアクロバティックな技のぶつかり合いがゴキゲンな見せ場。この武館組合を仕切る師匠がホン(サモ・ハン・キンポー)で、ホンや地元の警察署長は町を牛耳る英国人の横暴に腸が煮えくりかえっていたが、英国人のボクサーを迎えた地元のイベントでホンが殴り殺されたことからその怒りは頂点を迎えることに。マスコミを黙らせるために英国人ボクサーと中国武術家との公式試合が組まれ、イップ・マンがホンの弔い合戦を繰り広げるのがクライマックス。エドモンド・ウォンの脚本とウィルソン・イップの演出は前作を上回るカタルシスたっぷりの展開で、日本軍に代わる仇としての占領英国人の愚劣さをこれでもかと描いて、中盤からクライマックスにかけて観る者は映画の中の香港人と一体になってイップ・マンの活躍を応援し、リング上で蹴りを禁じられて追い詰められた主人公が中肋骨を集中攻撃して憎き英国ボクサーを粉砕するシーンでは喝さいを叫ぶほどの興奮を味わうことができる。序章に続き中国人の誇りを守ったイップ・マンが奢ることなく英国人達に対して謙虚さを示す高潔さもこの作品に一貫した姿勢で、ドニー・イェンの無表情に秘めた人格者振りが見る者を瑞々しい感動で包む。序章に続きプロダクションデザイン、青味がかった質感溢れる映像、カンフーシーンの振付とスローモーションを交えたカメラワークが素晴らしく、ホン師匠から警察署長に至るまで香港中国人の心意気が息づいている。川井憲治によるテーマ曲も序章に続き強く印象に残る。最後に少年ブルース・リーが登場するのが御愛嬌。

投稿者:bond投稿日:2012-01-01 14:58:20
前作はストーリー重視だが、今回は格闘シーンが多い。皆一流のカンフースターだから見ごたえあり。ブルースリーのエピソードがほとんどない。
投稿者:kuro投稿日:2011-07-02 16:58:58
お約束、予定調和の香港版ロッキーなのですが、なかなか面白かったです。
一人の武術家が、統治領であった香港のイギリス人と中国人との間の主従関係に楔を打ち込み変えるところまでなるところが、単純に悪ボスを倒すのではないストーリーが、大人が観ても面白く感じるものになっているのでしょう。
昔のカンフー映画のような超人的な部分はかなり影を潜めているのも好ましく感じました。
投稿者:リEガン投稿日:2011-03-17 09:52:59
「SPL/狼よ静かに死ね」のドニー・イェンとサモ・ハン・キンポーの対決は、その決着も含め、驚きに満ちて凄まじかった。詠春拳の達人で、伝説の武術家イップ・マンを描いたこの作品でも、二人は円卓上でスリリングなアクションを展開。随所にアイデア満載の娯楽武闘映画だ。「燃えよドラゴン」の冒頭でブルース・リーにあっさり負けてから40年近く経つが、還暦過ぎてもサモ・ハンの動きは未だに唸らせる。ドニー・イェンも素晴らしい。チョウ・ユンファやアンジェリーナ・ジョリー、水野美紀との共演もある香港映画界の名バイプレーヤー、サイモン・ヤム。特に凄腕のスナイパーを演じたジョン・ウー監督作品での印象が深いが、本作では「序章」に引き続き、これまでにない役柄で出演していて興味深い。
投稿者:タニ投稿日:2011-01-07 23:46:34
【ネタバレ注意】

 日本公開が決まる前、封切りからだいたい一週間後、香港へ観に行った。

 サモハンの武術指導作品として、これは最高傑作と呼んでもおかしくないと思われます。
 香港映画における武術指導とは単なる動きの振付だけでなく、カメラワーク等も含む。そう考えると、やはりすごいんですよ。本作のアクション演出は。いわゆる「武術家」の設計するアクションであることは勿論、「映画屋」の設計するアクションなんですよね、サモの場合。両立している。
 功夫vs功夫 で見せる速さと美しさ。そして終盤、
 功夫vsボクシング となった際の興奮!!
 リングのマットの上で行われる、功夫vsボクシングの異種格闘技戦が観れるわけで、演武で見ていた功夫の型が実戦でどう使われるのか、どう払うのか、どう打つのかが、サモ独特の痛みを伴った演出で見ることができる。
 しかも、対するのがボクシングであるため対比の振り幅は大きく、映画としての「画」のおもしろさに満ちている。ボクシングのステップに対する功夫の摺り足。拳を打つスピードと一打の威力に技術を集約させたボクシングに対し、手も出て足も出て関節技も何でも来いの、体全体を使った中国功夫の格闘技としての純粋なおもしろさが、これでもかと際立つ。いやいや、これはおもしろい。

 基本的に映画の構造は一作目と同じ。
 ささやかな幸せがあり、葉問の人徳と人々の笑いがあり、それらを脅かす外国人に対し、葉問が中国人の誇りを背に(今回は香港人の気概も存分に)立ち上がる。
 だが、一つ一つの要素の充実度がぐっと増している。人情喜劇に笑い、人情劇にホロリ、そしてアクション活劇にハラハラ。そのその一つ一つの満足度が、前作より大きく感じられた。葉偉信(ウィルソン・イップ)の演出も奇をてらわず、オーソドックスに撮りあげる。その分、じっくりと浸れる。この充実感、その理由は、香港の満員の映画館で観れたこと、それだけではないと思いますよ。

http://moviearth.at.webry.info/201005/article_4.html

【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】イップ・マン 葉問レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION