allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

まほろ駅前多田便利軒(2011)

メディア映画
上映時間123分
製作国日本
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2011/04/23
ジャンルドラマ/コメディ
映倫G
カムバック、しあわせ

お困りごとは
アフターケアも
万全の
多田便利軒へ。
まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,618
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

 Photos
まほろ駅前多田便利軒まほろ駅前多田便利軒まほろ駅前多田便利軒まほろ駅前多田便利軒

【解説】
 第135回直木賞を受賞した三浦しをんのベストセラー連作短編集を「ディア・ドクター」の瑛太と「誰も守ってくれない」の松田龍平の共演で映画化したヒューマン・コメディ。東京のはずれにある“まほろ市”で便利屋を営む真面目な青年・多田とふらりと現れた同級生・行天が、奇妙な共同生活を送りながら様々な依頼をこなす中で、自らの苦い過去と向き合い再生していく姿をユーモアを織り交ぜ綴る。監督は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の大森立嗣。
 東京のはずれ、まほろ駅前で便利屋を営むしっかり者の青年、多田啓介。ある日、中学時代の同級生、行天春彦と出会う。見るからに風来坊然とした行天は、いきなり“今晩泊めてくれ”と言い出す。一晩だけと渋々了承した多田だったが、結局そのまま居座られ、奇妙な共同生活が始まってしまう。そんな2人は、まほろに暮らすひとクセもふたクセもある依頼者たちを相手に、飼い主の居なくなったチワワの引受先探しや、生意気な小学生の塾の送迎といった仕事を淡々とこなしていくが…。
<allcinema>
【関連作品】
まほろ駅前多田便利軒(2011)映画版
まほろ駅前番外地(2013)TVシリーズ
まほろ駅前狂騒曲(2014)映画版第2弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:だ。投稿日:2015-09-06 08:35:35
とってもいいバディ・ムービーなのですが、『鴨とアヒルのコインロッカー』
のイメージを払拭できない。 瑛太と龍平を逆にしたら!…ってダメですよね。(笑)
投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2013-02-03 16:13:12
それが?と思うようなのが後半で伏線とわかったり
なかなかの筋で、最後まで楽しめた。
スーパーヒーローじゃない、解決しない事があったり。
ナメてました。すいません。
でも、フランダースの犬か。名作かなあ
投稿者:uptail投稿日:2012-10-20 09:32:05
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:6
投稿者:ASH投稿日:2012-09-03 22:12:02
【ネタバレ注意】

 原作のことは置いといてだなぁ、なんかこぉ、70年代に日テレあたりでやってたTVドラマみたいなノリがあって、俺はこういうの好きなんだよな。龍平ってのは、文字通り優作の遺伝子を受け継いでいるわけだから、何やっても70年代の匂ひがするんだよ。翔太くんはそんなことないんだけど。

投稿者:nabeさん投稿日:2012-08-19 23:51:50
瑛太と松田龍平主演のヒューマンコメディである。
自立して駅前で便利屋をやっている多田啓介と、ふらりと現れた幼馴染の行天春彦の奇妙な共同生活を日記風に綴る。当然そこには個性的な連中がこれでもか、と登場するが、彼らによってこの二人は決してブレない。一見何も考えていないように見える行天でさえ、実はしっかり自分を持っているところが次第に分かってきたりして小気味良い。
とにかくこの作品のウリは、瑛太と松田龍平の演技派二人につきるだろう。ワケアリの二人が、お互いの過去を知るにつれて次第に離れられなくなる。本当に二人の寂しさが観客にじーんと伝わって来る。こんな地味な作品をキラリと光る佳作にしてしまえる若手俳優はなかなかいないものだ。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-06-19 14:38:27
松田龍平の演技って 独特だなあ。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-05-13 22:21:03
瑛太・龍平コンビと他のキャラの絡みをもっと深く描いて欲しかった。続編がドラマ化されてたが、原作自体がドラマ向きだと思う。
投稿者:maxpit投稿日:2012-05-12 12:34:21
一見、良識派の多田と、ひねくれ者の行天のコンビがなかなかいい感じです。
瑛太と松田龍平は共演も多く、プライベートも親しい間柄ということで、
二人の共同生活は、とても自然な雰囲気が出た演技だったと思う。
三浦しをん原作の直木賞授賞小説を映画化だが、小説の方もかなりいいと聞く。
前後するが、これを期に是非、読んでみたいと思う。
二人とも過去に、大きな負の部分を抱える若者。現在も、行く先の見えない
ままの状態である。二人だけでなく、まほろに住む、様々の人たちも、
それぞれ陰の部分と関わり、それでも一所懸命に明を求めて生きようともが
いている。概して、暗くなりがちなテーマだが、松田龍平の父さんの名台詞
「なんじゃ、こらぁ!」のシーンに見られるようなユーモアも交え、重くなり
すぎない演出となっている。TVドラマ化でも似合うような(笑)
投稿者:popoya投稿日:2011-04-26 16:01:13
【ネタバレ注意】

瑛太くんが「なんじゃゃぁ、これ〜」と言ったのに、「似てね〜」と龍平君が言ったとこ。わかる人にしかわからないセリフ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10第5位
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION