allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ネスト(2009)

THE NEW DAUGHTER

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(プレシディオ)
初公開年月2011/01/22
ジャンルサスペンス/ホラー
映倫G
それは“奴ら”の巣窟(ネスト)だった…。
ネスト [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 1,719
USED価格:¥ 979
amazon.co.jpへ

 Photos
ネストネストネストネスト

【クレジット】
監督:ルイス・ベルデホ
製作:ポール・ブルックス
製作総指揮:スコット・ニーマイヤー
ノーム・ウェイト
原作:ジョン・コナリー
脚本:ジョン・トラヴィス
撮影:チェコ・バレス
プロダクションデ
ザイン:
クリス・シュライヴァー
衣装デザイン:デイナ・キャンベル
編集:トム・エルキンズ
ロブ・サリヴァン
音楽:ハビエル・ナバレテ
出演:ケヴィン・コスナージョン・ジェームズ
イバナ・バケロルイーサ・ジェームズ
ノア・テイラーエヴァン・ホワイト教授
サマンサ・マシスカサンドラ・パーカー
ガトリン・グリフィスサム・ジェームズ
ジェームズ・ギャモンロジャー・ウェイン
エリク・パラディーノエド・ロウリー巡査
サンドラ・エリス・ラファーティアムワース夫人
マーガレット・アン・フローレンスアレクシス・ダネラ
クリストファー・ハーヴェイリック・ロス
【解説】
 アイルランドの作家ジョン・コナリーの短編小説をケヴィン・コスナー主演で映画化したサスペンス・ホラー。愛する娘を守るべく、太古から地中に生き続ける謎の魔物たちに立ち向かっていく男の姿を描く。共演に「パンズ・ラビリンス」のイバナ・バケロ。監督は「REC:レック/ザ・クアランティン」の脚本を手掛け、本作が長編監督デビューとなるルイス・ベルデホ。
 妻と離婚後、思春期の娘ルイーサと7歳になる息子サムと3人で新天地に引っ越し、心機一転を図る小説家のジョン。やって来たのは自然に囲まれた古い一軒家。周囲を散策していたルイーサは小高い丘を見つけ興味を惹かれる。以来、ルイーサは夜になると家を抜け出し、泥だらけになって帰ってくるようになる。娘の異常行動を心配し独自に調査を始めたジョンは、やがて、その屋敷のかつての住人と、側にある謎の塚に秘められた恐るべき事実に辿り着くのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-04-09 20:28:26
コスナーは娘と息子の3人で大きな家に引っ越して来る。
広大な土地にある塚を見つけた長女のルイーサは、憑かれたように気に入ってしまい夜中に抜け出し泥だらけで帰って来るようになる。
コスナーはルイーサを外禁にするが、飼い猫が死骸となり発見され、コスナーはその家の曰くを聞いてしまい・・・。

K・コスナーデヴュー30周年記念作品。
雰囲気はオカルトっぽいが後半はモンスターホラーに変わるのが特徴。
作品自体は決して面白いものではなく108分のランタイムが長く感じるのが残
念。
劇場公開は直ぐに終わったらしく、DVDでの鑑賞だがシネスコが大作感を表しているが、5.1chはもう一つ。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-02-21 12:18:58
風景や室内はとてもきれい。コスナーも二人の子供もとてもよかった。でも終わり方に救いがなさすぎ。何とかならなかったの?https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:bond投稿日:2012-02-21 08:30:32
【ネタバレ注意】

「サイン」と感じが似てるがこっちは、地底人。「ディセント」の延長線上的な作品で、終わり方が後味悪い。ケヴィンもなんか、落ち目だなー。

投稿者:uptail投稿日:2011-10-03 09:25:32
ケヴィン・コスナー
投稿者:kopi投稿日:2011-09-11 23:55:59
警官が目の前でさらわれて、先生が首を切られていて、クリーチャーを目のあたりにする
で、何でそんなに普通なの?

パニクった演技ができないから下降線なんだよ、コスナー君
若い頃はかっこよさだけでももったけど…
投稿者:なちら投稿日:2011-08-04 22:26:41
【ネタバレ注意】

自然風景の捉え方が美しく印象的で、原作はどうだか知らないが、塚に潜む「何か」は
実体の無い霊的な物にしてくれた方がシックリしそう。
いかにも地底人チックなモンスターが小さな塚から出て来ても怖さ半減だし、
崇拝の対象や神的な存在とは思えないなぁ。

子供との関係に奮闘するK・コスナーは全然ヒーローしてなくて普通のお父さん。
けど、息子との別れや、逃げられたのに娘を置いて行かなかった部分はカッコ良かったよ。

投稿者:namurisu投稿日:2011-05-19 12:47:28
映画とは認めない。テレビドラマだ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ネスト2011/05/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ネストレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION