allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

悲しみのミルク(2008)

LA TETA ASUSTADA
THE MILK OF SORROW

メディア映画
上映時間97分
製作国ペルー
公開情報劇場公開(東風)
初公開年月2011/04/02
ジャンルドラマ
南米ペルー近現代史の悲劇が生んだ一人の女──ファウスタ。彼女の歌声と秘密、そして旅立ちを、鮮やかに描きだす。
悲しみのミルク [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 4,527
USED価格:¥ 1,950
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 2009年のベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞に輝いたヒューマン・ドラマ。80年代にテロの恐怖と混乱が渦巻いた南米ペルーの歴史を背景に、その悲劇と傷跡を母より受け継いでしまった一人の女性の過酷な日々と再生への希望を寓話的に綴る。主演は新人、マガリ・ソリエル。監督はこれが長編2作目のクラウディア・リョサ。
 ペルーの貧しい村。死を目前にした一人の老女が歌っていた。それは、テロの時代に彼女が味わった壮絶な恐怖と苦しみの記憶。やがて老女は息を引き取り、娘のファウスタが一人残された。母親の苦しみを母乳から受け継いだと信じるファウスタは、成長した今も恐怖のために一人で出歩くこともままならない。しかし、母を故郷の村に埋葬したいと願う彼女は、その費用を稼ぐため、街の裕福な女性ピアニストの屋敷でメイドの仕事を始める。恐怖心を紛らわせるため即興の歌を口ずさむファウスタ。その歌に興味を持ったピアニストの提案で、一曲歌うごとに真珠一粒と交換するという約束を交わすファウスタだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:maxpit投稿日:2012-06-09 17:14:48
【ネタバレ注意】

2009年ベルリン国際映画祭、金熊賞受賞作品。
ペルー映画なんて初めて見た。初っ端から、かなりショッキングな
内容を歌詞にした歌を老女が口づさみ。次は、鼻血を流したその娘の
唖然とするような医者の診察結果...
これは、1980年代のゲリラ戦争、ペルー近現代史を先に知っていない
と異様な映画に思えてしまう。テロの時代に屈辱的なレイプを受けた
母親が、その恐怖を歌にして娘に聞かせ、母乳によって母親の苦しみ
を受け継いだと思い込んだ娘は、常に男性からの恐怖におびえ、凌辱
を牽制するため、ジャガイモを膣にずっと入れ続けているというのだ。
その母が死に、故郷の村に埋葬したいと思う娘は裕福なピアニストの
元でメイドの仕事をすることになる。ここからは、彼女が母から受け
継いだ呪縛を解き、新たな人生への再生の話となっていくのだが、ペ
ルーにおける貧富の違い、生活状況、結婚式のやり方など非常に興味
深く見られる。感動するというタイプの映画ではないが、痛々しい女
性が、少しづつ歩き出す姿には深い感銘を受ける作品だ。

投稿者:kuro投稿日:2011-07-18 19:12:48
【ネタバレ注意】

レイプ犯が気持ち悪さと悪臭で、犯意を喪失させることを目的にジャガイモを常に膣に挿入している若い未婚の処女の娘。
性器から飛び出したジャガイモの芽をハサミで刈ります。
当然に体を壊し命の危険すらある状態になります。
この何とも衝撃的でおぞましいジャガイモが、恐怖と愛の両方を象徴することになるとは思いもよらない展開でした。
いや、この映画のなかでジャガイモはもっと深い意味があるのかもしれません。
ペルー国民に多くの犠牲を強いることになったテロからの復興と労働の価値の本質を意味しているかもしれないです。
毛沢東派のセンデロ・ルミノソの大虐殺から20年、ペルー国民にも知らない若い世代が増えるなかで、その傷を継承してしまった人々がいることを、この映画は言いたかったのかもしれません。
重いテーマを扱った映画なのですが、それをさりげなく非常に身近なもので象徴して、わかりやすく簡潔に描いています。
そのために歴史や政治なんぞ知らなくとも、誰でも感銘できる映画になっています。
すばらしい一本でした。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 外国語映画賞 (ペルー)
■ 金熊賞クラウディア・リョサ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】悲しみのミルク2012/05/03\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】悲しみのミルクレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION