allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

大鹿村騒動記(2011)

メディア映画
上映時間93分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2011/07/16
ジャンルコメディ/ドラマ
映倫G
大鹿村騒動記【DVD】
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,300
USED価格:¥ 2,151
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 300年ものあいだ守り継がれてきた“村歌舞伎”が存在する長野県の小さな村“大鹿村”を舞台に、公演を5日後に控えた村で巻き起こる悲喜こもごもの騒動を原田芳雄主演で描くヒューマン群像コメディ。監督は「どついたるねん」「行きずりの街」の阪本順治。
 長野県下伊那郡、大鹿村。南アルプスの麓に位置するこの小さな村は、300年以上の歴史と伝統を誇る村歌舞伎が自慢。シカ料理店を営む風祭善は、その大鹿歌舞伎の花形役者。しかし実生活では、かつて女房の貴子に逃げられて以来、寂しい一人暮らしの日々。そんな中、村ではリニア新幹線の誘致を巡って喧々囂々、公演が5日後に迫っても、善以外はなかなか稽古に身が入らない。するとそこへ、貴子が駆け落ち相手の治と一緒に戻ってきた。しかも治は、認知症を患った貴子を持て余し、善に返すと言い出すのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2017-11-02 21:49:05
グッバイ 原田芳雄。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-04-24 10:47:55
思ったほど活気は感じられず。思ったほどの騒動にもならず。思ったほどの喜劇でもなかった。長野県の寒村、大鹿村。脈々と守られた300年の伝統歌舞伎。それがあってこそ全てが始まり、全てが終わる。ごちゃ混ぜの騒動にならず、意外にも、こざっぱりと纏め過ぎてしまったか。三國連太郎氏、原田芳雄氏、亡くなった方々のご冥福を祈ります。
投稿者:FFF投稿日:2013-03-13 21:32:58
大楠道代かわいいなあ。
原田さん最後に原点の見世物に戻ったのかな。
主題歌も泣かせるね。
投稿者:uptail投稿日:2012-08-20 10:38:16
演出:6
演技:7
脚本:5
音響:6
投稿者:maxpit投稿日:2012-08-18 23:52:41
名優、原田芳雄の遺作。彼は本作で日本アカデミー賞の主演男優賞を受賞
しているが、正直、70〜80年代の野性的、かつ個性的な魅力にあふれた彼
が最高だったと思う。彼のほか、かなりの豪華キャストであるが、各人、
円熟した演技で安心して見られとはいえ、新たな発見というものは特にな
かった。原田芳雄と大楠道代と言えば鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイ
ゼン」の強烈なイメージが強すぎるため、何かを期待してしまうのだろう
か?(笑)それでも、役者を生かしつつ、そつなく話をまとめる阪本順治の
演出はまずまず。傑作とは思わないが、平均点以上はあげられるかな?
投稿者:nabeさん投稿日:2012-05-12 00:27:21
原田芳雄の遺作である。
主演が原田芳雄、大楠道代、岸部一徳という実にシブイ作品であるが、そこはちゃんと瑛太や松たか子を登場させて若い観客への配慮も見せている。が、結果は必要なかったと思う。それぐらいこの三人のドラマが楽しいのだ。
長野の山間にある小さな村の、村歌舞伎の公演をめぐる年寄り連中のドタバタもイイ。その歌舞伎シーンは、主演の三人は言うに及ばず、石橋蓮司、小倉一郎、でんでんといった達者なベテランたちのおかげで、なかなかの出来である。山の景色も美しい。
日本アカデミー賞は、本作で原田芳雄に主演男優賞を贈っているが、いささか遅きに失した感は否めないだろう。惜しい俳優を亡くしたものだ。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-05-10 12:03:06
亡くなった原田芳雄には悪いけど、彼と大楠のエピソードが大鹿歌舞伎にきちんと絡んでいないのは劇映画としてどうかと思った。大楠は途中まで心を閉ざした女性にすれば充分だし、歌舞伎のシーンも中盤から始まるのでクライマックスとも言えないし、他の村人やリニアのエピソードも全然機能して無い。大鹿村に生きる人を知りたければ「小さな旅」か「新日本紀行」を観た方がいいと思う。星二つ半。
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-02-06 01:05:55
ようやく観ることができた。いうまでもなく原田芳雄の遺作。若手・ベテランの豪華な配役、何より原田芳雄が実に楽しそうに演じているのが印象的。尖った無頼のイメージが強かった彼は、中年以降、演技の幅を大きく広げ、コメディからこわもてまで、自在に演じて見せたが、ここでは何ともおかしみを含んだ老齢の男を演じる。
大鹿歌舞伎は18世紀から続く実在の無形民俗文化財だが、舞台に立って見得を切る原田芳雄は、まさに一世一代の平景清を演じているように思えた。
原田芳雄のもとから岸部一徳と駆け落ちした貴子役を演じた大楠道代といえば鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』(80年)での共演が強烈に記憶されているが、それぞれ老境に差し掛かってこんなコメディで共演するなんてまさに映画の妙だ。
楽しそうに演じる原田芳雄の姿に心を打たれた。
投稿者:陸将投稿日:2011-10-25 00:23:01
「大鹿歌舞伎」は長野県の大鹿村で今も実際に継承されている伝統である。
この村における「歌舞伎」の存在意義は計り知れない。
300年もの間、中断せずに上演され続けているということ以上に、顔なじみの人々が素人俳優として演じることに意味があると思う。
それはまさに「虚実皮膜」の世界である。

他者を「演じる」ことは、相手に何かを伝えたり、自分や他人の人生を変えることができる。
それは歌舞伎に限らず、映画も含めたフィクションの力である。
だからこそ、登場人物が歌舞伎を演じることで、劇中の観劇している人々に何かを伝え、さらに彼らを映した画面を観ている我々もそこから何かを感じ取る。
それこそが映画が持つ「可能性」だと思う。

本作で阪本順治はその可能性に寄り掛かった演出をしている。
映画が持つ力と役者の演技に頼りっぱなしの演出は、言い換えれば「無責任」「放任」演出と見えなくもない。
本来ストーリーテリングが巧みでない監督ではあるが、本作でも物語の粗さは見受けられる。
ただし、本作に限って言えば、役者を伸び伸びと演技させる環境を作り上げた点で、監督としての役割は十分果たしている。
それほど役者陣が素晴らしい。

本作では「駆け落ち」「親友の裏切り」「戦争の後遺症」「認知症」「性同一性障害」など、掘り下げれば深刻になりそうなテーマが散らばっている。
だが、それらは登場人物の克服すべき壁として、いい意味で表面的に触れられるだけだ。
だからこそ、本作はネガティブな湿っぽさではなく、ポジティブな笑いが充満している。
過去を引きずる人々の物語でありながら、フラッシュバックは一切ない。
まさしく、そこにいる役者の演技力や魅力のみで見せていくのだ。

特に本作が遺作となってしまった原田芳雄の存在感が素晴らしい。
彼にとっては考えてみれば、決して許されざる話であるにもかかわらず、最終的には全てを受容してしまう人間的な器の大きさ。
「オレはそんなチマチマした小せえ男じゃねえよ!」と笑い飛ばしてしまうような寛大さ。
どこか抜けていて、鈍感であるにもかかわらず、結局頼りになる男。
物語上は強引な結末であるにもかかわらず、「原田芳雄」という存在だけで、説得力を持たせることに成功している。

彼を初めとして、邦画界の重鎮たちが喜劇を本当に楽しそうに演じている。
そんな姿を観ているだけで、観ているこっちにも幸せが伝播してくる。
そのような体験こそ映画が持つ「可能性」だと改めて感じる。
投稿者:江川良名投稿日:2011-07-27 00:51:40
先日亡くなった原田芳雄の遺作。映画の中では、いつもの元気な原田芳雄であり、遺作である事を微塵も感じさせない。自らの企画の映画化だそうで、この作品で役者人生を終えたことは、彼にとっては幸せだったに違いない。「ツィゴイネルワイゼン」で共演した大楠道代、「竜馬暗殺」で共演した石橋蓮司、「どついたるねん」で組んだ阪本監督と縁のあるメンバーに囲まれて、実に楽しげに演じている。「祭りの準備」で初めて観た時と、本当に印象が変わらない役者さんでした。合掌。
投稿者:リEガン投稿日:2011-07-20 12:36:42
平成23年7月19日、原田芳雄永眠。本作の公開を待ったかのようだ。村歌舞伎と言う『芸の原点』に触発されて切望したその企画は、低予算でタイトなスケジュールでの制作ながら、贅沢なキャストと“日本で最も美しい”大鹿村を得て、力強く素晴らしい見得を切った。遺作は惜しまれるが、見事な幕引きでもあろう。どうぞ安らかに。
投稿者:ゆうh投稿日:2011-06-19 17:57:42
個性的な名優たちの演技がうまく調和していて、大変楽しめました。ほのかな笑いがとても良かったです。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 ■ 主演男優賞原田芳雄 
 □ 助演男優賞岸部一徳 
 □ 監督賞阪本順治 
 □ 脚本賞阪本順治 
  荒井晴彦 
 □ 撮影賞笠松則通 
 □ 照明賞岩下和裕 
 □ 録音賞照井康政 
【サウンド】
『太陽の当たる場所』
歌 :忌野清志郎
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】大鹿村騒動記2012/01/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】大鹿村騒動記レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION