allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

月光ノ仮面(2011)

メディア映画
上映時間102分
製作国日本
公開情報劇場公開(角川映画)
初公開年月2012/01/14
ジャンルドラマ
映倫G
俺はいってぇ誰なんだ――
月光ノ仮面 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,630
USED価格:¥ 400
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:板尾創路
製作:岡本昭彦
椎名保
白石泰史
宮路敬久
製作総括:白岩久弥
エグゼクティブプ
ロデューサー:
水谷暢宏
プロデューサー:野中雅弘
菊井徳明
小西啓介
島澤晋
ラインプロデュー
サー:
橋本淳司
脚本:板尾創路
増本庄一郎
撮影:岡雅一
美術:福田宣
衣裳:宮本まさ江
照明:松隈信一
録音:久連石由文
ポストプロダクシ
ョンプロデューサ
ー:
篠田学
落語指導:鈴々舎馬桜
出演:板尾創路
浅野忠信岡本太郎
石原さとみ弥生
六角精児森乃家金太
矢部太郎森乃家福次郎
柄本佑森乃家笑太郎
千代将太森乃家天助
佐野泰臣森乃家小天
木下ほうか椿家詩丸
金橋良樹
福田転球
腹筋善之介
沖田裕樹
大川ひろし
迫田孝也
コッセこういち
木村祐一平尾小隊長
宮迫博之神楽文鳥
川下大洋
アイハラミホ。
ドクター中松
國村隼席亭
宮内知美
ジジ・ぶぅ
津田寛治熊倉隊員
根岸季衣岡本孝子
平田満達造
前田吟森乃家天楽
声の出演:冨永みーな
【解説】
 「板尾創路の脱獄王」で映画監督デビューを飾った人気お笑い芸人・板尾創路の監督第2作。そそっかしい男が行き倒れて死んだ自分の死体と対面するというシュールな展開を描いた古典落語の人気演目『粗忽長屋』をモチーフに、一人の復員兵が戦死した落語家と間違えられたことから巻き起こる摩訶不思議な物語を、シュールかつダークなタッチで綴る。主演は板尾創路と浅野忠信、共演に石原さとみ、前田吟。
 昭和22年。怪我のため顔中に包帯を巻いた復員兵が寄席に姿を現わす。その所持品から、どうやら森乃家天楽師匠の弟子で、戦前人気を博し将来を嘱望されながらも戦死したと思われていた落語家の森乃家うさぎと判明する。しかし、男は一切の記憶をなくしていた。師匠とその娘で、うさぎと将来を誓い合った弥生は、男を温かく迎え入れ、記憶を取り戻す手助けをしていく。高座にも復帰し、人気も出始めた頃、もう一人の男が戦地から帰還する。その男こそ、本物の森乃家うさぎだったのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2013-01-16 08:48:30
「脱獄王」の出来はよかったが、今回はオチでだいなし。監督松本人志の悪い影響を感じる。
投稿者:賭侠投稿日:2012-10-27 00:30:08
「脱獄王」に続き今回も終始無言の板尾。
映画がスタートしてから面白そうな雰囲気を出すも、ドクター中松の登場によりその期待は全て打ち砕かれ、意味不明なラストが待ち受ける。

投稿者:maxpit投稿日:2012-07-01 23:27:48
前作の「脱獄王」は、お笑い芸人、板尾創路が好きか嫌いかで分かれる
タイプの作品だった。今回の作品は、それを通り越して彼の感性につい
ていけるかどうかまでになっている(笑) よりいっそう松本人志化して
きたのかな?(笑) おそらく板尾がこの映画で何をやりたかったのか正確
に理解できた人はほとんどいなかったのでは?
ドクター中松や裸の太った女などの登場シーンなどほとんど意味ないし。。
極めつけはラストのオチ。シュールでアートな自分を演出してみたかっ
たのか? 板尾氏は芸人とクリエイターとの感性を混同してないかな?
クリエイターには、観客のほうから歩み寄りたくなるものがあるけど、
芸人は自ら観客に歩み寄らなきゃならない。個人的には、映画全体に
俺の感性についてこい的な演出で、うんざり感でいっぱいになってしま
った。そんな中でも、石原さとみのマジでやってる演技が特に痛々しく
印象には残った。
投稿者:すぷらっ太投稿日:2012-02-02 01:02:33
ジャック・タチとデヴィッド・リンチを掛け合わせて、映画的な面白さを
全部削ぎ取ったような映画。笑いも映像美もほとんどないし、石原さとみの
ヌードだって拝めない。小汚いデブ女のヌードは拝めますけどね。
いやそんな映画、誰が見るんだよって思いますが、でもなぁ、なんかひっかかる
映画なんだよなぁ、これ。

というのも、すべては衝撃的なラスト(サゲというべきか?)のせい。
なまじラスト近くまで起伏のない展開が続くだけに、そのビックリ度は
ハンパじゃない。これがまた、物語に散りばめられた謎の解答になっている
ような、なっていないような、あるいは単なるギャグのような、なんだか
やたらと心にしこり残すラスト。H・G・ルイスに近いような感じ。

あんまり気になったもんだから、この監督の次回作があるんなら観たいもんですが、
こんな映画撮ってるようじゃ次はないよなぁ…。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】月光ノ仮面2012/06/06\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】月光ノ仮面レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION