allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハンナ(2011)

HANNA

メディア映画
上映時間111分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2011/08/27
ジャンルサスペンス/アクション/ドラマ
映倫G
16才、罪を知るには若すぎる。
ブルーレイ2枚パック  ウルトラヴァイオレット エクステンデッド版/ハンナ [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 13,550
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが、アカデミー助演女優賞候補となった出世作「つぐない」のジョー・ライト監督と再びタッグを組み、冷血な美少女アサシン役で新境地に挑んだサスペンス・アクション。元CIA工作員の父親によって殺人マシーンとして育てられた16歳のヒロインが、やがて父のもとを離れてヨーロッパ各地を旅しながら自らの宿命と向き合い、一方で父娘を執拗に追うCIA女性捜査官が送り込む刺客との壮絶な戦いを繰り広げていく姿を、迫力の格闘アクションとともに描き出す。共演は「ミュンヘン」のエリック・バナと「エリザベス」のケイト・ブランシェット。
 元CIA工作員の父にフィンランドの山奥で人知れず育てられた16歳の少女、ハンナ。幼い頃から格闘技をはじめあらゆる戦闘テクニックを叩き込まれ、ついにその戦闘能力は父をも凌ぐまでになっていた。そして、父のもとから旅立つことを決意したハンナ。父はそんな娘に、かつての同僚であるCIA捜査官マリッサに命を狙われる、“彼女に殺されるか、お前が殺すかだ”と忠告するのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
25 2.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2014-04-07 15:35:46
主人公・ハンナはきっと敵のアジトから逃れた後も独りで生きていけたろうが、途中で出会うジェシカ・バーデン扮するソフィーとの出会いがとても大事だったろうと思う。
いつの時代も、人生の窮地を救ってくれるのは、こういった些細なことには動じず、無償の友情を施す人間だ。

ボクは、主人公よりもソフィーという女の子の存在に大きく心を揺さぶられた。

小さい役だが、ジェイソン・フレミングもオリヴィア・ウィリアムズも良かったと思う。

横軸に進んでいくストーリーよりも、いろいろ寄り道をして出会う人々が良く、それが強く印象に残った。
投稿者:つむじまがり投稿日:2013-04-26 22:27:26
【ネタバレ注意】

序盤誰なのか分からんかったけど、散髪したらエリックバナか。
シアーシャ・ローナンが可愛くてずっと見ていられるけど、テンポが悪いというか話がそれがちで、そういうエピソード盛り込むならもっと組織のシーンがあってもいいんじゃないの?みたいな。
悪役のケイトブランシェットも新鮮みが無く。
ちょいちょい人の機微を思わせるシーンがあってこの監督の感性すきだなと思って調べたら、つぐない、プライドと偏見のジョーライト監督だったとは。意外。
ケミカルブラザーズの音楽はいい。

投稿者:namurisu投稿日:2012-11-24 13:30:59
おそるべき、ワンパターン!DNA操作された肉食系アブノーマル兵士。敵を矢&銃弾2発。2,3,4,5…と、走れ!
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-10-24 20:24:10
ジェイソン・ボーン物ともジャームッシュ映画とも付かないどっちつかずの作品。「つぐない」を別にすれば、シアーシャ・ローナンは作品に恵まれてない(胸も)。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-10-08 23:13:51
ケミカルブラザーズの曲に合わせて クールな少女が
暗殺者として活躍するストーリーかと思いきや・・・・・・あれあれれ?
投稿者:nedved投稿日:2012-07-25 20:37:27
シアーシャ・ローナン ケイト・ブランシェット
投稿者:bond投稿日:2012-07-20 08:26:04
アクション性とドラマ性のバランスが悪く全体的にギクシャクしてる。中盤までは面白いが基地脱出してからがいまいち。でも、そこそこ楽しめる。
投稿者:ASH投稿日:2012-07-16 19:21:11
【ネタバレ注意】

 スゲェ、酷評の嵐じゃん! まあ、それはともかく、コミック的という表現は正しくないが、案外、オモロかった。畑違い、大いにケッコー! 女闘美アクションが好きな連中にはモノ足んないかもしれんが、キリッとしたハンナの瞳がカッチョよかった。とりあえず、怪気炎が上がる前に急いで鑑賞!!

投稿者:賭侠投稿日:2012-07-06 23:44:06
映画のトーンは暗いしテンポは悪いし、おまけに収録時間が長いから見てるのがツラかった。
こんだけの苦痛を味わわせておいてラストに見せたあのオチはふざけてるとしか言いようがない。
本編開始して1時間30分頃から1時間37分までの7分間がこの作品のピーク。

ケイト・ブランシェットは見ていて非常にムカついた。
投稿者:kopi投稿日:2012-05-14 20:56:06
アホくさ〜
もっともらしくコメントしている人が滑稽に見えてくるほどです。
なんなの?この映画
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-02-14 23:16:40
ちょうど日本で公開されたときにタイ国際航空で見ました。いい時代になったもんです(と言っていいのかな)。

ベルリンでのロケがよかったかなと思います。個人的にはシアーシャ・ローナンは好きですが、この映画の主人公役は…。評価が分かれるところですかね。でも私は彼女のようなすらりとした女性が好きです。http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:uptail投稿日:2012-01-20 09:29:13
ケイト・ブランシェット
投稿者:陸将投稿日:2011-09-01 21:52:30
【ネタバレ注意】

父親が教育によって娘を兵器のように仕立て上げると言えば、「キック・アス」(10)を思い出させる。
しかし、この2作品には雲泥の差がある。
何故本作はこんなにも魅力に欠けているのだろうか。

本作の主演はシアーシャ・ローナン。
「キック・アス」のクロエ・モレッツと共に、若手女優の注目株であろう。
今まではどちらかというと、彼女の瞳から発せられる透明感や清純さが魅力であった。

彼女が演じるのは、サバイバル能力に長けるが、他の事については無知である少女だ。
そんな彼女が森を抜け、初めて触れる文明の数々に恐れおののく場面は面白い。

だが、そんな彼女が友情や恋愛や家族愛を経験するという展開は、あまりにもありきたり過ぎる。
しかも、他の人間との交流もごくごく表面的で、この少女が成長することはない。
各キャラクター描写が薄いからこそ、この物語に入り込みづらいと感じてしまう。

さらに、ジョー・ライトのアクション演出も冴えない。
スタイリッシュ路線を狙っているのは分かるが、スピード感の感じられないカット割りや、けたたましく鳴り響く音楽に、観ているこっちが歯痒くなる。

サスペンス要素も本筋と上手く絡まってこないので、せっかくのケイト・ブランシェットも生かされてこない。
オープニングを髣髴とさせるエンディングも、上手く収めましたという作り手の自己満足にしか感じられない。

「つぐない」(07)という大傑作を撮ったライトだが、アクションというジャンルは畑違いだということを、ただ露呈しただけの残念な作品である。

投稿者:リEガン投稿日:2011-09-01 14:38:50
「つぐない」「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが大変身。彼女は頑張っているけれど、お話がこれでは辛かった。長廻しのアクション・シーン
は悪くないし、ケミカル・ブラザーズの音楽は新鮮な印象だったが…もったいない。
投稿者:mototencho投稿日:2011-08-30 19:51:32
ジョー・ライトの新たな挑戦作、ケミカル・ブラザーズが“好き嫌い”の分かれ道。シアーシャ・ローナンもがんばってたが、映画として成立させているのはなんと言ってもケイト・ブランシェットの悪役ぶり。


http://mototencho.web.fc2.com/2011/hanna.html
投稿者:ghost-fox投稿日:2011-08-28 21:58:17
果たして外したのは心臓だけかしらん?
投稿者:maaaaan投稿日:2011-07-05 00:32:28
ラブリーから一変して暗殺員ですか。
面白かったです。
投稿者:maxpit投稿日:2011-06-11 08:42:04
どちらかというと華奢で可憐なシアーシャ・ローナンの起用が功を
奏していると思う。といってもジョー・ライト監督作品ではよく
出てるのだが。
シアーシャ・ローナンは「ラブリー・ボーン」のあとの日本未公開
作品「The Way Back 」でもいい味出してた。機会があれば是非みて
欲しい。
作品としては、全体的にスピード感が途切れないほうがいいとか、
もう少し、アクションに派手さがあってもいいとか、
ケイト・ブランシェットの最後が簡単すぎるとか不満なところもある
のだが、とても面白しろく見れた。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 音楽賞ケミカル・ブラザーズ 
□ 若手俳優賞シアーシャ・ローナン 
 □ アクション映画賞 
□ 歌曲賞ケミカル・ブラザーズ “The Devil is in the Details”
【ニュース】
クレマンス・ポエジー主演サスペンス「The Ones Below」、予告編2016/04/07
ニック・ホーンビィ脚本「ブルックリン」、主演はシアーシャ・ローナンに2013/10/24
ケヴィン・マクドナルド監督×シアーシャ・ローナン主演ドラマ「How I Live Now」、最新予告編2013/09/24
ケヴィン・マクドナルド監督×シアーシャ・ローナン主演ドラマ「How I Live Now」、予告編2013/08/12
脱出王フーディーニ伝記映画、監督に「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソットか2013/06/19
アレクシス・ブレデル&シアーシャ・ローナン共演クライム・コメディ「Violet & Daisy」、予告編2013/05/01
全米興行成績、大ヒット・アクション続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」が初登場首位2013/04/01
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」が初登場首位2013/03/25
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、最新予告編2013/03/21
ジョー・ライト監督、ニール・ゲイマンの最新刊を映画化か2013/03/04
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、最新予告編2013/02/15
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、予告編2012/11/14
ジョー・ライト、脱出王フーディーニの伝記映画を監督か2012/10/15
MTVムービー・アワード結果発表2012/06/04
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2012/05/02
ステファニー・メイヤー原作×シアーシャ・ローナン主演SF「The Host」、特報2012/03/23
第38回サターン賞、ノミネーション発表2012/03/01
放送映画批評家協会賞、結果発表2012/01/13
シアーシャ・ローナン、ケヴィン・マクドナルド監督作に主演へ2011/12/15
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2011/12/14
LA映画批評家協会賞、結果発表2011/12/12
全米興行成績、「ブルー/初めての空へ」がタイラー・ペリー新作をかわしV2達成2011/04/25
全米興行成績、3Dアニメ「ブルー/初めての空へ」が大ヒット・スタート2011/04/18
全米興行成績、新作陣低調で「イースターラビットのキャンディ工場」がV2達成2011/04/11
「つぐない」のジョー・ライト監督&シアーシャ・ローナン主演サスペンス「Hanna」、最新予告編2011/02/04
「つぐない」のジョー・ライト監督&シアーシャ・ローナン主演サスペンス「Hanna」、予告編2010/12/21
シアーシャ・ローナン、「つぐない」監督との再タッグで美少女アサシンに2010/01/08
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】「ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版]」/「ハンナ」2015/02/25\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハンナ2012/08/22\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハンナ2011/12/14\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハンナ2012/08/22\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ハンナ2011/12/14\2,838amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ハンナレンタル有り
 【DVD】ハンナレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 Hanna Soundtrack
新品:
23新品:¥ 499より   3中古品¥ 540より 

【CD】 ハンナ オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,561
5新品:¥ 1,307より   12中古品¥ 675より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION