allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミラル(2010)

MIRAL

メディア映画
上映時間112分
製作国フランス/イスラエル/イタリア/インド
公開情報劇場公開(ユーロスペース)
初公開年月2011/08/06
ジャンルドラマ/伝記
映倫PG12
未来へ受け継ぐもの
――それは希望
ミラル [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,175
USED価格:¥ 1,399
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「夜になるまえに」「潜水服は蝶の夢を見る」のジュリアン・シュナーベル監督が、イタリアで活躍するイスラエル出身の女性ジャーナリスト、ルーラ・ジブリールの自伝的小説を映画化したヒューマン・ドラマ。イスラエル占領下のパレスチナを舞台に、私財を投じて孤児たちのための学校を創設し生涯を教育に捧げた一人の女性の信念と、そこで学んだ少女の数奇な運命を中心に、イスラエルに生きる4人のアラブ人女性の過酷な人生とかすかな希望を力強いタッチで描き出す。主演は「シリアの花嫁」のヒアム・アッバスと「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント、共演にウィレム・デフォー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ。
 1948年、イスラエル建国宣言1ヵ月前のエルサレム。ユダヤ民兵組織に親を殺された孤児たち55人を保護したヒンドゥ・フセイニは、彼らのための学校“ダール・エッティフル(子供の家)”の創設に尽力する。継父の虐待に耐えかね、家を飛び出したナディア。ある日、些細な喧嘩からユダヤ人女性を殴ってしまい、懲役6ヵ月の判決で収監される。刑務所では同房のファーティマと心を通わすが、かつて優秀な看護師だった彼女は、今ではテロ未遂の罪で無期懲役の身となっていた。ファーティマは心身ともに衰弱しているナディアを心配し、出所後の彼女の世話を兄ジャマールに託す。やがて2人は結婚し、女の子ミラルを授かるが、心の傷が癒えきらないナディアは、ついに自ら海へとその身を投げ出すのだった。1978年、ジャマールは7歳となった最愛のミラルをヒンドゥに託し、ダール・エッティフルへと送り出す。やがて17歳に成長したミラルは、難民キャンプで見たイスラエル軍の暴挙に衝撃を受け、恩師ヒンドゥの制止もむなしく、強硬な反イスラエルの思想に染まっていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-01-12 22:35:32
フリーダ・ピントが出てるから観たけど、キャラが多彩な割に焦点が絞り切れて無い曖昧な作品。ミラルの母親と彼女が刑務所で知り合った女性のエピソードはカットしても良かった。
投稿者:maxpit投稿日:2012-05-21 23:44:28
イスラエルとパレスチナの歴史は複雑です。そのお勉強として、
この映画を見るのはいいかと思います。紛争のさなかで孤児たち
を育てた女性の姿を描く、イスラエル出身の女性ジャーナリスト
の自叙伝的実話です。いい映画なんだけど、正直、この手の作品
は「お好きな人だけどうぞ」的なところがあり、民族間の争いと
いう意識が薄い日本人が見ても、実感が沸きにくいのが本音。
実際、この映画でも政治的問題を引き起こしかねない状態だったと
いうのですから理解不能。「夜になるまえに」「潜水服は蝶の夢
を見る」のジュリアン・シュナーベル監督作品ですが、「ユダヤ系
アメリカ人監督がつくるパレスチナ人の物語」というところで、
イスラエルとパレスチナの共存を肯定的に描いたところに反発が
あるようです。なので、この映画の本質の部分を見抜くのはなか
なか難しいのかもしれません。
投稿者:mototencho投稿日:2011-08-12 12:39:30
知られざるエルサレム年代記を縦軸に、実在した女性たちを多角的に配置して描くジュリアン・シュナーベルの偉人伝。強く、美しい2人の主演女優にうっとりしつつ、染み入るような感動があります。http://mototencho.web.fc2.com/2011/miral.html
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ミラル2012/05/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ミラルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION