allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

狼男<未>(1941)

THE WOLF MAN

狼男の殺人(TV)

メディア映画
上映時間70分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・LD発売
ジャンルホラー
狼男 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,374
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2014-09-22 13:58:23
ルボット家のローレンス(ロン・チェイニー・Jr)が兄が死んだのでウエールズに帰ってきて父ジョン卿(クロード・レインズ)の城に帰ってくる。ローレンスは2階から望遠鏡で街を眺めていて骨董屋の娘グエン(イヴリン・アンカース)に一目惚れしてしまう。彼はグエンに近づき彼女の友達ジェニー(フェイ・ヘルム)と一緒にジプシーの占い師ベラ(ベラ・ルゴシ)の幌馬車に行った。
ジェニーが先に占って貰っている間、ローレンスはグエンと森に行ったが、ジェニーが狼に襲われているのを見て狼を殴り殺したが、自分も胸を噛まれてしまった。その結果、彼は満月の光を浴びると凶暴な狼男に変身してしまうようになり・・・。

狼男というのはギリシャ、ローマ時代から伝わっているヨーロッパ伝説で、映画の世界ではサイレント時代に「The Wolf Man」(1924)という作品が「狼の血」という邦題で日本に輸入されていて、「The Lightning Warrior」(1931)という映画も作られているようです。ただ、はっきりと今のイメージの内容になったのは「倫敦の人狼」Werewolf Of London(1934)が最初だそうです。その後も色々なバリエーションで無数に作られている内、この「狼男」はその礎になったとも言えると思います。
有力な性格俳優が揃っていて、これで有名になったというチェイニー・ジュニアが狼に噛まれて、自分でも、どうなったのか別れない状態をうまく演じています。それに彼に色々と話しかけるジプシー女にロシアの名優マリア・オースペンスカヤが顔を出しているのが印象に残りました。
投稿者:gapper投稿日:2010-05-22 23:07:29
 モンスターファン必見!元祖狼男(ロン・チェイニー・Jr)作品。

 もともとロン・チェイニー・Jrは、大男の役をやっていた。
 ’40年に「電気人間」という未公開作品にモンスターとして出るがあまり当たらなかったようだ。
 その翌年に作られたのがこの作品で当初ボリス・カーロフが狼男を演じる予定だったが、彼には別の仕事がありチェイニーに役が回ってきた。
 この作品以降、チェイニーにはモンスターの役が回ってくるようになった。
 ユニバーサルでは、同じモンスターを同じ俳優が演じ続けた例は彼以外に無いそうだ。

 クロード・レインズ(ジョン・タルボット)やラルフ・ベラミー(モントフォード)、ベラ・ルゴシ(ジプシーベラ)と有名俳優も多く出演。
 ヒロインのイヴリン・アンカース(グエン役)は正統的な美人でうれしい。
 婚約しているがラリー(ロン・チェイニー・Jr)のアタックによろめくと言う設定だが、これは真実味が無い。
 ラリーは実子でなく、アメリカから来た望遠鏡を設置する技師だが気に入られ養子となったと言うのが元々の設定だった。
 そういった変更が真実味を無くさせたのだろう。

 ドラキュラの作者ブラム・ストーカーは、ドラキュラを書く際に狼男の伝説を参考にしたそうで”変身”、”噛み付き”、”夜”、”不死”といった共通点が生まれる。
 モンスターやホラーファンなら、一度は見ておきたい。

【関連する映画】
「狼の血族'84」、「スリーピー・ホロウ'99」これらは、この作品と同様に屋内に野外のセットを作成して撮影し独特の空間をスクリーンに作り出している。
投稿者:なちら投稿日:2010-03-09 01:50:28
【ネタバレ注意】

狼男に銀の弾はよく聞くけど銀の柄のステッキもアリなんだね。
ステッキだと接近戦になるから噛まれる率がグーンと上がっちゃうじゃんね。

狼を殺した筈なのに人間の遺体が残されて疑惑を掛けられる流れはサスペンスチックでハラハラ。
自分の潔白を主張しつつも自信が持てない不安感が面白い。
ジプシーの老女が息子を殺されても表情一つ変えないのも良いね。

最後、人々の綺麗な思い込みにはビックリよ。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION