allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヒマラヤ 運命の山(2009)

NANGA PARBAT

メディア映画
上映時間104分
製作国ドイツ
公開情報劇場公開(フェイス・トゥ・フェイス)
初公開年月2011/08/06
ジャンルドラマ/アドベンチャー
映倫G
地上8,000メートルの真実
ヒマラヤ 運命の山【DVD】
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 4,146
USED価格:¥ 3,900
amazon.co.jpへ

 Photos
ヒマラヤ 運命の山ヒマラヤ 運命の山ヒマラヤ 運命の山ヒマラヤ 運命の山

【クレジット】
監督:ヨゼフ・フィルスマイアー
製作:ヨゼフ・フィルスマイアー
脚本:ラインハルト・クロス
スフェン・ゼフェリン
撮影:ヨゼフ・フィルスマイアー
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
アドバイザー:ラインホルト・メスナー
出演:フロリアン・シュテッターラインホルト・メスナー
アンドレアス・トビアスギュンター・メスナー
カール・マルコヴィクスカール・マリア・ヘルリヒコッファー博士
シュテフェン・シュローダーフェリックス・クーエン
ユール・ロンステットアリス・フォン・ホーベ(カールの妻)
レナ・シュトルツェメスナー兄弟の母
セバスティアン・ベッツェルペーター・シュルツ
フォルカー・ブルッフゲルド・バウル
ミヒャエル・クランツハンス・ザーラー
マルクス・クロイヤーラインホルト・メスナー(子供時代)
ロレンツォ・ヴァルヒャーギュンター・メスナー(子供時代)
マティアス・ハービッヒ司祭
【解説】
 世界的登山家ラインホルト・メスナーが、ヒマラヤ山脈の8000メートル峰ナンガ・パルバートにある前人未踏の難壁“ルパール壁”の初登攀を果たした際の衝撃の実話を映画化。当時のドイツ国内で大きなスキャンダルへと発展した初登攀をめぐる知られざる真実を、ラインホルト・メスナー本人の全面協力の下に臨場感溢れる迫真の映像で再現していく。主演は「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のフロリアン・シュテッター。監督は「ふたりのロッテ」のヨゼフ・フィルスマイアー。
 ヒマラヤ山脈にそびえる標高8,125mのナンガ・パルバートは“裸の山”と呼ばれ、多くの登山家の挑戦をはねつけてきた美しく危険な山。中でも世界最大の標高差4,800mを誇るルパール壁は1970年当時、誰も登攀に成功したことのない最難関のルートだった。そんな中、若き登山家として売り出し中のラインホルト・メスナーは、ヘルリヒコッファー博士率いる遠征隊への招待を受け、弟のギュンターと共に参加することに。そして1970年6月27日、ラインホルトとギュンターはついにナンガ・パルバート山頂に立ち、人類初のルパール壁登攀に成功する。しかし一週間後、帰還を果たしたのは兄ラインホルトひとりだった。やがてラインホルトと遠征隊は互いに非難の応酬を繰り広げ、訴訟へと発展していく。一体、彼らの間で何が起こったのか、そして兄弟を待ち受けていた衝撃の運命とは…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-09-04 22:04:55
山男の性なんだろうな。夏に観ると涼しいかも。
投稿者:nabeさん投稿日:2012-12-02 00:54:36
最強の登山家R.メスナーの実話に基づいた山岳映画である。
1970年に初登攀された、ナンガ・パルバートのルパール壁を舞台にドラマは史実に忠実に描かれてゆく。そこには、本来の姿であるヒマラヤの高峰を登攀する冒険的な部分以外に、メスナー兄弟の強い絆と悲劇、ヘルリヒコッファー隊長とメスナーとの確執・・・といった様々なドラマが含まれているので、やや煩雑になってしまっている。公開されたドイツでは、観客の多くがこの事実を知っているので問題は無いのかもしれないが、そうではない日本の観客にとっては感動が薄くなってしまうのが残念な点だ。
確かに初登攀だけに絞って壮大なヒマラヤロケとCGを駆使すれば、感動的な映画が作れただろうが、製作者はこのノンフィクションとは到底信じられない奇跡の事実を、映画の形で後世に永遠に残したかったのかもしれない。
これはある意味ドイツの歴史映画なのだ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ヒマラヤ 運命の山2012/03/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ヒマラヤ 運命の山レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION