allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

グレート・ディベーター 栄光の教室<未>(2007)

THE GREAT DEBATERS

グレート・ディベーター 挑戦者たち(スターチャンネル)

メディア映画
上映時間128分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルドラマ
グレート・ディベーター 栄光の教室 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 1,345
USED価格:¥ 950
amazon.co.jpへ

【解説】
 主演・監督・脚本はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。言葉には未来を変える力がある…。ディベートを通じて差別に立ち向かう教師と生徒たちの勇気溢れる行動を描く、実話を基に作られた渾身の感動作。共演に「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカー。
 1935年、アメリカ合衆国テキサス州マーシャル。ここは白人専用の施設ばかりで黒人たちは常に虐げられた生活を送っていた。この社会のゆがみに対して“教育”だけが立ち向かうことができると考えていた教師のトルソンは、ディベート(討論)クラスを起ち上げる。やがてトルソンの教え子たちは討論大会で、黒人ということで受けてきた様々な弊害について言葉で訴えかけ、多くの人々の心を動かしてゆく。ところが学校側はトルソンの言動について、過激すぎると圧力をかけ始める。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:blacus投稿日:2012-08-31 14:21:05
【ネタバレ注意】

戦前の南部(特にテキサス)の人種差別や労働組合・共産主義運動という歴史的背景を盛り込みつつ、見応えのある熱血教師ものに仕上がってます。なんでこれがこれまで日本未公開だったのかは不可解。確かにアメリカ社会や歴史について興味がないとつまらないと感じる人も多いのかもしれないけど。
デンゼル・ワシントン演じる教師のメルヴィン・トルソンは実在の人物で、この映画も事実にある程度基づいているようですが、やや「盛っている」部分もあります。
例えば、ディベート・チームに女性が入っているところ。あるいはラストのハーヴァード大学との対戦は完全にフィクションです(実際は南カリフォルニア大学のチームと対戦)。
まあ白人の大学としてもっとも権威のあるハーヴァードにしないとラストを締めくくるのに格好がつかないと思ったのかもしれないけど、アフリカ系アメリカ人の社会進出が極めて限定された時代に白人のディベート・チームに勝ったというのはそれだけでも十分な偉業なわけだから、史実どおりのお話にしてもよかったんじゃないかと個人的には思う。若干盛り過ぎ感が強く、そのせいで全体にお話が嘘くさくなっているのは残念。
ちなみにフォレスト・ウィテカーの息子を演じているデンゼル・ウィテカーは、かなり名前が紛らわしいけど、フォレストとは特に血のつながりはないらしい。

投稿者:Normandie投稿日:2012-04-29 20:31:34
店には10枚ほどあったが全部レンタル中だった。
video屋の回し者ぢゃないけど、4年前のスター監督映画をDVDスルーとはえらい度胸や。
だから言わんこっちゃない、劇場公開だったらけっこうな客入りだったかもしれない。
それにしてもデンゼル・ウィテッカーって誰?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞(ドラマ) 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】グレート・ディベーター 栄光の教室2012/04/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】グレート・ディベーター 栄光の教室レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION