allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

HOME 愛しの座敷わらし(2012)

メディア映画
上映時間110分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2012/04/28
ジャンルドラマ
映倫G
「家族」でいられる時間は
意外と短い。
HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・プライス [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,785
USED価格:¥ 3,674
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:和泉聖治
製作:平城隆司
遠藤茂行
木下直哉
小林昭夫
水谷晴夫
山本晋也
町田智子
椎名康雄
岩本孝一
樋泉実
笹栗哲朗
宇留間和基
製作総指揮:早河洋
エグゼクティブプ
ロデューサー:
桑田潔
プロデューサー:遠藤英明
西平敦郎
栗生一馬
アソシエイトプロ
デューサー:
岸本隆宏
ラインプロデュー
サー:
今村勝範
協力プロデューサ
ー:
朝妻秀明
原作:荻原浩
『愛しの座敷わらし』(朝日文庫刊)
脚本:金子成人
撮影:会田正裕
美術:近藤成之
編集:只野信也
音響効果:佐々木英世
音楽:池頼広
音楽プロデューサ
ー:
津島玄一
スクリプター:唐崎真理子
照明:泉田聖
制作担当:金井光則
装飾:大庭信正
録音:舛森強
助監督:安養寺工
監督補:東伸児
キャスティングプ
ロデューサー:
福岡康裕
出演:水谷豊高橋晃一
安田成美高橋史子
橋本愛高橋梓美
濱田龍臣高橋智也
草笛光子高橋澄代
飯島直子
草村礼子
佐々木すみ江
沢木ルカ
菅原大吉
長嶋一茂
高島礼子
ベンガル
梅沢富美男
石橋蓮司
岡部珠奈
段田安則
宇津井健
【解説】
 人気作家・荻原浩の第139回直木賞候補作『愛しの座敷わらし』を「相棒」シリーズの水谷豊主演で映画化したハートフル・ホーム・ドラマ。それぞれに悩みや問題を抱えた家族が、引っ越し先の古民家で不思議な座敷わらしとめぐり会ったのをきっかけに、家族の絆を取り戻していく姿をハートウォーミングに綴る。共演は「歓喜の歌」の安田成美。監督は「相棒」シリーズ和泉聖治。
 仕事がうまくいかないサラリーマンの高橋晃一は、東京から岩手に転勤になったのを機に、築200年の古民家に引っ越すことに。しかし、慣れない田舎暮らしに妻の史子は不満タラタラ。中学生の長女も転校先で居場所を見つけられず、小学5年の長男も持病のぜんそくでサッカーをやりたくても出来ない日々。おまけに母親には認知症の不安が。そんな中、不思議な出来事が高橋家で起こり始める。どうやらこの家には福を呼ぶとも言われる不思議な存在“座敷わらし”が住みついているらしいのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hitomi投稿日:2014-03-04 09:29:49
橋本愛特集でたまたまやってたのを録画して観たんだけど、観て損は無い映画だという感じ。
全体的にほんわかする感じのストーリーなので、ドキドキ感とかは一切ないけど、つまらなくもなかった。

ま、実際問題として、高橋家がまとまりだしたのは座敷わらしのおかげかどうかは微妙な感じだったけどね。。(๑≧౪≦)http://dominoeiga.seesaa.net/
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-30 00:28:33
しかし飯島直子久々に見たなぁ。www.seisakuiinkai.com
投稿者:ノブ投稿日:2012-05-03 16:47:43
【ネタバレ注意】

「HOME 愛しの座敷わらし」(監督:和泉聖治 110分)
話の内容は、田舎暮らしを始めた親子の田舎家に座敷わらしが潜んでいた!!
牛が放し飼いされているはらっぱや水田の中の一本道を車が走るオープニングが良かった(田舎の景色が良かった)。
引っ越してきた家が、古くて広いとても味わいのある古民家だったのが良かった。
朝駅まで自転車で青々とした田舎道を通勤するのは気持ちよさそうだったのに、暗くなってからの帰り道はしんどそうなのが良かった(行きと帰りのコントラスト)。
子供が自転車に乗って通った林道が良かった(葉が生い茂った大木が自転車で通る道の横にずらっと並んでいるのが良かった)。
おばあちゃんの方言を通訳するおばあちゃんも訛りが酷いというギャグがコミカルだった(全然通訳になっていない)。
全般的に
最初は自然豊かでノンビリとした田舎暮らしの良さを描き、その後田舎の不便さや近所付き合いのウザさ等で田舎暮らしが嫌になるけれど、座敷わらしの存在を受け入れてから、家族も腹を割って話すようになったり、近所の人達とも打ち解けるようになったり、左遷された職場でも成功するようになったり(座敷わらしのいる家は繁栄する)と田舎暮しも含め家族が幸せになっていく感じが上手く描かれていたのは基本的な演出で良かった(良い所・悪い所最後に又良い所と描く事で、最後の良さが際立ち、全体のストーリー展開もメリハリが出る所が基本的だと思った。ただボク的には最後の家族が幸せになる段階でおばあちゃんがボケだしたという暗い演出を入れていたのは、最後の良さを際立たせる効果を弱めるので無い方が良いと思った。)。
これと言って印象に残るシーンや演出はあまり無かったけれど、自然豊かで、広々とした家にも住め、ノンビリしている田舎暮らしもとても良く思えたし、家族っていいなとも思えたし、なんとなくいい話だなぁとは思えた作品。http://mamaduke.at.webry.info/

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION